CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 社会起業コンペ | Main | 今日のアンテナ»
友人とお世話になった人達 [2007年09月12日(Wed)]

まつーらです。

まつーらが、こども盆栽設立にいたる中で
大学在学中や社会人になった後も
たくさんの面白い人達とお会いさせていただいておりました。

・まつーらの過去の経緯はこちらを参照してくださいね
⇒https://blog.canpan.info/sec/EntryEdit.blog?entryId=4

今回はその時にお会いした人の中で社会起業(や、それに近い形態)を
されている数名の尊敬する人たちを紹介したいと思います。

1、高橋万太郎さん
http://www.mantaro.jp/

笑顔とかざらないその雰囲気がとてもステキです。
伝統工芸の分野で現在活躍されているようです。

2、ポンタさん
http://www.ponta.co.jp/

『ポンタ キャリア カレッジ』という学校を作られるとのこと。
受講料金:社会人は21,000円、学生は2,100円という
値段設定がとても面白かったですw

3、あだつさん
http://www.zakkaz.com/

北埜の妹がマネージャーをしていた
高校のサッカー部キャプテンだったそうです(遠い
頭のキレ具合と、その発言、発想の面白さ、
面白い雑貨をこれだけ紹介できる、その才能に嫉妬しますw

4、福嶋一郎さん
http://www.lmi.ne.jp/column/motivation/view.php?id=233

リンク&モチベーションで2003年にお会いしてから
そのお話しと、厳しさ、優しさにやられました。。人間味に溢れまくってます。

5、松崎光弘さん
http://www.opyh.jp/

イニシャルが同じ、M.Mなのですが、自分の本当のお父さん!?って
思ってしまうぐらい、対象を見る時の感覚が似ております。
なので、会話をしていて意気投合してしまう瞬間がたくさんあります。
嬉しい気持ちで美味しいお酒を呑めるステキな先生です。

ヒント集@ [2007年08月24日(Fri)]


まつーらです。

こども盆栽はおかげさまでたくさんの方に
多くのヒントをいただいております。

本当にいつもありがとうございます。

というわけで、ミニ大阪に参加していただいた方からのコメントや
コミュニティビジネスをされている皆様の
ステキなお言葉を記していきたいと思います。


@先日のNEC起業塾での川北さんのお言葉。

コミュニティビジネスを考える上で
5つの壁があります。

 ・商品づくりのカベ
 ・リピート率のカベ
 ・事業化のカベ
 ・地域力活用のカベ
 ・ひとづくりのカベ



A北埜が訪問した「もやい」でお会いした冨樫さんのお言葉

自分は活動暦そんな長くないから、
こんなことを言うのもなんだけど、
自分が楽しい(自分の本音と一致している、という意味かも)こと、
自分が幸せでい続けることをおろそかにしないで行きましょう。
生まれた芽は、枯らさないことが何より重要だと思うから。
僕らは、磨り減ってしまわないまま、生きつづけなきゃいけないと思うのです。
そうでなければ、結局誰の力にもなれないんではないかと。


Bミニ大阪参加のレモンさん(ラジオDJ山本シュウさん)のお言葉

僕の20代なんて、自分の事でいっぱいいっぱいでした。
だからオッサンの僕しか言わないんだとしたら、
耳の痛いことをバンバン言っていくことが僕の君たちに対しての愛であり
応援なんかなあ?と思っています。
まあ、とにかく、お互い、「出来ることを、出来る範囲で、諦めないで!」