CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年03月09日

ピックアップ646

▲ーーーーーーーー
    週刊 行ったり 来たり
  ーーーーーーーーー▼
キタキツネを追い続ける写真家・井上浩輝をテレビで見た。「いつも一匹で行動している姿に魅かれる。雪原をひたすら歩く彼は目的を持っているはず。だから寂しくないんです」この一言に魅かれた。
美瑛の雪が積もる緩い丘を同じ速度でひたすら歩いていくキタキツネ。カメラを担いで追い続ける
のは楽ではない。雪をかき分けかき分け、膝まで雪にまみれながら探し続けて、いざ撮影となれば腹ばいになってシャッターを押す。「ガソリン代がかかるんですよ。月に4,5万円。一日100kから200k走るからねえ」去年、世界的な大きい賞をとったら、いろいろな仕事が舞い込んでくるようになったが、以前は「写真家」と名乗ることが気恥ずかしかったそうだ。 食事はカップラーメンを運転席で。良い写真が撮れた時は行きつけのお店のカウンターで食べるラーメンが「自分へのご褒美、ははははは」。真っ白い雪原の左下のほうをキツネ二匹で前進する珍しい姿を撮ったものが、賞を受けたのだという。粘り強くキタキツネの出現を待つ長い時間。早朝から雪の中を走る日々。情熱の素晴らしさを見せてもらった。(N)
posted by ボラみみ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1256045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック