CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年03月 | Main | 2009年05月»
社会実験のバランス [2009年04月28日(Tue)]

午前;仕事
午後:築港ARCアサダさんとMTG
ミニ大阪に来ていただけることになりました!
大学も同じで興味;関心も同じとこにあって
ぜひ今後もお話していきたいです〜☆
午前:WSD講座 平田オリザ先生@阪大
午後:WSD講座 平田オリザ先生@阪大
夕方:WSD講座後の呑み会
おもろい!1
午前:WSD講座 平田オリザ先生@阪大
午後:WSD講座 平田オリザ先生@阪大
おもろい!2
夕方:自宅で残りの仕事。
午前:息子の初節句。
午後:青少年会館で仕事

--------------------------------------------------------

嫁と話をしてい気づいたのですが、
松浦は何か新しいことを学んでいるときには
嬉々としてそれを話し顔が
ホクホクして帰ってくるようです。

そういや、石川治江さんも
全て社会実験と言っていたなぁ。

正解がないからこそまずやってみる。
それって子どものときは、誰もが持っている
トライ&エラーの機能な気がします。

そんなわけで、WSDの一部分を。

・・・劇作家は
社会的なことと、人間的なことの
どちらもストーリーに入れる。

新聞の見出しには出ないけど重要なこと
進路、恋愛、家庭など (人間的なもの)

高校演劇 「17歳のオルゴール」
脳性小児麻痺の問題

高校演劇で障害者の話をすると説教くさくなるが
しかし、最初の15分ぐらいは差別はいけないという話だが
途中から恋愛模様になる。

他人にどう見られるかということを
多くの人がコンプレックスを持つ外見などを
恋愛というフェーズを通して表現しているからこそ
多くの演劇部の女子高生の共感を得る。

面白い作品とは、人間的な作品であれば社会的な背景と、
社会的な作品であれば人間的な背景のどちらかが
きちんと描かれていることが重要。

なぜ刑事はカツ丼を食べさせるのか?
カツ丼を食べさせることで、
刑事と容疑者という社会的な立場が違うけど、
人間的には同じというクッションをいれることになる。

タキシードを着た社会人が
バナナの皮で滑るのは面白い。
(ギャップ)

サザエさんが、転ぶのは面白いか?
(お決まり)
つまり、ギャグやコントの笑いを入れることも
演劇の中では一部必要。

劇作家の中では、
一斉に全員を笑わせないといけないので
そういうものを入れることもあるが、
演劇は、長い尺があるので、
演劇的な笑いを入れることが必要だった。

三田佳子の次男は大麻で捕まったが、
その名前を知る人はなかなかいない。
つまり、役者なのに、名前で知られていない。
社会的な存在だけでその存在が誇示されている。

リア王は、社会的な存在である人が
その家族から事件を起こされるから悲劇。

化学の実験とよく似ている
ある物質にある物質を加えたときに
変化することを見たい。

人間も変わっていくこと
堕落も成長もどちらでも良い。
刺激が弱すぎると、変化がおきない
刺激が強すぎると、実験室が爆破して実験が成り立たない。

台本を真実と考えてしまうと
それを再現してしまうことがある。

科学の実験と違うのは、
人が多いため、変数が多いから
仮説→方法→実験

ワークショップも、
どうなるか分からないから「こそ」
実験する必要がある。

一方で、
常に実験が失敗していても
それは意味がない。
1年半ぶりに9の質問を見直してみた。 [2009年04月23日(Thu)]

午前:ぱやおをみる&仕事
午後:ぱやおをみる&仕事
午前:書類作成
午後:書類作成

-------------------------------
1年半前のデータですw
http://blog.canpan.info/bombosaka/archive/37#BlogEntryExtend


今回再度見直してみましょう。
なんか保護者のニーズの部分が当時とは
違って明確になってきたなぁ。

色んなお母さんと話できたから
この部分はとても大きく確信に変わってきましたヨ☆

あと、競合についてですが、
子ども向けワークショップの実践内容で
差別化していくのが一番可能性として良いですね。

そのために、一回一回のクオリティを向上させること。
それを重要視していきたいと思います。

■質問1
あなたの考えているビジネスモデルのミッションとビジョンは?

ミッション:「なぜ働くのか」「なぜ学ぶのか」を自ら発見できる子どもを育む
ビジョン:「子どもが社会を変えていく」世の中の実現

■質問2
あなたの考えているビジネスモデルのターゲットは?

メインターゲット:小学2年生〜5年生に、どんな教育や体験をさせてあげれば
     将来自分自身で考えていく子どもになるか悩んでいるお母さんやお父さん

サブターゲット:企業で働いていても
「なぜ働くのか」分からなくて困っている20代の若手社会人

■質問3
そのターゲットにどのようなベネフィットを提供するのか?

メイン:
子どもが主体性を持つために、自分自身で考えて楽しむ、
「あそび」を徹底的にさせてあげる機会を提供。
その結果自分自身で考える力を向上させていく。

サブ:
子ども達が遊ぶ姿から、
社会人も「なぜ働くのか」を一緒に考える
ワークショップにつなげて、そこから
学校の授業などにもつなげる。

■質問4
そのベネフィットを実現するためのソリューションは?

ミニ大阪を通じた体験型双方向ワークショップ
学校でのキャリア教育授業プログラム

■質問5
競合はどこ(どんなサービス)か?

・株式会社キッズシティージャパン(スポンサー57社)
http://www.kidzania.jp/sponsor/index.html
エディテイメント(教育+遊び)を
実現した子どもが主役の子どもの街。

・経済教育団体ジュニア・アチーブメント(スポンサー4万社)
スチューデント・シティ
http://www.ja-japan.org/program/student_city.html
社会情勢がいかように変化しようとも、子どもたちが
「社会のしくみや経済の働き」を正しく理解し、
自分の確たる意志で進路選択・将来設計が行えるよう、
基本的資質(主体的に社会に適応できる力)を育むための支援

・NPO法人JAE
http://www.jaee.org/ds/blog/index.php?itemid=50
ドリカムスクールは学習を通して目標を持ち努力すること、
決めたことをやりきることを学んでもらいます。

・南大阪地域大学コンソーシアム
http://www.osaka-unicon.org/

・キッズベンチャー・キッズマート(大阪教育大学ほか)
http://www.bur.osaka-kyoiku.ac.jp/kikaku/gp/region/kiz-v.html
『モノづくりから販売までを子どもたち自身が企画・実践する
早期起業家教育を通じて、経済産業活動の基本的認識とチャレンジ精神、
課題達成能力を育むとともに、キャリア教育教材の開発と地域活性化への貢献』


■質問6
競合のビジネスモデルの特徴を3つあげると?

・基本的には、助成金やCSRなどの費用負担が中心
・学校や行政プログラムとの連携実績が多い
・ハード系は、学校外型 ソフト系は、校内型。


■質問7
あなたのビジネスモデルの差別的優位性、強みを3つあげると?
上記競合の特徴を満たした上で

・保護者向け学び機会の提供
・「こどものまち」はソフト系でありながら
学校外型。どこでも誰でも実現可能
⇒パッケージ化。
・スタッフがほぼ全員若手社会人 
⇒社会人が楽しく学ぶ機会として提供。

■質問8
今後予想される競合への打ち手を3つあげると?

・早めに大阪府や大阪市など行政とのタイアップを行う。
・保護者向けワークショップに関心を持つ企業との協業。
・大阪府内で既に1400名を集めてイベント実施済み
ミニ大阪、ミニすみのえ、ミニさかい、ミニひがし 
など実施機会 計7回


■質問9
あなたのビジネスモデルの今後必要な打ち手を3つあげると?

・様々な種類のキャリア教育プログラムを
大阪府内の小学校全校にカタログで提案
・ワークショップクオリティーの向上
・ミニ大阪より小さなパッケージプログラムの提供


※※ミニ大阪運営に関して、忘れてはいけないもの
◆パッケージ化するために行う必要があるもの
・家族向けワークショップの実施⇒クレームつぶし
・ミニ●●のクレームつぶし
・利益が出るパッケージ化。
ネットカフェ難民と手塚治虫と仕事観(再送 [2009年04月23日(Thu)]

皆様

お疲れ様です。
松浦です。

25ヶ月前(一昨年の3月 ミニ大阪はじめる前ですね)に
こぼんのMLに送っていたメールがあります。

初めて見られる方も
たくさんおられるかもしれないので
再送しますね。

文章的に良いかどうか分かりませんが、
自分の中でこぼんのエッセンスが
一番詰まっている内容に近い気がしています。

手塚治虫のラストメッセージも
youtubeで全部見れますので、(下記でリンクを貼っています)
またご意見・ご感想を教えてくださいね。


-----------------------------------------

えとですね、今回のメールはちょっと
こども盆栽とはかけ離れるかもしれないので
予め謝っておきます。ごめんなさい。

んで、何がかけ離れるかというと
最近国会の答弁でも言われたらしい
ネットカフェ難民の話です。
日雇い派遣が横行して、若者の労働力が
安価に消費される世の中になり、
10代後半〜20代前半にもホームレス予備軍が
大量に増えてきているという現状です。

下記youtube動画をご覧下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=6zNHHZ61u2
(画面表示の変なアドレスにアクセスしないでくださいね)

こども盆栽は、
今回のミニ大阪で

「こども」と「仕事」の切り口で
こどもに自ら仕事を選び出し、
仕事や町づくりに興味を持って一歩を
踏み出してもらい豊かな未来を切り開いてもらう 

というようなテーマを持っています。

ただし、現実にはそのちょっと上の年齢の層では
上記動画のような現実が実際にあります。

ワーキングプア、ニート、フリーター。

これらの問題に共通しているものも
「仕事」、「働き方」、「生き方」、「生きがい」です。


これから松浦はこの問題と
もっと真剣に向き合っていきます。
このままじゃ、日本が本当に絶望感に
打ちひしがれた世の中になってしまう。
そう思えてなりません。

ちょうど、この前見たNHKで
ラストメッセージ 手塚治虫 という
テーマで特集がありました

こちらも動画がありますので
ぜひ見てみてください。

vol1 http://jp.youtube.com/watch?v=oD6OBgIdiso
vol2 http://jp.youtube.com/watch?v=rZJsJub4_sI
vol3 http://jp.youtube.com/watch?v=VmjsSiG-gWU
vol4 http://jp.youtube.com/watch?v=C3sW6FjN_DU

上記で言われている内容は下記のようなものです。

> NHKが総合で放送している「ラストメッセージ」という番組があります。つい先
> 日は手塚治虫さんのものでした。手塚さんは最後の最後まで、制作意欲を持ち続
> けた、漫画界の神様と呼ばれている人でした。この手塚さんが死の三ヶ月前に、
> 母校である大阪教育大学付属池田小学校で最後の講演をしました。大阪教育大学
> 付属池田小学校と聞いて、おやっと思う方もおられるでしょうが話の本筋ではな
> いので割愛します。昭和63年11月1日のことです。
>
> 手塚さんの講演で語られた言葉です。〈NHK/ラストメッセージより〉
>
>
> 実際、宇宙の中ではちっぽけな星(地球)に
> 何十億の人間が住み
>
> 無数の生物が同棲しているということは
> 考えられないことだと思います
>
> そういう小さなもろい星の塊(かたまり)に
> 我々がいながら お互い争ったり
>
> いつも自分たちだけの事を考えている
>
> そういうような未来は
> こどもたちに絶対にあっては困る
>
> その考えだけはこどもたちから捨てて欲しい
>
> そして人間を愛し同時に生き物の全てを愛する
> そして人生を歩んでゆく
>
> そういうこどもたちに是非なってもらいたい
>
>
> これが手塚さんのラストメッセージになりました。手塚さんは生命の尊厳という
> もの、生きることの素晴らしさを語り、終生その想いをつらぬいた人でした。
>
> 人として生きるということは、どういうことなのか。
>
> こどもは未来人、と手塚さんは言っていたそうです。ということは、これは未来
> へのメッセージということにもなります。
> >
> いまこそ先達の意思の奥底にあったものを噛み締める時なのだろうとしみじみ思
> いました。


そして、そんな手塚治虫が本講演の後
癌におかされつつ病床にいながら、
最期に発した言葉がこれです。

最期の言葉
「仕事をする。仕事をさせてくれ。」

・・・手塚治虫にとっての仕事(ライフワーク)とは、
こどもに生きることの素晴らしさを伝えること
それが、マンガという仕事でした。

じゃあ、今の社会に生きる私達にとって、
仕事って何だろう?
働くって何だろう?

それぞれの人にとって仕事は
それぞれの目的と意味があると思います。

キャリアアップを目指している人、
家族を守りたいと思って仕事をする人、
ビジネスを通して自己実現を目指す人、
他にも無数の目的が仕事にはあります。

でも、それぞれの仕事(ライフワーク)が
より自分達の住む社会、世の中を豊かにしていくことが
できれば。。それほどしあわせなことはないと思います。

こども盆栽が、

『自ら考え行動することで
仕事を通して社会を作り出す喜びを子供たちに伝えたい』

という理念を打ち出しているのも
その思いがあってのことです。。

こども盆栽は、あくまで「こども」X「仕事」というキーワードにより
生まれた場所だと思っています。

他にも、、

「団塊世代」X「仕事」、
「高齢者」X「仕事」、
「女性」X「仕事」

など、まだまだ現実を変えていかないと
まずい部分はたくさんあります。

正直、現実なんてあっという間には変わりません。
変わったか変わってないか分からないぐらいだと思います。
ほとんど手ごたえがないことがほとんどです。

でも、少しずつ継続していくことで
世の中がより豊かになれれば本当に幸せです。

それを今ML上に参加してもらっているメンバー(あなたです!)と
一緒に少しずつ進めることができればとても嬉しく覆います。

少しかたーい話になってしまいましたが(^^;
今後とも、何卒こども盆栽を宜しくお願いします。


--
makoto matsuura
関学での授業&aeru会議 [2009年04月22日(Wed)]

午前:もろもろ準備
午後:関学で授業
夜:aeru会議@大阪駅前2ビル

---------------------------------------------

今日、関学の授業に参加してきました!
アイスブレイクからワークショップまで90分の短い授業でしたが
概ね楽しんでもらえたようでありがたかったです(^^

感想を文章でいただいたので、貼ってみますねー。
個人的に、今の大学生が社会起業にどんな関心・ニーズを
持っているのか把握するためにも重要なデータになりました。


■1. 社会の笑顔をたくさんにする起業に必要な要件は何でしょうか?

・ 社会の中で疑問に思ったことをほったらかしにしないで、できることをしていく
・ 気付いた世の中のひずみをほっとかず、アプローチしていくこと
・ 社会の人々が問題で思っていることに気付き、詳しく現状を知り、解決につなげること

以下続きます。(一部抜粋)
続きを読む・・・
ミニ大阪2009の、スタッフTシャツが完成しました!!!!! [2009年04月21日(Tue)]

こんにちは。
ミニ大阪実行委員会瓜生です。

ミニ大阪2009の、スタッフTシャツが完成しました!!!!!




PLAY!
PLAY!
PLAY!

『遊ぶ』

デザインは、小石川トモヒロ氏 。
Tシャツを着た、スタッフがポジティブな感情をもてるようなメッセージを込め、デザインしてくれました。
「積極的に動きたい!」
「自分の中のあそび心も大切にしよう」
初めて参加した時の気持ちを思い出して、作ってくれました。
これを着てミニ大阪2009Castみんなで、オモイッキリ楽しみましょう!!


遊ぶことは、こどもにとって、最大のわくわく!!!
わくわくから発見が生まれる。発見は遊びの中から生まれる。
こどもたちに、自ら考え、働いて遊ぶ楽しさを味わってもらいましょう!
もちろん、Castとして参加してくれる大人が1番、楽しんじゃいましょう!!!
明日は関西学院大学で授業。 [2009年04月21日(Tue)]

午前:代々木高校志摩本校の入学式に。ペンギンもいました!
添付の写真は志摩の横山から撮った風景です。ぱやおも一緒に行きました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000000-hsk_is-l24

午後:中崎町サロン文化大学の
働き方について考えるトークサロンvol.8に呼んでいただきました。
志摩のあおさせんべいを持っていったのに、袋ごと忘れて帰ってしまいました。。
カノさんすみません。(;; 

「リストラや精神的にまいった後、
どうモチベーションを維持して、こんな活動をしたのか?」
という質問が多かったです。

それに対する回答としては、
「その体験があるからこそ分かる感覚があるのに、それを活かせないのが
もったいない、これだけそういう運命にあっているなら
そういうことに気づけということなんだろう。」と(勝手に)考えたわけです。

「天の将に大任を是の人に降ろさんとするや必ず先ずその心志を苦しむ」(孟子)
(自分勝手極まりない)考えですが、この心構えに
よって助けられることは今もたくさんあります。

あと、その場で言えなかったのですが、
仕事だけが全てではないので、あんまり色々考えずに、
「なるようになる。」

・・・と言い切ってしまうと、、元も子もないのですが、
この世の中はなんとかなるようになっている(みたいな感覚に最近なります。)

何とかならない場合は、一人で考えずに
回りに相談すると良いと思います。

そんなわけで、詳細な記事は、ホジヲさんが書いておられます。
http://sonic-logic.air-nifty.com/diary/2009/04/post-1dc1.html

しかし、カノさんの質問の仕方がとても素晴らしかったので
色々考えさせられました! 今度カノさんがどこに注意して
ファシリテーションをしているのか聞いてみよう!
そんときは、島津君も呼ぼう〜☆

午前:疲れたので、ゆっくり。
午後:CSK大川センターでCAMPのファシリテーター研修。
添付の写真は、68歳のお父さんに作っていただいた私の似顔絵です!w
梅山君と毎週のように会うと不思議な気分ですねー。
CSKの社員さんがBHに携わっていたと聞いて世間の狭さに驚く。

午前:代々木高校一色先生と一緒に天王寺の新事務所の見学。
こぼん&代々木高校の大阪事務所が天王寺の大道にできますよー。
午後:事務作業タスク片付け。

-----------------------------------------
あ、明日は、関学で授業やってきますー!
大学での正規授業ははじめてなので、
若干緊張しておりますが、楽しんできます〜

そうそう、今日夕方、いろんなお世話になっている方から
お仕事の連絡をいただいて、とても嬉しかったです!
これらもカタチになったらまたご報告いたしますね〜(^^
[09/04/18]働き方について考えるトークサロンvol.8 [2009年04月18日(Sat)]

午前:堺東区役所へMTG 今秋にミニひがし(仮)開催決定!
午後:保護者向け書類作成&送付
午前:事務作業
午後:すなおやさんでMTG
夜:BHでのMTG
午前:事務作業
午後:株式会社オールワン阪本さんとMTG
水都大阪米山さんとMTG 今夏水都大阪2009にこぼん&矢野紙器企画決定!
夜:コモンカフェで西さんとMTG ミニ大阪に来ていただくことになりました!
瓜生さんの美味しい晩ごはんをいただく。
午前:大阪市市政改革室本田様とMTG 今夏8月30日に予定されている
大阪市事業仕分けの仕分け委員に採択していただく。
滅多にない機会なのでありがたい。
午後:空堀の成川健商店で新居契約。
5月中旬から空堀に住むことになりました。
午前:事務作業
午後:ミニ大阪参加者のK君とSちゃんと一緒に
レモンさん(山本シュウさん)へ会いにFM大阪へ。
いやぁ、とっても楽しい2時間でした。
夜:なんばから歩いてアトリエ輪音さんに訪問。
矢野紙器島津さんも出ておられました!

これに追加してWSDのイーラーニング課題を
今日必死にやっていましたよーw
--------------------------------------

というわけで、4月は色々なイベントが盛りだくさんですが、
ミニ大阪に向けてラストスパートを迎えつつ、
体調を崩さないように適度に休息を入れながら
頑張りたいと思いますー!!

ちなみに、今日(土曜日)は
中崎町のカノさんと一緒に
働き方について考えるワークサロンを行います。

ぜひお気軽にお越しくださいー!
参加方法などは、下記のWEBページをご参照くださいね☆
http://nakazakicho-u.blogspot.com/2009/03/008-thinking-about-way-of-working.html
第1回 まっつんの仕事についていってみよう♪ [2009年04月18日(Sat)]

●第1回 まっつんの仕事についてってみよう♪●


こんにちは、ごぶさたしております、こぼんの北埜です。
本日は、17時から、
ご存知、fmosaka 
http://fmosaka.net/index.shtml
に行ってまいりました〜。

松浦の用事で行ったのですが、
先方が、職場見学をかねてOK、と仰ってくださったので、
どうせなら、ミニ大阪でいっつもきてくれる子を呼んで、一緒に見学に行っちゃおう!!!
普段見れない、ラジオ放送中のところも見れる!
ってことで、行ってまいりました。fmosaka!



なんばの湊町リバープレイスの7階にfmosaka はあります。
エレベーターで7階に着いて、外に出るとそこは、fmosaka。

普通の企業のように、受付もありました。
ちょうど、そこでは、本日お会いする予定の山本シュウさんの番組が流れてました。
やっぱラジオ局やー、と実感。


私が以前在籍していた照明の会社では、ラジオが流れていたのですが、
営業会社やIT会社となると、職場で普段からラジオが流れている方が希少です。
音楽のある職場!! そして、仕事に邪魔にならないくらいのボリューム。
すてきですー

そこで、待つこと少々・・・

fm大阪の方に案内していただき、
山本シュウさんの番組が放送しているところを、外から見学。
そこには、放送作家の方と、ミキサーの方がいらっしゃいました。
で、私たちの案内をしてくださった方が、DJ修行中の方で。
この修行中の方が、またすげーいい声で、めっちゃノリが良い!
こどもと同じテンションで話していただき、すごいもりあがってました。
(お忙しいところ、本当にありがとうございました。)

そして、見学。

CMが入ったり、曲が入ったり、しゃべりの間は盛り上げたり、
ラジオDJと、放送作家、ミキサー、DJ修行中の方の仕事を、
めっちゃ見学してました。

Kくんは、その時一緒にいた、fm大阪の人にも話しかけてました。
すげーぜ、Kくん。
物怖じしないKくんに脱帽でした。

Kくん「あの人誰ー?」(ラジオブースの中にいる人を指して)
FM大阪の人「あぁ、あの人はミキサーちゃう?」
Kくん「ミキサー?」
FM大阪の人「うん、音を上げ下げする人」
みたいな会話をしてました。

そして、無事、まつーらの仕事も終わり、見学も終わり、
シュウさんの番組もひと段落したので、fm大阪を後にしました。

最後に、シュウさんと写真をパチリ。



そして、帰宅の途につきました。

本当に、fmosakaの皆様、ありがとうございました。
感謝してもしきれません。
山本シュウさん、お仕事中、ありがとうございました。
感謝いたします。
本当にありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この不定期企画(?)、「まっつんの仕事についていってみよう♪」は、
また、松浦の仕事の中で、子どもが一緒でも大丈夫なものがあれば、企画、募集いたします。

本当に今は、「仕事」というものが見えにくくなっています。
こどもと話をしていても、
「お父さん、仕事なにやってんの?」「会社。」
という会話が多くあります。

できるだけ、できるだけ、本物の仕事、大人が働いているところを、
実際に見て、実感してもらえれば、と思っておりますので、
また、松浦が可能な限り、第2回も行います。(いつになるかは未定ですが)

その際はよろしくお願いいたします〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





WSD研修1日目 [2009年04月14日(Tue)]

四月は色々あって大変ですが
ぼちぼち頑張ってますー(^-^)/

風邪引いたり土日はワークショップデザイナー育成プログラムに参加したり。
いやぁ、平田オリザさんは面白いですね!

演劇の話してるのに言語学と地域論と社会学と複雑系の話を縦横無尽に展開するあたりは流石ですね(^-^)/

今回は阪大だけど、やっぱり大学院の雰囲気とか好きだなー


というわけで、(全部は見せませんがw)メモの一部を〜。

日本では、明治のころから
子どもは、大人や親の言うことを聞いて
できるだけ大きな会社に行き、安定している会社に行けば
良い家庭を築き、良い人生を送れるという幻想を描いた。

しかし、バブルのころ入社した銀行の名前は全て変わっている。
一方でどうなるか分からないといわれた青年団は名前が変わらない。
これからの社会では何が起きるか分からない。

「自分で決めないといけない
それに責任を持たないといけない」

上記は、成長型から成熟型になり、
成長が止まったときにどの国もぶつかる問題。

情報がいつでも手に入る テレビ
食中毒が無くなる 冷蔵後
あかぎれが無くなり 洗濯機
それが三種の神器を買う理由になった。

しかし、テレビが5cm薄くなったら幸せか?
日本人は既にモノだけでは幸せになれない。

幸せの価値観は多様化する。
現在の新入社員の7割が出世を考えていない。
ゴルフも嫌、ボランティアなどの社会貢献がしたい。

今までは遠くで決めていてくれたことに
なんとなく従っていれば、なんとなく幸せ。
これからは、自分の地域内で
決めることでそれに責任を持つことが必要。

バラバラの人間が、バラバラの状況のまま
維持する力が必要。
協調性から社交性へ。
芸術家は、協調性はないけども社交性。

日本社会では、社交性は「うわべだけの付き合い」と
これまで言われてきた。

私達は、心から分かり合わないといけないと
いう協調性が大切だと言われてきたが、
実際は、日本人はもはや分かり合えない状況になっているのでは?

それでも、協調性が必要といわれるのは分かるが、
嫌がおうにも国際社会で生きていく必要がある
これからの子ども達に必要な力は
社交性のほうではないか?


---------------------------------
話は変わって、夜に青少年会館に戻ったとき
子ども達によるポスターが何枚かありました。

写真はこども会議の際に子どもが書いてくれたポスターです。
そんなに「鼻」にこだわってくれるとは思わなかったけどw
ステキでしょ!

ミニすみのえ&ミニ大阪準備 [2009年04月02日(Thu)]

午前:ミニすみのえ
午後:ミニすみのえ
午前:ミニすみのえ
午後:ミニすみのえ&打ち上げ
午前:事務関係
午後:事務関係
午前:ゆっくり
午後:事務関係
午前:神戸大学MさんとMTG
午後:青少年会館で仕事
午前:事務関係
午後:事務関係
夕方:阪大豊中キャンパスへ

----------------------------------------
ミニ大阪の準備がそろそろはじまってきて
事務書類がけっこう増えてきました。
でも、たくさんの人が参加してくれる
このイベントを作れるのは嬉しいですね(^^

調べてみると、うちが関わった
こどものまち事業だけで、
3年間で述べ1400名の子ども達と
一緒に遊んでいる計算になります。

1つ1つは小さいイベントかもしれませんが
それが継続できることに何より幸せを感じます。
まだまだボランティアも募集しております!

下記からお気軽にご連絡ください〜!

■ミニ大阪のボランティア募集はこちらから!
http://www.bombsight.net/xoops/modules/eguide/event.php?eid=12 (PC)

http://www.bombsight.net/xoops/modules/xmobile/?act=plugin&view=detail&plg=eguide&catid=0&topicid=1&eid=12 (携帯)



■ミニ大阪の参加者募集はこちらから!

http://www.bombsight.net/xoops/modules/eguide/event.php?eid=5 (PC)


http://www.bombsight.net/xoops/modules/xmobile/?act=plugin&view=detail&plg=eguide&catid=0&topicid=1&eid=5 (携帯)