CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

CANPAN講座さんの画像
日本財団ROADプロジェクト
検索
検索語句
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS取得
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
http://blog.canpan.info/c-koza/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/c-koza/index2_0.xml
情報発信、ソーシャルメディア、IT活用、助成金活用(応用編)などに関するセミナー講師のご要望は山田までメールでご一報ください!

セミナーの内容はこちらを参考にしてください。
http://blog.canpan.info/c-koza/archive/514

助成金に関する参考資料一覧
http://blog.canpan.info/c-koza/archive/517


日本財団CANPANプロジェクト
NPO法人CANPANセンター
山田泰久(やまだやすひさ)
E-mail:ya_yamada@canpan.jp
参考URLや資料 [2016年09月25日(Sun)]
【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室
動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(前編) − PRとクリエーティブの視点から
http://www.advertimes.com/20160915/article234195/

【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室
動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(後編) − PRとメディアの視点から
【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室

動画のヒット打率を上げるための「鬼メソッド10」(後編) − PRとメディアの視点から
NPOの広報に関する考察 [2016年09月24日(Sat)]
NPO広報会議のアジェンダ

伝える
1.創造的広報
  →とりあえずやってみる、その中から、型をつくっていく。

2.戦略(計画)的広報
1)目的
2)メディア:紙/デジタル/オフライン/PR
3)ターゲット:受益者/支援者/内部
−−−−
4)素材
5)コンテンツ
6)伝え方
−−−−
7)運用
8)発信者
9)法律・コンプライアンス


FBコメントより
チェックシート作るとか、初級、中級、上級編とかに分けてもいいかもです。

NPOが誰に情報を伝えたいのかの調査。
さらにNPOの情報を見ている人の調査。
2016年度セミナー講師実績 [2016年08月09日(Tue)]
山田の講師実績や、その他関連するイベントの開催実績等です。

<4月>

コミュニティ・マネジメント・ラボ
4/10(日)午後
東京
主催:CRファクトリー
参加者:30名
内容:組織マネジメントに関する話題提供

日本政策学校 卒業プロジェクト発表会
4/24(日)午後
東京
主催:日本政策学校
参加者:40名
内容:コメンテーター

助成先団体ワークショップ
4/27(水)午後
宮城県仙台市
主催:東日本大震災復興支援財団
参加者:50名
内容:ファンドレイジング、ワークショップ

東京NPOxIT Meetup
4/28(木)19:00〜21:00
東京
主催:東京NPOxIT Meetup
参加者:20名
内容:企画運営、司会


<5月>
人情市の講演会(高崎の地域活性化)
5/17(火)夜
群馬県高崎市
主催:NPO法人高崎やる気堂
参加者:50名
内容:地域活性化

経営実践研究会勉強会
5/30(月)夜
栃木県宇都宮市
主催:経営実践研究会
参加者:20名
内容:NPO活動全般

東京NPOxIT Meetup
5/31(火)19:00-21:00
東京
主催:東京NPOxIT Meetup
参加者:20名
内容:企画運営、司会


<6月>
明治大学商学部ベンチャービジネス論
6/1(水)18:30〜20:00
東京・明治大学(久米信行さんの授業)
参加者:20名
内容:CANPAN、NPO、仕事紹介

J-PALSアカデミー 
6/5(日)13:00〜16:00
東京
主催:GSK
参加者:40名
内容:情報発信(患者会団体向け)

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業
ダスキン研修生17期生 研修会
6/8(水)10:00〜15:00
東京
主催:日本障害者リハビリテーション協会
参加者:10名
内容:情報発信

出身地Day in 三鷹」
6/18(土)13:00〜17:00
東京
主催:三鷹市市民協働センター
参加者:30名
内容:地域活性化

ぐんまな新人歓迎会
6/19(日)14:00〜18:00
東京
主催:群馬県 群馬県民の日in東京実行委員会
参加者:50名
内容:司会、ワークショップ

ファンドレイジングサロン「寄付月間」
6/28(火)19:00〜21:00
東京
主催:日本ファンドレイジング協会
参加者:30名
内容:話題提供

東京NPOxIT Meetup
6/29(水)19:00-21:00
東京
主催:東京NPOxIT Meetup
参加者:20名
内容:企画運営、司会


<7月>

JST/RISTEX 第2回ワークショップ
7/1(金)13:00〜17:00
東京
主催:国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター 
参加者:40名
内容:ワークショップ参加

助成金セミナー
7/2(土)13:00〜16:00
佐賀県佐賀市
主催:佐賀未来創造基金
参加者:30名
内容:助成金

コミュニティ・マネジメント・ラボ
7/3(日)午後
東京
主催:CRファクトリー
参加者:30名
内容:組織マネジメントに関する話題提供

寄付月間キックオフミーティング
7/5(火)午後
東洋
主催:寄付月間推進委員会
参加者:50名
内容:司会、ワークショップ

1%支援制度フォーラム 分科会(助成金)
7/9(土)13:00〜16:00
愛知県一宮市
主催:一宮市
参加者:40名
内容:助成金

ウェザーニューズそら博ボランティア説明会
7/16(土)、31(日) 18:30〜20:00
東京
主催:ウェザーニューズ
参加者:各回30名
内容:CANPAN紹介

ダスキンアジア太平洋障害者育成事業および、JICA障害者リーダーシップ育成とネットワーキングコース研修修了生のフォローアップ支援事業
7/18(月)10:00〜16:00
東京
主催:日本障害者リハビリテーション協会
参加者:30名
内容:情報発信

東京NPO×IT Meetup
7/20(水)19:00-21:00
東京
主催:東京NPOxIT Meetup
参加者:20名
内容:企画運営、司会


<8月>
情報発信セミナー
8/5(金)13:00〜15:00
神奈川県横浜市
主催:磯子区
参加者:40名
内容:情報発信

助成金セミナー
8/7(日)13:30〜16:30
千葉県富里市
主催:千葉県
参加者:40名
内容:助成金
スキルアップ講座「インターネットを知って活動が広がる ~最新のネット事情~」@横浜市磯子区 [2016年08月08日(Mon)]
先日、横浜市磯子区で、NPO・市民活動団体向けの情報発信セミナーの講師を行ってきました。
インターネット初心者の方が多いということもあり、初級編ということで、インターネットの動向やNPO・市民活動団体の情報発信の基礎的なことをお話をしてきました。

今回は、区が主催するセミナーということで、非常に公平性を重んじて講座運営を行いたいという素晴らしい考えのもと開催されました。
これは、どれだけNPOや市民活動において有益なサービスやツールであっても、特定のサービスを紹介できないという、市民活動団体などの参加者の利便性等は一切考慮せずに、行政としての公平性だけを尊重しなれければならない自治体の関係者にとっては、非常に参考になる事例だと思いますので、あらためてセミナーの概要や、主催者である磯子区の素晴らしい取り組みについて、ご紹介させていただきます。

また、公平性を常に意識している素晴らしい自治体関係者の方で、特定のサービスを紹介せずにNPO・市民活動向けの情報発信セミナーを開催したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ、セミナーの依頼をお寄せください。


スキルアップ講座
インターネットを知って活動が広がる ~最新のネット事情~
主催:横浜市磯子区地域振興課
日時:平成28年8月5日(金) 午後1時~3時
会場:磯子区役所7階会議室
対象:主に磯子区で活動している地域ボランティア講師、グループ、団体の方
内容:小さな団体でも取り組める方法とは…
   ホームページ・ブログ・Twitter・Facebookはどう違うの?
   どんな事ができるの?
   …という方の為の簡単基礎講座です!




今回のセミナーの素晴らしいポイント

1.参加者のレベルに応じて、提供する情報の取捨選択し、常に市民活動団体の自主性を重んじる。

今回のセミナーでは、インターネット初心者の方が多いということで、不用意に特定のインターネットサービスを紹介すると、あたかもそれが区が推薦したものと思われてしまう恐れがあるため、そういった特定のサービスを紹介しないようにしました。例えば、ブログサービスについても、企業が運営している広告がついてしまうが無料のブログサービスや、NPOが運営している無料で広告がつかないブログサービスなどもあるので、特定のブログサービスの紹介はしませんでした。
これについては、セミナーの中で特定のものを紹介すると、参加者はそれを使用しなければならないと勘違いしてしまい、団体の自主性を阻害してしまう恐れがあるとのことでした。この視点は、本当に目からウロコでした。参加した団体が自ら情報を探して、自ら使うサービスを選ぶことによって、その団体のスキルアップにもつながることも考慮したセミナー内容でした。例え、参加者がインターネット初心者であっても、自ら成長・発展をしていくための仕掛けを盛りこむ姿勢に、大変勉強になりました。


2.行政主導のインターネットの情報発信に頼るのはもう古い!?団体自ら情報発信するべし。

今回のセミナーで、山田が一番学ばせてもらったことです。
区や区民活動支援せんセンターとしては、区内の区民活動団体の活動や情報発信を紹介するWebやSNSのアカウントが一切ない中で、これから区主導でそういった情報発信に力を入れていくには、行政組織内の調整にかなりの時間がかかってしまう可能性があることから、区の力を借りずに、活動団体自らの情報発信力を高めていったほうが最善の方法だということで、今回のセミナーは企画されたようです(この部分は、講座の中で区の担当の方とやりとりで教えていただいたことです)。
実際に「いそご区区民活動支援センター」のWebサイトを拝見させていただきました。
http://www.city.yokohama.lg.jp/isogo/chishin/shien/
確かに、そういった情報はまったくなく、センターが主催するイベント情報も最新版の情報が平成26年度で更新がとまっているという状況でした。
これからの日本の状況を考える中で、なんでも行政に頼ってしまうのでは、市民活動自体が成り立たなくなってしまいます。そういったことも見越して、団体の自主性を重んじて、自ら成長する機会を提供しようと考える発想は大変素晴らしいものだと思いました。
行政も情報発信して、団体も情報発信する。なんでも理想論ばかりを追いかけてしまうよりは、実を取るということも大事だと思います。「今、できること」という精神で、このセミナーを企画した、その姿勢をぜひ見習いたいものです。


3.自分たちがまったく知らない、やっていないことでも、区民活動団体のニーズにもとづいて、セミナーを企画する。

これは中間支援組織として、本当に見習うべきものでした。いそご区民活動支援センターや区の担当課では、FacebookもTwitterもやっていません。また、担当の方もおそらく個人的にもSNSをやっていない状況のようです。SNSのことをよくわからない状況の中で、区民活動団体からSNS講座をやってほしいという要望があって、今回のセミナーを企画されたそうです。
普通の行政担当者であれば、自分が知らないことややっていないことなど、市民から要望があっても、拒否反応を起こしてそういった対応をしないと思われます。でも、区及びセンターのご担当の方は、組織としても個人としても活用していないサービスやツールに関して、区民活動団体からの要望があれば、その要望を実現するために、セミナーを企画するという姿勢はまさに、区民活動団体主体の取り組みだと思いました。
区民活動団体のニーズありきの取り組み、本当に素晴らしいです。
しかも、それについて自分たちがよく知らなくても、恐れずにエイヤと企画する姿に頭の下がる思いです。
磯子区の区民活動のみなさまが本当にうらやましい。


4.行政として、常に公平性を意識し、団体の自主性を考える。

こちらは、冒頭でも書きましたが、今回のセミナーで一番重要視されたことです。
NPOや市民活動の情報発信として、ICT専門担当者が置けない団体にとっては有効なツールとして、ブログを紹介しています。ちなみに、CANPANでは、市民活動団体向けに無料で広告がつかないブログサービスを運営しているので、通常であれば、CANPANブログをご紹介しています。
しかしながら、今回は、この公平性と団体の自主性を担保するために、CANPANブログは一切紹介しませんでした。NPO・市民活動団体向けのブログサービスということで、安易に紹介してほしいという依頼をしてしまうところでですが、今回は内容をしっかり精査して、参加団体には不要な情報ということで紹介しないということになりました。
ややもするとセミナーの内容を講師任せにしてしまうところを、行政としての公平性と、団体の自主性を第一に考えて、不必要な情報をセミナーの中で提供しないという姿勢に、区やセンターの方のプロ意識を垣間見ました。
中間支援として、見習うべき点が多々ありました。


5.行政コストを考えて、不要なことに時間を割かない。

もう一つプロ意識として、素晴らしいなと思ったことがあります。
セミナーには、区やセンターの担当の方が何名か参加されていました。しかしながら、メインの担当者のうちの一人はセミナーに参加されませんでした。
理由について聞いているわけではないので、あくまで山田の推測ですが、おそらくその担当の方はNPOや市民活動の情報発信や最近のインターネットの動向、SNSの活用についてとても詳しく、あえて山田のセミナー内容など聞かずとも、プレゼン資料を眺めれば、十二分に活動団体の相談にのることも出来るし、支援も出来るスキルやノウハウ、知識をお持ちの方のようです。

通常であれば、担当者としてお付き合い的にセミナーに同席しますが、他の同僚の方が参加しているので自分は立ち会う必要がないと判断し、セミナーに参加していませんでした。その不必要な時間を他の業務に充てることができますので、すごく効率的な考えたに、またまた行政マンしてのプロ意識を感じることが出来ました。
そもそもセミナーは活動団体向けに実施しているもので、もし自分がその講座以上の知識があるのならば、他の業務をストップさせてまでわざわざその時間に参加する必要はないのではと、山田も少し思っておりましたので、とても感銘を受けました。


今回のセミナーは、他の自治体や支援センターにとっても、非常に参考になるものだと思います。
この記事の内容が、何かの参考になれば幸いです。

磯子区地域振興課及び、いそご区民活動支援センターのみなさま、本当にお世話になりました。
今回のセミナーでは、こちらのほうが非常に勉強になりました。
ありがとうございました!

山田泰久
書籍紹介「日本のシビックエコノミー―私たちが小さな経済を生み出す方法」 [2016年04月15日(Fri)]
本日ご紹介するのは、こちら。

日本のシビックエコノミー―私たちが小さな経済を生み出す方法
江口晋太朗 (著), 太田佳織 (著), 岡部友彦 (著), 小西智都子 (著), 二橋彩乃 (著), 紫牟田伸子 (著, 編集), フィルムアート社編集部 (編集)
http://www.amazon.co.jp/dp/4845915677

これからトレンドになりそうな「シビックエコノミー」。
その考え方を事例とともに、知ることができる書籍です。
市民か社会との関わりの中で生まれる活動から生まれる小さな経済であるシビックエコノミー。
海外で注目されているこの動きについて、日本の中でもすでに実践されている事例が20個紹介されています。やはり概念だけではちょっとわかりにくいことも、事例ともに紹介されているとイメージがしやすい。一つ一つの事例がどのような成り立ちで生まれ、今、どうなっているのかが丹念に紹介されている。その活動、事業内容の肝について、3つのポイントとして解説され、そして社会にどのようなインパクトを生み出しているのかの考察があるので、単なる事業紹介ではなく理解が深まる構成となっている。さらに、1事例について3つの類似事例も紹介されているので、この本だけで、60個のシビックエコノミーの活動が紹介されているわけです。
まとめとして、シビックエコノミー実践ガイドもついているのがいい。
シビックエコノミーというだけに、やはり経済活動としてどのように回していくかというとも、とても大事なことである。わりと、この辺のビジネスモデルが割愛されてしまうことがあるが、本書では丁寧にいくつかのパターンで紹介されているので、イメージがしやすい。

みなさんもぜひシビックエコノミーについて、本書を通じて理解を深めてほしい。

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 [2016年03月23日(Wed)]
暗闇から世界が変わる 
ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦
志村真介・著
講談社現代新書
http://www.amazon.co.jp/dp/4062883066

東京・外苑前にある「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を作った志村真介さんの本です。
先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークを実際に体験しました。
この本は、体験する前に読むか、体験した後に読むか、悩ましい一冊です。

ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、どのようなものかというと、こちら、サイトから転載したものです。
〜〜〜
暗闇の中の対話。
鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
仲間の声、乾杯のグラスの音。
暗闇のあたたかさ。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

これまで、全世界39カ国、130都市以上で開催され、2015年現在で800万人を超える人々が体験したこのイベントは、1988年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれました。
日本では1999年11月に初めて開催され、現在は東京・外苑前の会場と大阪「対話のある家」を中心に開催中。これまで約17万人が体験しています。

〜〜〜ダイアログ・イン・ザ・ダーク Webサイトより〜〜〜
http://www.dialoginthedark.com/


このドイツ発祥のダイアログ・イン・ザ・ダークが、日本でどのように立ち上がったのか、そしてどう展開されてきたのか、よくよくわかります。
また、単なる事業化の物語ではなく、ダイアログ・イン・ザ・ダークが生み出す価値や、そこから派生して様々な人に”何か”を生み出していることなど、とても共感と納得と刺激を受ける内容です。
ダイアログ・イン・ザ・ダークを日本で始めた志村さんだからこその物語と分析が詰め込まれた内容です。

気になった方は、本書を読むか、ぜひ、外苑前にあるダイアログ・イン・ザ・ダークを体験してみててください。

山田泰久
2015年度セミナー講師実績 [2016年03月12日(Sat)]
<4月>
組織強化フェア
2015年4月14日(水)午後
東京
主催:JANIC
参加者:50名
内容:CANPAN紹介

広報&ブログ活用セミナー
2015年4月17日(金)10:00〜12:00
東京都
主催:B&G財団
参加者:30名
内容:情報発信

関東ICTNPO協議会総会
2015年4月22日(水)14:00〜15:00
東京都
主催:関東ICTNPO協議会
参加者:60名
内容:NPOのIT活用

助成金活用セミナー
2015年4月24日(金)10:00〜16:00
愛知県名古屋市
主催:日本ンファンドレイジング協会東海チャプター
参加者:20名
内容:助成金


<5月>


<6月>
新宿で宮台真司さんとソーシャルデザインTALK 〜よのなかを変える人たち
2015年6月3日(木)20:00〜21:00
東京都
主催:今一生さん
参加者:70名
内容:CANPAN及び中間支援組織の活動紹介

創業・経営のための基本セミナー
2015年6月4日(金)13:00〜16:00
宮城県石巻市
主催:NPO法人石巻復興支援ネットワーク
参加者:15名
内容:経営マネジメント

ダスキン海外研修向けセミナー
2015年6月15日(月)10:00〜15:00
東京都
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
参加者:10名
内容:情報発信

市民活動向け情報発信セミナー
2015年6月26日(金)13:00〜16:00
千葉県大網白里市
主催:大網白里市
参加者:30名
内容:情報発信


<7月>
江の島EX塾『ソーシャルメディア活用が社会を変える』
2015年7月18日(土)13:00〜16:00
神奈川県大井町
主催:コペルNPO
参加者:20名
内容:情報発信


<8月>
セミナー「助成金の基礎知識」
2015年8月23日(日)13:30〜16:30
千葉県松戸市
主催:まつど市民活動サポートセンター
参加者:20名
内容:助成金

組織内研修
2015年8月28日(金)14:00〜17:00
神奈川県川崎市
主催:独立行政法人地球環境基金
参加者:20名
内容:情報発信


<9月>
高崎移住計画
2015年9月12日(土)13:30〜17:00
東京都
主催:高崎青年会議所
参加者:200名
内容:出身地Day

助成金活用セミナー
2015年9月26日(土)13:30〜16:30
三重県津市
主催:みえ市民活動ボランティアセンター
参加者:20名
内容:助成金

助成金の成果勉強会
2015年9月28日(月)13:30〜16:30
愛知県名古屋市
主催:あいちコミュニティ財団
参加者:25名
内容:助成金


<10月>
助成金活用セミナー
2015年10月3日(土)10:00〜15:00
鳥取県倉吉市
主催:公益財団法人とっとり県民活動活性化センター
参加者:50名
内容:助成金

講座「出身地day仕掛け人に聞く」
2015年10月3日(土)18:00〜20:00
鳥取県倉吉市
主催:公益財団法人とっとり県民活動活性化センター
参加者:10名
内容:出身地Day

勉強会「寄付付き商品」
2015年10月4日(日)10:00〜12:00
鳥取県倉吉市
主催:公益財団法人とっとり県民活動活性化センター
参加者:10名
内容:寄付付き商品

市民活動向け情報発信講座
2015年10月14日(水)13:30〜16:30
東京都武蔵野市
主催:武蔵野プレイス
参加者:20名
内容:情報発信

創業・経営のための基本セミナー
2015年10月15日(木)13:00〜16:00
宮城県石巻市
主催:NPO法人石巻復興支援ネットワーク
参加者:15名
内容:経営マネジメント

創業・経営のための基本セミナー
2015年10月16日(金)13:00〜16:00
宮城県石巻市
主催:NPO法人石巻復興支援ネットワーク
参加者:15名
内容:人材マネジメント

市民活動向け情報発信セミナー
2015年10月17日(土)13:30〜16:30
愛媛県八幡浜市
主催:NPO法人八幡浜元気プロジェクト
参加者:20名
内容:情報発信

コミュニティマネジメントラボ・キックオフ
2015年10月22日(木)19:00〜21:00
東京都
主催:NPO法人CRファクトリー
参加者:20名
内容:メンター

助成金活用講座
2015年10月23日(金)10:00〜16:00
東京都
主催:NPO法人日本ファンドレイジング協会
参加者:40名
内容:助成金


<11月>
Code for Japanサミット分科会:資金調達
2015年11月8日(日)10:30〜12:00
東京都
主催:Code for Japan
参加者:20名
内容:資金調達

東京工科大学大学院ゲスト授業
2015年11月11日(水)13:00〜14:30
東京都八王子市
主催:飯沼ゼミ
参加者:20名
内容:情報発信

助成金活用セミナー
2015年11月12日(木)10:00〜12:00
千葉県木更津市
主催:千葉県
参加者:30名
内容:助成金

市民活動向け情報発信セミナー
2015年11月18日(水)19:00〜21:00
埼玉県さいたま市
主催:さいたま市市民活動サポートセンター
参加者:40名
内容:情報発信

青少年支援活動向け情報発信講座
2015年11月19日(木)18:00〜20:30
東京都
主催:日本生産性本部
参加者:10名
内容:情報発信

市民活動向け情報発信セミナー
2015年11月25日(水)13:00〜16:00
埼玉県和光市
主催:和光市
参加者:20名
内容:情報発信

CSR推進フォーラム
2015年11月27日(金)13:30〜15:00
東京都
主催:一般社団法人企業研究会
参加者:70名
内容:NPOの現状、CSRとNPO


<12月>
NPO マネジメント講座(情報発信)
2015年12月3日(木)10:00〜12:00
神奈川県横浜市
主催:NPOコペル
参加者:10名
内容:情報発信

伝える!市民活動のための情報発信1DAYセミナー
「IT活用型の情報発信を極めよう!」
2015年12月9日(水)10:00〜12:00
宮城県大崎市
主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
参加者:30名
内容:情報発信

伝える!市民活動のための情報発信1DAYセミナー
「IT活用型の情報発信を極めよう!」
2015年12月10日(木)10:00〜12:00
宮城県石巻市
主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
参加者:40名
内容:情報発信

若者相談支援拠点研修会
2015年12月11日(金)13:00〜16:00
山形県山形市
主催:山形県 若者支援・男女共同参画課
参加者:20名
内容:助成金

寄付サミット ㏌ SAGA
2015年12月13日(日)13:00〜20:00
佐賀県佐賀市
主催:公益財団法人佐賀未来創造基金
参加者:100名
内容:分科会(地域活性化)


<1月>
自然学校中堅職員研修〜ITの活用
2016年1月13日(水)13:00〜14日(木)12:00
東京都渋谷区
主催:安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
参加者:20名
内容:ITの活用、情報発信

地下鉄南部沿線セミナー
2016年19日(火)10:00〜12:00
神奈川県横浜市
主催:横浜市3区
参加者:30名
内容:情報発信

千葉市緑区フォローアップ研修
2016年1月26日(火)13:30〜16:30
千葉県千葉市
主催:千葉市緑区
参加者:10名
内容:情報発信

機関紙づくりセミナー
2016年1月27日(水)13:30〜17:00
東京都港区
主催:第一資料印刷株式会社
参加者:25名
内容:情報発信

助成金セミナー
2016年1月29日(金)17:00〜20:00
佐賀県佐賀市
主催:さが市民活動プラザ
参加者:20名
内容:助成金の活用


<2月>
組織内研修(ゲートボール協会向けセミナー)
2016年2月15日(月)15:00〜16:30
東京都港区
主催:日本ゲートボール連動
参加者:70名

伝える!市民活動のための情報発信1DAYセミナー
「IT活用型の情報発信を極めよう!」
2016年2月17日(水)10:00〜12:00
宮城県角田市
主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
参加者:20名
内容:情報発信

助成金セミナー
2016年2月17日(水)14:00〜16:00
宮城県仙台市
主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
参加者:30名
内容:助成金


<3月>
社会技術の研究開発成果の実装を考えるワークショップ(第1回)
―RISTEXにおける民産学公の協働を促進するには―
2016年3月2日(水)13:00〜17:00
東京都千代田区
主催:JST社会技術研究開発センター
参加者:40名
内容:CANPANの取り組み、助成金

平成27年度福祉のまちづくりパートナーシップ区民活動支援事業研修会
2016年3月3日(木)13:00〜15:15
東京都練馬区
主催:練馬まちづくりセンター
参加者:15名
内容:情報発信

日本NPO学会第18回年次大会
セッションタイトル:NPOキャパシティ・ビルディング支援の再検討
2016年3月5日(土)11:45〜13:15
京都府京都市
主催:日本NPO学会
参加者:35名
内容:CANPANの取り組み

NPO活動における情報開示・情報発信のコツセミナー
2016年3月7日(月)14:00〜17:00
島根県松江市
主催:ふるさと島根定住財団
参加者:20名
内容:情報発信

NPO活動における情報開示・情報発信のコツセミナー
2016年3月8日(火)13:00〜16:00
島根県浜田市
主催:ふるさと島根定住財団
参加者:15名
内容:情報発信

ファンドレイジング日本2016
組織の成長につながる助成金の使い方
2016年3月12日(土)17:20〜18:40
東京都江東区
主催:日本ファンドレイジング協会
参加者:80名
内容:助成金の活用

ファンドレイジング日本2016
寄付白書読書会(ランチセッション)
2016年3月13日(日)12:40〜14:00
東京都江東区
主催:日本ファンドレイジング協会
参加者:80名
内容:寄付白書の読書会


セミナー「リアルな助成金の活用」
2016年3月16日(水)18:00〜21:00
群馬県前橋市
主催:前橋市市民活動支援センター(Mサポ)
参加者:30名
内容:助成金の活用

《キミにぴったりの団体が見つかる》next Santa Fes 2016(ネクストサンタフェス)
2016年3月20日(日)13:00〜17:00
東京都渋谷区
主催:NPO法人チャリティーサンタ
参加者:70名
内容:CANPAN紹介

以上
ファンドレイジング日本2016のセッションのプレゼン資料 [2016年03月12日(Sat)]
ファンドレイジング日本2016のセッションで使用したプレゼン資料です。

組織の成長につながる助成金の使い方 〜本当に助成金を活用する組織体質になるには〜 助成金をもらっておわりではありません。助成金を獲得する意義、 助成金を活用して、組織の価値を高め、戦略的に組織の成長に つなげるためのポイントを学びます。

日本NPO学会第18回年次大会 セッション「NPOキャパシティ・ビルディング支援の再検討」 [2016年03月05日(Sat)]
日本NPO学会第18回年次大会
タイトル:NPOキャパシティ・ビルディング支援の再検討
山田のプレゼン資料

■モデレーター
小林 立明(こばやし たつあき)
公共政策研究機構客員研究員

■共同報告書
小林 香織(こばやし かおり)
株式会社リリムジカ/SVP東京 パートナー 

田口 由紀絵(たぐち ゆきえ)
公益財団法人パブリックリソース財団 チーフ・プログラムオフィサー

山田 泰久(やまだ やすひさ)
NPO法人CANPANセンター代表理事



プレゼン資料(情報発信、NPOの価値) [2016年03月05日(Sat)]
日本ゲートボール連合の研修会で使用した情報発信セミナーのプレゼン資料
※インターネットでの情報発信にまだ取り組んでいない団体向け




NPOにとっての価値を考えたプレゼン資料

| 次へ