CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月03日

第4回イベプラ@大田区を開催しました!(後編)

夏に開催したイベプラ@大田区・後編をお届けします!
前編はこちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/blastbeat/archive/115

イベプラとは、出されたお題に沿って4〜5人のチームで
イベントを企画、告知ポスターも制作し、プレゼンもして、
そのアイデアや表現の工夫で競うゲームです。

イベプラ@大田区_写真04.JPG

今回は、高校生・大学生・社会人混合チーム。
あとで大学生や社会人にお話を聞いてみると、
どのチームも、イベントのアイデアの骨格は
高校生メンバーに任せたようです。
若い人の頭のやわらかさには毎回、驚かされます。
短時間ながら、どのチームも、依頼主3社すべての
リソースを生かす多彩なイベントを考えだしました。

イベプラ@大田区_写真07.JPG

その企画のプレゼンは、高校生メンバーに託されました。
足をガクガクふるわせながら説明する生徒や、
寸劇を盛り込みながらアピールする生徒。

イベプラ@大田区_写真08.JPG

審査員のみなさんも、そんな高校生の姿を優しく
見守りつつ、真剣に聴いてくださいました。
優勝チーム決定後、各チームのよかったところに
ふれてくださり、「そのアイデアを実現させるには
商品の特性上こんな難しさもあるんだよ」と、
専門的な話までしてくださったのもうれしかったです。

イベプラ@大田区_写真09.JPG

最後は、チームのメンバー同士でたたえあう時間。
「こんなところに助けられた」「こんなところがよかった」
と思った点を付箋に書いて、メンバー同士で交換しました。

そのなかから、社会人・大学生メンバーが、
高校生に送ったコメントを何点か紹介させてください。

「リーダー的にひっぱってくれてありがとうございます。
ちょっとまいあがってしまうところもあるけど、
めげずにいこうね」

「人の話をきくときも話すときも顔の表情がとても
よかったです。気持ちよく活動させてくれてありがとう」

「案をたくさん出してくれてありがとう。
自分の体験に基づいて話をしてくれて
親近感がわきました! おつかれさまです!」

「しっかり者の○○君、暴走気味の私を
優先順位を冷静にしっかり考えて
フォローしてくれてありがとう!」

「みんなの前でのプレゼン、立派でした!
考えるポイントをおさえてくれて企画を
考えやすかったです。アイデアもありがとう」

「△△くんは、ゆっくりじっくり思考する
タイプなんだと思いました。
冷静に場を見ることができるのは
すごいことだと思います」

「企画内容のコンセプトメーカーとして
がんばってくれました」

「いつもスマイルで、班の雰囲気を
盛り上げてくれました。そして、ポスターの文字
すばらしくよかったです♡」

「みんなの意見を静かに聞いて自分の言葉に
置きかえて考えていたまじめさに感動です」

イベプラ@大田区_写真10.JPG

高校生一人ひとりのすてきなところを
その人ならではの目線で見つけてくださった
社会人・大学生のみなさまに感謝いたします。

また、こうした場を一緒に形づくってくださった
東京実業高校・東京高校の先生方、および
赤塚刻印製作所さん、桂川精螺製作所さん
光写真印刷さんに、改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

来年の夏もぜひ開催したいです!
posted by 神代 at 01:05| Comment(0) | キャリア教育

第4回イベプラ@大田区を開催しました!(前編)

8/22(土)に、大田区にある東京実業高校で、
キャリア教育プログラム「イベプラ」を行いました。
イベプラ@大田区。毎年夏に行い、今回が第4回目です!

イベプラ@大田区_写真01.JPG

イベプラは、出されたお題に沿って4〜5人のチームで
イベントを企画、告知ポスターも制作し、プレゼンもして、
そのアイデアや表現の工夫で競うゲームです。

今回の参加者は、東京実業高校や東京高校の生徒のみなさん、
および、ファッションデザイナーや舞台美術家や
コピーライターなどさまざまな社会人と、大学生のみなさん。
総勢30数名が「学生・社会人混合チーム」で競いました。

進行役は、ワークショップデザイナーのはたけんぢさん。

イベプラ@大田区_写真02.JPG

イベントのお題を出す依頼主かつ審査員としては、
地元企業である3社のみなさまにご協力いただきました!

【赤塚刻印製作所】
〜鉄のはんこ屋さん〜
機械彫刻+0.4mmまで正確に加工できる手彫りで、
有名企業のブランドやロゴマークの刻印を担当。

【桂川精螺製作所】
〜多彩な「ねじ」ほか金属部品〜
自動車向けの大小さまざまなねじほか
バラエティあふれる金属部品を金型から製造。

【光写真印刷】
〜人と環境に優しい印刷〜
見やすい書体や色の提案、負荷の少ない紙やインク、
怪我をしにくい本など、企画から製本まで一貫体制。

イベプラ@大田区_写真03.JPG

その3社から出していただいた
イベントのお題はつぎのようなものです。

*********************************
大田区の町工場の人たちが、自分たちのものづくりを
世間の人に知ってもらうための合同イベントを計画中。
区内のどこかを会場に「10代の若者が来たくなる
目玉イベント」をつくれないか考えています。
そのイベントの企画担当が、依頼主の3社のみなさんです。
この3社で用意できるものをうまく生かして、
10代の若者が来たくなるイベントを考えてください。
*********************************

これは架空の話であり、実際にイベントは行いません。
ただし、大田区では本当に、町工場の方々が観光協会さんや
大学生と一緒に、ものづくり体感イベントを開催しています。
その名も「おおたオープンファクトリー」。
http://www.o-2.jp/oof/
イベント企画にかかわりたい人を広く募ってもいるので
(今年の募集は終了)高校生のアイデアをもとに、
本当にイベントが生まれる未来はそう遠くないはず!

さて、当日のイベプラの話に戻しますと。
高校生のみなさんは、はじめは相当緊張したようです。
うつむいたままカチンコチンに固まっている生徒もいました。

でも、企画するのは10代の若者が集まるようなイベント。
その世代である彼ら彼女らの力はチームに不可欠です。
だから、高校生のみなさんは本当にがんばってくれたし、
また、大学生や社会人のみなさんが、高校生一人ひとりの
持ち味をうまく引き出してくれたようです。

気がつけばどのチームでも、活発な議論が
行われていました。さっきまで固まっていた生徒も、
身ぶり手ぶりを交えながら社会人と話し込んでいました!

イベプラ@大田区_写真05.JPG

イベプラ@大田区_写真06.JPG

果たしてその結果は!?
(後編につづく)
posted by 神代 at 01:03| Comment(0) | キャリア教育

2015年02月02日

都立戸山高校で刺激的な授業の時間をいただきました!

1月31日の土曜日、
東京都立戸山高校で授業の時間をいただきました。
生徒は文部科学省指定の「スーパーサイエンスハイスクール」の
課程で学ぶ高校1年生の希望者21人です。

ブラストビートでは、
「イベプラ」と名付けたイベント企画のワークショップを
東京都教育委員会「都立高校生の社会的・
職業的自立支援教育プログラム事業」のひとつとして、
一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会と
協働して実施してきました。

写真 (2).JPG

ただ今回、これまでとちょっと違うのは、
事前に担当の先生と相談して、
かなり難しいテーマを設定したことです。
なんらかのイベントを企画するのではなく、
次の課題を解決する方策を考えるのです。

「ブラストビートに共感し、支援してくれる“支援者”
 (サポーター会員や資金を提供してくれる法人会員)を増やしたいと
 考えており、そのために有効な施策の提案をして下さい。
 使える予算は50万円以内です」

使ったのは、PCが配備された教室。
まずはネットでの調査から始まります。
ブラストビートについて分からないことがあれば、
松浦代表が質問に答えます。

写真 (3).JPG

ネット調査と並行して、4人〜5人ごとに分かれたグループで議論。
・お金を出してくれるターゲットは?
・企画の内容は?
・費用の見積もりは? それに対し、どれぐらいの効果が見込めるか?
こうした点を考え、プレゼンにまとめます。

制限時間は、すべて含めて60分。
社会人がやっても大変だと思いませんか?

写真 (1).JPG

60分はあっという間に過ぎ、キーワードを紙に印刷、
5つのグループごとに次々とプレゼンします。

特にユニークだったのがこのチーム。
この写真の左側、
「ターゲット層 30代独身」と書かれているのが読めますか?

写真.JPG

婚活する30代をターゲットに、
高校生が合コンを運営する仕組みを提案しました。
ブラストビートがアレンジする合コンで結婚する人がいれば、
その人たちだけでなく、その子どもやさらに孫の世代まで、
ブラストビートの支援者になってくれるのではないかという企画です。
合コンを開いて、そのご縁で結婚して、子どもができると・・・。
実際にブラストビートの活動資金を支援いただけるようになるのは
何年後だろう(笑)と思いますが、
アイデアとしては素敵ですよね!

プレゼンなので、
その場で企画の新規性や価値、実現性を評価させてもらいました。
そして、5つのチームの中で最優秀に選ばれたのはこちら。

写真 (4).JPG

一口で紹介するのは難しいのですが、
伝統文化の世界や農業など、後継者となる若者が不足しがちなところに
若者をマッチングする事業をブラストビートが行うという提案でした。
社会的なニーズから発想してお金を生みだす流れを考える点で、
5つのチームの中で一番実現性がありそうな点が評価されました。

今回、こういう機会をいただいて、
イベント企画を考えるいつものワークショップに加えて、
さまざまなテーマや難易度の設定の工夫次第で、
面白い学び方がいろいろありうることを実感しました。
もっといろいろと挑戦してみたいです!
posted by 神代 at 22:30| Comment(0) | キャリア教育

2014年10月12日

「高校生インターンシップ」初めて実施

9月28日、都立高校と私立高校の高校生7人が都内のオフィスに集まりました。
8月に行った「高校生インターンシップ」のまとめ学習のためです。

koukousei-intern1_R.jpg

これは、NPO法人アスクネットが愛知県で立ち上げ、
アスバシ教育基金がいま全国各地に広げようとしているもので、
東京では今年初めてブラストビートが中心になって実施しました。

高校生たちは事前に集まって基本的なマナーなどを学んだ後、
洋服販売、花屋、アプリ開発のIT企業、介護施設と、
それぞれ希望した職場に入り、2日から3日間、働きました。
この日は、その経験をまとめて報告し、みんなで共有する日です。
受け入れ先の企業からも社会人が出席し、高校生の発表を見守ります。

写真のホワイトボードに張ってある紙に注目して下さい。
職場に入る前、どんな体験がしたいか、高校生が目標を書いたものです。

koukousei-intern2_R.jpg

発表に立ったあいあいさんの目標は、「自分でアレンジした花束を売る」
あこがれの花屋さんで働けることになったからです。

ところが・・・。
手に持っている画用紙に何が書いてあるか、読めますか?

koukousei-intern3_R.jpg

想像していた仕事ではなかった
→力仕事 バケツ


きれいな花が店先に並ぶまでには、とても手間のかかる作業があり、
バケツを持っての力仕事が大変だったのです。

正直に言って、『こんなはずじゃなかった。帰りたい!』
そう思った瞬間もあったそうです。

でも、がんばって働いていると、
きつい仕事の中でもアットホームな雰囲気が楽しかったり、
働くことにはお金以外にも、たくさんの意味がある、と実感。
「花の数だけ しあわせがある」と自分の体験をまとめました。

働くことの意味を文字通り、体感できたようですね。


さらに驚かされたのが、このまとめ。

koukousei-intern4_R.jpg

洋服の販売に立った高校2年生が書いたもの。
しかも、日本語があまり得意とはいえない外国人の女子高生です。

販売員の仕事について、
商品を説明して、服を売るのが仕事だと思っていたが、
実は、
お客さんのニーズを知り、短い会話で良いコーディネートを提案し、
お客さんを喜ばせるのが本当の仕事
だと気付いたというのです。


IT企業に行った高校生は、アプリの開発に没頭し、
介護施設で働いた高校生は、お年寄りとしゃべり続けました。

ひとりひとりの経験を紹介しきれないのが残念なぐらい、
たくさんの学びを持ち帰ってくれたことは確かです。

koukousei-intern5_R.jpg
posted by 神代 at 22:32| Comment(0) | キャリア教育

2014年08月31日

イベプラ@大田区を開催しました!

7/26(土)に、大田区にある東京実業高校を会場に、
キャリア教育プログラム「イベプラ」を行いました。
題して、イベプラ@大田区!

016_1.JPG

イベプラとは、企業から出されたお題に沿って、
参加者が3〜4人のチームに分かれてイベントを企画し、
その内容をポスターとプレゼンで表現、
ポスター投票とプレゼン審査で優勝チームを決めるゲームです。

今回の参加者は、東京実業高校や東京高校の生徒をはじめ、23名のみなさん。
講師を務めたのは、普段Web制作会社に勤務しながらも、
お笑いライブへの出演や自主イベント開催など幅広い活動をしている
“のぶさん”こと山本さん。

001_1_1.JPG

そしてイベントのお題を出す依頼主として、
NPO法人ワップフィルムの理事長、高橋さんにもいらしていただきました!

さてさてその依頼主であるワップフィルムさんとはどんな団体なのでしょう?
ざっくりと説明させていただくと、主につぎの3つ活動を展開されています。

(1)市民参加型の映画制作
 地域にかかわる人が、地域の魅力を自分たちで考え、
 映画をつくってみずからその魅力を発信。
(2)フューチャーセッション
 その映画を地域で上映し、見て刺激を受けた人たちが、
 その場で地域の未来をさらに話し合う。
(3)キネマフューチャーセンター
 映画や地域の未来について興味ある人が自由につどえる場を、
 大田区のキネマ通りで運営。

011_1.JPG

まとめるなら、映画を通しての「まちづくり」や「地域活性」に
取り組まれている団体です。そのワップフィルムさんから、
『自分たちの活動の力になる、ほにゃららなイベント』を考えてください、
というお題を出してもらい、参加者のみなさんに考えていただいのです。

お題がわかった瞬間、
「むずいよ」という表情をあらかさまに浮かべた参加者も多かったので、
個人的には大変ドキドキしましたが、
終わってみれば「10代や20代前半の頭のやわらかさはすごいな」と思うことばかり。
もっとも、ワップフィルムの高橋さんからは、
「すごくいいイベント企画だけど、実はこれ、もう私たちがやっているんだ。
だから新規性は低いかな」というシビアなご意見もありましたが。
でも裏を返せば、高校生中心の参加者が短時間で考えたアイデアが、
大人のアイデアにひけをとっていなかった、ということでもあると思うのです。

034_1.JPG

プレゼン審査のあとで、ワップフィルムの高橋さんがご自身のご経験も踏まえて、
一つひとつのチームにコメントしてくださったのですが、
そのお話がすごくリアリティがあり、
各チームとも自分たちのアイデアがどう受け止められたのか真剣に耳を傾けていた、
というのが印象的でした。

来年の夏もぜひまたこうしたプログラムを開催したいです。
ワップフィルムさんのサイトはこちら!
http://wupfilm.jimdo.com/
posted by 神代 at 21:00| Comment(0) | キャリア教育