CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月28日

ボラみみ ピックアップ363(6/18-24)

■6月18日(土)天気:雨のち曇り   
・Tさん:NPO説明集作成準備
*訪れた人:6人
*お客様:想念寺さん⇔被災者支援の件 Oさんが応対しました。

■19日(日)

■20日(月) 
・Hさん:スマイルゆうネット情報選別
*訪れた人:1人

■21日(火)天気:曇り時々晴れ
・発送準備
・Tさん&Kさん:NPO紹介ブック編集
*訪れた人:8人
*差し入れ:シュークリーム&プリン(Mさん)O&T&K&Sさんが頂きました。

■22日(水)
・Tさん&Kさん:NPO紹介ブック編集
*訪れた人:6人

■23日(木)天気:晴れ  今日世の中は:暑
・Hさん:DECOスクール準備
・Tさん&Kさん:NPO紹介ブック編集
*訪れた人:4人
*「なごみの部屋」の書き込みから『暑さに体がなれておらず、ボランティアさんやスタッフもなんだか早くもバテぎみで“暑いね”を合言葉に作業しました。』

■24日(金)  天気:はれ
・Hさん:メール対応・予定表作成・アンケート確認
*訪れた人:5人

▲―――――
週刊 行ったり来たり 
           ――――――――▼


~元事務局・Sの世界青年の船 こぼれ話 その3 ~

前回に引き続き、ある日の一日のスケジュール(後半/午後〜夜)
をご紹介します。

14:00〜15:30 自習時間
この時間は各自で勉強する時間でした。
コースディスカッションの復習や予習を行ったり、自分が担当するセミナー
の準備を行ったり、ディスカッションの内容をさらに話し合ったり、、、
コースディスカッションのアドバイザー(指導官)やファシリテーターに
分からない部分を聴くこともできる貴重な時間でした。

15:45〜17:15 クラブ活動
各国の文化を学ぶために前半・後半あわせて8回のクラブ活動の時間が
設けられていました。私は前半に「オマーンダンス」、後半に「チリダンス」
を選択しました。どちらもペアダンスで、踊りが苦手な私はリズムに
乗り遅れたりして、先生をしていた参加者をいつも困らせていました。

17:30〜17:45 グループミーティング
毎日この時間にグループで集まり、ミーティングがありました。
管理部(運営スタッフ)からの連絡事項や、グループのメンバーの
自己紹介など、いつもにぎやかで楽しいひとときでした。

18:00〜20:00 夕食タイム、休憩
夕食も毎日ブッフェでした。夕食はデザートが二種類あり、いつも
コーヒーと一緒にデザートを食べるのが食後の楽しみでした♪
毎日、魚料理が出ていたので、魚料理を普段食べない国の参加者は
「毎日、魚が出てくるなんて…」と嘆いていました。

20:00〜21:00
この時間は、参加13カ国による、自国の文化や歴史、現状を紹介する
「ナショナルプレゼンテーション」の時間でした。私たち日本は、
和太鼓、AKB48、ソーラン節、各地域の踊り(岩手・さんさ踊り、
山形・花笠、徳島・阿波踊り、沖縄・エイサーなど)を披露。私は
ソーラン節をみんなと一緒に踊りました。

各国のナショナルプレゼンテーションは、ミュージカル、劇、ダンス、
歌など、とてもユニークな内容で、毎回、感動していました。

21:00〜夜中?!
この時間から自由時間となり、セミナー準備をしたり、自主活動で
参加者が集まり、旅の集まりをしたり、社会人メンバーで飲み会を
したり、満天の星を見たり、友人としゃべり続けていました。

私の就寝時間は早い時で23時半ごろ、遅い時は深夜2時を過ぎて
いました。最後の10日間は、ほぼ毎日1時半過ぎに寝ていました。


posted by ボラみみ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌

ボラみみ ピックアップ362(6/11-17)

■6月11日(土)天気:雨のち晴れ   今日世の中は:毎日雨続き
・Tさん:NPO説明集作成準備
*訪れた人:3人
*差し入れ:焼プリン(Hさん)H&K&Tさんが頂きました。

■12日(日)
■13日(月) 天気:晴れ
・Hさん:みみ通信原稿確認・メールチェック
*訪れた人:2人

■14日(火)天気:晴れ
・Hさん:みみ通信校正(レイアウト確認)
・Tさん:スマイルゆうネット
・Aさん:情報審査&アンケート送信
・Tさん:情報審査&みみ通信レイアウト確認&アンケート送信
*訪れた人:7人

■15日(水)
■16日(木)天気:雨
・Hさん:ボラみみ7月号カンプ確認・メールチェック
・Tさん:NPO説明集作成準備
*訪れた人:4人
*「なごみの部屋」の書き込みから『事務局内には蚊が多くて大変です。香取り(虫除け)グッズも効果があるのかないのか、、、』

■17日(金)  天気:くもり
・Hさん:カンプ(ボラみみ7月号)・募金会議議事録
・Tさん:NPOブック取材準備
*訪れた人:5人
*差し入れ:チョコパイ(Tさん)H&T&Oさんが頂きました。

▲―――――
週刊 行ったり来たり 
           ――――――――▼

 ~元事務局・Sの世界青年の船 こぼれ話 その2 ~

さて、よく人から質問されるのが
「船では、どういう生活をしていたの?」です。

そこで、ある日の一日のスケジュール(前半/朝〜お昼休憩)
をご紹介します。


7:30 ウェイクアップコール
「おはようございます、起きてください」のアナウンス。
毎日、グループ交代で、このウェイクアップコールの内容を
担当しました。音楽あり、ラジオドラマあり、お笑いあり、
の各グループ工夫をこらした内容で毎朝の楽しみでした★

7:45〜8:30 朝食
食堂でブッフェ形式の朝ごはんは、多国籍なメンバーに
あわせ、ごはん、パン、おかず10種類以上!お味噌汁や
納豆、ヨーグルトなどもありました。

8:45 モーニングアッセンブリー(朝の集会)
点呼、日替わりで参加国の国旗掲揚(国歌が流れる)、
運営スタッフからの連絡事項、参加者からの連絡事項、
グループによる短いパフォーマンスがありました。

9:30〜12:15 コースディスカッション
参加者は自分の興味にあわせて、ボランティア・異文化理解・
教育・青少年育成・国際連合・国際政治経済・持続可能な社会
から1つを選択。それぞれのテーマについて講義を聴いたり、
討論をしたりしました。この船の最も重要なプログラムです。
(途中で15分の休憩あり)

12:15〜14:00 昼食・休憩
食堂でブッフェ形式のお昼ごはんは、ラーメンが出たり、
パスタが出たり、ハンバーガーが出ることも。アイスもあり、
いつもお腹いっぱい食べていました。

書き出すと、どんどん長くなってしまうので、
14:00以降の午後・夜のプログラムは次回ご紹介しますね。



posted by ボラみみ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌

2011年06月14日

ボラみみ ピックアップ361(6/4-10)

■6月4日(土)

■5日(日)

■6日(月) 天気:晴れ
・Hさん:校正準備
・Mさん:校正準備
・Nさん:会計処理
*訪れた人:5人
*差し入れ:キウィ(Aさん)HさんとUさんがいただきました。

■7日(火)天気:曇り
・ボラみみ7月号第一校正
*訪れた人:6人
*差し入れ:ドーナツ(Tさん)A&O&H&T&Tさんがいただきました。

■8日(水)天気:晴れ
・編集会議:N&N&T&H&Y&U&K&Tさん
7月号の進捗状況・8.9月号の特集記事について検討・タイトル決定
*訪れた人:12人

■9日(木)天気:はれ
・Hさん:メール対応(みみ通信原稿確認 他)
*訪れた人:4人

■10日(金)  今日世の中は:湿度高くてとにかく暑い
・みんな:第二校正
・Oさん:会計
*訪れた人:5人
*お客様:Gさん⇔コミュニケーション
*「なごみの部屋」の書き込みから『今日の第二校正はかなりスムーズにすすみ14時にはおわってしまいました。今日来てくださったボランティアのAさんのお話は楽しかったです。T』

▲―――――
週刊 行ったり来たり 
           ――――――――▼

〜世界青年の船 こぼれ話〜

みなさま、ご無沙汰しています!元事務局のSです。
ご報告が遅すぎですが、3月初旬に無事日本に帰国しました!

船上での41日間は、本当にかけがえのない仲間と幸せな
時間を過ごしました☆

写真やDVDをみなさんに見ていただきたい!と思いつつ
なかなか事務所に行くことができないので、今さらですが
少しずつご報告したいと思います。

私は乗った船「ふじ丸」は600名収容の大きな客船で、
大浴場やプール、シアター(映画上映できる)、理容室、
食堂、ラウンジなど兼ね備えていました。

中には売店もあり、お土産やお菓子、文房具なども販売
していました。

船上は関税がかからないので、ビールは200円で買うこと
ができました♪銘柄も、アサヒ、キリン、サッポロとそろって
いました。

あとはカップラーメンとハーゲンダッツの自動販売機もあり
夜更かしの際には、どちらかを食べていました(笑)

船での生活は、朝8時半までに朝食を食べ、8:45に点呼、
朝のミーティングがあり、9時半から12時過ぎまで2コマの
プログラム。

午後は2時過ぎから5時過ぎまで2コマのプログラムがあり
ました。その後、グループミーティングがあり夕食、夜1時間
のプログラムで9時に終了、その後は自由時間でパーティー
があったり、仲間としゃべったり、飲んだりする毎日でした。

プログラムの詳しい話は、次回のピックアップに書きたい
と思います。

また、写真は、今月末までにFacebookにあげる予定ですが、
ご要望が多ければ、ブログをつくって、ブログにもアップしたい
と思います〜。 S
posted by ボラみみ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌

2011年06月09日

ボラみみ ピックアップ360(5/28-6/3)

■5月28日(土)天気:雨
・ネットチーム会議(19:00〜):O&K&M&Kさん
*訪れた人:13人
*差し入れ:@ドーナツ(Kさん)Aケーキ(Mさん)ネットチームのメンバーが頂きました。

■29日(日)天気:雨
・Hさん:スマイルゆうネット・理事会議
*訪れた人:6人
*差し入れ:チョコレート(Aさん)事務局チームが頂きました。

■30日(月) 天気:雨
*訪れた人:1人

■31日(火)天気:晴れ
・Hさん:ボラみみ郵送作業・スマイルゆうネット入力
・Aさん:情報審査・ボラみみ郵送作業
*訪れた人:3人

■6月1日(水)
*訪れた人:3人

■2日(木)天気:雨
・Hさん:情報選別
*訪れた人:4人
*市のNPOガイドブック作成のため6/1よりTさんがスタッフになりました。
本格的な編集作業はもう少し先のようですが、事務局が賑やかになりそうです。

■3日(金)天気:晴れ  今日世の中は:菅さんの不信任決議案否決
・Hさん:情報選別・掲載依頼
*訪れた人:3人
*雨のあとの晴れの日はとにかく気持ちがよくて仕事(業務)をするのもきもちよくすすめられました。天気にこんなにかんたんに左右されるとはなんと単純なことでしょう。

▲―――――
週刊 行ったり来たり 
           ――――――――▼
  ダンカジとは「男子の家事」で、サツドは「札幌ドーム」だという。今更当たり前の『略語』でこれがわからなければ取り残される時代なのかもしれないけれど、個人的には困らない。新聞や雑誌で目新しい言葉遣いを知ると面白いが、早速使ってみようとは思わないし、どうしてここまで略すの?と不思議だ。
 昨夜テレビで、画家の東山魁夷の番組を見た。彼がドイツに滞在していた時心を打たれた、絵皿に書いてあった言葉“静寂は人々にとって神聖なものである”。どういう意味?って思いを巡らすのは興味深い。日常的に元気な略語を使っている人も、この言葉に関心を持って自説を展開することもあるだろう。
何事にも持ち合わせは多いほうが便利だ、言葉もしかり。軽い言葉と深い言葉どっちも使い分けて楽しみたい。(N )
posted by ボラみみ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌

2011年06月02日

ボラみみ ピックアップ359(5/21-/27)

■5月21日(土)
■22日(日)
・愛地球博記念公園の地球市民交流センターにボラみみのブースを
出展しました。ボラ支隊から10名、ボラみ力探検隊、学生ボランティアと
多人数の参加となりました。あいにくの雨でしたが、いろいろな人が足を運んでくれ、活動資金のために販売したカゴも完売でした。どうもありがとうございました。

■23日(月) 天気:曇りのち雨
・Hさん:スマイルゆうネット・発送準備
・Kさん:みみラインチェック→緊急雇用事業準備資料作成→キッズさんHP対応
・Tさん:スマイルゆうネット・発送準備
*訪れた人:5人
*差し入れ:とらやのもなか(Aさん)みんなでいただきました。ご馳走さま!

■24日(火)天気:雨のち晴れ
・Hさん:発送準備
・Kさん:みみラインチェック→緊急雇用事業準備資料作成→あいさつメール
*訪れた人:4人

■25日(水)
・発送作業
*訪れた人:10人
*差し入れ:@手作りケーキ(Tさん)A手作りクッキー(Tさん)Bあられ(Tさん) 発送作業の参加者全員で頂きました。
*「なごみの部屋」の書き込みから『発送作業後のお茶の時間 発送作業に参加してくださったTさんが、2泊3日の被災地ボランティア帰りだったとのことで被災地のお話を聞かせてもらいました。』

■26日(木)
・Hさん:みみ通信原稿確認・みみライン 他
*訪れた人:3人
*お客様:Oさん⇔受け入れ被災者支援企画作成打ち合わせ Oさんが対応しました。
*差し入れ:ドーナツ(Kさん)HさんとOさんがいただきました。

■27日(金)
・Hさん:メール対応
*訪れた人:2人

▲―――――
週刊 行ったり来たり 
           ――――――――▼

 3/11の震災で伊勢の海も影響が出ていると聞いていたが実際はどうなのだろうと出かけてみた。牡蠣(かき)で有名な浦村は山の上にある。最近出来た『与吉屋』で昼食をとった。てきぱきと注文をとっていく若い女性のにこやかな応対につられて聞いてみる。「このあたりも東北の津波の影響ってあったの?」「すごかったですよ。」窓の外の海を見下ろして「今はここまできましたけれど、養殖イカダが全部流されちゃって、みんなでやっとここまで修復したんですよ。でもまだまだです。」と店の奥で食事をしている数人の男性を見やりながら教えてくれた。
眼下の海は紺碧に輝いて白いイカダが入り江いっぱいに広がっている。こんな穏やかな海が荒れ狂うのかと信じられない気がする。そういえば以前浦村へ来た時は、この坂の下の店、というよりカキの養殖の合間に開いている食堂でご主人と話したことを思い出した。「こんなきれいな海で仕事が出来るなんていいですねえ」「晴れて穏やかな時しか来ない人には、そうだけれど台風の時なんか死ぬか生きるかだよ。危ないときは何度もあった。」と話してくれたっけ。観光客の浅はかさが恥ずかしい。
ひとつ救いだったのは養殖イカダの修復をしている男性たちがみんな三十台の若者であること。彼らの踏ん張りに期待したい、こんなときはやっぱり若い力で勢いがつくというものだ。最盛期の冬場のカキが楽しみだ。その時までみんな元気で海を守っていてほしい。(N) 
posted by ボラみみ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌