CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブナの木洩れ日の下で
 北限のブナの里で、自然菜園に取り組みながら、食と健康、農や環境の在り方を考える、vegetable,growerの気ままな思いを、綴ります。
« 西日本豪雨で、姉妹自治体にも平成最大の爪痕。 | Main | 今年初めての花園ゴルフ場 その2 »
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
困った。!小玉スイカの雄花が咲かないぞ。 。[2018年07月12日(Thu)]
 この二週間、台風崩れの雨と、梅雨空が続いたせいか、夏野
菜の成長が悪い。
 定植を遅れたのもあって、ミニトマトは、花がやっと咲い
ただけだ。
 期待していた小玉スイカは、必要以上の樹勢はあるもの
の、雄花が咲かないので、受粉させようにも出来ない。もうやだ〜(悲しい顔)
 30センチくらいに育ったコーンの半分を、狐か狸に、茎から
食害されるし、怒りは、頂点に達している。ちっ(怒った顔)
 そこで、昨日から、侵入防止のネット張り作業をしているの
だが、支柱を斜めに刺して、ネットの下をたるませ、さらに、
ピンで止めている。
 これに、不要なCDを、四・五箇所下げておけば・・畑の
ギャング・アライグマを避けることができると思うのだが・
・一抹の不安が残る。
 外国製の電気柵やLEDが良いらしいが、高価過ぎて、菜園の
域を越えている。
 こんな調子だから、今年は、出来秋を迎えることは難しい
かもしれない。
 なんとか、天候回復して頂戴。犬 
 

 

 
 
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bunanokomorebi/archive/813
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1374116
 
コメントする
コメント
プロフィール

若見さんの画像
検索
検索語句
リンク集