CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年01月28日

事務局日誌(1/5-18)

■1月5日(土)

■6日(日) 

■7日(月)
・Sさん:寒中見舞い準備
・Kさん:募金関係
・Kさん:新しい公共
・Kさん:会計作業
*訪れた人:5人

■8日(火)
・Sさん:寒中見舞い準備
・Kさん:募金お礼状作成
・Kさん:HPレイアウト作成
・Yさん:チラシ印刷・情報審査
・Kさん:オリエンテーション
*訪れた人:6人

■9日(水)
・O&Sさん&編集チーム:編集会議
・Oさん:メール送信
・Iさん:情報審査
*訪れた人:6人

■10日(木)
・Kさん:PC研修
・Kさん:助成金申請書作成
・N&Sさん:寒中見舞い宛名書き
*訪れた人:6人
*「なごみの部屋」の書き込みから『最近たまにジョギングをしています。筋肉痛がつらいです、、、。』

■11日(金)
・Kさん:助成金申請作成
・Yさん:情報審査・ブログアップ作業
*訪れた人:5人

■12日(土)
・新しい公共フォーラム

■13日(日)

■14日(月)

■15日(火)
・Kさん:新しい公共
・Kさん:助成金申請書作成
・Kさん:情報審査
・E&Y&Kさん:募金チーム会議
*訪れた人:8人

■16日(水)
・O&K&Kさん:新しい公共 知多第3回
・Sさん:協働会議
・Oさん:情報審査
*訪れた人:6人
*お客様:Sさん&Kさん⇔協働会議打ち合わせ OさんとSさんが応対しました。

■17日(木)
*訪れた人:5人

■18日(金)
・Yさん:寒中見舞いリスト作成・ブログアップ
・Kさん:新しい公共
・Kさん:みみ通信・助成金申請書作成
・Sさん:寒中見舞い
*訪れた人:6人
*「なごみの部屋」の書き込みから『今日はボランティアのIさんが年明けてから初めてみえました。息子さんのAくんがいつの間にかだいぶ歩くように!この前は1,2歩だったのに。子どもの成長って早いですね。K』
posted by ボラみみ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日誌

ピックアップ441

▲――――――― 
         週刊 行ったり 来たり 
                   ―――――――――▼

  “この地球 穏やかな日などありもせず”・・・新聞の読者の投稿川柳が目に留まりました。まったく、まだ新年になって一ト月も立たないのに、どうでしょう この有様は。、、、、、、監督に叱られた翌日に自ら命を絶ってしまった高校生、そんな学校は受験をやめてしまえと息巻く大阪の橋下市長。ボーイング787の危なっかしい事故の続発。長い闘病生活の末ついに天国に旅立った映画監督の大島渚。アルジェリアの人質事件、治安の安定していない国で仕事をする危険は日本にいては想像できない怖さだろう、へえフランスとアフリカってこんなに近いんだってテレビで示す地図を見て改めて驚いた り、、、、、、さて今年もこの国はどうなるのでしょうか?
庭のロウヤガキや小りんごの実を食べに小鳥が次々にやってきます。味見をしておいて、いざ雪が降ったり寒くなって食べ物が不足してくるとこれらをついばむ予定なのです。『生きるために食べる』生き物たちのシンプルな生き方は魅力的ですが、人間はそうはいかないしなあ。
  この間塩谷さんがメーリングリストで「ボラみみが朝日新聞に掲載されますよ」っていう情報を流してくれましたが、これによってどんな良い事があるのでしょうか、って言う問いになんて答えたらいいの?言葉で言い表せないっていう事は良くわかっていないっていう事、と以前教えられました。今年はせめて自分が属しているボラみみの活動を説明できる程度にはなりたいものです。今更そんなことも分からないのって言われそうでお恥ずかしいかぎり。(N)
posted by ボラみみ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌

2013年01月22日

代表のコラム 第31回

代表のちょっと言いたい(31)

「ボラみみ」の成り立ち(16)メンバーの力@

配布先の開拓もさることながら、冊子の作成も簡単ではなかった。設立当時のメンバー全員、冊子の編集経験がない上、事務所には編集用のパソコンすらない。代表に至ってはパソコンの操作すら知らない有様だった。1999年11月号の創刊準備号に続き、2000年2月の2回目の創刊準備号も編集に苦戦していた。しかし、メンバーの中にデザイナーのKさんがいたことは、大きな力となった。ボランティアが作るフリーペーパーであっても、販売されているものに劣らないクオリティの高さを目指し、誌面のデザインは一切が彼に任された。多くの人に手に取ってもらえるように、親しみやすさ、覚えやすさを考え、やわらかくかわいい感じの表紙になるよう、ロゴや表紙のデザインを作り出した。一方、誌面のレイアウトについても使う書体、文字の大きさ、行間や余白などを考え、読みやすいレイアウトを目指した。デザインのクオリティの高さは、その後の配布先の開拓や人材募集の面でも、プラスに影響していくことになる。(続)

2013年01月18日