CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月09日

ピックアップ682

▲ーーーーーーーーーー
    週刊 行ったり 来たり
               −−−−−−−−▼
 長年のディスカウントショップが撤去した後に、新しく同じような格安店が営業を始めた。「どんなお店なの?」「今までよりもっと安いんだって」という話。開店日に顔を出したら、確かに安い品揃えでお客さんがそこそこ入っているが何となく勢いがない感じだ。どうして?数日して二回目のチラシが入ったがどうしても行ってみよう!という気が起こらない。数日してまた新聞に挟まれたチラシを眺めてみる。まず紙の質が悪い。ペラペラな感じでほかのチラシの間でシワになっているのが情けない。どんな商品があるの?という興味がわかないのはチラシの紙質か?毎日沢山の広告チラシが新聞とともに届く。見たいもの、見るも のはその中のほんの一部だが食品スーパーのチラシを眺めて「どうもねえ」って購買意欲をそそられないものは珍しい。質が良い、値段が安い、新鮮、など価値観によって利用価値は店ごとにあるものだが既に一か月経った今、ワクワク感が全くないって私にとっては初めてのこと。すでに近くにスーパーは三軒あるから新しい店がなくても大して困らないということもあるが、今回の店は”続くかなあ?”って余計な心配をしてしまう。 (N)
posted by ボラみみ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1316479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック