CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«遊びをつくる子どもたち | Main | 子どもの想像力が大人の目に見えるようになるために必要なこと»
中学生と遊び場 [2017年04月03日(Mon)]

春休みは、ふだん部活が忙しくて来れない中学生も、遊び場によく顔を出します。
小学生のときは毎週のように遊び場に来ていた彼ら。
「たまには基本をね」と、鬼ごっこを楽しんでいました。

170325 (50).JPG
小学生や幼児と、一緒に遊ぶ場面もちらほら。
積み木ならぬ「積まれ人間」になって、年下の子どもたちを笑顔にしていました。

170326 (25).JPG
小学生やプレーリーダーと一緒に、野球も楽しんでいました。
幼児にボールが当たらないよう、場所や時間に配慮する姿も見ることができました。

中学生が年下の子どもに学校の勉強のことについてアドバイスする場面も。年下の子が素直に聞いていたのが印象的でした。一緒に思いっきり遊んで楽しんだ仲間の言葉だから、彼らも大事にしようと思ったのかもしれません。
(めん)
Posted by あそびば仙台 at 09:34 | 七郷あそび場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1261428

コメントする
コメント