CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2018年夏期プログラムは6/3キックオフ!ただいま参加者募集中
https://blastbeat-e.jimdo.com

2017年06月19日

17夏シーズン「キックオフ」!顔合わせイベントを実施しました

6/18(日)!渋谷CAMPUS PLUSにて、
今シーズンのキックオフイベントを開催!いたしました。
 
今期は都心をフィールドに2つのチームが同時スタート。

メンバー、メンターの顔合わせののち、
「わがままふせん」ワークショップを実施しました。
bbinsta002.JPG

bbinsta003.JPG

なにを思ってブラビにやってきたのか。
これからジブンはどうありたい、どうしたいのか。
「我が儘」に、自分自身のことを表現できますか?
そんな問いかけをしてみました。
 
さて、100日間のプログラムのスタートです。
どんなチャレンジが待っているのでしょう。
事務局一同も、わくわくしています。

頑張れ!

130823-npo2013-25-638.jpg
posted by 山本 at 21:09| Comment(0) | プログラム

2015年11月03日

第4回イベプラ@大田区を開催しました!(後編)

夏に開催したイベプラ@大田区・後編をお届けします!
前編はこちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/blastbeat/archive/115

イベプラとは、出されたお題に沿って4〜5人のチームで
イベントを企画、告知ポスターも制作し、プレゼンもして、
そのアイデアや表現の工夫で競うゲームです。

イベプラ@大田区_写真04.JPG

今回は、高校生・大学生・社会人混合チーム。
あとで大学生や社会人にお話を聞いてみると、
どのチームも、イベントのアイデアの骨格は
高校生メンバーに任せたようです。
若い人の頭のやわらかさには毎回、驚かされます。
短時間ながら、どのチームも、依頼主3社すべての
リソースを生かす多彩なイベントを考えだしました。

イベプラ@大田区_写真07.JPG

その企画のプレゼンは、高校生メンバーに託されました。
足をガクガクふるわせながら説明する生徒や、
寸劇を盛り込みながらアピールする生徒。

イベプラ@大田区_写真08.JPG

審査員のみなさんも、そんな高校生の姿を優しく
見守りつつ、真剣に聴いてくださいました。
優勝チーム決定後、各チームのよかったところに
ふれてくださり、「そのアイデアを実現させるには
商品の特性上こんな難しさもあるんだよ」と、
専門的な話までしてくださったのもうれしかったです。

イベプラ@大田区_写真09.JPG

最後は、チームのメンバー同士でたたえあう時間。
「こんなところに助けられた」「こんなところがよかった」
と思った点を付箋に書いて、メンバー同士で交換しました。

そのなかから、社会人・大学生メンバーが、
高校生に送ったコメントを何点か紹介させてください。

「リーダー的にひっぱってくれてありがとうございます。
ちょっとまいあがってしまうところもあるけど、
めげずにいこうね」

「人の話をきくときも話すときも顔の表情がとても
よかったです。気持ちよく活動させてくれてありがとう」

「案をたくさん出してくれてありがとう。
自分の体験に基づいて話をしてくれて
親近感がわきました! おつかれさまです!」

「しっかり者の○○君、暴走気味の私を
優先順位を冷静にしっかり考えて
フォローしてくれてありがとう!」

「みんなの前でのプレゼン、立派でした!
考えるポイントをおさえてくれて企画を
考えやすかったです。アイデアもありがとう」

「△△くんは、ゆっくりじっくり思考する
タイプなんだと思いました。
冷静に場を見ることができるのは
すごいことだと思います」

「企画内容のコンセプトメーカーとして
がんばってくれました」

「いつもスマイルで、班の雰囲気を
盛り上げてくれました。そして、ポスターの文字
すばらしくよかったです♡」

「みんなの意見を静かに聞いて自分の言葉に
置きかえて考えていたまじめさに感動です」

イベプラ@大田区_写真10.JPG

高校生一人ひとりのすてきなところを
その人ならではの目線で見つけてくださった
社会人・大学生のみなさまに感謝いたします。

また、こうした場を一緒に形づくってくださった
東京実業高校・東京高校の先生方、および
赤塚刻印製作所さん、桂川精螺製作所さん
光写真印刷さんに、改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

来年の夏もぜひ開催したいです!
posted by 神代 at 01:05| Comment(0) | キャリア教育

第4回イベプラ@大田区を開催しました!(前編)

8/22(土)に、大田区にある東京実業高校で、
キャリア教育プログラム「イベプラ」を行いました。
イベプラ@大田区。毎年夏に行い、今回が第4回目です!

イベプラ@大田区_写真01.JPG

イベプラは、出されたお題に沿って4〜5人のチームで
イベントを企画、告知ポスターも制作し、プレゼンもして、
そのアイデアや表現の工夫で競うゲームです。

今回の参加者は、東京実業高校や東京高校の生徒のみなさん、
および、ファッションデザイナーや舞台美術家や
コピーライターなどさまざまな社会人と、大学生のみなさん。
総勢30数名が「学生・社会人混合チーム」で競いました。

進行役は、ワークショップデザイナーのはたけんぢさん。

イベプラ@大田区_写真02.JPG

イベントのお題を出す依頼主かつ審査員としては、
地元企業である3社のみなさまにご協力いただきました!

【赤塚刻印製作所】
〜鉄のはんこ屋さん〜
機械彫刻+0.4mmまで正確に加工できる手彫りで、
有名企業のブランドやロゴマークの刻印を担当。

【桂川精螺製作所】
〜多彩な「ねじ」ほか金属部品〜
自動車向けの大小さまざまなねじほか
バラエティあふれる金属部品を金型から製造。

【光写真印刷】
〜人と環境に優しい印刷〜
見やすい書体や色の提案、負荷の少ない紙やインク、
怪我をしにくい本など、企画から製本まで一貫体制。

イベプラ@大田区_写真03.JPG

その3社から出していただいた
イベントのお題はつぎのようなものです。

*********************************
大田区の町工場の人たちが、自分たちのものづくりを
世間の人に知ってもらうための合同イベントを計画中。
区内のどこかを会場に「10代の若者が来たくなる
目玉イベント」をつくれないか考えています。
そのイベントの企画担当が、依頼主の3社のみなさんです。
この3社で用意できるものをうまく生かして、
10代の若者が来たくなるイベントを考えてください。
*********************************

これは架空の話であり、実際にイベントは行いません。
ただし、大田区では本当に、町工場の方々が観光協会さんや
大学生と一緒に、ものづくり体感イベントを開催しています。
その名も「おおたオープンファクトリー」。
http://www.o-2.jp/oof/
イベント企画にかかわりたい人を広く募ってもいるので
(今年の募集は終了)高校生のアイデアをもとに、
本当にイベントが生まれる未来はそう遠くないはず!

さて、当日のイベプラの話に戻しますと。
高校生のみなさんは、はじめは相当緊張したようです。
うつむいたままカチンコチンに固まっている生徒もいました。

でも、企画するのは10代の若者が集まるようなイベント。
その世代である彼ら彼女らの力はチームに不可欠です。
だから、高校生のみなさんは本当にがんばってくれたし、
また、大学生や社会人のみなさんが、高校生一人ひとりの
持ち味をうまく引き出してくれたようです。

気がつけばどのチームでも、活発な議論が
行われていました。さっきまで固まっていた生徒も、
身ぶり手ぶりを交えながら社会人と話し込んでいました!

イベプラ@大田区_写真05.JPG

イベプラ@大田区_写真06.JPG

果たしてその結果は!?
(後編につづく)
posted by 神代 at 01:03| Comment(0) | キャリア教育