CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«外国のお菓子 | Main | 握手の後の間»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
インド滞在記
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
匿名
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 (02/12) awa→ちびすけさん
1年目の振り返り。 (12/23) ちびすけ
1年目の振り返り。 (12/15) awa→KUROさん
1年目の振り返り。 (12/15) KURO
1年目の振り返り。 (12/15) awa
1年目の振り返り。 (11/30) Hena
1年目の振り返り。 (11/28) もりりん
1年目の振り返り。 (11/27) awa→きょこさん
モチベーション (10/27) きょこ
モチベーション (10/27)
月別アーカイブ
クレイアニメが映す「ハンセン病」に当事者から抗議の声 [2012年01月19日(Thu)]

3月公開予定のアニメーション映画が議論を巻き起こしている。


ウォレスとグルミット」シリーズで人気のAardman AnimationsSony Pictures Animationが制作したストップモーション・アニメ映画「ザ・パイレーツ!(The Pirates! Band of Misfits)」の予告編に含まれるシーンが、ハンセン病に対する間違った認識を助長するものと抗議の声があがっている。



(以下、日本財団ブログマガジン1/19記事より抜粋)
---------------
 
同映画はアードマン・アニメーションズ(本社・英国)とソニー・ピクチャーズ・アニメーション(同・米国)の共同製作で、3月にも米国のコロンビア・ピクチャーズから世界に配給される予定。予告編はウエブに公開されており約2分。

メインキャラクターの海賊が船に乗り込み、乗組員に対して金(GOLD)を要求すると、
「金なんてない。この船は“らい病患者(LEPER)”の船だから」
と答え、
「ほらね」の一言とともに乗組員の左腕が落ちるシーンが盛り込まれている。

---------------

ハンセン病患者の「腕が落下する」ということは、ありえない。

「ありえない」と、ハンセン病について一定の知識を持っている人は断言できるけれど、

「あるのかもしれない」と、ハンセン病について知らない人は受け取るかもしれない。


また、「LEPER」という言葉自体が、差別用語として国連で定められたガイドラインにおいて使用が禁じられている。


基礎知識について説明すると、

・ ハンセン病は、らい菌(Mycobacterium Leprae)によって起こる細菌感染症。

・ 感染力が弱く、感染しても99%以上の人は自然免疫をもっているため、めったに発病することはない。
免疫の弱い人が、治療を始めていない有菌状態の患者と緊密で頻繁な接触を続けた場合には、感染する可能性がある。

主に皮膚や神経に、斑紋、感覚がなくなるなどの初期症状が表れる

・ リファンピシン、ダプソン、クロファジミンを同時併用する多剤併用療法(MDT)によって、ほぼ半年〜1年の期間で完治する。(MDTはWHOを通じて全世界で無償で提供されている)

適切な治療がなされないと、顔面、四肢等の変形や、眼等様々な組織に障害が起き、後遺症が残る可能性がある

・ 後遺症があっても、治療が完了し無菌状態となっていれば、緊密な接触を続けても病気に感染することはない



(→ より詳しく知りたい方は笹川記念保健協力財団ウェブサイトモグネット等をご参照ください)


・・・


もし、母親が、兄妹が同じ病気を患ったことがあったなら、このような描写ができるだろうか。

もし肉親が同じ立場の場合、このような発言ができるか。
このような行動がとれるか。
政策がとれるか。

ハンセン病の問題に限らず、すべての人権問題の根本には、この問いが自問できるかどうかにかかっていると思う。



現在も世界で年間約23万人の新規患者がいる。
世界には推定約110万人の回復者(病気が治った人たち)が暮らしている。

このシーンが病気を経験した人たちに、その家族に、どのようなショックを与えるか。

その意識と想像力の低さに愕然とする。



問題となるシーンの削除と謝罪を求める声が、回復者の中からも挙がってきている。

アメリカ在住のホセ・ラミレズ氏

インド南部のアンドラ・プラデーシュ州のハンセン病回復者組織SLAP代表者、ナルサッパ氏


このような問題が起きた時に、ハンセン病回復者自身が抗議の声をあげることは、最も説得力がある。

当事者の声を社会に反映させるためには、問題に気付く「感覚の鋭さ」と、立ち上がって「公的に発言する自信」を備えた当事者を奨励していく必要がある。



イギリスにあるレプラ(英国救らい協会)が抗議キャンペーンを展開し、英国メディアを中心に取り上げられている。

WHOハンセン病制圧特別大使、日本政府ハンセン病人権啓発大使でもある笹川陽平日本財団会長も、アニメ制作会社二社および配給会社宛に抗議文書を出した。



この問題のシーンが予告版および本編から削除されることを望むと同時に、
今回の一件が、ハンセン病についての正しい知識を広めるためのきっかけになればと願う。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
まだ日本で公開すらされてない映画にイチャモンつけるのもよくないと思います。
Posted by: 匿名  at 2012年02月12日(Sun) 02:21