CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


子どもの虐待 [2017年06月25日(Sun)]
子どもの虐待が社会問題になっている。中でも家族などからの虐待が多い。
1万5976件もあった。社会病理となっている。何とかできいないものか?
IMG_3613.JPG






IMG_7122.JPGIMG_7122.JPG



続きを読む...
「いじめ」克服を!早期発見と早期治療が鉄則 [2017年06月13日(Tue)]

「いじめ」には後遺症が残る。
IMG_0166.JPG

偏桃体だけではない。前頭前野にも悪影響が出る。人格までもゆがめる。
IMG_0167.JPG

大事なことは、放置しないこと。早期発見・早期治療が鉄則。適切な治療をすればもとに戻る可能性がある。他の部分を活性化させることで機能も回復する。
IMG_0168.JPG1
「いじめ」絶滅を!! [2017年06月11日(Sun)]

「いじめ」はダメ、絶対ダメ。家庭からも学校からも「いじめ」絶滅を!心がやられる。脳がやられる。関係が崩れる。不幸を増産する。
IMG_0158.JPG

IMG_0132.JPG

IMG_0141.JPG
「湿度」対策 [2017年06月11日(Sun)]

6月に入りました。湿度70%ライン、富山県と東京都ではかなりの違いがあります。「過去30年の日別 平均湿度の変化」で見るとさらにはっきりします。データを生かし健康な生活を作り上げたいです。
IMG_9523.JPG
年代年代の発達課題 [2017年06月07日(Wed)]
こころの機能がたどるライフステージです。
年代年代の発達課題があります。幼児期は情意の発達、児童期は学習の素地、思春期は自我や社会性の発達です。
1図1.jpg1.jpg
依存症の仕組み [2017年06月05日(Mon)]
依存性の仕組みです。依存行為は断ち切らなければ続き、強化されます。
日常生活に支障がでるなられっきとした「病気」です。医者の出番です。
どんなに楽しいことでもほどほどでやめることが大事です。
IMG_9578.jpg1.jpg
人間の行動をとらえるには・・・ [2017年06月02日(Fri)]

人の行動は @身体 A認知 B対人関係 の3つを基本に
考えると取りこぼしがなくなる。
IMG_1096.JPG

「こころの3要素」 ドーバミン・ノルアドレナリン・セロトニン
図141.jpg

加えて、ホルモン、免疫等を加えると精緻に「感情」がわかってくる。
IMG_9360.JPG
祈る禅僧 [2017年05月30日(Tue)]
雪の中 一人祈る 若き禅僧 貴いかな
o0349050012451886071.jpg
深深く 首を垂れる 禅僧の 鎮魂の思い 地に沁みわたれ
939d115f8b43c9807ce84d27ba8e8ced.jpg
脳と「アクテブラーニング」 [2017年05月28日(Sun)]
脳がフル回転している。これこそアクテブラーニングの姿
img_9e6102875cb31d0c33b70f40c1f07ed1345359.jpg1.jpg

神経細胞もフル活動
IMG_5389 - コピー.JPG

学力向上も顕著である。
図1.jpg

続きを読む...
教育の目的は「生きる力」の育成である。 [2017年05月26日(Fri)]

教育の目標は「生きる力」の育成である。「生きる力」は「健康・体力」「豊かな人間性」「確かな学力」の一体的な育成によって達成される。どんなに頭がよくても体が弱くては「生きる力」にならない。
1304360_001.gif
手を使い、足を使い、頭を使うことで、人は仏様になる。昔から教えられてきたことである。
asyura2010.jpg
| 次へ
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
http://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)