CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年01月 | Main | 2010年03月»
こども盆栽2010年1月の活動! [2010年02月27日(Sat)]

こんにちは、こども盆栽の松浦です。

久方ぶりの更新となってしまいまして
ブログ派の皆様には大変申し訳ないです。

さて、ブログは、できるだけ
毎日更新、もしくは立て込んでいたら、
2週間まとめてと書いていました。

が、twitterに浮気を初めてから
ブログの更新が本当に減ってしまいました。

というわけで、
今回は1ヶ月分の重要な
トピックを書いてみます!
(すみません。。)

それぐらい、twitterは、
peer to peerのコミュニケーションには
絶大な効果が生まれます。

ただし、followもfollowerも
ある種ベクトルが同じ人達が
集まってしまうので、
「ノイズ」は少ないですよね。

あ、この「ノイズ」という概念。

後で書くリヒテルズ直子さんから
紹介いただいた本に、
上野千鶴子さんが書いておられました。

要は、自分にとって不協和音を発する人の存在が、
自分をより磨いていき、自己を確立していくためには
大変重要となってくるということです。

もしくは、自分を不協和音の中に入れていくことも
重要なのかもしれません。

私の場合、常に後者の選択をとってきました。
「揉まれて悩んで、気づいたらちょっと進歩している。」
そんな人生がこれまでにも多かったなと感じます。

実際、今もイギリスに行く途中の飛行機内(11時間半。。)で
この記事を書いていますが、
ドキドキ2割、英語話せない怖い3割、
一緒に同行する方が凄すぎて恐ろしい5割

な感じです。

でも、このドキドキの中にあるワクワクを
少しでも大切にしてみようかなと、そう思うわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、1月は

■仕事を考える3日間がインパクトが大きかったです。

去年に続いて2回目の参加ですが、
今年もまた印象が変わりました。
自分自身の置かれている環境が違うからか、
ゲスト登壇者の方とのやり取りの中に
様々な感情を抱いたからか分かりません。

ただ、自分が西村佳哲さんが好きすぎて
あまり客観的にあの場に参加できていなかった。
と思うと、もう少し良い意味で距離を置いても
良いのではないかと思います。

でも、「自分の仕事をつくる」を読むと、
あーこれだー!と思ってしまうのですよね。

そこを少しずつ外せるようにするのが、
来年2011年への宿題だと思っています。

■ミニ☆シティのイベントもありました。

ミニ☆大阪の二葉さんが
実施されたこのイベントは、
子どもたちのゆるやかな主体性が
たくさん発揮された素晴らしい場所でした。

感じたことは、主催者によって、
本当にカラーが出てくるなぁ、と。

ミニ☆シティは、とてもウェットな感情に溢れる
まちづくりが出来ていました。

ミニ大阪は、ある種ドライなまちです。
ビジネスやまちの変化を通じて、
泣く子や、悩む子もたくさん生まれます。

私にとって、楽しい、面白いとは、
真剣に悩んだり、考えたりした結果、
乗り越えて初めて生じる感情だと思っています。

もちろん、学校のように
条件付きの教育をするつもりはありません。
「○○ができたらか偉い」ということはありません。

ただ、自分だけではなく、皆にとって
良い仕事が出来ている子どもには、
特に、面白いなぁと声をかけます。

何もしないという選択肢も子ども自身が選べます。
しかし、それではお金を得られないので、
楽しめなくなるのが今のまちです。

ここにベーシックインカムの
話題を入れても良いとも思います。
結局自分たちでどう考えるかが重要です。

そんなわけで、
ミニ大阪では、楽しいこと,面白いことを
あまり目的にはしていません。
(あ、参加した子どもはもちろん
面白かったと言ってくれますよ!)
たら、楽しいという感情が得られる目的
は大人が強制することではなく、
子ども自身が自然に感じていくことです。

でも、このように書くと、
参加者にその場の作り方も含めて
任せているようで、結局は、
主催者が手を抜いているのではないか
もしくは、そこまでのフォローができないからの
言い訳に近いのでは?
というWSD(ワークショップデザイナー養成プログラム)で
生じたような論議にもつながりますね。

この議論について、私が感じる現在の答えはこうです。

「子どもの”ために”行動すると考えるのではなく、
子どもと”ともに”行動すると考えること」

そして、大きなテーマはあれど、
子ども自身が学ぶものは、人それぞれ違います。

その際に、その子ども達が
なるべく学びを得られやすい環境デザインを
行っていくことが大事です。

その学習環境デザインで重要になってくる1つの考えが、
「マルチプル・インテリジェンス」です。

■本間正人先生の研修講座に行ってきました。

これもとても勉強になりました。
なにより、上記のマルチプルインテリジェンスが学べたことは
大きかったですね。それを意識した学習環境のデザインが
子どもたちやワークショップに参加する大人にとっても
重要になってくると感じます。

あと、発声練習とか大事ですね、本当に!

この期間中ポンタMLの10期生の学生と
話せたのもとても楽しかったです。
そこで、出会った首都大学東京の佐藤君。

彼とは今後何かしら仕事ができそうな予感がします。
こういう人がたくさんいることが私にとっては、
何よりの幸せです。

夏ごろに行われる
ハロードリームプロジェクトでも
何かしら、こども盆栽として協力できることが
あれば良いなーと思います。

このあたり、また進捗をお知らせしますね。
ぜひ一緒にやってみたいという方は、
twitterのcobonアカウントか、
こぼんの問い合わせフォームからご連絡を〜。


■仕事まなび事業の一環で
中島中学校でカタリバを行ってみました。

NPO法人ブレインヒューマニティーの
脇坂さんと一緒に、カタリバの授業を
中島中学校1年生向けに行いました。

カタリバのプログラムがいかに優れているか、
実感できる部分がたくさんありました。
今だからこそ分かるのですが、
OSTやAIに近い要素がたくさん入っていますね。

今年は一校だけでしたが、
来年以降も継続して大阪府内の学校で
実施できればと考えています。
インターン生、熱烈募集中!! [2010年02月23日(Tue)]


こんにちは。
こども盆栽インターン生の田中です。

今、こども盆栽では

熱烈大歓迎でインターン生を募集しております。


「なにかおもしろいことがしたい」

「教育で世界を変えたい」

「子どもが3度の飯よりも好き!」


そんな人たちに、ぜひ来ていただければと思っております。



僕自身、半年以上インターンしていて
良かったなぁと思うことをいくつかあげたいと思います。


・事務処理能力がついた

今までの人生より長い時間インターンでパソコンに向かったのではないか!
というくらい。
エクセルなんかも怖くなくなりました。

・子どもたちへワークショップができるようになった

スピーチの話を前回しましたが、
余裕を持って、子どもたちに話したりできるようになりました。
初めは全然出来なかったので、劇的な進歩だなぁって思います。

・時間の使い方がうまくなった

自分でその日の予定を立てたりするようになり、
タスク管理がうまくできるようになりました。
今では、以前なら全くこなせなかったような仕事量が
普通にこなせるようになってます。




【仕事内容】
◇こんなことをしてもらいます


〜こどものまちプロデューサー〜

ミニ大阪やミニひがしなど、1日に100人以上の子どもが参加するイベント。
毎回マスコミにも取り上げられています。
これからも、各地で実施することになると思います。
そんなイベントの企画から実施までをトータルで担当していただきます。


〜こどもたちへのワークショップ〜

学校へ行っての授業や、イベントなど
子どもたち向けに話しをする機会が多くあります。
少しずつ慣れていき、最終的には自分で企画を作り
一人で前へ出て場を仕切れるようになってもらいます。




【例】

◇STEP1(1ヶ月前後)

まずは、こども盆栽がどういう活動をしているのか、どういう理念のもとに活動しているのかを理解してもらいます。


◇STEP2(2ヶ月〜)

事務作業など小さなことから少しずつ仕事をふっていきます。
同時に打ち合わせなどにも同行。
現場を経験してもらいます。


◇STEP3(2ヶ月〜4ヶ月)

自分から仕事を見つけられるようになってもらいます。、
やりたいことなど、発言もどんどん求めます。
フォローしてもらいながらも、
1人でワークショップをおこなえるくらいになるのが理想。


◇STEP4(4ヶ月〜半年)

プロジェクトや大きめの企画を任せます。
ボランティアの人たちを巻き込み、
イベントの企画・運営を担えるリーダーに。




【対象となる人】

・教育に興味がある人
・子どもが好きで、そういう関係の仕事がしたい人

・社会起業家とかに興味・関心がある人
・子どもたちの笑顔がみたい人
・実際に学校で授業をしたい人
・教科学習ではなくて、もっと自由な教育がしたい人
・教育から社会を変えたい人
・NPOやボランティアみたいなことがしたい人





インターン生一同、皆様のご応募をお待ちしております。





最後の”しごと館” [2010年02月19日(Fri)]



「しごとまなび」プログラムの一環で、
”わたしのしごと館”へ行き、
中学1年生へ1時間ほど授業をしてきました。

「自分の強みを見つけるワークシート」をやり、
どんな長所があるのかを考え、
友達同士でお互いが長所を教えあうことをしました。

その後、
「人生のやりたいことリスト100」を作るワーク。

やりたいことを見つけるのは、難しいけれど
それを見つけるために、探し続けることはして欲しい。
そんなメッセージを添えて、リストの作成をしました。

時間がなかったので、みんなあまり書けなかったのですが
「帰ってから絶対やる!!」と言ってくれた子もおり、
やって良かったなと思いました。

夢を持つことや、やりたいことを考えること自体が
「楽しい」って思ってくれたらいいなと僕は思います。
そうすれば、必然的に努力するようになるはず。

先生の言うこともしっかりと聞く、真面目な子たちでした。
今回、こども盆栽にとっては最後の”しごと館”訪問
それが、この学校でよかったなーと思いました。
スピーチが上手になる5つのコツ [2010年02月15日(Mon)]





こども盆栽でインターンを始めて半年ほど。
いろいろな力が身につきました。
その中で、1番の収穫は、

人前でうまく話せるようになったこと!

今までも、人前で話すことは苦手ではありませんでした。
しかし、子どもたちの前で話すようになり
自分のふがいなさを痛感しました。

・話を聞いてもらえない
・パニクって、なに言っているかわからないようになる
・やたら早口になる


などなど、あげればキリがないほど。

今までは、適当にしゃべっていても
ある程度は伝わるし、聞いてもくれました。

ただし、それは大人相手の場合。

子どもの場合は、とてもシンプル。
おもしろかったり、わかりやすい話は真剣に聞きます。
しかし、興味がわかないとすぐに関心を失います。

そのため、
毎回子どもたちへ向けて話をするときには
いくつかの点を気をつけるようにしました。

◇ゆっくり話す

焦ったら早くしゃべってしまうので、
意識してゆっくりと話す。

◇時間を言う

「あと5分だけ!」などと言って、集中させる。
終わりのない話は、退屈になってしまいます。

◇メリハリをつける

ずっと大きい声を出すのも、
ずっと小さい声も出すのも良くありません。
僕は、はじめずっと大きい声を出していました。
注目させたいとき、強調したいとき、
そういうときに限ってのみ、大きな声を出すと効果的です。

◇たとえを効果的に使う

子どもたちは、聞くことが苦手です。
なので、話の中でできるだけイメージさせることが必要です。
そこで、大切なのが「たとえ」です。
「ワンピースで言うところの。。。」とか
「スーパーサイヤ人みたいな」というとよく理解してくれます。

◇ストーリーを語る

これが1番のコツです!
ストーリーがあれば、話に共感でき
イメージもしやすいです。

心にも残ります。
面白いストーリー、興味のあるストーリーを話すとき
子どもたちの目の色が変わります。



上記のことを気をつけるようになってから、
子どもたち以外に話すときにでも
格段に話をするのがうまくなりました。

ほかにもいろいろコツなどはありますが、
良かったら参考にしてみてください。


こんな力をつけたいなら。。。。。


こども盆栽では、
強力にインターン生を募集しております!!!
ぜひ、お気軽にご応募ください!!







キャリア教育プログラム体験フォーラム2009 [2010年02月08日(Mon)]



昨日は、天満橋でおこなわれました
“キャリア教育プログラム体験フォーラム2009”
というものに参加してきました。

10ブースほどが出展しており、
そのうちの1つとしてこども盆栽も参加させていただきました。

内容は。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



『ミニ○○を作ろう!体験しよう!』


体験内容:
『仕事ってどんなものなんだろう?』を考え、
『遊び』を通して学べるキャリア教育プログラムです。
『まちをつくろう』をテーマに、子どもたちはダンボールを使って町を作ります。
まちには、たくさんの仕事の役割や繋がりが生まれます。
仕事が身近なもの、面白いものであることに気づくことができるプログラムです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
というものです。



大学生の方から年配の方まで、
皆さん楽しそうにダンボールでまちをつくっていました。




キャリア教育フォーラム2010 in 天満橋 [2010年02月03日(Wed)]

こんにちは、松浦です。

最近は、めっきりblogを書かなくなってしまいました。
すみません。。完全にtwitterへと浮気しておりました。

http://twitter.com/cobon

ミニブログなどと呼ばれるtwitterは繋がりたい人と
気がるにつながれるという意味ではSNSより便利ですし、
通常のblogとは違って更新しやすい。という利点があります。

ただ、これらも全て省力化の動きの一貫であるとは思います。
100年以上前の日本人は原著を英語辞書片手に読み、
杉田玄白などが活躍していた頃は、
おそらく辞書を自分たちで作りながら
日夜勉強に励んでいたと思います。

それに比べて、今では技術は進歩して、
つぶやき自体がこれだけの市場価値を生み出す時代になりました。

それは、日ごろ私たちが、本音でのつぶやきが
行えていない関係性不全の時代を生きていることに
つながるのかもしれません。
しかし、つぶやきではなく、
大声で叫ぶことで見えてくる感覚もありそうです。

やはり、twitterにしろ、blogにしろ、
あくまでそれらはツール。
それらに声を載せる自分自身の研鑽が
日々必要であると感じます。

そんなわけで、今回はキャリア教育の紹介です。
キャリア教育もツールです。

学生が自分たちで意志を持って
次の時代を選択できるように、
いや、これからはあまり選択肢はないので、
選択肢そのものを自分自身で作り出せるように
するための1つのツールです。

ただ、色んなツールを知っておくことで
可能性は広がります。
どんなモノが良いのか。それは学校現場によって
変わるというよりは、生徒それぞれの学習へのトリガーによって
変わります。詳しくは、ハワードガードナー氏の
マルチプルインテリジェンスを見てみてくださいね。

こぼんでも今後のプログラムは
このマルチプルインテリジェンスのどこに
特徴を持つデザインがされているのかを
明示していきたいと思います。

今回は、水都大阪やY150でも大変好評を得た
ダンボールでまちをつくろう「まちぞう」プログラムを
持参いたします。参加費無料なので気軽にご参加ください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

“キャリア教育プログラム体験フォーラム2009”開催!

〜若者の学ぶ力、社会でたくましく生きる力を育むために〜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


近年、「キャリア教育」への関心が急速に広がっています。
キャリア教育は社会でたくましく生きるための力を育み、学ぶ力の向上にも効果
があるといわれています。しかし、具体的で効果的なキャリア教育プログラムを
導入している事例はまだ多くありません。
そこで今回は、先進的なキャリア教育事例の宝庫である大阪の特徴を存分に活か
して、先進的なキャリア教育のイメージを深めていただくことを目的とした体験
フォーラムを開催します。キャリア教育先進国・大阪での初の試みに、是非ご参
加ください。



☆☆☆☆☆☆☆☆ フ ォ ー ラ ム 概 要 ☆☆☆☆☆☆☆☆


日  時:2月7日(日)10:30〜17:00
     (受付開始10:00)

プログラム:

     10:00 会場受付開始
     10:30 第T部 基調講演
         「キャリア教育と人材育成への期待」
         ヴイストン株式会社代表取締役社長 大和 信夫 氏
     12:00 第T部 閉会
     12:30 第U部 受付開始
     13:00 第U部 体験ブース体験スタート
           第1クール開始
     14:00 第2クール開始
     15:00 第3クール開始
     16:00 第4クール開始
     16:50 閉会挨拶
     17:00 閉会
   ※入退室自由、ただし第T部の間は抜けることができません。

出展団体:大阪キャリア教育支援ステーション
     キャリア教育プログラム開発推進コンソーシアム
     (株式会社キャリアリンク)
     NPO法人日本教育開発協会(JAE)
     NPO法人こども盆栽
     ヴイストン株式会社
     NPO法人南大阪地域大学コンソーシアム

場  所:追手門学院大学大阪城スクエア6階ホール
     (ドーンセンター横)
   【アクセス】京阪電車「天満橋」駅下車 徒歩7分
         地下鉄谷町線「天満橋」駅下車 徒歩7分

主  催:経済産業省近畿経済産業局
     南大阪地域大学コンソーシアム
後  援:大阪府教育委員会
     大阪市教育委員会
     堺市教育委員会(申請中)

協力団体:出展団体に同じ

詳  細:http://www.osaka-unicon.org/の案内をご覧ください。

申込方法:メールかFAXにてお申し込みください。
南大阪地域大学コンソーシアム事務局
Email career@osaka-unicon.org
FAX  072-258-7641

@氏名
A所属
B連絡先(TEL、メールアドレス)
をご記入の上、お送りください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様の参加、心よりお待ちしております。
インターン日記 [2010年02月01日(Mon)]

今日は、インターンの業務について書きたいと思います。


僕の場合は、はじめ同行がメインでした。
少しずつ慣れていくうちに、いろいろ仕事をふってもらえるようになりました。


はじめの頃で苦悩したのが、提案書の作成でした。
今まで、自分できちんとした企画書や提案書を作ったことがなかったため
3時間4時間考えても、全くなにも進まないということもありました。

そもそも文学部の僕は、今までパワーポイントを使う経験がほとんどなかったので
『パワーポイントの使い方』から学ぶという初心者でした。

しかし、やっていくうちに段々慣れていきました。
資料作成などを通して、
どういうふうに資料を作れば相手に魅力的に映るかなどを
徹底的に考えれるようになりました。

売れる企画書が作れるようになれば、バリバリ営業などできます。
そんなビジネスマンになりたいかたは、

ぜひぜひインターンへ起こしください!!!!