CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2017年冬期プログラム 参加者募集中!

若者の学びと成長の場を支える「サポーター会員」としてのご支援
http://blastbeat.jp/letsjoin/apply_member/
ご寄付をよろしくお願いします!
http://blastbeat.jp/letsjoin/apply_donation/

2015年01月17日

ビジネスを学ぶ「まなびーと」開催しました

1月17日(土)の午後、「まなびーと 〜ビジネス編〜」と名付けた
イベントをJICA地球ひろばの会場をお借りして開きました。

20150117まなびーと1.JPG

ブラストビートでは、3か月のプログラムの合間に、
研修をいくつか用意しているのですが、そのひとつです。

ホワイトボードの書き込みを見ていただきたいのですが、
ビジネスとは?
イベントのコンセプトとは?
などがテーマなのですが、
社会人でも、「そもそも」から考え始めると悩んでしまうようなテーマを
高校生、大学生、社会人メンターが一緒に考えています。

20150117まなびーと3.JPG

学生たちが、あるイベントを企画するとして、
誰に、どんな価値を届けるのか?
それを一言で、シンプルに表現できるか?

すごく当たり前の問いなのですが、
それにきっちり答えることって、すごく難しいことで、
それができていれば、かなりのことが実際に実現できるんですよね・・・。

20150117まなびーと2.JPG

11月に今期のプログラムがスタートして2カ月ちょっと、
今日の学びをいかして、実際にどんなイベントができるのか、
いつものことながらとても楽しみです♪
posted by 神代 at 23:21| Comment(0) | プログラム

2014年12月16日

郡山、金沢、水戸からも参加し、企画プレゼン大会!

12月14日、ブラストビートの「企画プレゼン大会」が開かれました。
前回プログラムまでは、「中間発表」と呼んでいたイベントで、
ライブの開催に向けて準備を進めている段階で、
企画のアイデアなどを共有し、お互いに参考にしたり、
刺激しあったりするために開催しています。

1★2014-12-14.jpg

今回の特徴は、11月初めにスタートした東京の2チームに加えて、
茨城・水戸、石川・金沢、福島・郡山のチームからも
インターネットを使って参加したことです。

この下の写真、東京の1チームの発表で、
この手書きの図が、イベント企画のアイデアのひとつなのですが、
何だと思いますか?

2★2014-12-14.jpg

よく見ると、図の下の小さい四角には、「シキ」と書かれています。
クラシック・コンサートの指揮者のことなのですが、
クラシックの楽団のコンサートだと、
どうしても「演奏家」と「お客さん」に分かれるので、
お客さんが演奏家と演奏家の間にまじって座って、
音楽を楽しめないか?
と考えたそうです。
面白いことを考えますよね。

3★2014-12-14.jpg

この上の写真、鋭い質問が飛んでいる雰囲気が伝わっていますでしょうか?

実は、去年のプログラムに参加した大学生が、
自分の体験も踏まえて、後輩チームに突っ込んでいるのです。

こういうことが自然と起こるのが、
ブラストビートの価値のひとつだと感じています。

4★2014-12-14.jpg

東京の2チームの後は、地方のチームもプレゼンします。

福島・郡山では、最近キックオフしたばかり。
「今を生きる」という理念を考えているそうです。

5★2014-12-14.jpg

その後は、10月に活動開始した水戸のチーム。
茨城大学の学生たちが、「病気と闘う子どもたち」の支援につながる
イベントを企画中です。

最後は、9月に結成された金沢のチームでした。
来年2月のバレンタイン・デーの頃にイベントを予定しているため、
チョコを使った交流の仕掛けについて、説明しました。

どのチームも、オリジナルな企画、
自分たちらしいイベントを模索しているので、
これから、それがどう具体化していくのかがとても楽しみです!
応援、よろしくお願いします!
posted by 神代 at 23:47| Comment(0) | 内部向けイベント

2014年11月22日

高校生インターンシップ報告イベントを開催

11月16日(日)、今年夏にブラストビートが初めて取り組んだ
「高校生インターンシップ」の報告イベントが開かれました。
会場は東京駅のすぐそば、高校生をインターンとして受け入れていただいた企業の1社、
株式会社ポイントさんの本社会議室をお借りすることができ、約100人が参加しました!

まず、基調講演をしていただいたのが、「大人の学び」を研究し、
人材育成の分野で非常に著名な東京大学の中原淳准教授。

高校生インターンイベント写真1_R.jpg

普段の会社の枠組みを超え、「越境」して学ぶことの意味などを話し、
参加者は熱心にメモを取っていました。

そして、元気よく登場したのが、都立田柄高校に通うジュリアさん。
介護施設でインターンとして、高齢者の生活のお世話をしたり、
ひたすら話相手になった経験を話します。
「とにかく楽しかった」という言葉が印象的でした。

高校生インターンイベント写真2_R.jpg

続いては、同じ高校のしのぶさん。
実は、「人見知りを何とかしたい・・・」と先生に相談したのが
インターンに参加したきっかけだったそうです。
そして、株式会社ポイントさんが展開するファッションブランドの店舗に出て、
洋服などを販売する接客に、実際にあたりました。
その中で人と接することの楽しさを実感し、少しずつ自信もつけ、
なんとこの日は、
「人見知り」どころか、
100人のお客さんの前でしっかりと自分の体験を語る姿に、
高校の先生も関心していました!

高校生インターンイベント写真3_R.jpg

2人の高校生と、高校の先生、受け入れ先の企業の担当者が並んで、
会場からの質問を受けます。

高校生インターンイベント写真4_R.jpg

最後に、このイベントをブラストビートと一緒に主催した
(一般社団法人)アスバシ教育基金の代表やゲストも加わってワークショップ。
「2025年の未来と教育のカタチ」などのテーマで真剣に語り合いました。

高校生インターンイベント写真5_R.jpg

今回、高校生を受け入れていただいた4社の企業のみなさま、
この日のイベントにご参加、ご支援いただいたみなさま、
ありがとうございました!

今後、さらに幅広いみなさまのお力をお借りして、
「高校生インターンシップ」を広げていければと思います。
posted by 神代 at 22:36| Comment(0) | 外部イベント