CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2017年度「放課後等デイサービス 事業評価アンケート」の結果を2017.10.12の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18) 白熊の女房
13日の金曜日&仏滅 (09/13)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
りんごのマドレーヌ作り [2017年02月27日(Mon)]
土曜日のしゃ〜れは人気のクッキングプログラムを行いました。
多くの子どもたちと素敵なお菓子の香りに包まれた1日となりました。
りんごを切って炒めて、生地の上にのせてマドレーヌを作りました。
泡だて器、ゴムベラの使い方はもちろん、ふるいで粉を落とすことも上達してきています。
今まで得たスキルをいかし、「1人でできる」経験を積み重ねていってくれました。
生地をカップにいれる際にスプーンをうまくかえしながらいれていくことも上手になりました。
甘い香りとともにふっくらと焼き上がったマドレーヌはお店の商品のようです。
アツアツのマドレーヌを食べる経験も手作りならでは。
「美味しい!」
そんな声がたくさん聞こえてきました。
ご家族の方にもお持ち帰りしてもらいました。
「とっても美味しかったです!」保護者の方からも嬉しいご感想をいただきました。
子どもたちもお菓子作りは、普段のご飯作りとはまた違った楽しみがあるようです。
これからも子どもたちと素敵な時間を過ごしていきたいと思います。

そして、前回もブログでご紹介させていただきましたが、3月5日の日曜日に、「発達支援トレーニングジムしゃ〜れ」のプログラム体験会を行います。
お子さん向けのワークショップとして「笑顔になるクッキー作り」を同時開催します。
しゃ〜れで人気のクッキングプログラムを体験していただける機会となっております。
「美味しい」と「1人で出来る!」をぜひ、ご家族のみなさまに感じていただければと思います。
申し込みも3月1日まで受け付け中です。

フローレン
Posted by 伊藤 あづさ at 18:34 | この記事のURL | コメント(0)
コメント