CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«9/18 環境デー/鳥羽 | Main | 9/24 リサイクルステーション/東恩納»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

http://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
9/18 エコロジーセンター Re☆創庫(熱田) /中西 [2011年09月27日(Tue)]

 こんにちは。三重大インターン生の中西です。

 ブログ更新が遅れてごめんなさい。
さすがに遅れたのが2回目なので、早く書く(課題を提出する)のが今後の課題だ、と思っているところです・・・。

 さて、私の課題は課題として自分の体に叩き込んで、気を取り直してインターン活動のブログを書いていきたいと思います。


 9/18(日)、中部リサイクル運動市民の会 の活動場所である、Re☆創庫(熱田)にて、インターン活動をさせていただきました。
 今回はRe☆創庫を開ける時からの活動でしたので、以前のインターン活動とはまた違ったことができました。

 まず始めは、Re☆創庫周辺の掃除です。以前エコマネーセンターにインターンに行った時も、まず掃除でした。当たり前のことですが、大学に入って特に掃除をしなくなった私にとって、お客さんを迎える姿勢を気づかされた場面です。
 最近余裕がなくて周りへの配慮が薄れている気がしているので、心の余裕をもって、先の姿勢(周りの人への姿勢)を忘れずにいようと思います。



 今までの中部リサイクル運動市民の会 のインターンで、よく「リサイクルされるとはいえ、陶器がこんなに集まって、リユースされるのは一部やなー」という印象を持つことがあり、このようにブログで書いたりしていました。
 しかし、陶器のリユース販売は最近の試みだということ、さらにRe☆創庫の方も「リサイクルにもエネルギーがかかり、どうしようか」と、同じようなことを思っておられることなどを知り、
あまりリサイクルのことを把握していない私が、課題をつっつくようなことを言ってしまい、申し訳なく思っています。

 リユースされるものが一部だ、とは言うものの、もともと集まる数が多いため、Re☆創庫横のRe☆ショップ(リユース品の販売をしています)には、たくさんの陶器が置かれているわけです。
 だから、(でしゃばっているように聞こえて申し訳ないですが、)
○私たち市民が、「リサイクルされるから捨ててもいい」という感覚をはずす
○陶器がリサイクルされる環境を知り、少ないエネルギーでリサイクルできるような方法を考える・また、販売とは違うリユース方法を考える
ことが、ちょっとした改善策かと思っていて、また私もいつか取り組みたいと思っていることです。

 でも実際、消費不良になると経済が回らないのでは、とも考えられるのですよね。大学の後期(もうすぐです^^;)に経済学を学んで、経済の方面の知識を取り入れたいと思っています。

 なんだか長くなりましたが、今の率直な感想です。^^



 最後になりましたが、インターン活動を受け入れてくださった3団体のみなさま、また活動を通じて関わってくださった地域の方々、ありがとうございました。まだ大学1年で、不慣れなことも多かったですが、学べたこと(考えさせられたこと←いい意味で)も多く、またいろんな方々と関わることができ、うれしく思っています。(^^*

 残りの課題もあるのですが、ここでひとつの区切りというわけで、お礼申し上げました。
ありがとうございました。
Posted by まき at 12:19 | 三重大インターン生 | この記事のURL