CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 地域デザインスクール情報 | Main | 財源・資源の開発事業報告»
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

http://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
地域デザイン事業報告(平成20年度) [2010年03月05日(Fri)]

地域の未来・志援センターでは平成20年度(2008年度)、地域デザイン事業として以下の事業を行いました。以下はその一部ですが、報告させていただきます。

詳細及び他の事業報告は以下からごらんいただけます。
2008年度事業報告書
――――――――――――――――――――――
○平成20年度(2008年度)活動実績

1−4.地域デザイン実証事業(トヨタの森・新環境貢献プログラム「豊森」)
○目的
 森林を活用した人づくり、地域づくり、しくみづくりを目的としたプロジェクト。地域に根ざして生きていく人材、また、森・暮らし・仕事、森とまちをつなぐ人材の育成をめざし、地域循環型・持続型社会のしくみづくりを基軸に、暮らしの中で人と人の心を結びなおす「豊森モデル」を構築すること。

○実施概要
本講座開講の向けたプレ事業、カリキュラム構築、豊田市・トヨタ自動車・NPOのコンセンサスのための会議(実行委員会)、地元関係者との調整、受講生募集のためのプレスリリース、本講座開講式及び公開講座、本講座の第1回と第2回の実施、等を行った。

※このプロジェクトの実施体制として、当NPO理事の他、NPO法人樹木環境ネットワークの澁澤寿一氏にプロジェクトのリーダーを依頼。さらに事務局スタッフとして5名を採用した。

<実施内容>
・2008年10月〜地域の未来・志援センターにおいてのプログラム企画準備
・2009年2月13日 キックオフ会議
・2009年2月14日 第1回プレ講座
・2009年3月7日 第2回プレ講座
・2009年4月15日 プレスリリース/豊森ウェブサイト公開 
・2009年4月30日 受講生募集締め切り
・2009年5月7日 選考会議
・2009年5月17日 開講式&公開講座(枝廣淳子)
・2009年5月23日 本講座/第1回 導入講座「地域とは」
・(2009年6月27日28日 本講座/第2回 地域を知る〜山村編/マネジメント講座)

●キックオフ会議 2009.2.13(金)トヨタの森 里山学習館・エコの森ハウス  48名参加
 いよいよプロジェクトの立ち上がりということで、実行委員会の中井昌幸会長(トヨタ自動車)が冒頭の挨拶。その後、地域の未来・志援センター代表理事の萩原喜之が、実行委員会副会長として、「豊森への豊富」について話し、続いて実行委員長の澁澤寿一が事業の概要について説明。さらに、地元の協力者として足助の小澤庄一氏と山本薫久氏に地元への思いを語ってもらった。またマエキタミヤコ氏の協力による豊森のロゴマークも発表された。
*この会議において、「豊森」プロジェクトの主旨を、地元及び内外の関係者に知らせることができた。

●プレ講座 「豊森なりわい入門」として事前説明会&現地見学会を2回実施した。
・第1回 2009.2.14(土)豊田市商工会議所多目的ホール 52名参加(うち見学会参加30名)
 現地見学会は3コース
  Aコース…西村自然農園 Bコース…NPO法人矢作川自給村 Cコース…足助新盛耕流塾

・第2回 2009.3.7(土)ミッドランドスクエア2501会議室 50名参加(うち見学会38名)
  Aコース…林富造 Bコース…梶誠(足助炭焼き塾) Cコース…鈴木禎一、安藤久

*講座正式な受講生募集の前にプレ講座を実施することにより、事務局サイドとしては、受講希望者の感触をつかむことができ、参加者サイドにとっては、応募するかどうかの判断の目安になったということでのプレ講座実施の意義は大きかった。実際、プレ講座参加者の3分の1の人から応募があった。

<画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2008/06-1.jpg>
(澁澤委員長講演)

<画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2008/06-2.jpg>
(参加者の様子)

●プレスリリース 2009.4.15 豊田市役所市政記者クラブ
 *豊森として、初めての正式なリリース。萩原副会長と澁澤委員長が説明。記者6名より、市・トヨタ・NPOの3者からのスタッフの数の方が多く、主催者サイドの心意気が溢れた。
 毎日、日本経済、日経産業、読売、時事通信、中部経済、中日の7紙に掲載された。
この日、豊森の公式ウェブサイトがアップされた。
http://www.toyomori.org

●受講生選考
 30名前後の募集に対して、4月30日締め切りでの応募者は、120名と予想以上の反応だった。選考については、その考え方も含めて会議を重ね、30名+5名(サブスタッフとして)に絞り込んだものの、今回の選考から外れた人たちも「豊森つながり」として、つなぐ仕組みを検討することとした。

●開講式&公開講座 2009.5.17(土)豊田市商工会議所多目的ホール 
 <開講式>参加者:受講生とスタッフ
選考された受講生が集まっての開講のセレモニーを実施。挨拶、委員・スタッフ・講師の紹介、受講生挨拶を行い、全員での記念撮影。その後、講座に向けてのオリエンテーションを実施した。
*これが、受講生どうしが初めて顔を合わせる場となった。当初、緊張と不安の面持ちだったのが、オリエンテーションの頃には、緩んで打ち解けた雰囲気になっていた。

<公開講座> 午後から枝廣淳子さん講演会 
139人参加(うち一般は81人)
 「本当の幸せと地球のために 〜私たち一人ひとりにできること」と題して枝廣さんが約90分の講演を行った。公開講座については、受講生だけでなく、地元や選考から外れた応募者を中心に広く一般も参加できる形の講座として位置づけ、事前に案内ちらしを作成して広報した。

●第1回導入講座 2009.5.23(土)扶桑館(足助) 参加者:受講生、スタッフ
 基礎講座として、「地域とは」(澁澤寿一)と「自然資本主義とは」(当会副理事長、駒宮博男)の2つの講義を実施。お昼をはさんで、当会副理事長の井上淳之典が担当する「マネジメント講座」初回のプログラムとして、ファシリテーションの基礎と題してインタビューゲームを実施。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※以下は2009年度に入っての事業です。

●第2回講座
2009.6.26(土)27(日)合宿 参加者:受講生、スタッフ
 26〜27am フィールド演習:地域を知る「歩く・観る・聴く」〜山村編〜
   27pm マネジメント講座:マーケティング概論

 フィールド演習では、地域がどのように成り立ってきたのかをテーマに、実際に地域に入り五感でそのリアリティを感じることを目的に、グループに分かれ、@足助地区新盛 A足助地区漆畑 B下山地区羽布町 C小原地区榑俣町 D旭地区日下部町 E稲武地区大野瀬町の6つのフィールドを地元案内人といっしょに歩いた。2つの宿泊所に戻り、それぞれ、観てきたこと、聴いてきたこと、感じたことを模造紙にまとめる作業を行い、翌日の発表に備えた。翌日は足助扶桑館に全員集合し、グループごとに発表。最後に澁澤委員長からまとめの講評を聞いた。
 2日目の午後のマネジメント講座では、黒猫タロウの屋台屋本舗ゲームの入門編を3つのテーブルに分かれ、会計の基礎や利益の本質についての考察、自分で意思決定する体験の積み重ねによる瞬時の判断力づくり、マーケティング活動の重要性への認識を高めることなどを目的に、ゲームを実施した。
とに発表。最後に澁澤委員長からまとめの講評を聞いた。

<画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2008/07-1.jpg>
(まとめ作業のようす)
地域デザイン事業報告(平成19年度) [2010年03月04日(Thu)]

地域の未来・志援センターでは平成19年度(2007年度)、地域デザイン事業として以下の事業を行いました。以下はその一部ですが、報告させていただきます。

詳細及び他の事業報告は以下からごらんいただけます。
2007年度事業報告書
――――――――――――――――――――――
○平成19年度(2007年度)活動実績

1−1.環境経営モデル支援事業
○目的
環境と経営を同軸に捉えて販売事業を行っている企業をモデル化し、他企業へも普及する戦略研究を行う場をつくる。
○実施概要
リコー中部(株)の環境活動グリーンプロモーションにおける、NPOへの助成事業「エコひいき」に関して、エコひいき運営事務局(※)の1団体として携わり、助成先団体選考会の運営・助成先団体へのヒアリング、リコー中部且ミ員へのヒアリング、またリコー中部と助成先団体の交流会開催に協力した。
※ 2007年度「エコひいき運営事務局」構成団体:環境省中部環境パートナーシップオフィス NPO法人コミュニティーユースバンクmomo、NPO法人地域の未来・志援センター

< 1.エコひいき2007 募集説明会 >
開催日時:2007年4月14日(土)14:00〜16:00pm
開催場所:ウィル愛知 会議室6
主催:リコー中部(株)
企画運営:エコひいき運営事務局
参加者:29名  開催側・スタッフ:9名
内容:
1.グリーンプロモーションエコひいきについての説明
2.参加者自己紹介・エコひいきを使ってやりたいこと・実現したいこと
3.過去の助成団体からの情報提供
4.申請説明及び意見交換

< 2.エコひいき2007  1次選考会 >
開催日時:2007年5月8日(火)13:30-17:30pm
開催場所:あいちNPO交流プラザ会議室
主催:リコー中部(株)
企画運営:エコひいき運営事務局
内容:48団体の応募について1次選考項目について審査員による審査が行なわれた。1次選考通過団体は22団体

< 3.エコひいき2007  最終選考会 >
開催日時:2007年6月15日(金)13:00-16:55pm
開催場所:あいちNPO交流プラザ会議室
主催:リコー中部(株)
企画運営:エコひいき運営事務局
内容:1次選考を通過した22団体についての最終選考が審査員にて行なわれ、リコー中部且ミ員による投票「エコひいき投票」と合わせて吟味され、最終10団体が選考された。

< 4.エコひいき2007 団体・社員へのヒアリング・活動参加>
ヒアリング期間:11月16日(金)〜11月27日(火)
内容:愛知県内の助成先団体の活動に参加、もしくは活動拠点に赴き、団体代表及び活動メンバーに、また愛知県内リコー中部鰍フいくつかの事業所に赴き社員に、エコひいきの取り組みについてヒアリング行なった。
日付/ヒアリング先/ヒアリング対象
11月16日(金)/リコー中部(株)/名西事業所 社員1名
11月16日(金)/リコー中部(株)/名東事業所 社員3名
11月18日(日)/なごや東山森づくりの会(愛知助成先団体)/代表及び事務局1名
11月19日(月)/リコー中部(株)愛知事業所/社員1(エコひいき地域担当者)
11月21日(水)/あかばね塾(愛知助成先団体)/代表及び事務局2名
11月24日(土)/なごや東山森づくりの会/活動参加
11月27日(火)/リコー中部(株)中央事業所/社員2名

<画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2007/04-1.jpg><画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2007/04-2.jpg>
(11月24日(土)なごや東山森づくりの会の活動に参加するリコー中部(株)社員)

< 5.エコひいき2007  報告・経験交流会 >
開催日時:2008年2月25日(月)13:00-17:00pm
開催場所:あいちNPO交流プラザ会議室
主催:リコー中部(株)
企画運営:エコひいき運営事務局
内容:10月〜11月に実施した、助成先団体及び社員へのヒアリング・アンケート調査を元に、社員と助成先団体、関係者にて問題課題点から今後について協議を行なった。
1.ヒアリング・アンケートから見えた問題提起
2.問題提起をふまえて
3.エコひいきの仕組みをどうリメイクするか
4.まとめ

<画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2007/04-3.jpg><画像:http://c-mirai.org/uploads/Image/report/2007/04-4.jpg>
(2月25日(月)報告・経験交流会)
地域デザイン事業報告(平成17年、平成18年度) [2010年03月01日(Mon)]

地域の未来・志援センターでは平成17年度(2005年度)、平成18年度(2006年度)、地域デザイン事業として以下の事業を行いました。以下はその一部ですが、報告させていただきます。

詳細及び他の事業報告は以下からごらんいただけます。
2006年度事業報告書
――――――――――――――――――――――
○概要
 1)地域デザイン_サロン事業
 地域環境力を向上していくために愛知県、岐阜県、三重県の3県において、3セクター(市民・NPO,企業、行政)のパートナーシップ基盤づくりを行う。環境活動等の実践者が集うサロン(テーマ毎の情報交換を行う場)を開催する。持続可能な地域社会の戦略研究および青写真づくりを行う。新しい事業のキックオフやその戦略を創り上げる場とします。

 2)地域デザイン_環境経営モデル化支援事業
 環境と経営を両立させて販売事業を行っている企業の手法をモデル化し、他企業へも普及する戦略研究を行います。

 3)地域デザイン_人材育成事業
 市民が持続可能で豊かな暮らしを実現するための地域デザインという視点を伝え、このテーマを共に重要と考え行動する人材を育成します。
――――――――――――――――――――――
○平成18年度(2006年度)活動実績

1)サロン事業
企業CSRに関わっている、もしくは関心・志のある企業人、NPO、行政を対象として「環境経営モデル化支援サロン」を開催し、従来「環境経営モデル化支援事業」において協力しているリコー中部(株)の環境市民活動助成制「エコひいき」を題材として企業CSR活動について意見を交わしました。

開催日:2006年8月8日(火) 参加者:18名 (企業:9名、行政:1名、NPO:7名)

2)環境経営モデル支援事業
リコー中部(株)の環境活動NPOへの助成事業「エコひいき」に関して、環境省中部環境パートナーシップオフィスと共に運営事務局の一端として携わり、助成先団体選考会の運営・助成先認定式・助成先団体への活動のヒアリングに活動現場へ足を運ぶということによって、東海三県及び静岡県におけるNPO数団体の活動の状況を知り、団体との交流を行いました。

<エコひいき2006助成先団体選考会>

開催日:2006年7月6日 開催場所:リコーエレメックス(株) 会議室

内容:
第1部 「エコひいき」助成先団体選考会
総応募数56団体の中から1次選考行い、通過した22団体から更に助成先10団体を選考する。選考委員6名による選考が販売会社社員や関係するNPOに公開の形で行いました。
第2部 「エコひいき」ステークホルダー会議
「エコひいき」という助成制度について関係しているNPOや社員、過去に助成を受けた団体がディスカッションを行いました。

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-01.jpg>
(第1部 助成先団体選考会)

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-02.jpg>
(第2部ステークホルダー会議)

<エコひいき 助成先団体認定式参加>
助成先として選ばれた中部地区10団体のうち東海地区となる6団体の中から3団体の認定式について同行し、団体の設立や活動について聞き、関係作りを行いました。

日付:エリア:助成先団体名:同行事務局員
7月31日(月):愛知:大府緑化推進研究会:馬場
8月4日(金):三重:ボランティアセンター ラブリーフォレスト:北村
8月4日(金):静岡:特非)ガラ紡愛好会:北村

<エコひいき 活動参加ヒアリング>

助成先団体の活動に参加し、団体代表及び活動参加のリコー社員に助成制度に関する意見や、活動についてのヒアリングを行いました。

日付:エリア:助成先団体名:ヒアリング事務局員
10月7日(土):愛知:環境ボランティアサークル亀の子隊:馬場
10月8日(日):静岡:特非)ガラ紡愛好会:馬場
10月22日(日):静岡:NatureClean:北村
10月22日(日):三重:ボランティアセンター ラブリーフォレスト:馬場
10月29日(日):岐阜:特非)自然、生活共生会:北村

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-03.jpg>
(【愛知】活動参加ヒアリング 環境ボランティアサークル亀の子隊)

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-04.jpg>
(【三重】活動参加ヒアリング ボランティアセンター ラブリーフォレスト)

<エコひいき リコー販社社員と助成先団体の交流会>

11月5日に『もっと地域に価値を創造する助成へ!』というテーマで助成に関するセミナーを行いました(資料3 セミナーちらし参照)。午前には地域の未来・志援センターとリコー中部(株)、環境省中部環境パートナーシップオフィス3者の共催にて、リコー中部(株)の助成事業「エコひいき」における東海3県と静岡県の助成先市民団体と東海3県と静岡県のリコー販売会社社員との交流会を行いました。
地域の未来・志援センターのヒアリング先を含め多くの助成先市民団体の参加があり、リコー中部(株)の助成制度について、また地域に密着した助成制度ということについて、IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表 川北秀人氏のファシリテートで活発な意見が交わされました。

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-05.jpg><画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-06.jpg>
11/5「もっと地域に価値を創造する助成へ!」ちらし左=表、右=裏

<画像:http://www.c-mirai.org/uploads/Image/d-07.jpg>
(11/5午前 エコひいき交流会)
――――――――――――――――――――――

○平成17年度(2005年度)活動実績

・サロン(5回開催)

・環境経営モデル化 ステークホルダー会議報告書作成

・人材育成 地域デザインスクール開催(8回の連続講座)

・中部環境パートナーシップオフィス運営業務に対する意見書提出

・グリーン購入の普及促進に係る調査の実施 など

――――――――――――――――――――――