CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | インドの人々»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
得たものの大きさ [2013年02月28日(Thu)]

今日、インドでの任期が終わって春に帰国することを、ナショナル・フォーラムの中心メンバーに伝えた。
ナルサッパには1月中旬に伝えていたが、他のメンバーにきちんと話したのは今日が初めて。

打合せの場で伝えた後、ホテルの廊下でゴパールさんがそっと近づいてきて聞いた。

「帰国は組織の決断? それとも自分の決断?
来月日本でササカワさんに会う時に、もう少しインドにいられるように私から話をしてもいいか?
もしあなたがそれを希望しないなら言わない」

思わず目頭が熱くなった。



何かを手に入れるということは、何かを失うということだ。
それはインド赴任の話が持ち上がった時にも何度も考えた。

今、日本への帰国を前にして、また同じことを考える。
そしてこのインドで得たものの大きさに改めて気づく。


インドで得たもの。

途上国で働くという経験、
受益者視点からの金銭感覚、
政府役人への話の通し方、

いくつか挙げられるけれど、何よりも大きいものは、
気が遠くなるほど長時間のマラソン・ディスカッションと、純粋菜食主義の野菜カレーとチャパティの夕食を何度も何度も繰り返して、時間をともにして築いたナショナル・フォーラムのメンバーとの信頼関係。
それ以上に価値のあるものは無い。



この時期の帰国は、組織の判断だけれども、自分の判断でもある。
決して楽しいことばかりではなかったインド赴任を2年前に選んだことを後悔していないように、
今帰国を選んだことも後悔はしていない。



ゴパールさんが上の言葉をかけてくれたことは純粋に嬉しかった。
そしてその語り口と気遣いに、さすが多くの人望を集めてここまで組織を引っ張ってきた方だなと感服した。

自分の娘よりも年が離れた生意気な小娘の言うことに、2年3ヶ月の間、辛抱強くよくつきあってくれたと思う。

他の人が彼に対して口が裂けてもいえないような、気に障るような発言も何度もしたと自覚している。

それでも聞く耳を持ってくれたのは(私がドナーから派遣された人間だということは別として)、その諸々の失礼な発言の背後に、ナショナル・フォーラムをさらに良い方向に持っていきたいという気持ちがあることを理解してくれていたからだろう。

ただひたすら、頭が下がる。

photo (6).JPG

2年かけて手に入れたものを、帰国後も今までと同じようにとまではいかなくても、なくさないようにするには、インドに住んでいる今以上に配慮と努力を要することを、胸に刻む。
経済格差 [2012年05月31日(Thu)]

インドで仕事をするようになって初めて得た視点や感覚は色々ある。
中でも一番感じるのが、経済格差だ。

それは道端でビニールシートの家で暮らす人たちの横を車で通り過ぎる時よりも、
コロニーに住む回復者と一緒にいる時よりも、
事務所の中で一番感じる。


インド人9人の少所帯の団体。
お昼は、それぞれ持ってきたお弁当(中身はもちろんカレー)を持ち寄って食べる。

なぜか家賃の話になった。
その流れで、同じテーブルについていた総務・経理担当のスタッフが口を滑らせて、皆がいる場で私の所得税の額を公表してしまった。

彼らからみればそれが桁違いの額であることくらいは私もわかっている。


スタッフは大半が修士号を持っている。
私は学部卒。

インド人スタッフは汗をかいて現場を歩き回る仕事。
かたや私は、原則「オブザーバー」の立場。

経歴や業務内容だけをみれば、明らかにインド人スタッフの方が多い報酬を得るべき。
私が逆の立場だったらやる気をなくす。


なぜ給与の違いがあるかといえば、
(給与の支払元が日本の財団とインドの財団だから、とか、ドナー側と受け手側だから、とか、色々あるけれどもっともシンプルな言い方をすれば)
たまたま私が生まれたのが先進国で、
彼らが生まれたのが途上国だったからだ。

いたたまれない。


インドでは、よく給与の話をする。
飛行機の中で隣り合わせた人、出張先の他のNGOの人、思いもしないところでよく訊かれる。
「給与はいくらもらってる?」と。
その度に、日本は物価が高い、私の給与は日本の物価水準に合わせたものだから、と言葉を濁す。


アメリカに住んでいた中学生の時に、台湾人の友だちがしてくれた話があった。

「手の5本の指の長さが全部違うように、人間も生まれつき皆平等ではないんだ」と。

その話は妙に印象に残っている。



だからといってその格差を解消できるほどの頭脳と影響力は持ち合わせていないし、
インドにいる期間だけ私の給与額をインド水準に合わせたところで誰が得するわけでもない。

私が気にするほどに、同僚は気にしていないのかもしれないけれど。


でもせめて、札束で頬を叩くような真似だけは絶対にしたくない、と思う。
ネパール雑景 その2 [2012年05月22日(Tue)]

IMG_1314_.jpg


研修のあとに地元参加者のバイクの後ろに乗っけてもらい、パタンのダルバール広場へ。
夕涼みに来た家族連れで賑わう。

IMG_1325_.jpg



生活用水?(飲み水?)となる湧水を汲みに来た人たちの列。
IMG_1318_.jpg



世界遺産を木馬代わりに遊ぶ子どもたち。
誰もとがめません。
大丈夫ですか、ユネスコ。

IMG_1319_.jpg



世界遺産が若者のデートスポットなのは、デリーもカトマンドゥも変わらず。

IMG_1326_.jpg

ネパール雑景 その1 [2012年05月22日(Tue)]

カトマンドゥを走る車。

黒いナンバープレートは、客を乗せるタクシー/ミニバス。
IMG_1281_.jpg


赤いナンバープレートは、自家用車/バイク。
IMG_1282_.jpg


圧倒的にスズキの車が多い。
スズキの「S」は「SPORTS」のS?
それとも、「SPEED」のS??
IMG_1335_.jpg



「現地に行ったら現地のものを食す」という笹川会長のポリシーは原則同意しますが、
1年半も日本を離れるとそうもいってられません。

最終日にいただいた、ヒマラヤそば。
ヒマラヤで栽培された蕎麦を使ったもの。
なかなか美味しい。
天ぷら、小鉢、とろろ(山芋もネパールで栽培)までついて、1人前400ネパールルピー(約360円)。
安い!!

お店はこちら↓
Royal Hana
住所:Royal Palaceの北門通り沿い
Royal Palace Noth Gate(Uttar Dhoka) Kathmandu,Nepal
電話:+977-(0)1-441-0181
http://www.h2.dion.ne.jp/~royalhan/

手入れされた庭の雰囲気も良くて、ほっとしました。

IMG_1346_.jpg



排気ガスによる汚染はデリーよりカトマンドゥの方がひどい、と皆口を揃えて言う。
確かに少し外を歩いただけで喉が痛くなる。

でも、空や夕焼けは、なぜかカトマンドゥの方がきれい。

IMG_1309_.jpg
2年4ヶ月ぶりのネパール [2012年05月21日(Mon)]

「参加型モニタリング・事業評価」について学ぶ研修に参加するため、5月13〜19日の7日間、ネパールはカトマンドゥへ。

RIMG1978_.jpg


日本から出張で行った時はそれほど鮮明にわからなかったが、インドに住むようになってからネパールを訪れると、インドとネパール、2国の違いが前よりもはっきりとわかる。

首都カトマンズでも、整備が行き届かないがたがたの道路。

給油を求めてガソリンスタンドに並ぶ長蛇の列。

一日数時間に及ぶ計画停電。
昼間は停電、夜にならないと送電が始まらないため、自家発電機がない限り、仕事にならない。

政党が呼びかけるストライキの日常化。
道路をブロックしたり、タイヤを燃やしたり。
投石など暴徒化する危険性もあるので、ストがある日は車では出歩けない。

IMG_1279_.jpg


同じ研修に参加していたイタリア人の女性の話。

車にガソリンを給油するのは、一日仕事。

調理に使うシリンダーのガスは、1月に注文したのに5月の今になっても未だ届かない。

繰り返すストライキ、ストライキがないかと思えば宗教上の祭日で休み、
仕事ができる日は数えるほど。



月曜から金曜日までの研修中も、木曜と金曜の2日間ストが宣言された。

どうなるのかと思いきや、「研修は予定通りやる」と。

車は使えない代わりに、バイクで移動。
研修センターのスタッフは徒歩で汗だくになって10時頃に現れた。

「We'll manage(なんとかなるよ)」と、慣れた様子のネパール人たち。
たくましい。

IMG_1310_.jpg

(研修センターの昼食。毎日てづくり料理。美味しかった。
フォークの上、左から、ひよこ豆のスープ、かぼちゃのカレー、チキンカレー、いんげん豆?の親戚のような野菜のカレー、じゃがいもの和え物。)


そして、インド(特にデリー)に比べると遙かに、人はやさしい。
ホスピタリティに溢れている。
ものやお金を渡す時は必ず両手か、左手を添えてそっと。
顔立ちが似ているせいもあるかもしれないけれど、鋭い視線で見られることもあまりない。

人にやさしく、親切にすることがまだ生きている。
人を人として扱うことが、当たり前のこととして認められる。

インフラや停電などのマイナス面を差し引いても、居心地が良い、と思わせる理由はそこにあると思う。

IMG_1345_.jpg

(ホテルの屋上から見たパタンの街)


IMG_1348_.jpg

(街中に溢れる薄紫の花をつけた樹)

折り返し地点 [2012年05月10日(Thu)]

姉の結婚式を口実に、2週間の一時帰国。


2日間、久しぶりにまとまった時間を事務所で過ごして、内部向けに行った報告会で何人かの人と話をして、仕事仲間という存在のありがたみを痛感。

インドの職場の同僚も意識が高く熱意のある人もいて学ぶところは多いけれど、100%立場を共有することはできない。

自分のやりたいことを少しずつ、でも着実に実現していっている同僚の姿にも元気をもらった。


職場の和太鼓サークルの練習日にお邪魔して、1年半ぶりに叩いた和太鼓。
振動が手に伝わってくる感覚が懐かしい。
そしてここでも、変わらずに歓迎してくれる太鼓仲間の方たちに感謝。


職場の人間関係だけじゃなく、親も含めて、いろんな人に応援してもらって支えられていることを、日本に帰るたびに実感する。

帰れる場所があるのは、有難いことだと心から思う。


好きなものを色々我慢しているのは、
インドで得られる経験にそれだけの価値があると思ったから。


3年の任期、1年半が経った今はちょうど折り返し地点。

PAP_0501.JPG


帰国の2日後に行ったヒンディー語学校では、たまたま生徒が私ひとりで、先生との雑談になった。


「1年半で何が変わった?」

何が変わっただろう、と考え込んでいると、

「ヒンディー語が全くわからなかったのに、理解できるようになったでしょう?

周りの人が何を言っているか、何を考えてるか前よりも理解できるようになったでしょう」

と、先生。

何を言っているのかは少し理解できるようになったけど、何を考えてるかは未だに理解できないよ、と言い返して、苦笑する。



何が変わったか。



周囲の人間関係の有難みを感じられるようになった。

今まで当たり前だと思っていたもの、電気やネット、サービスや職場環境の有難みを感じられるようになった。

途上国で100円のお金がもたらす意味を前よりわかるようになった。

必要な時は、強気と強い言葉で闘う術が身についた。




全ての変化を進歩と言うには迷いがあるけれど。


あと1年半、どう変わっていくかは、自分次第。

前向きに成長できるようチューニングしつつ、がんばります。
ふたつの日常 [2012年01月11日(Wed)]

ある土地で1年も暮らせば、意識せずとも自然とその土地での生活が日常になる。

年末年始にかけて、11泊11日で日本に一時帰国した。


7ヶ月ぶりの帰国。
今回は、帰国前になぜか少し緊張した。
ここのところずっとインド服に身を包んでいたせいで、どの服を着ていけばよいかでまず悩む。


1週間未満の帰国だと単なる息継ぎという感じから抜け出せないけれど、10日以上となると日本のペースでの呼吸の仕方を思い出す。

帰国中ずっと体調も良く、「飲めなくなったかも」と思っていたお酒も、「食べられなくなったかも」と思っていたお肉も、日本に住んでいた頃と同じように飲食できた(食べ過ぎるほどに)。


多少違和感を覚えつつも、待ち合わせする友人に分刻みで電車の到着時間を連絡し、
一日にいくつもの予定を、計画した通りにこなす。
日本に住んでいた頃と同じペースで、日々の時間が流れる。




異質であり続けるということは、やはりどこか疲弊する。

向けられる視線、
慣れ親しんだものとは異なる言葉を話さなければいけないプレッシャー、
周囲の大多数と異なる文化的背景を背負った上で、大多数の文化に適応しなければならないプレッシャー。


周囲と同じ顔立ち、肌の色というだけで、肩の力が抜ける。

周囲の人たちが話す言葉も、口の中で呟く独り言のような濁った交通機関のアナウンスさえも、自然と耳に入ってきて内容が理解できる。



安全面の違いも大きい。

(一部のアウトローな人たちを除いて)車はたいてい赤信号で、停止線の前で停まる。
どんなに混んでいても、車は車線を守って通行する。

タクシーに乗って、告げた行先がわからないんじゃないかと疑惑の目で運転手と周囲の住所表示を睨むこともない。

日本特有の危険や狂気はあるけれど、それでもやはり日本の路上よりもインドの路上の方が、安心して歩ける。
歩道はきちんと舗装され、穴が開いていないか、障害物がないか、常に足元を見ながら、野犬を踏まないように注意しながら歩く必要はない。

駅や電車・バス内の電光掲示板は、常にアップデートされ、信頼できる正しい行先と時間を表示する。
表示が正しいかどうか、行先とプラットホームの番号が合っているかどうかを係員や周りの乗客に確認する必要もない。

弛緩しきってぬくぬくと地下鉄のシートに座っていれば、ほぼ確実に自動的に行先まで連れて行ってくれる。





そしてサービス業大国・ニッポンのホスピタリティの質の高さ、客目線で整えられたシステムの効率の良さに、改めて感動。

時計の電池交換ひとつをとっても、所要時間が告げられ、電光掲示板で受け渡しのタイミングを見ることができる。
バンド交換をしたければ、時計幅のサイズごとに分かれたバンドが壁に見えやすいディスプレイで並び、こちらから何も尋ねなくても時計幅をすっと測って棚の場所を案内してくれる。
狭いカウンター内で働く複数のスタッフ全員が、いち早く客にサービスを届けるために、それぞれの役割を察知してテキパキと動く。
なんて無駄のない。


インドと日本のホスピタリティの違いが際立つ最たるものは、空港のセキュリティチェック。

「恐れ入ります、反応が出ましたのでこちらで靴を脱いでスリッパに履き替えていただけますか?」
(インドだったら「靴脱げ」の一言で終わり)

「ブーツと携帯電話をもう一度通させていただきます」
(インドだったら無言で戻ってもう一度通してこい、と指差されるだけ)

「ご協力ありがとうございました」
(インドだったら不機嫌そうなむっつり顔で行け、とアゴで合図されるだけ)

極めつけには別の係員が「お待たせいたしました」と、他の荷物をまとめて待っていてくれる。
(インドだったら係員は私語を交わして談笑しながら、乗客がレールの上に溜まった荷物を「それ私の。こっちにちょうだい」と言いながら腕を限界まで伸ばさないと荷物を収集できない)


なんて素晴らしいんでしょう、日本。





一方で、久しぶりに戻った日本の価値観に違和感を感じたことも少なくない。



まだ使えるのに、新しいものが欲しいからと買い換える習慣。

インドでは、「物を捨てる」ということはほとんどない。
古くなっても、機能する限りは、使い続ける。
機能しなくなれば、直して使う。
もし何らかの事情で自分が使わなくなれば、周囲で必要とする誰か他の人に譲る。

そして、必要なもの以外は買わない。(買えない、という現実ももちろんあるが。)



12月、シャンティヴァンを訪問した際に寄らせてもらったパンヴィールの知人の家を思い出す。
そこには驚くほど、物が少なかった。

ムンバイで働く夫婦と、大学生の息子ひとりの3人家族。

2ベッドルームとキッチン、バスルームがついたシンプルなアパートの一室。

きちんと整理されたベッドルームには、簡易なベッドと、身の回りのものを収納するための小さなクローゼット、ヒンドゥー教の神様を祭るための小さな祭壇があるのみで、余計なものは全て排除された居住空間だった。

人間が暮らしていくために本当に必要なもの、大切なものが何かをわかっている人の部屋だ、と感じた。



日本の電器店やデパートに、これでもかと溢れ返る、生活を「豊か」にするための商品、デザインの数々。

インドで売られているものは、大都市の一部には先進国と同じようなショッピングモールができたといっても、一般的にはまだまだ生活に必要最低限のものが基本だ。
まずは必要な品物が店にあるかどうか。
デザインやバラエティは二の次で、あったとしてもせいぜい2,3種類。壁一面に並んだ種類の多さに圧倒されることは、まずない。



食べものもそうだ。
日本で、全員とはいわないが、ある程度選択肢が揃う街に暮らす、一定以上の生活レベルの人たちにとって、食事は単に腹を満たすためのものではない。
その時の気分と嗜好に合わせて、舌と気持ちを喜ばせるために、食べる。
街には、多種多様なレストランがこれでもかと扉を開き、ネオンを照らして待っている。

インドでは、その場で手に入るものを食べる。
選択の基準があるとすれば、自分の宗教上の制約に合うかどうか。



軽く、表面だけを撫でて過ぎる会話。

真面目な話題、深い話題は避ける空気が日本にはあると思う。
「議論」や意見の対立は、避ける。
そういう場を意識してセッティングしなければ、なかなか核心に触れるような話はできずに終わってしまう。




11日ぶりに戻ったデリーの冬空は、分厚い霧に覆われていた。


女子度や身だしなみに気を遣う日々から、ただ生活することのみに集中する日々にまた戻る。

必要な食材や物資を確保すること。
無事に目的地に到達すること。
やるべき仕事を終えること。

到着ゲートを出て空港内を歩きながら、ひとりで生活して身を守るためのシールドを、再びオンにする。
顔つきと声が少し険しく冷たくなるのが、自分でもわかる。



少しの間国外に離れて、再びデリーに戻ると、その度にインドの生活への浸透度がまた一段深いレベルになっていることを強く実感する。

言葉で表現し難いけれど、
2011年の1月にインドネシア出張から戻って来た時、
5月に日本への一時帰国から戻って来た時、
そして今回、2012年1月に戻って来た時。

自分の中で感じる「異文化」感は着実に減り、「日常」感が増している。


飛行機から降り立つと、乗継便の乗客に呼びかけるインド英語の癖のある発音が耳をつく。
空港の外では、布にくるまった人々が焚火で暖をとる。
交差点では物乞いの老いた手が窓ガラスを叩く。

道を知らないドライバーは散々迷い、家に辿り着いて、冷え切った部屋でなかなか利かないパネルヒーターにかじりつきながら、日本で買ったばかりの沖縄そばをすする。


11日離れても、インドの風景と呼吸のペースは、私にとってもはや違和感なく戻ることができる日常になっていた。

水戸の夕焼け [2012年01月11日(Wed)]



それが異国の地であっても、国内の別の町であっても、
今まであったものを手放して、ひとりで新しいことに挑戦しているのに変わりはない。

それぞれのタイミングで、
それぞれの道を選んで、
得たものを手のひらに握りしめながら。


都心よりも震災の影響が色濃く残る水戸で、
同期もがんばっています。
1年目の振り返り。 [2011年11月26日(Sat)]


2010年11月24日の渡印から、ちょうど1年が経った。

今までの29年間で一番感情の起伏の激しい一年だった。


新興国の現場に近い場所といっても、無垢な子どもたちのキラキラした目が待っているわけではなくて、知らなければ良かったと思うような人間関係の泥沼が見えるようになっただけのような気もする。

でも、少なくとも関係する人たちが、それぞれどのような立場と思惑から言動に結びつくのか、以前よりは理解が深まったと思う。


事実はひとつじゃない。
誰の言うことを信じるべきなのか。

どこまで近づくべきなのか、
もう少し距離を保つべきなのか。

苦言を呈するべきなのか、
口を慎むべきなのか。

常に自問自答の繰り返し。


出張ではできない、長い時間を共有したからこそ築けた信頼関係は、ほんのわずかだけれどある。



道を歩くのも仕事も買い物も、相変わらず毎日が障害物競走のような日々だけど、
いつも同じ温度で的確な助言をくださる関係団体の役員の方、
出張の度に物資を補給してくれる東京の上司・同僚はじめ、
デリーで闘う女子たちの癒しご飯とか、
顔なじみのガードの笑顔とか、
ネットを通じて見守ってくれる人たちのメッセージとか、
2箱分の粉末かぼちゃスープを1箱に詰めて持ってきてくれる親のやさしさとか、
餞別でもらった応援DVDとか、
時折り届く手紙とか、
電話の声とか、
たくさんの人に支えられて無事に1年過ごすことができました。

どうもありがとうございます。


まだしばらく、障害物競走におつきあいください。
州政府のサイト [2011年11月16日(Wed)]

インドの公用語は、憲法によって定められたヒンディー語と英語のふたつ。さらに22の指定言語がある。(ご参照:Wikipedia「インドの公用語の一覧」)


(画像:Wikipediaより)


大抵の州政府の主要省庁は、州内で最もメジャーな言語と英語との2言語のウェブサイトを持っている。

でも中にはヒンディー語サイトのみの場合も。

これまで行き当たった中では、チャッティスガール州、マディヤ・プラデーシュ州政府機関のサイトはヒンディー語のみの確率が高い気がする。

要人の肩書をチェックするにも、英語の検索では元サイトに当たらない。

仕方ないのでGoogle翻訳に頼って読み取り。


開発が進んでいる州と遅れている州の差が、こういう面にも表れる気がするのは、私だけでしょうか。

| 次へ