CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2017年度「放課後等デイサービス 事業評価アンケート」の結果を2017.10.12の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18) 白熊の女房
13日の金曜日&仏滅 (09/13)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
南の島が与えてくれるもの [2015年04月30日(Thu)]
スタッフと家族に見送られて、昨日から沖縄に来ています。
20150530b.jpg


ひょんなことからご縁をいただいた沖縄で児童デイサービスや相談支援事業を展開されている方々にアテンドをお願いすることが出来ました。
初めてウエットスーツも着てみました。
20150430c.jpg


障害のある子でも、怖さを持たずに海のアクティビティを楽しめたら素敵です。
しかもライフセイバーや水泳のインストラクー資格を持つ福祉現場の方がいらしたら、親も子も安心で楽しく「海」を受容れることが出来るでしょう。
そんなことが叶ってしまいました。

自閉症の子の特性も良く理解された上で、命を守る視点からサポートして下さる方々のおかげで、20年近い息子の人生で、初めて海に浮きました。
あっという間にバタ足も出来る様になりました。
20150430a.jpg

しっかりと複数体制でサポートして下さいます。

カヌーにも挑戦。
パドルの持ち手がどうしても逆手になってしまいますが、慣れてきたところで「1・2・1・2…」と声を出しながら、右・左と漕ぐことも出来る様になりました。
20150430d.jpg


臆病で最初の体験がうまくいかないと、二度と挑戦はしない息子です。
「明日もやります!」
の声が、楽しかったこと、少し自信を持てたことの証かもしれません。

こんな風に、専門的なスキルを持つ方々のサポートを受けながら、こどもたちは新しい体験を。
お母さんたちにはリフレッシュを。
そんな企画が出来たら素敵。
いやいや、きっと出来ると思います。
次は「しゃ〜れ」のこどもたちと一緒に来沖出来るかも…
ウキウキとしています。
Posted by 伊藤 あづさ at 16:01 | 今日の坊ちゃまくん | この記事のURL | コメント(0)
パンでキッシュ!? [2015年04月25日(Sat)]
今年度最初の調理プログラムは、食パンを使ったキッシュ作りです。
学校の行事と重なってしまい、参加した子どもたちは少なかったのですが、静かな雰囲気の中で子どもたちとゆっくりした時間を過ごすことができました。
ホウレンソウとベーコン、玉ねぎを炒め、卵液とあわせてパンにのせて焼いていきます。
その間にデザートのフルーツヨーグルトを作ります。
旬のいちごをいれて果物たっぷりです。
包丁の使いかたがとても上手な子どもたち。
昨年から調理プログラムに参加している子どもたちは、1人で手順書をみて進めることができています。
確認したいことがあるときは、スタッフと一緒に行うともあります。
全部を1人でやることは大切かもしれませんが、必要な時に援助要請ができるスキルを持っていることはとても素敵なことだと思います。
焼きあがったキッシュを笑顔で食べている姿にスタッフも自然と笑顔になっていました。
P1110213.JPG
人数が少ない中でのプログラムではありましたが、子どもたち1人ひとりと丁寧に向き合うことができたと思います。
素敵なところはもちろん、これからさらに素敵になれる部分も知ることができたように思います。

そして、今日もお手伝いをしてくれている大学生の方が素敵な写真をたくさん撮ってくださいました。
撮影した写真を1人ひとりに合わせて編集する作業にも関わってくださいました。
その場所に一緒にいて子どもたちが調理をしている姿をみているからこそ、その子の素敵な写真を撮ることができるのだと思います。
沢山の写真の中からその子らしさが1番表現できる写真はどれであるか時間をかけて選んでくれていました。
調理の様子を直接見ていない保護者の方に、子どもたちの取り組んでいる様子が少しでも伝わるようにとカメラとその思いをむけてくださいました。
スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

2015年度の調理プログラムも子どもたちに寄り添い、たくさんの可能性を持つ子どもたちにとってより良いものになるよう努めていきたいと思います。


フローレン
Posted by 伊藤 あづさ at 16:25 | 今日の「しゃ〜れ」 | この記事のURL | コメント(0)
「自閉症eサービス@せんだい」いよいよ始動。 [2015年04月22日(Wed)]
お待たせしました!

「自閉症eサービス@せんだい」のご案内が出来ました。
2015案内パンフ.pdf
基礎講座の申込みも同時に開始です。
基礎講座チラシ.pdf

第一線に立つ支援者が、エビデンスに基づいた支援を実践するために、驕りを排し謙虚な姿勢を保つために、多くの方々のご参加を呼びかけます。
Posted by 伊藤 あづさ at 21:03 | セミナー案内 | この記事のURL | コメント(0)
旅立ちから一年 [2015年04月18日(Sat)]
旅立ちから一年。
中山先生、亜希子さん、星明さん、高岡さん、JJの皆さん、亮さん、大阪のお兄さんズ、田中さん、坂口さん、学生ヘルパーズ、賃住の山本さん、希望軒のおばちゃん、向かいの床屋のおじちゃん&おばちゃん、デイリーヤマザキ・フレスコ・サンドラッグのみなさん、お父さん、おばあちゃん…
たくさん、たくさん、た〜くさんの皆さんの優しさと思いやりと支えに感謝します。

息子らしく明るく能天気で素敵な自閉症の人として生き抜いて欲しい。
そんな人生を叶えてあげたい。
当たり前に宅配ピザが食べられて
当たり前にTSUTAYAで観たいDVDが借りられて
当たり前にお気に入りに囲まれて
当たり前に似合う洋服を着て
当たり前にゲームやカラオケを楽しんで
当たり前に素敵な出会いをして

この一年叶ったよね。
そして見事に親離れしてるよね。
11097998_789661907821935_5605244064400546466_n.jpg


おかあさんは誇りに思います。

周りの皆さんに感謝して、これからも想いが叶う日々を楽しんでください。
おかあさんがしてあげられることには限りがあるけど、きっとキミらしく人に愛され、おおらかな安心した日々の営みが続くことを。
生きにくさのある人たちの尊厳の保たれた生活が世の中の「当たり前」になる日が来ることを信じ続けます。

この一年、息子を見守っていただき有難うございました。
次の一年、何が起きるのかお楽しみに〜(*^_^*)

Posted by 伊藤 あづさ at 09:17 | 今日の坊ちゃまくん | この記事のURL | コメント(0)
ブルーに染まる日 [2015年04月02日(Thu)]
「世界自閉症啓発Day」
仙台放送スカイキャンドルもブルーの灯りを灯しています。
http://www.ox-tv.co.jp/company/sendai-sky-candle.html

日本の各地でも
東京タワー
20150402c.jpg


下関
20150402b.jpg

岐阜
20150402d.jpg


名古屋
20150402e.jpg


そして長野のお母さんはご自宅で
20150402a.jpg


今日から一週間は「啓発週間」。
皆さんの「サムスィング・ブルー」は何でしょう?
何か一つでも見に付けていただけたら幸いです。
Posted by 伊藤 あづさ at 23:19 | 今日の感慨 | この記事のURL | コメント(0)
「仙台っこ」に掲載していただきました。 [2015年04月01日(Wed)]
根強いファンを持つ地元のタウン誌に書かせていただきました。
20150401c.jpg

Cafeも新年度は正念場。
20150401b.jpg
Posted by 伊藤 あづさ at 15:46 | Schaleのお昼ご飯 | この記事のURL | コメント(0)
新年度が始まりました [2015年04月01日(Wed)]
4月1日
新年度のスターの日。
私たちの法人も3人のスタッフを迎え入れスタートしました。
就労8名(兼務者含む)
放課後等5名(兼務者含む)
相談支援1名
全13名が「丁寧に・親切に・大切に・誠実に」日々を過ごしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

そして今日は私の誕生日でもあります。

やられました!

今朝はいつもより皆に早く出勤していただき辞令の交付や、それぞれの決意表明。

で、それぞれの仕事に戻っていただこうと思ったら…
20150401.jpg


アルバムの頁にはスタッフ一人一人からのメッセージと写真。

涙腺崩壊。

とっても幸せです。

BOSSとしては課題だらけだけど、こんなに「大切」にして貰って感謝しかありません。

お一人お一人のお気持ちに恥じない60歳になりますね。

有難うございます。
Posted by 伊藤 あづさ at 14:47 | 今日の感慨 | この記事のURL | コメント(0)