CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

さんの画像
防災士会福岡分科会
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
山本 
防災センター (02/27)
リンク集
日本防災士会福岡県支部福岡分科会の公式ホームページです。



救命講習会『大楠小学校』 [2009年08月06日(Thu)]
8月4日(火) 南区の大楠小学校にて
「防災ふくおか」として出前講座・救命講習会を行いました学校

小学校という事で、今回は先生方・保護者の方々に参加して頂きました笑顔

講習内容は、心肺蘇生法、AEDの使用方法、
異物除去法、搬送法、止血法などです。

実技講習は3班に分かれて行いました笑顔


まずは説明を交えながら、お手本を見て頂きました。



そして、皆さん一人ずつの実践ですびっくり


人工呼吸の後、1分間に100回の合図の音に合わせて
胸骨圧迫を繰り返します。
なかなか体力を使うので、思った以上に大変です汗





その後、乳児・小児の心肺蘇生法の説明へと講習は進みます。


保護者の方はもちろん、日頃たくさんの児童達とふれあう先生方。
とても真剣に説明を聞いて下さいましたカエル




続いて、AEDの使用方法へ。


こちらも心肺蘇生同様、説明とお手本を見て頂いた後に
実践して頂きましたびっくり

二人一組になり、心肺蘇生とAEDの操作を並行させてやっていきます。


中には、こんな可愛い受講者も笑い
『 僕もAEDやるーびっくり 』 と、元気に参加してくれました猫


講習も終盤になり、異物除去法や搬送法、
止血法の説明もさせて頂き講習終了。


今回もあっという間の3時間。
実践の際は、演技派の先生もいらっしゃり、終始笑顔も絶えず
楽しみながらも、しっかりと講習を行う事ができました笑顔




福岡市消防局「応急手当普及員講習」団体活動発表 [2009年07月25日(Sat)]
7月24日(金)、福岡市中央区にある福岡市消防局本部にて、
応急手当普及員講習の中に参加し、
「一般社団法人 九州地域安全協会」の紹介をしてきました!


パワーポイントによる説明や、
実際に応急手当普及員の資格を取得して、
講習会を行っている時の考えなどを私達が
30分ほど話させて頂きました笑顔


かなり緊張していたので、早口になってしまいました困った
上手く伝わっていればいいなと思います!!

下の写真は「防災どんたくって知っていますか?」という質問を
した時に一人も手が上がらず、少し悲しい結果でした笑顔汗


ぜひ今回普及員の資格を取得されたみなさんも
普通救命講習をたくさん行ってほしいと思いますびっくり
救命講習「福岡市中央市民センター」 [2009年07月25日(Sat)]
7月22日(火)、福岡市中央区の
福岡市中央市民センターにて普通救命講習会を行いましたダッシュ

今回は、講習の初めに使用するDVDを見るためのプロジェクターが
使えないというハプニングがありましたが、
パソコンを代用してなんとか始まりました笑い


まずは軽く準備運動をして、手の運動の
アイスブレイクというのを行いました音符
アイスブレイクは講習前に必ずみなさんに
やってもらっています!

みなさんなかなか難しかったようですが、
緊張もほぐれて講習開始です!


今回は、3班に分かれての講習でした。
まずは、心肺蘇生の流れを順序良く説明し、
実際に全員の方に一通り流れをして頂きますOK


大分流れを掴んできたところで、
乳児と小児の心肺蘇生法も説明します!
成人とは異なる箇所がいくつかあります電球
正確な強さで正確な場所を押せているか
確認できる機械で確認しながら練習しています!↓↓


その後は、AEDについて説明し、2人1組になって
AEDを使用する人・心肺蘇生を続ける人とゆう風に
一通りの流れをやってもらいます!
AEDのパッドを貼る前に汗やネックレスなど
余計なものが無いか確認するのを忘れる方が多いようです!


最後は、搬送法・止血法・異物除去法の説明を全体で
行いましたキラキラ下の写真は、一人で搬送する場合に、
ずり落ちないように腕と腕をひっかけている搬送法です!
左側の人にも見やすいように体をひねりながら
腕のつかみ方を指導しています!


今回は、会場が少し暑かったんですが、
みなさん真剣に取り組んでおられましたまる
もう一度受講したいと言ってくださる方も
いらっしゃって、すごく嬉しく思いました笑顔

救命講習「前原市健康福祉センターあごら」 [2009年07月15日(Wed)]
7月14日(火)、前原市の健康福祉センター「あごら」にて、
前原市社会福祉協議会及び前原市ボランティア連絡協議会主催の
普通救命講習を行ってきましたダッシュ


まずは、一通りの流れを糸島消防署の方が説明し、
その後8班に分かれ、心肺蘇生法などの講習に入りました電球


みなさんすごい興味津津です笑顔


そしてAEDの使用方法の説明になります。


実際に、心肺蘇生をし続ける人、AEDを使用する人
という風に2人1組になり、体験してもらいました!


3時間講習が終了した後も、30分ほどの
ロープワークと搬送法のミニ講座を行いましたキラキラ
↓毛布での搬送法に挑戦してもらっている所です↓



終了後に、竹下さんが防災用の笛とライトを
紹介したところ、すごく好評でした星
今回はとても参加者が多かったので、糸島消防署の方々に
ご協力して頂き、沢山の修了証をお渡しする事が出来ました!
大盛り上がりの講習会でしたまる
救命講習会「エリーゼ大橋」 [2009年07月15日(Wed)]
7月12日(日)、南区三宅にある介護付き有料老人ホーム
「エリーゼ大橋」にて救命講習会を行いました笑顔
今回は山本と黒田さんが90分講習を行い、
エリーゼ大橋で勤務されている介護士の方をはじめ、
居住されている方々など多数の方に参加して頂きました!

講習開始前に施設長が挨拶をされています!


いつものようにまずは、自分たちがやってみて
その後にみなさんにやって頂きますOK


↓AEDの説明をしている所です電球




↑↑AEDを実際に体験している所です↓↓



老人ホームや介護施設などで働かれている方は、
応急手当が必要とされる場面に遭遇する事が普通の方より
多いと思うので、多くの方に受講して頂きたいと思います笑顔

市民公開シンポジウム [2009年07月15日(Wed)]
7月11日(土)ソラリアステージの西鉄ホールにて
福岡市医師会主催の市民公開シンポジウムが
開催されていたので、私たちも行ってきました!!



まずは、吉田市長のご挨拶から始まりました電球


そして今回はテーマが「目からウロコの救急医療」という事で、

1)救急医療のワン・ツー・スリー!
福岡市医師会 理事 壁村哲平 様

2)夏場の救急医療
福岡大学病院 救命救急センター診療部長 石倉 宏恭 様

3)メディカルラリーって何?
メディカルラリー実行委員 安田 光宏 様

救命医療に関する内容で盛りだくさんでしたキラキラ


後半からは、済生会福岡総合病院 救命救急センター長 岸川 政信 様
による救急車の正しい呼び方やAEDの使い方の説明でした!
その中で、福岡市消防局職員や中央消防団「まちのライフサポート隊」の方々が
演劇風に説明していて、その劇が面白くてみなさん笑っていました笑顔

↓救急車の正しい呼び方の実演をしている所です↓



↓AEDの使用方法を実演している所です↓


最後はまとめとして九州大学病院 救命救急センター長の
橋爪 誠 様からお話を頂いて、シンポジウムは終了しました!
3時間位でしたが、あっという間に過ぎた気がします笑顔



そして、最後に司会をされていたFBSアナウンサーの
奥田美香子さんと一緒に写真を撮って頂きましたウインク
すごくハキハキしていて美人な方でした!!
第8回建設技術セミナー [2009年07月03日(Fri)]
6月27日、福岡市博多区にある福岡商工会議所5階にて、
「第8回建設技術セミナー」が行われました!

その中で、日本防災士会 福岡県支部 福岡分科会の方に
講師派遣依頼があったので、竹下副会長と黒田副会長が
出席し、防災についての講演を行ってきました笑い
私もカメラマンとして参加させて頂きました!!


↓始まりのご挨拶をしている竹下副会長です↓



一番初めに、「今家族はあなたがどこで何をしているか知っていますか?」
という質問がありました!はいと答えた方は、結構少なかったみたいです。
もし災害が発生した時にどこにいて何をしているのか知っていたら
家族との連絡が取れやすいので、普段から家族の事を知っておきましょう!



その後は、災害時の写真を見ながら竹下副会長のお話を聞き、
班ごとに別れ、「災害が起きて3時間以内にすること!」
というテーマで話し合いました電球(DIGと言います)



時間は短かったですが、かなり沢山の意見が出ていました!




そして、班ごとにそれぞれの意見の発表を行いました音符
やはり「家族の安否確認」は全ての班から出ていました!
その他にも、自分の安全確認、食糧調達、などなど、
「なるほど〜!」と思ってしまう様々な意見がありました




災害は予期せぬことなので、事前に準備しておくべき事が
沢山あると思います!!日頃から家族との連絡手段や
災害が起きた時の集合場所など決めておくと安心です!!
今はNTTの災害伝言ダイヤルというサービスもあるので、
使い方を知っておくと便利だと思います笑い

http://www.ntt-west.co.jp/dengon/

仕組みはこちらからご覧頂けます!!
ぜひご利用してみてください!!



7月「防災ふくおか」連続講座 [2009年07月02日(Thu)]
「防災ふくおか」連続講座 受講希望者の皆様へ

拝啓 梅雨の侯、皆さま方におかれましては、ますますご健勝のことと、お慶び申し上げます。 さて、新型インフルエンザの流行など諸般の事情により、延期させて頂いておりました「防災ふくおか」連続講座を7月より再開させて頂きます。 7月〜9月は、「自助・互助と応急手当の必要性」をテーマに講座を行いたいと考えております。7月は講師として、福岡市消防局 警防部 救急課 普及啓発担当主査 明井忠司氏(消防司令)にお越し頂く予定です。 普段聞く事の出来ない体験談や専門的なお話を聞くチャンスであり、実践に基づいた意見交換もしていきたいと考えております。是非、ご参加下さい。
敬具


@日   時:平成21年7月16日(木)
        受付18:30〜、講座19:00〜21:00(予定)
A会   場:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」セミナールーム
        〒810-0041 福岡市中央区大名2-6-46 福岡市立青年センター5F
B内   容:「自助・互助と応急手当の必要性」
C講   師:福岡市消防局 警防部 救急課
        普及啓発担当主査 明井忠司氏(消防司令)
D参 加 費:無 料 (但し、テキスト代500円)
E主   催:「防災ふくおか」
        一般社団法人 九州地域安全協会
        日本防災士会 福岡県支部 福岡分科会
        心肺蘇生AEDを広める会
        特定非営利活動法人 九州元気の会
F後   援:福岡県
G申込受付:「防災ふくおか」事務局  一般社団法人 九州地域安全協会
                   TEL092-400-2124 FAX092-282-0882
      
又は、日本防災士会 福岡県支部 福岡分科会のメールアドレスへ
      bousaishikai_fukuoka@yahoo.co.jp
以 上
救命講習会「家族想の会」 [2009年06月24日(Wed)]
第2回目の救命講習会は、早良区の田村にて行われました!

講座の内容は毎回同じで、心肺蘇生法、AEDの使用法、
搬送法、異物除去法、止血法などですびっくり




今回は、家族想の会のサロンという事もあり、働かれている方や、
ご近所にお住まいの方々にご参加して頂きました!



みなさん、人工呼吸が結構きついと言われていました汗
ホントに結構体力を使うので、出来れば交代しながら、
救助にあたるのが理想的ですね星


AEDの使用法も、2人1組になって体験してもらいました!



下の写真は、回復体位をしているところです!




年配の方から若い方まで、幅広い年齢層でしたが、
みなさんすごい積極的で明るい方ばかりだったので、楽しく講習会が出来ました!
こうして講習した内容が日常生活で役に立てる時がきたら
焦らずに落ち着いて、講習内容を思い出し、冷静に対処できるようにしましょう笑い


救命講習会「あゆみらい保育園」 [2009年06月18日(Thu)]
6月6日(土)に西区にあるあゆみらい保育園にて
「防災ふくおか」として出前講座・救命講習会を行いました笑顔


講習の内容としては、心肺蘇生法、AEDの使用方法、
止血法、搬送法、異物除去などです!
3時間では足りないほどの内容です電球


まず始めに、「防災ふくおか」の自己紹介をして
応急手当のビデオを20分間見ました。
その後に、実際に人形を使い心肺蘇生法を
練習してもらいました。


今回は3班に分かれました。


まずは、自分たちで説明を交えながらお手本を見せました。
場所も早さも正確に入っているか分かるランプが
人形についているので、みなさん覗きこんでいます。


この後、実際にやって頂きました!
演劇交じりで、みなさんすごい上手でした星


その後に、幼児と小児の場合も説明しました。
やはりみなさん小さい子と関わるお仕事だったり、
ご両親の方達なので真剣に説明を聞かれていました!


その後、AEDの使用方法を説明し、
AEDを使う人・心肺蘇生を続ける人という風に、
2人1組になり、実際に体験してもらいました!



最後に異物除去の背中を叩いて出す(背部叩打法)と
お腹を突き上げて出す(腹部突き上げ法<ハイムリック法>)や、
搬送法、止血法、回復体位などの説明を全体で行いました。

3時間の講習はあっとゆう間に終わりました。

先生や保護者の方など多数の方に参加して頂き、
すごく和やかな雰囲気で行うことができました。


初めての出前講座は大成功でした!!

| 次へ