CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«自分を指す3本の指 | Main | インドに無事到着しました。»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
彼女は生を授け、死んでいった [2010年08月29日(Sun)]


2010年8月29日 ヒンドゥスタン・タイムズより:

----------------------

彼女は生を授け、そして死んでいった。デリーは通り過ぎるだけ。


She gave birth, died. Delhi walked by.
SUNDAY hindustan times, Aug 29th, 2010

冷淡な首都:妊婦の貧窮者、人ごみの市場で主産後、死亡―赤ん坊を助けたよきサマリア人

Nivedita Khandekar
ニューデリー:

 彼女は野良犬に囲まれ、蝿にたかられながら、汚れた雨水の中で妊娠9ヶ月の身体を横たえ続けた。チュンニ(訳注:インドの民族衣装 薄布?)を身にまとった彼女は、まるで人通りの多い道の脇に捨てられたぼろ布のようで、人々は脇目もやらずに通り過ぎていく。
 そこは実際人通りの多い道だった。コンノート・プレースのシャンカー・マーケット。幾千の人たちが、通勤や買い物に通う。
 7月26日に女性が出産したのも、この汚い道脇だった。新生児は茫然とした母親の傍らで泣き叫んだ。露店の主人がその泣き声に気付き、市場で衣料品店を営むリトゥ・アーサー・フレドリックに助けを求めた。
 フレドリックは生後数日の赤ん坊の周りを野良犬が囲んでいるのを見て驚愕した。「犬は今にも赤ちゃんに襲いかかりそうだった」
「母親は、自分ひとりで赤ん坊を産み、無理やり赤ん坊を引っ張ってへその緒をちぎったと私に話した」
 フレドリックは店の女性販売員の手助けのもとで、赤ん坊の面倒を見た。母親は不潔で、フレドリックは彼女が授乳しようとするのを拒んだ。貧窮した母親は、身を清めるのを嫌がり、医療的支援も拒んだ。4日後、フレドリックに赤ん坊の世話を頼んで、母親は息を引き取った。
 しかし、フレドリックと、彼女がカリシュマ(奇跡)と名づけた赤ん坊には、まだ試練が待ち受けていた。遺体を運ぶために警察が呼ばれ、赤ん坊の件を話すと、警察官はカリシュマをゴル・マーケットの養育施設に連れて行った。
 フレドリックは赤ん坊を引き取ることをあきらめていない。まだ独身の彼女は、自分では養育権を得られないかもしれないと、彼女の兄と義理の姉にカリシュマを養子にするよう説き伏せた。しかし孤児院の運営者は協力的ではない。
 この冷淡なデリーの町で、彼女とカリシュマは、また別の奇跡を必要としている。

■誰が彼女を助けられたのか?
あなたも、私も:100番(警察管理室)、1091番(警察の女性専用ヘルプライン)、1098番(チャイルドライン:0〜18歳の子どものためのヘルプライン)への通報によって、通行人でも貧窮者を助けることができる。救急車が駆けつけ、直近の国営病院へ貧窮者を運ぶ。

デリー政府 女性・子ども開発局:ショートステイ・ホームと、ナリ・ニケタン(女性のためのシェルター)を運営。他にも多数のNGOが女性と子どものための類似のシェルターを運営している。が、アウトリーチはなく、通報や相談があった時に介入する。

----------------------

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント