CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年02月09日

3月号第一校正の様子

『ボラみみ』3月号第一校正の様子

 昨日、『ボラみみ』の第一校正を行いました。スタッフ5名と事務局Sがボランティア20件、イベント14件の校正作業を行いました。下記、今回初めて校正に参加したスタッフY・Kさんの声です。

 今回初めて校正作業に参加させて頂きました。多少の編集経験はあったものの、全く違う世界!

 この新鮮な感覚は久しぶりの緊張感があって、最近流行の脳科学的には少々くたびれてきた脳の活性化にとても良い感じでした。 

 校正の内容は2人で同じ誌面のチェックをするのですが、校正マニュアルとにらめっこ状態でほとんど進まず…皆さんに聞くことばかりでした。

 皆さん快く答えていただけるのでホッとし、校正が終わった原稿は更にチェックしながらパソコンに入力、掲載させていただく団体へ修正箇所確認の連絡と、一連の作業の流れはこんな感じです。1日あっという間に終わりました。

 『ボラみみ』1冊できあがるまで何度もチェックの繰り返し、いつも参加されているスタッフの皆さんには頭がさがります。

 当日自宅に戻ってから「Qさま!」というテレビ番組に脳科学で有名な茂木さんが出演。

 本日は茂木さん監修の問題ということで更に脳細胞を活生化すべく問題に取り組みました。どれほど活性化できたかは…です。

(スタッフY・K)
この記事へのコメント
初めての校正お疲れさまでした!
毎月、Y・Kさんをはじめ、多くのスタッフの校正・確認によって、『ボラみみ』ができあがっています。
また、ご都合がつくときに参加してくださいね〜
Posted by 事務局S at 2010年02月10日 17:38
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/293661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック