CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« デリーの街角 | Main | これまでのあらすじ»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
新年のはじまり [2012年01月11日(Wed)]





大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

1年前に宣言したとおり、今年の年始は日本で迎えました。


7ヶ月ぶりの一時帰国。


やはり時々インドを離れることは必要だ、と感じた。

どっぷり浸れば浸るほどに見えてくるものもあるけれど、逆に見えなくなってしまうことも多い。

大小様々な情報が入ってくるなかで、フォーカスすべきポイントが何なのか。
臨機応変に対応しながらも、ずらしてはいけない本筋は何なのか。


特に仕事面で行き詰まった時は、
東京の空気を吸って、初心に戻ること、
東京との温度差を把握すること。

少しだけ霧が晴れて、頭がクリアになる。



そして今年は、年始め早々にひとつおめでたいニュースが。

3つ年上の姉が、ようやっと結納しました。


(本人の許可を得てないので、豆粒サイズで。)

おめでとう。

1年ぶりのメール [2011年11月15日(Tue)]


ずっと連絡をとっていなかった人と、久しぶりにメールを交わす。

そうだ、アメリカにいる時も東京にいる時も、しんどくなった時はいつも彼女と話していた。

自分でも言葉にできない気持ちをすっと理解して、包み込んでくれる。

離れていてもその感覚は変わらなくて、目頭が熱くなる。


ずっと連絡してなかったのに。
今の生活の話なんてお互い何もしてないのに。


やっぱり二十数年来、見守ってきたひとの存在は偉大だ。


ありがとう。


スリランカ小旅行 [2011年09月11日(Sun)]


8月は、日本からやってきた家族と旅行やら、他団体のスタディーツアーへの参加やら、プライベートが充実し過ぎて、ブログの更新が滞ってすみません。
(その合間に一応仕事もしてたけど)


そして先週末は2日間お休みをプラスして、お隣のスリランカへ。


ずっとあとまで余韻が残るような休暇が、時々ある。
去年の夏、学生時代の友人といった旅行もそうだった。
時間がゆっくり流れていて、その時の空気を思い出すだけで、日常の中でも気分が少し落ち着くような。

今回のスリランカも、そんな旅でした。




南岸部の町、ゴールの夕焼け。



建築家ジェフリー・バワの「原点」といわれる別荘、ルヌガンガの庭。






人が少ないというだけで、こんなにも気持ちが落ち着くとは。

人が穏やか。ホテルでも街角でも、みんな愛想がいい! 視線が険しくない!
(ついインドと比べてしまう…)




そして日本で息づいている人間関係の大切さを、改めて再確認する。
ありがとう。

年末の一時帰国まで、またがんばります。
旅立ち [2011年07月14日(Thu)]


デリー生活の水先案内人だったウエノ姉さんが、インドのお勤めを終えて、本日夕刻に帰国の路につきました。

友達もたくさん紹介してもらったし、
元同僚ならではの弱音もたくさん聞いてもらった。

彼女がいなかったら、私のデリー生活の始まりは、2.5倍はシビアなものとなっていたでしょう。


本当に本当に、どうもありがとう。


また日本か、世界のどこかで、飲みましょう!

これからも、ずっとよろしく。

一時帰国。 [2011年05月09日(Mon)]

土曜の朝から日曜の朝まで、9日間の一時帰国。

価値観が足元から揺らぐインド生活の中で、それまで身を置いていた人間関係と環境で過ごした数日間はやっぱり居心地がよくて、ゆっくりと時間をかけて自分を取り戻すことができました。

第一線で被災地支援に取り組んでいる方々には申し訳ないと思いつつ、今回はプライベートを優先させていただきました。

お会いできず失礼した皆さま、すみません。

お忙しい中お時間を割いていただいた皆さま、ありがとうございました。


日本は母国だし、申し分ないくらい居心地よいけど、
一方で、デリーに戻ることがそんなに憂鬱ではない自分もいる。


食べものが何でも美味しすぎて、赴任以来5ヶ月で7キロ落ちた体重が、1週間で半分も元に戻りました。

心身ともに栄養補給フルチャージしたので、またしばらくは灼熱のインドでがんばります。
小千谷の空へ [2011年02月23日(Wed)]

6年前に仕事をきっかけに出会って以来、個人的にずっとよくしてくれたおばあちゃんが亡くなりました。

まだお元気だった頃に、「あんたらの分もあるから食べて」と山の上でじいちゃんにわけてもらった、新聞紙にくるまれたおにぎりの味を思い出す。


御冥福を心よりお祈りします。

週末 [2011年02月13日(Sun)]

きゅうきゅうの仕事の合間に、この週末は、ほんとうに必要な時間でした。

色々な人に支えられていることを、改めて実感します。


どうもありがとう


[2011年01月14日(Fri)]

日本から遊びに来てくれた客人と、少し遅めの冬休みをいただいて旅行に行ってきました。

実はプライベートでインド国内を旅行するのは今回が初めて。

行先は、ムンバイ、マセラン。









「自分の写真は載せないの?」とたまに聞かれるので、じゃあ、ちょっとだけ。



きれいな景色をたくさん見れた、良い旅でした。

ありがとう。


さて。心身ともに充電したので、仕事の方もがんばります。