CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年09月 | Main
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

http://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
第9回ぎふグリーンツーリズムネットワーク大会in白川郷【2019/11/5〜6】 [2019年10月21日(Mon)]

sirakawagou_2.JPG

〜描こう!ふるさと未来予想図。農泊が描き出す新しい農山村の姿〜

「ぎふの田舎へいこう!」推進協議会では、毎年全県のグリーンツーリズム
実践者が集ってグリーン・ツーリズムネットワーク大会を行なっています。
今年は、白川郷で11月5日〜6日に行います。

「観光人口」でも「移住人口」でもない「関係人口」という発想を
創造的に発展させた「白川郷ヒト大学」の実践(第1分科会)や、
インバウンド先進地 白川郷の若女将の健気でリアルな実践報告座談会
(第2分科会)など、興味深い内容が盛りだくさんです。
1万円札の顔になる澁澤栄一さんのひ孫さんの澁澤寿一さんの
基調講演も必聴です。
交流会では、県内の実践者と親睦を図ることができます!

  ◆日 程:2019年11月5日(火)−11月6日(水)
  ◆場 所:トヨタ白川郷自然学校
       岐阜県大野郡白川村馬狩223
  ◆参加費:会員無料 非会員1000円
(宿泊費、大交流会費は含みません。)
  ◆定 員:100名(先着順)
  ◆申込締切り:2019年10月25日(金)
  ◆お問い合わせ先:「ぎふの田舎へいこう!」推進協議会事務局
    TEL:0575-87-0128
    FAX:0575-87-0131
    Eメール:gifuina@gmail.com
    HP:https://gifu-inaka.pref.gifu.lg.jp/gifudo/area4/1419.html

sirakawagou_3.jpg

sirakawagou_4.jpg

Posted by tsunagaru at 17:50 | お知らせ | この記事のURL
市民環境展2020【2020/4/11〜12】 [2019年10月21日(Mon)]

みらいに語り継ごう!ひと・自然・社会・平和
〜今、心にとどめたい、中部〜世界の環境と人権の写真展&市民団体ブース+講演会〜

☆ブース出展しませんか?

「中部の環境を考える会」有志が、来年2020/4/11(土)〜12(日)、
ウィルあいちにて『市民環境展』を行います。
内容は、写真展と4つの講演、そして市民活動のブース展示です。

現在、活動フィールドや取り組む課題のブースを出展する団体さんを募集中!
(1ブース1日/1000円)

お問い合わせはコチラまで↓↓↓
●中部の環境を考える会 052-241-7613
 名古屋市中区大須4-13-32(名探ビル4階)
●主催:「市民環境展2020」実行委員会


Posted by tsunagaru at 17:38 | お知らせ | この記事のURL
【被害防除実践講座】「防護柵を補修して、侵入に強い防護柵に育ててゆく!」【2019/11/17】 [2019年10月21日(Mon)]

〜侵入防止に効果的な「AF規格」を知る、
執拗なアタックに対しても侵入させない補修を会得する〜
 
※AF規格とは、京都大学芦生研究林において、2006年より5年間、防除効果
の発現と検証がキチンと行われ、2012年より世に出た、防除に効果的な項目を
整理した食害防護柵の規格です。(参照:ABCプロジェクト)

「被害防除」は、特定鳥獣保護管理計画でも、総合対策の、三本柱の一つとして、位置づけられている重要な要素です。

しかし、実際の造林地で多く見受けられるのは、防護柵にしても単木防除に
しても、キチンとした設置が最初からなされていません。
そのため、シカなどの侵入をやすやすと許してしまい、被害を受ける…。
 防除がキチンと評価されず、柵が打ち捨てられている、
そんなことはありませんか?防護柵なんて飾りでやってるだけ、
本心はやるだけ無駄、そんなふうに思っていませんか?

一緒に補修の仕方・やり方を体験してもらい、シカなどに、いとも簡単に
造林地へ侵入させない柵を作り上げる「はじめの一歩」を体得してもらいます。

「獣害の最前線ではどんなことが起きているのか見てみたい!」
「防除作業の体験をしてみたい!」
「シカやカモシカが起こす造林苗木への被害を防ぎたい!」
「これから畑に防護柵を設置する予定なので、参考にしたい!」
そんな方のご参加をお待ちしています!!

●日時:令和元年11月17日(日) 9:30〜17:00
●場所:甲賀市土山町山中(詳細はお申込み後連絡します。)
●プログラム予定
9:30 集合・受付(甲賀市役所土山支所前)
11:00 現地着。実践ワーク「侵入に強い柵にするための目のつけどころ」
13:00 実践ワーク「侵入強い柵にするための補修方法」
15:00 現地発
16:00 おさらい、ふりかえり(土山支所前)
17:00 終了
●講師:高柳 敦(かもしかの会関西)
●参加費:1,500円
●主催:かもしかの会関西
●申し込み期限:令和元年11月15日(金)まで(定員:10名ほど)
●お申込み、お問い合わせ先は、コチラまで↓↓↓
 かもしかの会関西 事務局・広報担当 西村 知記
E-mail acer.p@i.softbank.ne.jp
携帯電話 090-9165-8971
Posted by tsunagaru at 17:35 | お知らせ | この記事のURL
長良川エクスカーション【2019/11/17】 [2019年10月21日(Mon)]

〜清流長良川の歴史と自然を訪ねて〜
 
 長良川の源は、岐阜県郡上市白鳥町の大日ヶ岳に発し、板取川・津保川
等を合流させて、美濃市で濃尾平野に出て、岐阜市中心部を流れ出ています。
四万十川・柿田川とともに日本三大清流とされています。
 河道は、岐阜市内の長良橋下流で1611年の慶長の洪水以後、昭和初期
まで古川と古古川の三本に分流していました。その締切工事が1939年に
完了し、現地に長良川回収記念碑が建てられています。

 当日は、長良川の伝統的防災施設である霞堤と畳堤などの大切さを学習するとともに、支川での水辺の生物採集観察も楽しみながらバスエクスカーションを実施します。

●日  時:令和元年11月17日(日) 9:00〜17:00(少雨催行)
●集合場所:JR大曽根駅北口改札口(8:50迄に集合。解散場所も同じ。)
●参 加 費:会員1000円/非会員 一般2000円・学生1000円(当日徴収)
●募集人員:先着20名
●申込期限:令和元年11月10日(日)
●持 ち 物:昼食・飲み物
      生物採集観察をされる方は、深長靴・タモ・バケツ等
●申込方法:FAXもしくは、メールにて以下をご明記ください。
      氏名(フリガナ)・電話・携帯番号・メールアドレス・
      会員or非会員(一般・学生)・郵便番号・住所

担当:愛知・川の会 國村
FAX:052-795-8932
メール:mizube@axel.ocn.ne.jp

nagaragawa_20191117_1.jpg

nagaragawa_20191117_2.jpg
Posted by tsunagaru at 17:29 | お知らせ | この記事のURL
ブラアイチ in 日光川【2019/11/9】 [2019年10月21日(Mon)]

buraaichi_nikko_1.jpg

〜川のある風景を歩こう、まちの魅力を再発見しよう〜

 ブラアイチは、愛知県が名古屋地理学会、土木学会中部支部と協力して、まちのストーリーを発掘・紹介していく取り組みで、専門家の解説を聴きながら楽しくめぐります。そして、まちの成り立ちや過去の災害や地形を知ることで、「まちづくり意識」や「防災意識」を持っていただき、さらには、地域の魅力を発信することで「観光」の促進にも役立っていければと考えています。

 今回は、伊勢湾台風から60年の節目の年を迎え、その経験を地域で伝えていくため、蟹江川排水機場での講演会やEボートを用いて日光川・蟹江川をめぐり
ます。普段なにげなく接している川を水面から眺めながら、水防災について考え
てみませんか。是非ご参加ください。

●日 時:2019年11月9日(土) 午前10時〜午後0時30分
●場 所:蟹江川排水機場(海部郡蟹江町大字蟹江本町地先)
●内 容:(1)ミニ講演会(午前10時から午前11時まで)
第1部 講師 溝口 常俊氏 名古屋大学名誉教授(地理学)
タイトル 〜伊勢湾台風経験から見た日光川下流域の地理・地形の特徴〜
第2部 講師 秀島 栄三氏 名古屋工業大学大学院教授(土木工学)
  タイトル 〜クイズで学ぶ水防災〜
(2)川めぐり&蟹江川排水機場見学(午前11時から午後0時30分)
         Eボートを使用して日光川・蟹江川をめぐります。
     ※ボート内でガイドから歴史や地形などについて解説があります。
       予定ルート:蟹江川排水機場内乗下船場
                     ↓約500m
                日光大橋(県道名古屋十四山線)
                     ↓約500m
                蟹江川排水機場内乗下船場
●参加対象:小学校4年生以上(ただし、中学生以下は保護者同伴とします)
●参加費:無料
●集合場所:蟹江川排水機場 
 ※日程及び集合場所等の詳細は、募集期間終了後、参加決定者にお知らせします。
 ※駐車場あります。
●申し込み・お問い合わせ:コチラまで↓↓↓
ブラアイチホームページ→ http://aichi-river.jp/buraaichi/
愛知県ホームページ→
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kasen/bura-innikkoukawa.html

buraaichi_nikko_2.jpg
Posted by tsunagaru at 17:23 | お知らせ | この記事のURL