CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2017年度「放課後等デイサービス 事業評価アンケート」の結果を2017.10.12の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18) 白熊の女房
13日の金曜日&仏滅 (09/13)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
たくさんのご支援に感謝しています。 [2016年04月05日(Tue)]
本日挑戦していた「チャレンジ・スター」の目標を達成いたしました。

ご支援いただきました皆様、本当に有難うございます。

そして
大きなご褒美もいただきました。
この度の「チャレンジ・スター」の挑戦は、日本政策金融公庫さんとMAKOTOさんの「チャレンジスタート☆応援融資」制度の第1号挑戦者として臨ませていただいていました。
20160405.jpg

クラウドファンディングの挑戦で、社会の多くの方々に認めていただき目標が達成したその先に、通常では市民活動団体では叶いにくい「融資」の道が拓かれているというもの。
ウチのような小さな団体では、新しい事業を興すに当たって、一番頭の痛い「お金」」の課題。
そこにもご支援が叶ったのです。
もちろん「融資」ですからお返ししなければなりません。
お返しするためには、きちんと売上を上げ利益も生み出さなければなりません。
「お金を借りる」決断にも大きな勇気がいることでした。
それでもMAKOTOのご担当の方に付き添っていただき申請のご相談に伺った際、過去三年分の決算書をご覧になった融資ご担当の方が「普通に真面目に事業を行っていますね。」って言ってくださったことにも励まされた思いでした。
たくさんのブロックを外して踏み出します。
キッチンのスタッフが毎日工夫を凝らして丁寧に作り出すお惣菜。
もちろん完全手作り。手間と愛情をタップリ籠めて。
その先に拓かれる未来のために、「たからもの」になる「虹のおかずやさん」とその仕組みの「マムズデリカ」。
この先もどうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、このプロジェクトの募集期間はまだ1ヶ月残っています!
オフィスランチ「マムズデリカ」を通して働く方へ健康的なランチを届けながら、ハンディを持つ方へ就労の現状を変えたいという想いが込められたこのプロジェクト。
この事業でハンディを持つ方が経済的に自立出来る仕組みを作るため、そして、食を通して、多くの方に健康と幸せを届けるために。
ぜひ、皆様、応援をよろしくお願いいたします。 
こちらからプロジェクト本文をぜひご覧になってください!
http://www.challengestar.jp/project/s/project_id/60
Posted by 伊藤 あづさ at 22:10 | Autism awareness | この記事のURL | コメント(0)