CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 地域デザインスクール報告 | Main | グリーンマップ展(COP10)»
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

http://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
活動報告書が完成しました。 [2011年05月16日(Mon)]



COP10グリーンマッププロジェクトの活動報告書が完成しました!
【A1判(両面、カラー、折A4判)】

【内容】
・ご挨拶とお礼のことば(P.2)
・実行委員会名簿(P.2)
・キックオフミーティング(P.3)
・情報交流会(P.3)
・「暮らしの中の生物多様性100選」の実施(P.4)
・各グループへの指導(P.4)
・実行委員会(P.4)
・モリコロパークでの展示とワークショップ(P.5)
・全国報告会[東京](P.5)
・全国報告会[京都](P.5)
・COP10開催期間中の展示(P.6)
・COP10グリーンマップフォーラム(P.6)
・メディアとの協働(P.7)
・COP10グリーンマップに情報をお寄せいただいた方々(P.8-P.15)
 ・暮らしの中の生物多様性に応募してくれた人[312人]
 ・グリーンマップを制作してくれた人達[6,048人]
・Special Thanks(P.15)

上記の内容が収録されてあり、イベントの内容、会場の様子や写真で紹介され、活動に参加、協力して
いただいた方々を紹介させていただいております。

完成した報告書はこちらからご覧いただけます。
COP10グリーンマップ報告会in京都(〜3/25(金)まで) [2011年03月17日(Thu)]



 明日(3/18(金))から25(金)まで京都市にある京エコロジーセンターにて「COP10グリーンマップ報告会」を実施します。

昨夕、現地に入りセッティングをしてきました!(以下が展示会場の様子です。)

 COP10グリーンマッププロジェクトでは昨年10月のCOP10の開催にあたり、開催地の市民に、暮らしの中の生物多様性に目を向けて、より関心を持ってもらおうと、新聞、ラジオなどで生物多様性情報の提供、グリーンマップ作りを呼び掛けました。そして、そのことで集った情報、マップの中には市民目線の暮らしの中で感じる「生物多様性、いのちのつながり」の情報が沢山ありました。この報告会は集った情報を紹介することと、その情報(“ふだん気づかないことが、みえてくる!”情報)を引き出せるグリーンマップの魅力を伝えたく実施いたします。

先月は、東京渋谷の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)で開催(2/4(金)〜2/10(木))しました。

期間:2011年3月18日(金)〜3月25日(金)(24日(木)休館日)
時間:AM9時〜PM17時
場所:京エコロジーセンター
    〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
主催:COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会
    NPO法人地域の未来・志援センター
    グリーンマップあいち
    NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム

  
         1階入口から            入口、左側にパネルを展示しています。
  
     1階奥の階段で2階の展示場へ      階段わきに、淑徳のグリーンマップ。

  
 2階の展示室中央部に展示しています。
  
  



グリーンマップの関連冊子も沢山置いてありますので、ご関心のある方はご自由にお持ち帰りください。。

【展示団体】
2.にっしん市民環境ネット/東部丘陵・天白川いきものマップ・夏編
5.いきものの森復元研究会/奥三河の広葉樹・いきものたち
8.グリーンマップ尾張旭/尾張旭いきものマップ
9.グリーンマップ犬山/犬山グリーンマップ
11.東海工業専門学校熱田校生徒会/あつた 宝さがしマップ〜緑と歴史があふれる町
13.東部ふるさと自然探検隊/ふるさとマップ平貴(ひらき)
21.どまんNakaグリーンマイスターの会/公園の利用者達
25.モリゾー・キッコロ里山学校C/阪本自然博物館
29.名城大学付属高校写真部/思い出グリーンマップ
32.グリーンマップせと/瀬戸の名木
34.Kinjo Gakuin Satoyama Conservation/金城物語〜守山の香りを感じて〜
35.美濃加茂GIS研究会/美濃加茂市の環境・名所マップ
36.岡崎市立緑丘小学校4年生と担任一同/京ヶ峰に登ったよ!
37.ウィラブナゴヤ協議会/栄南街でみつけた生物多様性+α
38.愛知淑徳大学 コミュニティ・コラボレーションセンター/子どもたちと大学生の長久手わくわくマップ!@
A.愛知淑徳大学 コミュニティ・コラボレーションセンター/子どもたちと大学生の長久手わくわくマップ!

以上、16マップです。

プロジェクトで作成されたすべてのグリーンマップはこちらからご覧板だけます。(来場者のコメント付き)
【開催のご案内】COP10グリーンマップ報告会in京都(3/18〜3/25) [2011年03月08日(Tue)]

先月、東京渋谷の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)で「COP10グリーンマップ報告会」を行いましたが、来週の金曜日、18日からは京都市内にある京都市環境保全活動センター「京エコロジーセンター」の場所をお借りして報告会を開催することが決定しました!

内容の詳細につきましては決まり次第、このブログで紹介させていただきます。

【開催概要】
期間:2011年3月18日(金)〜3月25日(金)(24日(木)休館日)
時間:AM9時〜PM17時
場所:京エコロジーセンター
    〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
主催:COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会
    NPO法人地域の未来・志援センター
    グリーンマップあいち
    NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム

※本報告会は、財団法人地球産業文化研究所の愛・地球博成果継承発展助成事業により開催します。 
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第8回)報告 [2011年03月07日(Mon)]

先週の金曜日(3/4)18時半〜、当会の事務所が入っている、ある中部リサイクル運動市民の会の事務所にて「COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第8回)」を行いました。

今回はCOP10グリーンマッププロジェクトの節目の交流会をいうことで、参加者の方に飲み物、食べ物などの持込みをお願いし、事務局サイドでも少量ながら乾杯程度のビールとお茶、ジュース、食べ物を用意して、いままでの会議形式の交流会ではなく、アットホームな雰囲気になるようにイメージした交流会をセッティングしました。

まずはじめに、萩原から本日の主旨のあいさつをさせていただいたあと、COP10支援実行委員会事務局長の小林さんからもCOP10を振り返るお話しをいただきました。

  

今回の交流会の主な内容は以下の3つでした。
@COP10で展示したグリーンマップ(約40作品)が収録されたグリーンマップ集のお披露目、配布。
A各種賞、スポット情報100選、グリーンマップ10選の発表
BCBCグリーンマップのご担当者との意見交換会

東京からお越し頂いた、クロスフィットの守内さんの乾杯のあと、「あなたがみつけた「暮らしの中の生物多様性」」のCOP10支援実行委員会事務局長賞の発表があり、会場にお越しいただいていた「うみかめいるかまもり隊」の中村眞貴子さんが表彰されました。

  

その後、中川より、その日に納品されたばかりの「グリーンマップ集」の説明と配布を行いました。

交流会の前半部分はCOP10グリーンマッププロジェクトの【これまで】を振り返るという主旨でしたので、歓談しながら、昨年の4月に始まったプロジェクトを種々のイベントの写真をスクリーンに映しながら振り振り返っていきました。

そして、

後半の1時間は、【これから】というテーマで、CBCラジオグリーンマップの制作担当の菅野さんにお越しいただいて、グリーンマップを作った立場から、「ぜひ、CBCラジオで取りあげてもらいたい!」という内容をプレゼンし、制作側が”どのような情報を求め”、こちら側は”どのような情報を提供したいか”という情報の内容、情報の出し方のポイントなどの意見交換、共有を行いました。

  

制作側にとっては、ラジオという性質上、映像を流すことが出来ないので、単に”景色、景観がきれい””生き物がいた””モノや施設があった”というのではなく、そのきれいな景色、景観をまもっている”ひと”であったり、生き物を育てている、守っている”ひと”、モノや施設に携わっている”ひと”など、”ひと”の要素も加味した情報で提供することがよいことがわかりました。

グリーンマップはまちあるきをした人が感じたことをアイコンとコメントをマップに表現することで、作成者の想いがこもったマップが出来上がるのと、まちあるきの中で“ふだん気づかないことが、みえてくる”というところがあります。

CBCラジオグリーンマップで取材され、Webマップやブログに集約されている情報は“ふだん気づかないことが、みえてくる”情報の集合体なので、現地に住んでいる人であったり、他の地域の人たちが、実際にそのポイント、ポイントを回ることができる、まわる機会があると、その人なりの目線での気づき、感想が引き出され、この情報がより活きてくるではと思いました。

交流会が終ったあとも、しばらく、参加者同士でのお話しが盛り上がり、節目の交流会として、とてもよい会だったと主催者ながらにおもいました。

  

みなさま、お忙しいなか、お集まりいただきましてありがとうございました。
グリーンマップ集が完成しました! [2011年03月04日(Fri)]



 2010年10月9日(土)から24日(日)まで、地球市民交流センター(愛・地球博記念公園内)で開催された「暮らしの中の生物多様性」グリーンマップ展。そこに寄せられたグリーンマップは、それぞれ独自のテーマで作成され、制作に参加したみなさんの気づきや想いがいっぱい込められていました。今回作成したグリーンマップ集はそれら寄せられたマップとマップの制作者のコメントを併せて、記録集としてまとめたものです。
COP10グリーンマップ報告会in東京(〜2/10(木)まで) [2011年02月04日(Fri)]



 本日から2/10(木)まで東京渋谷の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)1階で「COP10グリーンマップ報告会」を実施しています。

昨夕、現地に入りセッティングをしてきました!(以下が展示会場の様子です。)

 COP10グリーンマッププロジェクトでは昨年10月のCOP10の開催にあたり、開催地の市民に、暮らしの中の生物多様性に目を向けて、より関心を持ってもらおうと、新聞、ラジオなどで生物多様性情報の提供、グリーンマップ作りを呼び掛けました。そして、そのことで集った情報、マップの中には市民目線の暮らしの中で感じる「生物多様性、いのちのつながり」の情報が沢山ありました。この報告会は集った情報を紹介することと、その情報(“ふだん気づかないことが、みえてくる!”情報)を引き出せるグリーンマップの魅力を伝えたく実施いたします。

期間:2011年2月4日(金)〜2月10日(木)(6日(日)、7日(月)休館日)
時間:AM10時〜PM19時半(5日(土)と最終日(10日)はPM17時まで)
場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
主催:COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会
    NPO法人地域の未来・志援センター
    グリーンマップあいち
    NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム

 そして明日、2/5(土)は朝10:40頃〜、CBCラジオ(1053kHz)の番組(ラブ・ナゴ)に会場からプロジェクト実行委員長の萩原喜之が生出演します。(ぜひお聞きください!!)
そして、同会場11:00〜「COP10グリーンマップトークショー」が行われます。(詳しくはこちら

  
         会場外から               入り口、左側が展示会場です。

  
  
  



グリーンマップの関連冊子も沢山置いてありますので、ご関心のある方はご自由にお持ち帰りください。。

【展示団体】
1.PV-net中部地域交流会/エネルギー自産自消100%の暮らしグリーンマップ
2.にっしん市民環境ネット/東部丘陵・天白川いきものマップ・夏編
3.グリーンマップみどり/区民のみつけた生物多様性
4.安城市環境アドバイザー/日本デンマーク「安城」の生物多様性
5.いきものの森復元研究会/奥三河の広葉樹・いきものたち
6.地域ホットライン北/グリーンマップ北COP10
7.「あいちの海」グリーンマップ/アマモ場の夜の生き物たち
10.尾張旭こども自然学校/尾張旭いきものマップ
11.東海工業専門学校熱田校生徒会/あつた 宝さがしマップ〜緑と歴史があふれる町
12.みちくさ探検隊/赤松町みちくさ探検隊グリーンマップ
14.内閣府認証NPO法人Earth as Mother/豊田市旭地区池島町グリーンマップ
19.愛知商業高等学校ディベート部/円頓寺円JOY!マップ〜名チャリ2010とコラボ〜
20.どまんNakaグリーンマップなんでもあり!多様性のある町、大須
27.雁道おかみさん会/雁ぶらマップ
28.中部フェアトレード学生ネットワーク/フェアトレードMap
31.名城大学附属高校 総合学科人間コミュニケーション/交流マップ Meijo−commu
32.グリーンマップせと/瀬戸の名木
33.グリーンマップ横浜&よこはまマザーポート楽校/よこはまマザーポートMAP
34.Kinjo Gakuin Satoyama Conservation/金城物語〜守山の香りを感じて〜
36.岡崎市立緑丘小学校4年生と担任一同/京ヶ峰に登ったよ!
A.愛知淑徳大学 コミュニティ・コラボレーションセンター/子どもたちと大学生の長久手わくわくマップ!

以上、21マップです。

2月の下旬〜3月の中旬の間で、同様の報告会を京都でも実施します。
今回、スペースの都合で展示できなかったマップは京都で展示しますので、こちらも楽しみにしておいてください。日程、場所が決まりましたら、お知らせさせていただきます。

プロジェクトで作成されたすべてのグリーンマップはこちらからご覧板だけます。(来場者のコメント付き)

※本報告会は、財団法人地球産業文化研究所の愛・地球博成果継承発展助成事業により開催しています。 
2/5(土)AM11時〜「COP10グリーンマップトークショー」 [2011年02月02日(Wed)]

「環境活動のフロントランナーが語る生物多様性とグリーンマップ」



 昨年10月、愛知県名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。COP10グリーンマッププロジェクトでは会議の開催にあたり、開催地の市民に、暮らしの中の生物多様性に目を向けて、より関心を持ってもらおうと、新聞、ラジオなどで生物多様性情報の提供、グリーンマップ作りを呼び掛け、集った情報、作成されたマップをCOP10の各所会場で展示、配布しました。COP10の開催地で起こった動きを、生物多様性とグリーンマップの目線で語っていただきます。

出演:萩原喜之(COP10グリーンマッププロジェクト実行委員長、
           NPO法人地域の未来・志援センター理事長)

日時:2月5日(土)AM11時〜(約40分)

場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F

主催:COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会
    NPO法人地域の未来・志援センター
    グリーンマップあいち
    NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム

みなさまのお越し、お待ちしています!
10月23日(土)『COP10グリーンマップフォーラム』開催報告 [2010年10月28日(Thu)]



先日、10月23日(土)に愛・地球博記念公園内、地球市民交流センターにて情報交流会(グリーンマップ全国大会(GISPRI))を総勢約90名で開催、行いました。開催の概要と会場の様子を以下に報告します。

1.開催名称:『COP10グリーンマップフォーラム〜つながりをつくり、つづける』

2.日時:2010年10月23日(土)10:00〜16:40

3.場所:愛・地球博記念公園内、地球市民交流センター 体験学習室3

4.主催/後援
主催:COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会、一般財団法人セブン-イレブン記念財団、グリーンマップあいち、NPO法人地域の未来・志援センター
後援:環境省中部地方事務所、愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市
連携協力:生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会

5.スケジュール
<10:00 開始、主催者あいさつ>
・萩原喜之(COPグリーンマッププロジェクト実行委員長)
・山口積惠(一般財団法人セブン-イレブン記念財団 常務理事)

  
         萩原喜之                       山口積惠

<10:05 COP10グリーンマッププロジェクト活動報告(萩原)>

<10:15 プレゼンテーション(逐次通訳)>
【ウエンディ・ブラウワー(グリーンマップシステム・創設ディレクター)】
・世界のグリーンマップ、そのインパクト

  
      ウエンディ・ブラウワー@            ウエンディ・ブラウワーA

<トーク> ウエンディ×萩原喜之×全体(質疑取り入れながら)

  
      ウエンディ×萩原喜之                  全体質疑

<11:35〜大芝生広場特設ステージへ移動>

<11:45 ★ステージイベント&昼食タイム  長久手の小学校の取組み発表、ウエンディ氏ステージ登壇>

  

  

12:30 休憩

<13:30 プレゼンテーション(遂次通訳)>
【マルコ・クスマウィジャヤ(インドネシアグリーンマップ/ジャカルタ芸術協会ディレクター)】
・インドネシアのグリーンマップ
<トーク> マルコ×萩原喜之×全体(質疑取り入れながら)

  
      マルコ・クスマウィジャヤ              マルコ×萩原喜之 

<国内事例 プレゼンテーション>
・右衛門佐美佐子(グリーンマップジャパン) バックキャスティング(目的が大事)
・中村利恵(グリーンマップ横浜) まちづくりネットワーク
・田中裕子(グリーンマップ宇治) 学生、大学・地域とのつながり
・丸谷博男(建築家/世田谷グリーンマップ) 屋上緑化とGM

  
右衛門佐美佐子(グリーンマップジャパン)     中村利恵(グリーンマップ横浜)

  
   田中裕子(グリーンマップ宇治)      丸谷博男(建築家/世田谷グリーンマップ)

<トーク> 萩原喜之
・ウィラブなごやメンバー
・CBCディレクター

  
      ウィラブなごやメンバー           CBCディレクター(森 理恵子)

16:40 終了、記念撮影

以上。。
プロジェクトイベント紹介 [2010年10月16日(Sat)]

現在、COP10グリーンマッププロジェクトでは以下の3つのイベントを行っています。
この機会にぜひ、会場まで足をお運びください。

@「COP10グリーンマップフォーラム」(10月23日(土))
場所:愛・地球博記念公園内 地球市民交流センター内 体験学習室3【詳細はチラシ参照】

A「暮らしの中の生物多様性」グリーンマップ展(〜10月24日(日))
場所:愛・地球博記念公園内 地球市民交流センター内 多目的室3(以下、展示の様子)

  

  

B「暮らしの中の生物多様性100選」(10月23日、24日(2日間))
場所:愛・地球博記念公園内 大芝生広場「COP10グリーンマッププロジェクト」ブース
こちらでは100選の発表と、各種賞(大賞、CBC賞、中日新聞社賞、COP10支援実行委員会事務局長賞)を発表しています。(以下、展示の様子)

  

23日のフォーラムにご参加いただいて、@のグリーンマップ展やBの100選をご覧になってください。
「暮らしの中の生物多様性グリーンマップ」完成! [2010年10月08日(Fri)]

暮らしや地域をみつめれば、人と自然・・・生命のつながりがみえてくる!

毎日の暮らしや、住んでいる地域とちょっと意識してみつめてみると、たくさんの発見に出会います。身近なところにある自然や通りの身近なところにある自然や通りの風景から、毎日の食べ物や着る物から、使う道具から、伝統技術や文化から、ふと感じることを通じて、多くのつながりの中で私たちが生かされていることに気づかされます。

本プロジェクトでは今回、名古屋でCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が開催されることをきっかけに、多くの人たちから、そんな気づきの1コマを寄せていただきました(投稿情報316件)。このマップは、その中から抜粋して作成したマップです。(両面印刷で日本語、英語を併記)



配布は以下の会場で行っています。(限定3000部)

@「暮らしの中の生物多様性」グリーンマップ展(10月9日(土)〜〜10月24日(日))
場所:愛・地球博記念公園内 地球市民交流センター内 多目的室3
A「暮らしの中の生物多様性100選」(10月9、10、16、17、23、24日(6日間))
場所:愛・地球博記念公園内 大芝生広場「COP10グリーンマッププロジェクト」ブース
B「COP10グリーンマップフォーラム」(10月23日(土))
場所:愛・地球博記念公園内 地球市民交流センター内 体験学習室3
COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会開催 [2010年10月05日(Tue)]

昨日、10月4日(月)18:00〜 CBC放送センター2階A会議室にて
COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会を行いました。

  

  

【COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会】(22名)
・石川基重(特定非営利活動法人エコデザイン市民社会フォーラム 事務局長)
・石崎祐司(中部日本放送株式会社 営業センター局次長)
・井下龍司(一般財団法人セブン-イレブン記念財団 理事・事務局長)
・浦田辰夫(どまんNAKAグリーンマップ)
・熊沢豊(なごや環境大学実行委員会事務局 事務局次長)
・熊田地余子(地域ホットライン北)
・小島祥美(愛知淑徳大学CCC(コミュニティ・コラボレーション・センター))
・駒宮博男(CBD市民ネット 名古屋コーディネーター)
・桜井久次(中部日本放送株式会社 東京総局長)
・鈴木隆夫(安城市環境アドバイザー)
・竹内恒夫(中部ESD拠点運営委員会)
・土井ゆきこ(名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会)
・中川恵子(グリーンマップあいち ディレクター)
・萩原喜之(特定非営利活動法人地域の未来・志援センター 理事長)
・長谷川哲哉(中部日本放送株式会社 営業センターラジオ編成業務部長)
・早川広(特定非営利活動法人スポーツサポート協会 代表)
・林尚樹(中部日本放送株式会社 役員 業務総局長)
・原田さとみ(フェアトレードタウンなごや推進委員会 世話人)
・三浦景一(株式会社テクノビジョン 取締役 ラジオ部長)
・森理恵子(中部日本放送株式会社 ディレクター)
・若杉廣巳(グリーンマップ尾張旭、グリーンマップ犬山)
・渡辺達夫(グリーンマップみどり)
※敬称略(50音順)
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第7回)報告 [2010年10月04日(Mon)]

先週の金曜日(10/1)18時半〜、プロジェクト最後の情報交流会を行いました。



会の内容は以下のようです。
********************************************************
【第7回COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会】

●あいさつ(萩原)【5分】

●はじめての参加者紹介【10分】

  

●プロジェクトの動き、この間の進捗報告【30分】
@グリーンマップ展示関連 
・展示イメージ(中川)
・搬入・搬出関係(北村)
・展示中の来場者対応(北村)
・その他(10選、展示マップの冊子)
A 10月23日「COP10グリーンマップフォーラム」(案内ちらし有)
・フォーラム内容(懇親会含む)の進捗
・参加申込み方法
・フォーラムお手伝いスタッフ募集



B 「暮らしの中の生物多様性グリーンマップ」制作状況(余吾)
C グリーンマップ100選のその後の報告(北村)
D モリコロパーク、テントブースでのグリーンマップ関連イベント(太田/桑原)
E その他
GO!Green Map のDVD配布のこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●展示予定の完成グリーンマップの紹介…(各2分)

  

  

  

------------------------------------------------------------
【当日配布資料】
資料@:第7回レジュメ
資料A:展示マップリスト/レイアウト
資料B:搬入、搬出について
資料C:スタッフ協力のお願い
資料D:COP10グリーンマップフォーラム
********************************************************

今週の9日(土)からは愛・地球記念公園 地球市民交流センター内で「暮らしの中の生物多様性」グリーンマップ展を開催します。(〜24日まで)
ぜひ、お越しください!
10月23日「つながりをつくり、つづける」をテーマにフォーラムを開催 [2010年09月22日(Wed)]



『COP10グリーンマップフォーラム』〜「つながりをつくり、つづける」〜

グリーンマップの創始者ウェンディ・ブラウワー氏をニューヨークからお招きし、他にアジア、日本各地で地域づくり、人の輪づくりなどにグリーンマップの手法を使った活動をしている方々から事例紹介をいただき、「つながりをつくり、つづける」ことについての話題をすすめていきます。
地域づくり、人の輪づくりで悩んでいる方、困っている方には解決の糸口がみつかるかもしれません。みなさまからのお申し込みお待ちしております。【フォーラムチラシ

■日時 :2010年10月23日(土)
     10:00〜16:50
■会場 :愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
     地球市民交流センター 体験学習室3
■参加費:無料
■定員 :100名(イス席)
■主催 :COP10グリーンマッププロジェクト実行委員会/NPO法人地域の未来・志援センター/グリーンマップあいち/一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
■後援 :環境省中部地方事務所/愛知県/岐阜県/三重県/名古屋市
■連携協力:生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会

○海外ゲスト 逐次通訳
・ウェンディ・ブラウワー氏(グリーンマップシステム創設ディレクター)
 世界のグリーンマップの動き、地域づくりに貢献しているユニークな事例、グ
リーンマップがもたらす成果など…また地域ごとの動きが地球レベルでつながっ
ていくことの意味などをご報告いただきます。

・マルコ・クスマウィジャヤ氏
 インドネシアで地域づくりに成果を与えているグリーンマップの活用事例(世
界遺産のあるボロブドゥールや津波災害の村アチェなど)、また都市や農村での
住民を巻き込む地域づくりの事例などをご報告いただきます。

○地元の学校・企業の活動紹介
 長久手の小学校の子どもたちによる活動紹介や、CBCラジオのグリーンマップ
の取り組みの紹介、その他、様々な話題について共有します。

○国内ゲスト 
・グリーンマップジャパン理事長の右衛門佐美佐子氏
・グリーンマップ宇治の田中裕子氏(大学生たちとのグリーンマップづくり)
・グリーンマップ横浜の中村利恵氏(カーフリーデー連携、自転車促進など交通系が得意)
・グリーンマップ世田谷の丸谷博男氏(建築家で、商店街活性化などにグリーンマップを活用)

○グループディスカッション(予定)
【テーマ1】
 つながりを作り、継続していくための道具としてメディアの存在は欠かせませ
ん。COP10とCBC放送60周年ということを契機にマスメディアと組むこと
になったグリーンマップ活動の今後の可能性を探っていきたいと考えています。

【テーマ2】
 COP10では「世界ユース環境会議」が開催されることもあり、若者をター
ゲットにしました。持続可能な地域づくりにおいて若者を対象にした様々な試み
はされてきましたが、特に学生の層においては学校の卒業をきっかけに活動が切
れてしまうというネックがあります。若者、活動、つながりと継続性を探ります。

■タイムテーブル
 9:30  受付開始
 10:00 あいさつ(開催主旨など)、プロジェクト活動報告
       海外の事例紹介
 12:00 <大芝生広場特設ステージイベントへ移動>
       長久手の小学校の発表、CBCグリーンマップ紹介
       <体験学習室3へ移動>
 13:30 国内の事例紹介
 14:10 ディスカッション
 16:20 まとめ
 16:50 終了 <懇親会会場へ移動>
       ※藤が丘駅から送迎バスあり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 18:30 懇親会(3000円)
       会場:SUN PLAZA SEASONS(サンプラザ シーズンズ)
          名古屋市名東区藤里町1601番地

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

*お申し込み*

・Eメール(cop10gm@c-mirai.org)かFAX(052-339-5651)にて
以下の【1】〜【8】をお知らせください。

【1】お名前(ふりがな)
【2】ご所属
【3】Eメールアドレス
【4】電話番号
【5】当日連絡先
【6】性別     男 ・ 女
【7】ご住所(郵便番号も)
【8】懇親会出欠  参加する ・ 参加しない
    ※懇親会費 3000円
【9】応募動機

 *個人情報は、当団体からの案内以外には使用しません。
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第6回)報告 [2010年09月08日(Wed)]

先週の金曜日(9/3)18時半〜、「COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第6回)」を行いました。
今回も幅広い年代(18歳〜78歳)、分野(企業、行政、NPO、学生など)の方々の総勢42名の方にお集まりいただき、内訳は大学生が10名(金城学院大学、三重大学、愛知大学、南山大学、南山短期大学)、グリーンマップあいちのネットワークメンバーが13名、その他今回のプロジェクトから参加いただいた方です。

今回の交流会には京都からグリーンマップジャパンの理事長右衛門佐さんが駆けつけてくれました。また最近、大府で「グリーンマップ大府」を立ち上げられた佐藤さんが初参加してくれました。今回の初参加者は11名です。

みなさま、お忙しい中のご参加ありがとうございました。

  

会の内容は以下のように行いました。
********************************************************
【第6回COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会】

●あいさつ(萩原)【5分】

●はじめての参加者紹介【10分】



●プロジェクトの動き、この間の進捗報告【30分】
@この間の新しい動き(北村)
A会期中に配布予定の「暮らしの中の生物多様性グリーンマップ」づくり(余吾)
B最終の展示エントリー状況(中川)
Cグリーンマップ展示について(中川)→別紙
・展示期間
・会場の展示イメージ
・マップの提出方法
・製作費の件
・展示グリーンマップ10選(展示会場での投票の件)
D10月23日(土)のフォーラムの概要(萩原)
Eモリコロパークでのイベントについて(太田)
Fその他 
・GO!Green Map のDVDについて

※休憩10分(会場内に展示したグリーンマップ(5団体)を見ていただきました。)

  
      グリーンマップ展示@               グリーンマップ展示A

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●それぞれのグリーンマップ活動報告【30分】

  
  活動報告@(グリーンマップみどり)      活動報告A(どまんNakaグリーンマップ)

  
  活動報告B(地域ホットライン北)       活動報告C(安城市環境アドバイザー)

------------------------------------------------------------
【当日配布資料】
資料@:第6回レジュメ
資料A:展示マップ パネルサイズ状況
資料B:グリーンマップの展示について
資料C:会場内の展示マップにつけるキャプション用データ
資料D:COP10グリーンマップフォーラム
********************************************************

具体的には以下の内容が報告されました。

【プロジェクトの動き、この間の進捗報告】
A会期中に配布予定の「暮らしの中の生物多様性グリーンマップ」づくり(余吾)
スポット情報を集めた中から、命のつながりのメッセージを感じる写真を選んでマップを作成している。COP10開催中、会場で配布。10月初めに完成予定。

B最終の展示エントリー状況(中川)
展示エントリーを8月末で締め切り、合計40エントリーとなった。

Cグリーンマップ展示について(中川)→詳しくは別紙参照
◆資料への補足:
・マップ搬入時には会場にスタッフが待機している。(次回の交流会で担当者の電話番号を伝えます。)

◆制作費について(萩原)
1グループ2万円の支払いを約束していることについて。市民団体のみで3つの助成金を得てDVD作成・地図作成等行っているが財政的にも厳しい。マップ作成に別に予算を取られている方は、ご辞退してもらえるとありがたい。

◆展示グリーンマップ10選(展示会場での投票の件)
会場でしっかりみてもらえるようにということで投票を考えている。番号とタイトルをしっかり表示します。CBCラジオ祭りで投票行動がよい効果(展示物をすべて良くみてもらえる)があった。順位をつけたいということではないので、賞品や賞金はでません。
「特別出展」はサイズも大きいのでどうしても目をひいてしまうため投票対象とはしません。38エントリーから選ばれます。

※マップを印刷して配布を考えている団体は、会場のレイアウト次第で配布のマップや資料などを置く場所も考えられるかもしれないので、事務局にお知らせください。

D10月23日(土)のフォーラムの概要(萩原)
萩原より開催主旨:
万博では愛知県の事業であったが、今回は市民団体だけで参加している。地域のつながりをどうつくれるかというチャレンジ。万博のときはその時で終わってしまったという印象。今回はこれからが始まりとなるようにしたい。生物多様性をおびやかしているのは人間の暮らし・経済活動。私たちの経済システムを変えるつながりをつくりたい。グリーンマップを作ったメンバー全てに声をかけて来ていただきたい。

萩原よりプログラム概要の説明:(「COP10グリーンマップフォーラム」資料沿って説明)
資料への補足事項
・12:00〜 1時間半大芝生広場特設ステージで行う。ここは一般の方も入っている。
・14:00〜 ディスカッション
 テーマ@「メディアの可能性」
  →CBCに無理のない継続できる提案をして来年も続けていく。
 テーマA「若者のつながり」
  →学生がは正味関わってくれるのは2年間。代替わりがある。人が変わると関係もはじめからになる。愛知淑徳大学のCCCのようなしくみがないと継続的に参加することは難しい。若者を中心に、また若者に関心にある人でディスカッションを行う。
・10月23日(土)は一日予定を空けておいてください。

Eモリコロパークでのイベントについて(太田)
ステージでは、長久手の小学生のマップ、レポートドライバー、ウェンディさんにお話をしていただくなどを予定。10月9日(土)からの土日、テントの中でグリーンマップ関連のワークショップを学生がやる予定。
皆さんからも1時間のワークショップのアイデアを欲しい。

Fその他 
・グリーンシールの説明(北村)
グリーンマップを作成する際に30分1ポイントのグリーンシールを配布している。エコマネーに交換することができる。エコマネーは環境に配慮した商品と植樹に交換することができる。グループごとに申請いただくことになっている。本日の情報交流会は5ポイント発行します(シール配布)。(申請書はこちら


   グリーンマップジャパンの理事長、右衛門佐さん

----------------------
次回は
第7回:2010年10月1日(金)午後6時30分〜/(株)新東通信 名古屋本社 8F会議室

これがCOP10グリーンマッププロジェクトの最後の情報交流会になります。
展示されるグリーンマップを持ち寄り、マップ・活動紹介を行いますのでみなさまぜひお越しください。
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第5回)報告 [2010年08月20日(Fri)]

先週の火曜日(8/10)18時半〜、場所は今回も(株)新東通信さんに会議室をご提供いただきまして「COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第5回)」を行いました。
今回は初参加の方が10名も来て下さり、総勢42名。42名の内、大学生が9名(愛知大学、愛知県立大学、愛知淑徳大学、南山大学、三重大学)、またグリーンマップあいちのネットワークメンバーが11名、その他今回のプロジェクトから参加いただいた方など、下は18歳〜上は78歳までの幅広い年代、分野の方々にお集まりいただきました。
お忙しい中のご参加、本当にありがとうございます。



会の内容は以下のように行いました。
********************************************************
【第5回COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会】

●あいさつ(萩原)【5分】

●はじめての参加者紹介【10分】

●プロジェクトの動き、この間の進捗報告【30分】
@CBCラジオ祭り(7/24土.25日)の報告(太田)
A最終的スポット情報の集まり状況(北村)
Bグリーンマップ関連の説明会の動きなど(余吾)
Cグリーンマップ展示エントリー状況(中川)
【展示期間、展示エントリー締切、マップ提出方法などについて】
D会期中の配布用グリーンマップ作成について(中川)
Eその他、地球市民交流センター登録、グリーンシールのことなど

※休憩10分(この間に、会場内のスポット情報に投票をお願いします)


スポット情報の投票の様子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●第4回トーク〜COP10最新事情…トーク30分+質疑10分
語り手:駒宮博男さん(CBD市民ネットワーク名古屋コーディネーター)  


駒宮さんのトークの様子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●それぞれのグリーンマップ活動報告【20分】

------------------------------------------------------------
【当日配布資料】
資料@:第5回レジュメ
資料A:展示グリーンマップのサイズ アンケート
資料B:グリーンマップアイコン(ver.3)
********************************************************

具体的には以下の内容が報告されました。

【プロジェクトの動き、この間の進捗報告】
@CBCラジオ祭り(7/24土.25日)の報告(太田)
→祭りに2日間7万人来場。約280スポット情報を展示。心に残ったものを投票してもらうことを行った。投票してもらった人にアロマの香りのカードをプレゼントした。目標投票人数(1000名)には達しなかったが、915名からの投票があった。本日の参加者にも投票してもらい加算。
審査についてはこれから準備し、アワードを出す予定。

A最終的スポット情報の集まり状況(北村)
→本日最終日。現在、投稿数240個。CBCの情報を足し、全部で312個が集まっている。

Bグリーンマップ関連の説明会の動きなど(余吾)
→長久手町杁が池でGMのWS実施。名城高校でGM説明会、エントリーもしてもらった。モリコロ里山学校(朝日新聞主催)で小学生、大学院生、三重県でGM作った。歩いた道は同じだが、グループごとで感想が違ってくるところが面白かった。地元の方が案内に入ってくれたり、ご飯を準備してくれたりした。地元の人にとっても外の人が街に入って「いいまち」と言われたことがよかった。1時間しかなかったが、いいものができた。自分の感じたことをそのまま表現するだけでできる。


モリコロ里山学校で作ったグリーンマップの紹介

Cグリーンマップ展示エントリー状況(中川)
【展示期間、展示エントリー締切、マップ提出方法などについて】
・33団体(今日現在)。
・本日配布したマップサイズのアンケートの紙にサイズ希望を記入してほしい。(未定の場合は事務局に送ってください)
・マップの提出の締め切りを9月末に伸ばします。展示エントリーの締め切りは8月末まで。
・本日配布のGMアイコン・・・アイコンの下に解説が入っている。ここのコメントに書いてあることにとらわれる必要はないが、参考まで。活動の際に必要な場合は事務局がPDFで送信可能ですので連絡してください。
・13日からの展示に変更する可能性アリ。

D会期中の配布用グリーンマップ作成について(中川)
→スポット情報を編集してA1判のGMにする予定。海外来場者にも配りたい、片面に日本語と英語(同じ内容)10/9までに配布できるよう作成。写真を80点ほどに絞る、アイコンはすべて載せる予定。

Eモリコロパークでのイベント関連(太田)
→テント、ステージでイベント開催予定。コンセプトは万博継承イベント。GM、読み聞かせ、学生の3本柱。サブタイトルの元にCOP10GMプロジェクトとしてやれないか交渉中。全日通して同内容でやる予定。GMプロジェクトでやってきたことをステージで発表したい。
フェアトレード学生団体はファッションショーをやる予定。(ステージ)

F その他
・榊原さん(地球市民交流センター)・・・交流センターのパートナーを募集中。ぜひ登録してほしい。(詳細はこちら
・中山さん(グリーンシール)・・・今日の参加者に配布。未申請の方は申請して欲しい。(申請書はこちら



----------------------
次回以降の情報交流会の予定は以下のように決まりました。
第6回:2010年9月3日(金)午後6時30分〜/(株)新東通信 名古屋本社 8F会議室

お忙しい中、沢山の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。
次回も、お誘い合わせてお越しください。

新規の方も大歓迎ですので、ぜひ!
CBCラジオ祭り [2010年07月28日(Wed)]

7月24日、25日の2日間、名古屋市中区の久屋大通公園で行われたCBCラジオ祭りに「COP10グリーンマッププロジェクト」もブース出展し、「暮らしの中の生物多様性100選」の投票を実施しました。

  

ブースには地域の未来・志援センターの投稿サイトにご応募いただいた206件の情報とCBCラジオグリーンマップで紹介された72件の278件を展示し、ブースの前ではスタッフがお声かけをして、投票を呼びかけました。

  

投票の呼びかけに賛同してくれた方には投票用紙をお渡しして、「ブースに展示している写真とコメントを読んでいただいて、何個でもよいので、気に入ったもの番号を紙に書いてください。」とお願いしました。

  

おかげさまで2日間で915名の方からの投票があり、総投票数は3000票を超えました。

1枚に10個以上も記入してくれた方もおられ、とても暑い中、みなさん一生懸命、写真&コメントを読んでいただきまして、本当にありがとうございました。
いろいろな目線の暮らしの中にある”生物多様性”を感じていただけたのではとおもいます。。

  
         ブース周辺の様子               スタッフ集合写真!
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第4回)報告 [2010年07月28日(Wed)]

先週の金曜日(7/23)18時半〜、COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第4回)を行いました。
会場はいつもの(株)新東通信名古屋本社、会議室です。
今回は大学生がテスト期間中ということもあって、学生の参加者が少なかったですが、32名の方にお集まりいただけました。初参加の方は4名。今回も前回の情報交流会で「メーリングリストで知って、思い切ってきました!」と話してくれた学生が参加してくれました。
お忙しい中のご参加、本当にありがとうございます。

会の内容は以下のように行いました。
********************************************************
【第4回COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会】

●あいさつ(萩原)【5分】

●はじめての参加者紹介【10分】

●プロジェクトの動き、この間の進捗報告【30分】
@広報の状況、スポット情報の集まりなど(北村)
ACBCラジオ祭り(7/24土.25日)のご案内(太田)
BGO! Green Map〜グリーンマップをつくろう〜の完成、配布について(中川)
Cグリーンマップ展示エントリー状況、呼びかけ(中川)
Dグリーンマップ関連の説明会の動きなど(余吾)
Eその他、グリーンシールのことなど

●グリーンマップをつくろう(作り方説明DVD)の試写【15分】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●暮らしの中の生物多様性、みなさんからご提供いただいたスポット情報の発表会【30〜40分】
(今回、生物多様性に思うことトークはお休み)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●それぞれのグリーンマップ活動報告【20分】

------------------------------------------------------------
【当日配布資料】
資料@:第4回レジュメ、エントリー表
********************************************************


具体的には以下の内容が報告されました。

【プロジェクトの動き、この間の進捗報告】
@スポット情報の集まりなど
→プロジェクト事務局には206の情報が集まりました。

ACBCラジオ祭りのご案内(7月24・25日)
→上記の206とCBCラジオで取材された情報約80を
 合わせて約300弱を情報を展示、来場者に投票をお願いします。
(粗品でアロマカードを進呈します。)

B「GO! Green Map〜グリーンマップをつくろう〜」配布



→グループでグリーンマップを作るときのテキストなどに使ってください。
 また、グリーンマップアイコン集の分かりやすいものを作ります。
 ※テキストを必要な方は、部数と理由をお知らせください。

Cグリーンマップ展示エントリー申込状況
→現時点で計21のエントリーをいただいています。(レジュメ参照)
  
【DVD「グリーンマップをつくろう」の試写】
→制作集のDVD「グリーンマップをつくろう」の試写を行いました。
完成後はWebから見てもらうことを基本としていますが、DVDで欲しい方は
事務局までご連絡ください。



【暮らしの中の生物多様性、みなさんからご提供いただいたスポット情報の発表会】
・渡辺さん→投稿サイト番号(ID)=55・64・65を紹介



・熊田さん→ID=247・248・249・250を紹介
・若杉さん→ケーブルテレビの取材を受けたブログ上から紹介  
・神谷さん→のんびり歩いていたら会えたカタツムリ。グリーンマップを知ったきっかけは友達(ID=173)
・高橋さん→久しぶりに車の運転をして行った地元の畜産センターでの一枚。(ID=181・182)
以上、5名の方から紹介していただきました。

名古屋綜合美容専門学校の生徒さんからの応募のコメントで「どんな生き物がいるのか、
そもそも生き物がいるのか知らなかったので、この機会に見に行きました。」と
山崎川に行った写真を頂きました。
普段気付かないこと、知っているけどよく知らないところ、COP10をキッカケとして足を
運んでもらえることはスタッフとしてとても嬉しいです。

地域の未来のブログでは投稿された方からの感想などを紹介しています。

愛知淑徳大学のスタッフの方が作成してくれたQRコードからの投稿が7、8割を占めています。
色々な局面でみなさんに支えられてプロジェクトが出来ていることにとてもありがたく思います。
ありがとうございます。

【それぞれのグリーンマップ活動報告】
・どまんNaka
→中区にある公園 下園公園など。これから編集に入ります。
・三浦さん
→太陽光・自然エネルギー。全国網羅しています。東京へ説明にいく
・安城市環境アドバイザー
→市内に4つのグループ。今までと変わってる風景。来週の火曜日に打合せしていろいろ決めます。
・「あいちの海」グリーンマップ
→漁師さんたちとも話しながら活動している。
・渡辺さん(緑区)
→アンケートで印象にある生き物 タヌキ アイコンの下に動物の名前。
昔いたけど今いなくなっちゃったのは×など、少しでも分かりやすくなるよういろいろ工夫している。
目に付くのは鳥!生物多様性を維持するには補正された道路はダメなどというメッセージもこのスポット情報に込めている。
・北区
→パネルを買ってきました。来月初めに完成予定。
・グリーンマップ尾張旭 若杉さん
→さかなくんが来ます。矢田川に4つの魚道を作った、24日中日新聞に載ります。
・奥三河
→風景はうまく行っているが、動物はツキノワグマ・いのしし・きつね・こうもりは夜光性なので、撮れない。
など

----------------------
次回以降の情報交流会の予定は以下のように決まりました。
第4回:2010年8月10日(火)午後6時30分〜/(株)新東通信 名古屋本社 8F会議室

お忙しい中、沢山の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。
次回も、お誘い合わせてお越しください。

新規の方も大歓迎です!よろしくおねがいします。
スポット情報をきっかけに… [2010年07月15日(Thu)]

伊藤です。こんにちは。

ここ3日間でCOP10グリーンマッププロジェクトのスポット情報への投稿が70件を超えました!!
投稿してくださったみなさま、ありがとうございます!

ここで、写真に添えられているコメントや、投稿後に送ってくださった感想で
あぁ〜うれしいなぁ〜と感じたものの一部を紹介したいと思います。


***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

○ 家の近くにある川だけど、どんな生き物がいるのか、
   そもそも生き物がいるのか知らなかったので
   この機会に見に行きました。
   大きなコイや、水鳥、アメンボなどの生き物がいました。

○ 「生物多様性」を探して街を眺めると、
   また違ったものが見えてきて面白いです!

○ 久屋大通にこんなにも木が植わっているなんて知らなかった!!
   木と街が共存してると感じた。あと風も吹いてて気持ちがよかった!!

○ 普段はあまりこのようなことを考えることは無いけれど、
   このCOP10グリーンマッププロジェクトのスポット
   情報を探してみたことで、自分の身近にある田んぼの
   ”いのちのつながり=生物多様性”に気づくことができました。
   始め、”生物多様性”と聞いたとき、”?、、何だそれ?”と思いましたが、
   私にもこんなに簡単に”いのちのつながり=生物多様性”を見つけることができ、
   また実際に探してみることで「こういうことか!」と実感できました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…***…


グリーンマップの醍醐味はこの、普段は気がつかないものに気づく、
視点を変えることによって、今までは見えていなかったものが見えてくる
という点だなぁ〜と改めて思いましたっ!

今回はグリーンマップのテーマは「暮らしの中の生物多様性(いのちのつながり)」。
今は、この「生物多様性(いのちのつながり)」眼鏡をかけて見ているので、
いのちのつながりが見えてくる。違う眼鏡をはめたら、違うものが見えるのでしょう。

また、「このグリーンマッププロジェクトをきっかけに…」というニュアンスがあると、
単純に、うれしいなぁ〜!!と思います。

そしてコメントを読んでいると、この投稿で何かを考えるきっかけになったり、
つながりや見えないものを想像したり、思いをめぐらしたりするきっかけに
なっていたりするんだぁ〜ということも思い、
またしても、あぁ〜よかったぁ〜、みなさんすてきだなぁ〜
と、日々、楽しんでいる私でした。


話は変わりますが、このスポット情報は投稿してくださる方によって、視点が違うのです。
写真を撮る際の視点、コメントをつける際の視点。
違う方々の投稿なので当たり前なのですが、その当たり前が実におもしろいのです!

きっと、同じ場所にいても、写真に撮るものは違うだろうし、
同じ写真でも添えるコメントは違うのでしょう。

投稿をみていると、
この方はこういうアングルで写真をとるのかぁ〜
こういう風にかんじるのかぁ〜
このように表現するのかぁ〜

といったように、投稿してくださった方の人柄が見えてきそうな感じがして、
これまた面白いのです。


さまざまな方がいろいろな土地土地から投稿してくださるからこそ、
この楽しみや味わい深さがあるのだなぁ〜と思います。

〆切は18日(日)まで延長しましたので、ぜひぜひ投稿してください☆
みなさまからの投稿、お待ちしておりま〜す!!
Posted by 伊藤 愛理 at 16:51 | COP10グリーンマッププロジェクト | この記事のURL
投稿情報の紹介です。【暮らしの中の生物多様性】 [2010年07月09日(Fri)]

事務局のきたむらです。
徐々にですが、スポット情報が届きはじめました。

驚いたことに、私が毎朝、子供を保育園に送るときに通っている道のコーヒー屋さんが紹介されていたり、普段の何気ない食卓から生物多様性を感じる視点など。投稿を見て、スタッフ側が楽しんでいます!

みなさんにもお知らせしたいので、このブログでその一部を紹介させてもらいます。

ここで紹介した他にも沢山面白い、興味深いものがありますのでこちらも合わせてご覧下さい。。


タイトル:いろどりある食卓
スポットの所在地:名古屋市千種区千種
コメント:いろいろな色が食卓を飾っている。今日もご飯が食べられることに感謝します。ありがとうございます。いただきます。
------
→日本の食糧自給率約40%(カロリー)と言われています。海外から多くの食糧を頂いてきて成り立っている食卓。また、日本は多くの食料廃棄物を出しているそうです。海外からもらってきて、捨てている・・・。とても不思議な感じがします。



タイトル:愛知の海のシュノ―ケリングスポット
スポットの所在地:知多郡南知多町内海
コメント:愛知県で数少ない、シュノ―ケリングの楽しめる場所である。
ナンヨウツバメウオの幼魚、ミナミハコフグの幼魚、ソラスズメダイ、ハタタテダイ、チョウチョウウオ、ダルマトビウオ・・・
といった、熱帯魚の種類も観察できる。
------
→以前、私は夫婦でダイビングをしていました。子供が出来てからは、全然行けてないのですが、こんな近くにこんなポイントがあったなんて、驚きです!今年の夏は調べて、行ってみようとおもいます!



タイトル:フェアトレード・コーヒー豆を扱う店
スポットの所在地:名古屋市瑞穂区松栄町
コメント:この店のコーヒー豆は、世界中のどこの地域でとれた豆ということだけでなく、どこの農園まではっきりしている。その中のフェアトレード品は、東ティモール ピースコーヒーという。農薬や化学肥料を一切使わない自然栽培だそうである。店内に置いてある冊子に、農園の写真など、詳しい情報が載っている。時間があれば、試飲もできるので、どんな味かを確かめて購入できるのも、とてもうれしい。
------
→実は自宅の近所に最近できたお店で気にはなっていたのですがなかなか扉を開ける勇気が・・・。(初めてのお店ってそんな感じありませんか??)今度、のぞいてみます。。



タイトル:買い物で環境活動!
スポットの所在地:買い物で環境活動!
コメント:フェアトレード商品のコーヒー豆が販売されており、売上金はペルーの植樹に使われます。お店の奥に飲食スペースがあり、買ってその場ですぐ飲めます!
------
→フェアトレードという言葉は以前より多く聞くようになったと思います。でもまだ扱っているお店はそんなに多くはないかと。。このような形で紹介してもらえると嬉しいです。
COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第3回)を行いました。 [2010年07月05日(Mon)]

先週の金曜日18時半〜、今回も(株)新東通信の会議室をお借りして、COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会(第3回)を行いました。

今回も約40名の方にお集まりいただいて、会を持つことができました。
ありがとうございました。
初参加の方は6名。その中にはメーリングリストでこの会を知って、思い切ってきました!という大学生の方もいて、徐々にですが情報の広がりを感じはじめています。



今回は以下のような内容で行いました。
********************************************************
【第3回COP10グリーンマッププロジェクト情報交流会】

●あいさつ(萩原)【5分】

●はじめての参加者紹介【10分】

●プロジェクトの動き、この間の進捗報告【10分】
@参加募集など広報活動、学校関連の反応など…(北村)
Aグリーンマップ関連の説明会やワークショップの動きなど(余吾)
Bグリーンマップ作成マニュアルなどツール制作の状況(中川)

●グリーンマップの展示について【5分】
@展示場所について…10 月オープン地球市民交流センター(モリコロパーク)内…(石川)
A展示グリーンマップのパネルの大きさと使い方について…(中川)
B展示エントリー(申込み書の提出)と、新たなグループへの作成呼びかけのお願いについて(中川)

●グリーンシールの説明(北村)【5分】

●CBCラジオ祭り(7/24.25)について(太田)【10分】

●協力のお願い【5分】
@協力できることリストの提出のおねがい(北村)
A配布グリーンマップ作成に向けて(中川)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●第3回トーク〜COP10/生物多様性に思うこと【トーク30分+質疑10分】
語り手:小林寛司さん(生物多様性条約第10 回締約国会議支援実行委員会事務局長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●それぞれのグリーンマップ活動報告【20分】

------------------------------------------------------------
【当日配布資料】
資料@:第3回レジュメ
資料A:展示パネルの大きさ
資料B:展示レイアウト(案)
資料C:GMエントリー申込表
資料D:GREENシール申請書(改訂版)
資料E:お願いリスト
資料F:スポット情報(サンプル)
資料G:スポット情報応募チラシ
資料H:スポット情報提供のお願い
資料I:制作協力のお願い
資料J:第3回トーク_レジュメ
********************************************************

具体的には以下の内容が報告されました。

【プロジェクトの動き、この間の進捗報告】
@参加募集など広報活動、学校関連の反応など
→A3のパンフとA4のチラシと他の資料を東海三県のすべての高校、大学、各種学校に配布。高校宛は総合学習担当と生物、地理、写真部宛一部の高校)に計702通を送付した。送付物には返信葉書でアンケートを同封。26通の返信。内4通は具体的な説明がほしいということで、電話説明を行った。内1件は実際に説明に来て欲しいとのことで、萩原さんが本日、金城学院大学(現代文化学部)に説明に伺った。
又、スポット情報の初の応募が愛知県立半田工業高校の写真部の生徒さんからあった。(資料F

Aグリーンマップ関連の説明会やワークショップの動きなど
→あいちサマーセミナーの一環として、なごや環境大学さんと一緒に7月17日にエコパルで実施する。
→杁ケ池公園の散策のイベントにグリーンマップを取り入れたいという話もある。

Bグリーンマップ作成マニュアルなどツール制作の状況
→マニュアルが大変遅れていて、あと1歩のところ。COP10以降も継続的に使えるように作成。7月23日には完成予定。

【グリーンマップの展示について】
@展示場所について…10 月オープン地球市民交流センター(モリコロパーク内)
→地球市民交流センター多目的室3(資料B)PCを3台設置、CBCラジオのグリーンマップHPの検索ができるようにしている。

A展示グリーンマップのパネルの大きさと使い方について
→基本は、市販のハレパネを使用してください。アルミフレーム(3千円)程度の重さなら問題ない(重量が重くなる額縁は不可)。大きさは資料Aを参照。マップの写真を撮って印刷物にもする予定。

B展示エントリー(申込み書の提出)と、新たなグループへの作成呼びかけのお願いについて
→展示の場所を確保するために、展示エントリーをしてください。(資料C)1グループ(A2を2枚)でエントリー用紙1枚を提出してください。展示マップの数を把握したいので、なるべく早く申し込みをお願いします。会場に余裕があればイレギュラーな大きさの展示も検討する予定ですので、早めに申し込んでほしいです。周辺の人たちにマップ作りを呼びかけてください
。8月末が締切ですので、まだ間に合います。制作費として2万円を支給したいと考えています。(講座企画などで作成した場合は除外。ただし、パネル代が必要な場合は相談を)。
マップを提出したときに、事務局からお支払いします。番組制作協力費のお願いにもまわる予定です。予算が厳しい状況なので、なるべく制作費の拠出を少なくしたい。

【グリーンシールの説明】(資料D
本日の情報交流会参加時間分のグリーンシールを配布します。(5ポイント)
情報交流会は2時間の予定で案内をしていますが、2時間以上かかることが多いいので、5ポイントとなります。
<申請の方法>
@申請書を明日なる金山に持参してもらう。A申請書をFAXしてもらう。
<シール発行方法>
エコマネーセンターで管理してもらうか、シールをもらうかを申請書のチェック欄にチェックしてください。
4月からさかのぼって申請できます。
グループでポイントを使う場合は、一度発行したシールのポイントを代表カードに入れなおして、使用します。そのため、団体で使用する場合はセンターで管理したほうが扱いやすい。また、環境の面から言っても団体で管理(センター管理)された方が良いです。グループ内で参加者に配布、個人で受け取りたい場合はシールがいいかもしれない。
グリーンマップあいちのMLで流したものは古い用紙ですので、今回お渡した申請書を使ってください。

【CBCラジオ祭り(7/24.25)について】
久屋大通公演にラジオ番組のブースが出ます。そこに企業が参加して、サンプリングなどを行います。ラジオ祭りで生物多様性の100選のアンケートを行います。朝の番組で既に60件くらい放送し、アイコンも60個ついています。次回の情報交流会(7/23)の翌日(7/24)からCBCラジオ祭りが行われます。

【協力のお願い】
10月23日にグリーンマップの全国大会を行います。NYウェンディ、アジアからはマルコさんが来られます。皆さん10月23日は予定空けておいてください。

@協力できることリストの提出のおねがい(資料E
プロジェクトがわかりにくいという話をよく聞きます。メニューを整理してリストを作成しました。
事例、活用例を紹介して説明しますので、協力可能なところにチェックしていただいて、
帰り際にリストを提出してもらえるとありがたいです。
→安城市の例 環境首都コンテスト3位に輝いたことの取材の事例を紹介。サイトに永久に残っていくので、活動のPRなど参加側にもメリットはあると思います。
→QRコードのチラシの報告。愛知淑徳大学CCCのスタッフの藤本さんが作成してくれました。スポット情報の投稿が携帯からできます。(資料G
→「CBCラジオ グリーンマップ」制作協力のお願い。(資料I

A配布グリーンマップ作成に向けて
→集まったスポット情報でCOP10の会期中に配布する大判のマップを作成します。集まりが悪いのでスポット情報の〆切7月末に延ばします。マップを作成している人は、そこに載せる情報をスポット情報として提供してください。(資料H

---------------
次回以降の情報交流会の予定は以下のように決まりました。
第4回:2010年7月23日(金)午後6時30分〜/(株)新東通信 名古屋本社 8F会議室

お忙しい中、沢山の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。
次回も、お誘い合わせてお越しください。
新規の方も大歓迎です!よろしくおねがいします。


小林さんのトークの様子
| 次へ