CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

子どもの遊びから始まる笑顔の循環 [2017年10月02日(Mon)]

171001+ (61).JPG
昨日、仙台市宮城野区の田子西第二復興公営住宅で、とつぜん始まったファッションショー。舞台となったのは同住宅の田子西こだま町内会が主催する遊び場「おちゃのこさいさい」。私たち冒険あそび場ネットにじいろクレヨンとともに応援している、子どもも大人も遊べる場です。

171001+ (15).JPG
きっかけは子どもたちの遊びでした。私たちが持ってきたカラフルなビニール袋を使って、一人の子どもが「ドレス」をつくり出したのがすべての始まりでした。
このときそばでお茶っこのみをしていたお年寄りは、成り行きを見守っているだけでした。

171001+ (25).JPG
翼をつくって「ドラゴン」になる子どももいました。

171001+ (51).JPG
子どもたちは持ち前の豊かな想像力を総動員して、たくさんの個性的な「ドレス」をつくりました。そんななか一人の子どもが「ファッションショー」をしたいと言って、お年寄りにモデルになってほしいとお願いしたのです。
最初は恥ずかしがってなかなか着ようとしないお年寄りたちでしたが、なんだかんだで全員着て大はしゃぎ。

171001+ (66).JPG
お年寄りがチョイスした「オリーブの首飾り」をBGMに、ファッションショーが始まりました。

171001+ (77).JPG
小道具をもって歩くこだわりのモデルさんもいました。

171001+ (54).JPG
企画した子もモデルとして参戦。ショーが終わったあとも、しばらく笑顔で「オリーブの首飾り」を口ずさんでいました。

子どもの遊びは、ときとして大人も遊びにいざない、笑顔にしてくれることがあります。
笑顔になった大人は子どもの遊びに対しておおらかになり、ますますたくさんの笑顔を生み出していきます。
このような遊びが生み出す笑顔の循環を、もっともっとつくっていきたいと感じたひとときでした。
(めん)



道路跡地を遊び倒す [2017年08月27日(Sun)]

2017-08-26%2007.50.31.jpg
仙台市の花壇・大手町地区で、都市計画道路が廃止になった跡地の活用に取り組んでいる地域住民がいます。
「のりっぱ」と呼ばれているその跡地では、屋外上映会やアートイベントなど様々な試みを通して、地域内外の人々の出会いの場づくりが進められてきました。

P8270030.JPG
今日はそんな「のりっぱ」で、地域のみなさんや「追廻セツルメント」の大学生と連携して子どものための遊び場「のりっぱであそぼう」を開催しました。
夏なので涼しげなものを、ということで流しそうめんもやっちゃいました。

2017-08-26 09.20.40.jpg
前日に秋保へ行き、竹を切るところからスタート。

2017-08-26%2014.22.09.jpg
持ち帰ってきて、子どもたちと竹を割ったり節を抜いたりしました。

2017-08-26 15.58.38.jpg
めんつゆを入れる器と箸を竹でつくる子もいました。

2017-08-26 16.17.58.jpg
箸に色をぬるこだわりを見せる子も登場。

P8270004.JPG
「のりっぱ」は、「法面(のりめん)」の「はらっぱ」=「のりっぱ」というのが名前の由来。なのでそれなりの傾斜があります。今回の流しそうめんは、それを利用して竹を組みました。

P8270040.JPG
そうめんでお腹がいっぱいになったら、あとは遊ぶのみ。
とりあえず丸太の下にトンネルを掘ってみたり、

2017-08-26 15.24.51.jpg
たくさん飛んでいたトンボを捕まえたり、子どもたちは色んな遊びを楽しんでいました。

P8270045.JPG
「のりっぱであそぼう」では、大人も負けずに遊びます。
今回はお父さんたちが、そうめんの竹を再利用して手作りのテントをつくろうと奮闘していました。

P8270054.JPG
まずはドーム型のテントを試作。

P8270068.JPG
さらにかまぼこ型テントにもチャレンジ。冬はこのなかでお餅を焼こうかなどと、もう次の遊びの相談で盛り上がっていました。

P8270075.JPG
そんな大人たちの楽しげな姿にも触発されたのか、子どもたちはなかなか帰ろうとせず遊びを夕暮れ間際まで楽しんでいました。

「のりっぱ」は道路として使われないことが決まったあと、傾斜があって使いにくいということもあって長らく地域のために有効活用されてきませんでした。それが住民のみなさんの熱意によって、子どもも大人も集う楽しい場所に生まれ変わろうとしています。
「のりっぱであそぼう」も傾斜があるからこそできる楽しみを見つけ、徹底的に遊び倒すことで、人と人をつなぐよい機会となっているように感じています。
(めん)

「したい」のつよさと、それを育むもの [2017年06月30日(Fri)]

170621(+) (18).JPG
先日の伊在二丁目公園あそび場で、雨のなか水遊びを楽しむ子どもたちに出会いました。
桶に水を貯めてお風呂みたいに入ったり、

170621(+) (23).JPG
ざるに向けてお風呂の水をバシャバシャかけたり、

170621(+) (36).JPG
水を張ったタライにお気に入りのおもちゃを入れて、洗濯機にみたいにグルグルしたり。
雨で体中濡れてもお構いなしに、子どもたちは自らの「したい」気持ちに素直に従って、様々な遊びを楽しんでいました。

170621(+) (19).JPG
そんな子どもたちの様子を、ちょっと離れたところからおしゃべりしつつ見守るお母さんとプレーリーダー。
お母さんは我が子がふっと我に返って寒がり出したとき、準備していたタオルで濡れた体を拭いて、着替えさせてくれました。

子どもたちの「したい」は、雨にも負けないつよさを持っています。
そしてそんなつよさは、子どもたちの「したい」をありのまま受け止める大人たちに育まれていきます。
そんな大人であり続けたいとあらためて思った、雨の日の遊び場でした。(めん)
お父さんと遊び場 [2017年06月19日(Mon)]

170617+ (26).JPG
6月17日(土)の七郷あそび場で、お父さんが子どもと一緒に遊ぶ姿をたくさん見ることができました。上の写真は木の枝でお父さんが子どものためにつくった弓矢のおもちゃ。

170617+ (14).JPG
木立とロープ、ブルーシートを使った遊具で子どもと遊ぶお父さんもいました。

170617+ (64).JPG
我が子だけでなく他の子どもたちやプレーリーダーも仲間に入れて、一緒に遊びを楽しむお父さんもいました。子どもチーム対大人チームに分かれてつなひきをしたり、野球をしたり鬼ごっこをしたり。

一緒に楽しく遊んだ思い出は、そのままお父さんと子どもをつなぐきずなになります。
そんなきずなを我が子以外の子どもたちとも築いたお父さんは、みんなが安心して声をかけることができる「親戚のおじさん」のような存在になります。そんなお父さんが増えていけばよいなあと思った遊び場でした。(めん)

Posted by あそびば仙台 at 13:55 | 七郷あそび場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
下荒井あそび場 プール開き! [2017年05月31日(Wed)]

毎月第1・3・5の隔週で行われている「下荒井公会堂であ・そ・ぼ♪」

5月31日、5月最後の今日も蒸し暑い日ですが
29日(月)の「下荒井公会堂であ・そ・ぼ♪」ではプール開きをしましたー!

このプールは近くの復興公営住宅のあそび場でいただいたものです。
大きいんですよー!
振替休日だった小学生と一緒に膨らませると、水遊び開始

170529 (28)ー.jpg
ペットボトルで水かけあいっこです。


170529 (30).JPG
集中砲火されてる


170529 (5).JPG
公会堂の中にいても、外で楽しんでいる子どもたちの笑い声が聞こえていました。



こんなに天気がいいんですもの、服はかけて置いたら太陽が乾かしてくれました!
太陽すごい!!
170529 (25).JPG
これ、遊びに来ていたお母さんが「カメラ貸してー!」と言って撮ったもの
ナイスショットです!


「あったかいから水遊びすると思って」と着替えを持ってきていたお母さんもいて、「さすが!」と思いました^^
着替えがあると気にせず遊べますね!
「着替えがない!」ってときは、一枚脱いで帰りに着て帰るものを確保すると楽になりますよー


水場には近づかない子がいて、「みんなが楽しそうな姿を見て、やってみたいと思ってくれたらいいなー」とお母さん。
やらせるのではなく、子どもがやりたいと思う瞬間を待つお母さんが素敵だなと。


あそび場は、お互い遠慮をしなくてもいい場であり
大人も子どもも気を遣わずにいるとみんな生き生きしています。
やっている側は思いっきりやらなきゃですね^^
楽しそう、やってみたいと感じるきっかけが連鎖していく場所になればいいなと思いました。

(ゆーきゃん)
大人が子どもと一緒に「遊ぶ」ことの意味 [2017年05月01日(Mon)]

P4300073.JPG
かつて伊達政宗が「若林城」を築いた仙台市の古城に、月に1度たくさんの子どもたちでにぎわう遊び場があります。大きなクスノキが立つ古城小学校の校庭で開催されている遊び場「ふるじろプレーパーク」です。
4月30日(日)、その開催のお手伝いに行ってきました。そこでは子どもたちを「遊ばせる」大人は一人もいなくて、子どもたちと一緒に「遊ぶ」大人ばかりいました。そしてそのことが、子どもたちの楽しさを倍増させていたように感じました。

P4300074.JPG
クスノキはロープを使った遊びで大活躍。

P4300025.JPG
手作りのブランコで大喜びの子どもたち。

P4300043.JPG
子どもたちが力を合わせて引っ張っているのは…

P4300012.JPG
ロープにぶら下がった子ども! 子どもたちが考案した、上がって下がるだけの遊び。みんなでやるとなぜかとっても楽しいのです。

P4300015.JPG
お母さんやお父さんたちも参戦。子どもも大人も関係なく盛り上がっていました。

P4300051.JPG
ふるじろプレーパーク」では七輪を使った遊びも楽しめます。子どもたちが焼いているのは…

P4300050.JPG
なんとチョコレートのステーキ! お味はともかく、アイデアは素敵。

P4300034.JPG
みんなで手作りのパンを焼いたりもしました。

P4300066.JPG
形を整えて、竹の棒に巻いて焼きます。

P4300057.JPG
ふるじろプレーパーク」スタッフのアオイさん。パンにつける手作りバターが完成してご満悦。

P4300075.JPG
木工作も大人気。一人でがんばったり、お父さんと楽しんだり。

大人たちが「遊ぶ」ことは、子どもたちの遊び心も引き出します。大人が楽しそうにロープで子どもを上げたり下げたりしていると、子どもたちも「やってみたい」と集まってきます。重いものを上げたり下げたりすることは、「作業」や「義務」としてかかわると苦痛でしかありませんが、引き上げた達成感をみんなで分かち合う綱引きにも似た「遊び」としてかかわると、心地よい行為に早変わりします。
このような「遊ぶ」を介したものごとへのかかわり方は、子どもの人生も大人の人生も、より楽しいものへと変える力を秘めていると言えるのではないでしょうか。
(めん)
子どもの想像力が大人の目に見えるようになるために必要なこと [2017年04月24日(Mon)]

170422+ (94).JPG
先週の七郷あそび場で、子どもたちが「あそブースター」に積んであるものを駆使して、「ベイブレード」の新しい遊び方を生み出していました。

170422+ (67).JPG
私たち冒険あそび場ネットは「プレーカー」と呼ばれるカラフルな自動車で、公園・学校・復興公営住宅などを巡回し、子どもの遊び場づくりに取り組んでいます。
「あそブースター」(写真右上)はそのうちの1台で、子どもたちが自由に使える遊びの素材がたくさん積み込まれています。

170422+ (80).JPG
「ベイブレード」は伝統的なコマの一種であるベーゴマをベースに開発された商品です。紐ではなく「ランチャー」と呼ばれる道具で回し、「ベイスタジアム」と呼ばれる台の上でぶつけ合って遊びます。
先週の七郷あそび場では、このうちの「ベイスタジアム」を使わず、木材でつくった坂道めがけて「ベイブレード」を放ち、その下に置いた的に乗せるのを競う遊びが子どもたちによって生み出されていました。

170422+ (81).JPG
木材の坂を滑りながら回る「ベイブレード」。

170422+ (97).JPG
こちらでは「ベイスタジアム」は使われていますが、なんと水に沈められています。

170422+ (100).JPG
そこに「ベイブレード」を放ち、水しぶきも楽しんでしまおうという遊びが生み出されていました。

よく言われることですが、子どもたちはとても豊かな想像力をもっています。このような子どもたちの想像力は、それを形にするために自由に使えるものがあって初めて、大人の目にも見えるようになります。
自由に使えるものがたくさんある遊び場では、子どもたちの想像力は大人の目にも見える形で、あちこちでふくらみ、刺激し合いながら、その豊かさを増していくのです。
(めん)


Posted by あそびば仙台 at 16:15 | 七郷あそび場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中学生と遊び場 [2017年04月03日(Mon)]

春休みは、ふだん部活が忙しくて来れない中学生も、遊び場によく顔を出します。
小学生のときは毎週のように遊び場に来ていた彼ら。
「たまには基本をね」と、鬼ごっこを楽しんでいました。

170325 (50).JPG
小学生や幼児と、一緒に遊ぶ場面もちらほら。
積み木ならぬ「積まれ人間」になって、年下の子どもたちを笑顔にしていました。

170326 (25).JPG
小学生やプレーリーダーと一緒に、野球も楽しんでいました。
幼児にボールが当たらないよう、場所や時間に配慮する姿も見ることができました。

中学生が年下の子どもに学校の勉強のことについてアドバイスする場面も。年下の子が素直に聞いていたのが印象的でした。一緒に思いっきり遊んで楽しんだ仲間の言葉だから、彼らも大事にしようと思ったのかもしれません。
(めん)
Posted by あそびば仙台 at 09:34 | 七郷あそび場 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
遊びをつくる子どもたち [2017年03月08日(Wed)]

170308 (4).JPG
今日は「若林小あそび場」の日。
始まってから5年経つこの遊び場では、自分たちで次々と遊びをつくり出す子どもたちがたくさんいます。
今日はつな引きからスタートして、そこからロープを使った様々な遊びが生み出されていきました。

170308 (18).JPG
ただ単に鉄棒へロープをかけているように見えるかもしれませんが、これは新しい遊具づくりに子どもたちがチャレンジしているところ。

170308 (20).JPG
ここに足をかけながら、鉄棒をつかんでアンバランスな感じを楽しむ遊具です。
座ってブランコっぽくも遊べます。

170308 (28).JPG
こちらは木を使ったロープ遊具。ちょっとした綱渡りが楽しめます。

170308 (11).JPG
若林小で一番人気なのは、なんといっても木工作ですが、ここで培われた想像力が、子どもたちの遊びを生み出す力を引き出しているのかもしれません。
(めん)
チョコレートフォンデュ@ままandぱぱかほぇ [2017年02月16日(Thu)]

P2150009.JPG
昨日はままandぱぱかほぇの日。風は冷たいけど日差しが暖かかったせいか、たくさんの親子連れが集まって盛り上がりました。

170215- (5).JPG
バレンタインデーの翌日ということで、今回はチョコレートフォンデュ!
まずは七輪で湯煎して、チョコをトロトロに。

170215- (2).JPG
あとはフルーツやマシュマロなど好きなものをチョコにつけて食べるだけ。
みんなチョコにまっしぐら。

P2150075.JPG
ちょっとわかりにくいですが、チーズフォンデュもしちゃいました。
パンやウィンナーをトロトロのチーズに投入してパクパク食べました。
そのほか山形出身のママが持ってきてくれた味噌モチも焼いたりして、とっても美味しいひと時でした。

P2150046.JPG
おなかがいっぱいになったら、あとは子どもは遊ぶのみ。ロープを使ったり砂場で盛り上がったり。チョコフォンデュに刺激を受けたのか、砂場ではバケツを使って砂のケーキづくりにチャレンジする子どもたちもいました。

1702 ままandぱぱかほぇ.jpg
最後に企画したママたちのこだわりが感じられる、今回のチョコフォンデュ+前回の恵方巻のチラシも紹介します。

(めん)

| 次へ