CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「スバーシュ」という名の男 | Main | 姿を見せないという戦略»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
ハンセン病回復者の子どもたちが学校に通えるようになるまで [2012年12月15日(Sat)]

「ハンセン病に関する差別は、障がい者に対する差別とはまた違う側面がある」
「住所がハンセン病コロニーであるというだけで、学校に行けない子どもたちがいる」
と、よくいわれる。

Photo0090.jpg

例えば、どういうことか?

実際に2012年の現在にインドで起こった話。

・・・

11月4日、ビハール州リーダーのランバライ氏と、ナショナル・フォーラムの関係者とともに、ビハール州のアリラジ地区にあるコロニーを訪れた。

コロニーには25人の子どもたちが住んでいる。
コロニーのリーダーは訴えた。
「就学を断られて、全員学校に行っていないんだ」。

Photo0066.jpg

3日後、ランバライ氏が再びアリラジに向かう。
コロニーのリーダーとともに、地域の公立学校を回った。
近隣の3つの学校は、どこも就学を断った。
「そこはうちの管轄ではない」と。

ランバライ氏は、社会の関心を惹きつけることでこの問題を解決しようと、ジャーナリストを連れて再び訪れた。

また同時に、自治体の村長にもこの問題を訴えた。

理解を示した村長を連れて、再び就学を断ったある学校を訪問した。

村長の姿を見た校長は、その場で25人の就学を認めた。
そこで事態は解決したかに見えた。


しかしその翌日、子どもたちが学校に行くと、また「ここでは学べない」と言われてしまう。
就学を認めた校長が不在のため、他の職員は子どもたちの就学に関知していないという。

RIMG2781_.jpg

ランバライ氏はあきらめず、今度は県の教育担当官のもとを訪れてこの問題を訴えた。

その話を聞いた県の教育担当官は、12月初旬にさっそく県内120の小学校の校長を集めて集会を開き、そこで同じくハンセン病回復者州リーダーのカムレーシュ氏に、ハンセン病について話す機会を設けた。


ハンセン病は治る病気である。
コロニーの住人は、全員治療が完了した人たちで、彼らが新たな感染源となる危険性はない。
ハンセン病に遺伝性はない。
コロニーに住む子どもたちを受け入れても、他の子どもたちがハンセン病に感染する恐れはない。

教育を受ける権利は、インド国民全員に保障されている権利だ。
今教育を受けられるかどうかが、将来どのような仕事に就けるか、未来の礎となる。
子どもたちに教育の機会を与えて欲しい、と。


同じように、ハンセン病であることを理由に就学を断られる子どもがこの地区で出ないようにという願いを込めて。


そして教育担当官の立ち会いのもと、25枚の入学届を記入し、提出した。
こうして、アリラジに住む25人の子どもたちは学校に通えるようになった。

Photo0072.jpg

制服をつくるために採寸する子どもたち。
教材と制服は、ドイツの団体による寄付によってまかなわれた。

Photo0089.jpg

新聞記事にもとりあげられた。

Scan158.jpg


人権侵害を訴えるための人権委員会は、インド中央政府にも各州にも存在する。
しかし人権委員会に訴えても、関係者へのヒアリングをして具体的な解決に結びつくまでには1年以上の年月を要する。ひどい場合は忘れ去られてしまう場合もある。

一日も早い解決のためには、差別をする人に実質的な影響力を持つ機関(それは場合によっては村長であったり、県の教育担当官であったり、行政官であったり)に訴える方が、確実に迅速な対処が望める。

問題解決の手法はひとつではない。
ひとつの手法でうまくいかなければ、別の扉を叩く。
扉が開くまで。



ナショナル・フォーラムは、ハンセン病コロニーに暮らす人々が直面する問題を「自分たちの力」で解決するためのフォーラムだ。
回復者である州リーダー自身が、問題解決の力をつけることを狙いとしている。

それが実際の成果に結びついた、ひとつの成功例。

問題が発覚してから解決までにかかった期間、1ヵ月。

アリラジとラクソールの間を何度も自慢のバイクで往復して、問題解決のために駆けずり回ったランバライ氏に拍手を送りたい。

DSC_1350_.jpg

(写真提供:ランバライ、なつさん)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント