CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« コロニー風景 | Main | デリーの街角»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
「レンタルチャイルド」 [2011年04月19日(Tue)]

今月に入ってようやく、ゆっくり本を読む余裕が持てるようになりました。
遅ればせながら、渡印前に購入した本を開いてみる。

まずはこちら。



レンタルチャイルド―神に弄ばれる貧しき子供たち

石井 光太
出版社: 新潮社


テーマの重さから、なかなか開く気になれなかったけど、週末で一気読み。


ムンバイのスラム街で物乞いをする女性たちに抱かれた赤ん坊が、成長するにつれ、お金を恵んでもらいやすくなるように目を潰したり四肢を切断して障害者になり、若者マフィアとして「路上の悪魔」になるまでの成長過程を追ったノンフィクション。


3回の現地滞在を通じて、危険も伴う緻密な取材を単身行った著者の執念ともいえる熱意には尊敬の念を抱く。

ただ、かすかに疑念を持った。

あまりにもそれぞれの登場人物の立場、思考過程、言動に筋道が通っているからだ。
こんなに理路整然と筋道が通るものだろうか?

というのは、インド(だけに限らずかもしれないけど)で、貧困層を対象に話をしていると、主張が首尾貫徹しないことが多々ある。
(貧困層だけに限らなかったりもするけど…)

同じコミュニティで、10人が10人別々の見解を持っていたり、
同じ人物が、数か月前と180度違うことを主張したりする。
そして、その背景に説明が立つような理由を求めても、明確な理由が存在しないこともままある。

多かれ少なかれ、部分部分ではおそらく著者の想像で補った、かなり意訳したところがあるのではないかと感じた。


だからといって本篇全体の信憑性を疑うわけではない。
切り取った部分は現実なんだろうと思う。


一筋の光もない暗い世界に、ただただ気が滅入り、言葉を失う。


おそらく、この国で誰かの生活を変えたいと思ったら、地域なり、集団なり、自分が手の届く範囲に対象を絞って一部の人だけを見るしかない。
そう思って割り切らないと、あまりに生活改善を必要とする人が多すぎて、動けなくなる。

もちろん一方で、それ以外の世界を見る目を持ち続けることは必要だけれど。

2 States [2011年01月16日(Sun)]

2 States - the story of my marriage -
by Chetan Bhagat




インドに赴任する約1ヶ月前、10月の終わりに現在のボス、Vineetaが日本に来日した時に、
「インド生活への序章に」とプレゼントしてくれた本。

出発前後のバタバタでなかなか読み進みませんでしたが、ようやく読み終わりました。


インド北部のパンジャブ出身の男性と、南部のタミルナドゥ出身の女性とが、同じ大学院で恋に落ち、家族の猛烈な反対を挫けそうになりながらも1人ずつ地道に時間をかけて説き伏せ、もうだめかと思いかけた時に大どんでん返しで最後はハッピーエンドでめでたく結婚、という「事実に基づいた」フィクション。


いつもどんな時でも食べ物に関心があり、
男性上位で、
派手でお喋り好きで、
贈り物の高価さで人の価値をはかるパンジャブ人と、

米を主食とした野菜中心の質素な食事で、
口数が少なく、
伝統と礼儀を重んじるタミル人とが、

少しずつお互い歩み寄っていく過程が軽いタッチで描かれている。


印象に残ったフレーズ。

最初は結婚に反対していた娘の父親の、結婚式当日のスピーチの言葉。

‘We forget that this has happened because your child had love to give to someone in this world. Is that such a bad thing? Where did the child learn to love? From us, afterall, the person they loved first is you.’

‘When your child decides to love a new person, you can either see it as a chance to hate some people - the person they choose and their families. However, you can also see it as a chance to love some more people.’

‘After all, we've decided to use this opportunity to create more loved ones for ourselves.’

‘この結婚が、自分たちの子どもがこの世界でほかの誰かを愛したから始まったことだというのを忘れていた。
それはそんなに悪いことなのか?
そもそも、誰が彼らに愛することを教えたのか?
初めて彼らが愛したのは、私たちだ。

あなたの子が他の人を愛すると決めた時、それを新しい人たち−子どもが選んだパートナーとその家族―を憎む機会とみることもできる。でも同時に、新しい人たちを愛する機会とみることもできる。

私たちは、自分たちが愛する人を増やそうと決めた’



ラブストーリーかと思いきや、家族愛の話だったりする。

なかなか面白く読めました。


本の中ではかなり膨らませているところももちろんあるだろうけれど、確かに「インド」は外から見るとひとつの国だけど、実際は州によって地域によって、文化も気候も民族も言語も食事も全然違う。
州が違う人と結婚するのは国際結婚に近い、というのはうなずける。

そこにまた階級とか宗教とかが細かく絡んでくる。

インドの結婚サイトには(この前見せてもらったけど)、出身地の他に、教育レベル、階級、細分化された宗派、言語、目の色、髪の色まで細かく指定する欄があるのだ。

それほど複雑な背景を持った人たちが織り交ざって構成された国。
それがきっとインドの面白さでもあるんだろうけど。


自分の生まれた国がこれほど複雑じゃなくてよかった…

というのが、率直な感想です。
汲む [2010年12月18日(Sat)]


弱ってるときは、茨木のり子の詩が沁みる。

従姉から餞別にもらった詩集より。

----------------------

汲む


大人になるというのは
すれからしになることだと
思いこんでいた少女の頃
立ち振る舞いの美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました
その人は私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちていくゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇  柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……
わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです