CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«長良川エクスカーション【2019/11/17】 | Main | 市民環境展2020【2020/4/11〜12】»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゴンザ
ファシリテーション講座 (08/18) terakoyaman
ファシリテーション講座IN四日市 (08/04) 後藤
CBCラジオまつり2日目/高橋 (07/26) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (07/18) 後藤@どまんNakaグリーンマップ
スポット情報 in 津島 (07/13) 高橋
遅れましたが、はじめまして! (07/08) 高橋
インターン活動 (07/08) きょん
街の中の田んぼのその後 (07/02) パールホワイト
DYEA記録/高橋 (06/30) 高橋
DYEA記録/高橋 (06/29)
プロフィール

特定非営利活動法人 地域の未来・志援センターさんの画像

http://blog.canpan.info/c-mirai2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-mirai2/index2_0.xml
【被害防除実践講座】「防護柵を補修して、侵入に強い防護柵に育ててゆく!」【2019/11/17】 [2019年10月21日(Mon)]

〜侵入防止に効果的な「AF規格」を知る、
執拗なアタックに対しても侵入させない補修を会得する〜
 
※AF規格とは、京都大学芦生研究林において、2006年より5年間、防除効果
の発現と検証がキチンと行われ、2012年より世に出た、防除に効果的な項目を
整理した食害防護柵の規格です。(参照:ABCプロジェクト)

「被害防除」は、特定鳥獣保護管理計画でも、総合対策の、三本柱の一つとして、位置づけられている重要な要素です。

しかし、実際の造林地で多く見受けられるのは、防護柵にしても単木防除に
しても、キチンとした設置が最初からなされていません。
そのため、シカなどの侵入をやすやすと許してしまい、被害を受ける…。
 防除がキチンと評価されず、柵が打ち捨てられている、
そんなことはありませんか?防護柵なんて飾りでやってるだけ、
本心はやるだけ無駄、そんなふうに思っていませんか?

一緒に補修の仕方・やり方を体験してもらい、シカなどに、いとも簡単に
造林地へ侵入させない柵を作り上げる「はじめの一歩」を体得してもらいます。

「獣害の最前線ではどんなことが起きているのか見てみたい!」
「防除作業の体験をしてみたい!」
「シカやカモシカが起こす造林苗木への被害を防ぎたい!」
「これから畑に防護柵を設置する予定なので、参考にしたい!」
そんな方のご参加をお待ちしています!!

●日時:令和元年11月17日(日) 9:30〜17:00
●場所:甲賀市土山町山中(詳細はお申込み後連絡します。)
●プログラム予定
9:30 集合・受付(甲賀市役所土山支所前)
11:00 現地着。実践ワーク「侵入に強い柵にするための目のつけどころ」
13:00 実践ワーク「侵入強い柵にするための補修方法」
15:00 現地発
16:00 おさらい、ふりかえり(土山支所前)
17:00 終了
●講師:高柳 敦(かもしかの会関西)
●参加費:1,500円
●主催:かもしかの会関西
●申し込み期限:令和元年11月15日(金)まで(定員:10名ほど)
●お申込み、お問い合わせ先は、コチラまで↓↓↓
 かもしかの会関西 事務局・広報担当 西村 知記
E-mail acer.p@i.softbank.ne.jp
携帯電話 090-9165-8971
Posted by tsunagaru at 17:35 | お知らせ | この記事のURL