CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月22日

高校生インターンシップ報告イベントを開催

11月16日(日)、今年夏にブラストビートが初めて取り組んだ
「高校生インターンシップ」の報告イベントが開かれました。
会場は東京駅のすぐそば、高校生をインターンとして受け入れていただいた企業の1社、
株式会社ポイントさんの本社会議室をお借りすることができ、約100人が参加しました!

まず、基調講演をしていただいたのが、「大人の学び」を研究し、
人材育成の分野で非常に著名な東京大学の中原淳准教授。

高校生インターンイベント写真1_R.jpg

普段の会社の枠組みを超え、「越境」して学ぶことの意味などを話し、
参加者は熱心にメモを取っていました。

そして、元気よく登場したのが、都立田柄高校に通うジュリアさん。
介護施設でインターンとして、高齢者の生活のお世話をしたり、
ひたすら話相手になった経験を話します。
「とにかく楽しかった」という言葉が印象的でした。

高校生インターンイベント写真2_R.jpg

続いては、同じ高校のしのぶさん。
実は、「人見知りを何とかしたい・・・」と先生に相談したのが
インターンに参加したきっかけだったそうです。
そして、株式会社ポイントさんが展開するファッションブランドの店舗に出て、
洋服などを販売する接客に、実際にあたりました。
その中で人と接することの楽しさを実感し、少しずつ自信もつけ、
なんとこの日は、
「人見知り」どころか、
100人のお客さんの前でしっかりと自分の体験を語る姿に、
高校の先生も関心していました!

高校生インターンイベント写真3_R.jpg

2人の高校生と、高校の先生、受け入れ先の企業の担当者が並んで、
会場からの質問を受けます。

高校生インターンイベント写真4_R.jpg

最後に、このイベントをブラストビートと一緒に主催した
(一般社団法人)アスバシ教育基金の代表やゲストも加わってワークショップ。
「2025年の未来と教育のカタチ」などのテーマで真剣に語り合いました。

高校生インターンイベント写真5_R.jpg

今回、高校生を受け入れていただいた4社の企業のみなさま、
この日のイベントにご参加、ご支援いただいたみなさま、
ありがとうございました!

今後、さらに幅広いみなさまのお力をお借りして、
「高校生インターンシップ」を広げていければと思います。
posted by 神代 at 22:36| Comment(0) | 外部イベント

2013年08月24日

「高校生コネクト2013」に参加してきました!

こんにちは!取材班のかべです^^
実は昨日、同じく取材班のひかりさんと、事務局のしげみんさん、きーこさんと4人でNPO法人NEWVERY主催の「高校生コネクト2013」というイベントに参加してきました!
(HPはこちら→http://wdcv.net/special_event/index.html )


---------「高校生コネクト2013」とは?----------------
高校生が
様々なスタイルのNPO・企業・学生団体とつながり
自分に合った挑戦のスタイルを見つけ
高校卒業前に、自分のやりたいことを見つけ出す。
そんなイベントです。

安定した公務員、リストラのない大企業、偏差値による大学選び など「誰かの用意した答え」による進路選択が広がる中

自分の「やりたいこと」で進路選ぶ。
高校卒業後、自分なりの問題意識や目的を持って社会に働きかけていく。
そして、誰かの用意したものではなく、常に“自分”で答えを考える。

本イベントを通して、そんな高校生がひとりでも増えればと願っています
----------------------------------------------------------------

お昼過ぎに始まったこのイベント。
会場にはたくさんの高校生が集まってくれていました!

8グループに別れ、まずはグループ内自己紹介。
私のグループには、高校生が5人いたのですが、アイスブレイクのおかげで記憶力が悪い私もすぐに名前を覚える事が出来ました!笑
高校生のうちから既に学生団体に所属している子もちらほらいて、ビックリ…!
みんなアクティブですね> <

1238067_699140966779044_721035899_n.jpg
全6団体がプレゼンを行いました


1170650_527671347304670_1137383988_n.jpg
ブラストビートのプレゼンをするかべちゃん


プレゼンテーションは1団体につき5〜10分。
1番手は『こども国連環境会議推進協会 - JUNEC』
2番手は『WEEKDAY CAMPUS VISIT』(NPO法人NEWVERY)
『NPO法人ブラストビート』は3番手でした!

高校生対象ということで、今回のプレゼンターは高校3年生のときにプログラムに参加した私(かべ)が担当♪
自己紹介から始まり、ブラストビートの説明などはもちろん、プログラムに参加したキッカケや自分が得たものなど、かなり個人的なストーリーをお話しさせてもらいました^^
みんなが耳を傾けてくれていて本当に嬉しかったです。


プレゼン資料(※微修正版&自戒を込めて)


続いて4番手は『NPO法人夢職人』
実はブラストビートのプログラムを一緒にやっていた女の子がこのNPOで今も活動しています。
まさかここで再会できると思ってませんでした!笑

5番手は『Teen for 3.11』
6番手は『合同会社 和-なごみ ~現役高校生が経営する会社』で、独特な語りがとても印象的でした!
( http://ameblo.jp/obakazuwakayama/ )

1003527_699141116779029_1747372413_n.jpg
プレゼンの後はブース説明


6団体のプレゼンテーションが終わった後は、それぞれの団体に別れたブース説明!
ブラストビートにもたくさんの高校生が話を聞きにきてくれました!
みんなパワフルな子ばかり♪
ブラストビートに挑戦してくれる日が楽しみです^^

ブース終了後は最初のグループに戻り、グループトーク
今日の学びや将来の夢、今何をしたいかなど、自分の考えていることや思っている事をシェアしました。
最初は緊張気味だった女の子の顔もちょっと穏やかになっていて安心安心♪

1237938_699159143443893_1831811523_n.jpg

集合写真


皆さん、自分が挑戦してみたい!と思えるものには出逢えたのでしょうか^^
別にそれはブラストビートでなくても良いから、「高校生のうちから何かをしたい!」って気持ちを大事にしていってほしいなぁって思います。
またいつか、このイベントで会えた高校生たちに会いたいです^^

それがブラストビートでの再会だったら尚更嬉しいですね!
もうすぐ冬プログラムの募集が始まりますよ!!笑

イベントに呼んでくださったNPO法人NEWVERYさん、そして取りまとめをしてくださった山本さん、来てくださった高校生の皆さん、本当にありがとうございました!
posted by Blabin at 11:19| Comment(0) | 外部イベント

2013年08月04日

夏休みの高校で、小学生まで参加して「イベプラ」開催!

7月31日(水)、夏休みの東京実業高校にて、「イベプラ」を実施してきました!

「イベプラ」とは=「イベント・プランニング・トーナメント」。
企業から出された「お題」に沿って、
「お客さまにとっても企業にとっても魅力的なイベント」をチームで企画。
イベント内容を伝えるポスターの制作や、決戦プレゼンを行い、
参加者による投票と社会人の審査によって優勝を決めるゲーム的なワークショップです。
(詳しくはこちら:http://bb-career.jimdo.com

282_1.JPG

通常のブラストビートのプログラムでは、
約3ヶ月という期間で「会社設立・音楽イベント企画運営・
イベントの利益の25%以上を寄付」までを行ないますが、
この「イベプラ」では、学校の授業の2コマ分など短時間で、
「チームワーク」「ビジネス視点の厳しさ」「自分の好きや得意」などに
気づく体験ができます。

今回のイベプラには、東京実業高校の学生や他の高校の学生、
大学生や小学4年生も1名参加し、約30名で実施しました。
そして審査員には、ライターや出版社、フリーアナウンサーの方などに
ご協力いただきました。

069_1_1.JPG
今回初めて、2人の講師が、2教室に分かれて、同時進行する形に挑戦しました!
235_1.JPG

今回の「お題」は、
「ある携帯電話会社から依頼がありました。
会社の商品・サービスを多くの高校生・大学生に知らせるイベントを企画し、
そのポスターを作成してください」というもの。
会社のサービス内容から発想して、
それにふさわしいイベントを企画するという難題です。

まずは 「作る」・「伝える」・「支える」という、
仕事の大きな3つの役割をチーム内で分担し、
チームでのディスカッションに入りました。
メンバーの様々なアイデアを1つの企画にまとめ、
企画の魅力を伝えるポスター作りまでを時間内で仕上げる、という課題に、
みんな苦戦しながらも自由に意見を言いあったり、
とても熱心に取り組んでいました。

111_1_1.JPG

「クイズ形式の楽しい勉強アプリの宣伝イベント」
「携帯の耐久性実験の参加型イベント」などなど、
自由でユニークな企画がたくさん出ていました。

272_1.JPG
他のチームが作ったポスターをみて、新たに気づくことも・・・。


イベプラを終えたアンケートでは、

・「大人数でアイデアを出し合うのは、とても楽しいことだと思いました!」

・「イベントを企画することの楽しさと、難しさを学べました。」

・「1つの企画を考えるだけでも、とても大変だったが、
 社会人の皆さんはこれを当然のようにやっていると思うと、とてもすごいと思う。」

・「役割分担をすることで、各自が責任を持って仕事ができることを学べた」

・「色んな人がいて、その人には独自の考えがある。
 自分の考えだけが正しいと思ってはいけない。その事を学びました。」

など、それぞれに違った気づきを得たようです。

得意ではない「イラスト」に挑戦してみたり、
初めての「プレゼン」に挑戦してみたり、
高校生の柔軟でたくましい姿にこちらが元気を分けてもらえるような、素敵な一日でした!^^
posted by Blabin at 12:49| Comment(0) | 外部イベント

2013年03月05日

ブラストビート3周年記念パーティー (2013/03/03 Sun)


こんにちは、カメラマンを務めさせてもらったもえです。

この度、ブラストビートは無事3周年を迎えることができました。
それにあたり3つづきということで3月3日の日曜日に記念パーティーが開かれました!

3周年.JPG
代表の松浦さんは正装ということで、和服で登場!

合間合間に歓談をはさみながら、パーティーは和やかに進みました。

写真.JPG

前回のプログラムで活動したプログラムのいくつかが紹介されました。
そのチームの1つ、Apollo (写真:)
昨年夏にイベントを開催し、東北大震災で被災したライブハウスへの寄付など
成果報告が行われました。


松浦さん話.JPG

今まで延べ参加者数が300人を超えるブラストビート、
そんなブラストビートの3年間の歩みが代表松浦さんによって語られました。
その一部を紹介させていただきます。

"人はなんのために産まれ生きるのか、小さい頃からずっと考えてきました。
あえて答えを言うならば、経験と感動をつみ心の器を広げるためだと考えています。
そんな僕にとってブラストビートは諦めるわけにはいかない答えのない課題にチャレンジする場です。
とはいえ、楽しくわくわくする場でなくてはいけないなとも思っています。
今後も負荷は強いが、大きく成長し続けられる場にしていきたいと思います。

でもかなり失敗もしてきました。
ライブまでいかないチームがあったり、
参加者からこれ以上ブラストビートを広げないでと泣かれたり、
解散も考えて合宿もしたり、
とブラストビートは、チャレンジ、そして「失敗」の歴史です。

これからもこんな松浦たちと一緒に答えのない難解にワクワクしながらチャレンジしませんか?"

(そんな松浦さん、現在大学1年生でもあり、今年の目標は単位を取ることだとか・・・!)


ライブ.JPG

そして、今までプログラムで行われたきたライブの中でも、特に反響の大きかった2組のアーティストさんのライブがありました!

1組目は大山泰輝さんと山田ネオ君 (写真:)
ピアニストとして活動し、メンターもつとめた経験のある大山泰輝さん、ジャズオルガニストとして活動をしている山田ネオくんのジャズセッション!

2組目はスーダラ少年 (写真:)
ブラックミュージックに影響を受けたボーカル率いるバンドで、4月にはワンマンライブが決定しているそうです!


集合.JPG
最後に全員集合。

これからもブラストビートをよろしくお願いします!

posted by Blabin at 16:49| Comment(0) | 外部イベント

2013年02月17日

国際的な教育プログラムと協働した報告会が開かれました

以前、このブログで紹介したとても国際的な教育プログラムがあるのですが、
http://blog.canpan.info/blastbeat/archive/54
日本の教育が抱える問題とブラストビートの活動を研修のテーマとしつつ、
アメリカのスタンフォード大学などで研修するものです。
http://www.viaprograms.org/
20130216_VIA4.JPG

数か月がかりの本格的な研修を終え、
その成果報告の会が、2月16日に早稲田大学で開かれました。
20130216_VIA1.JPG

そして、この写真の3人を含む学生のチームが、
ブラストビートの新しい事業展開を考えてくれました。
勉強以外のことにも興味を持ち、気付きを得るための仕掛けとして
職業体験ができる「リアル人生ゲーム」を作ってはどうかというものでした。

発表内容に対して、ブラストビート代表の松浦さんが講評。
20130216_VIA2.JPG

日本の教育が抱える問題への意識はいいものの、
もっといい企画にしていくには
人生ゲームを実際に作ってみて、誰かにやってもらって、
また改良して・・・というような、
”プロトタイピング”をどんどん回す必要があるのではないかと
厳し目のコメントもありました。

そうですよね。
企業の商品開発でも、教育の教材作りでも、
作っては壊し、進化させ、また作っては壊し・・・
みたいなプロセスをどれだけ早く回せるかが、
開発のスピードと質を決めるんでしょうね。

この日は、他のNPOの活動を研修テーマとしたグループの発表や
これからアメリカに行く次期プログラムの参加者も一緒になって
「いったい自分は何を学んできたのか」を掘り下げる時間になりました。
20130216_VIA3.JPG

自分が学生の頃(かなり昔ですが・・・笑)にも、
こういうプログラムがあったら良かったのにな、と思った1日でした♪
posted by 神代 at 21:30| Comment(0) | 外部イベント