CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月18日

2017冬期 プログラム参加メンバー募集中!

皆様のご支援をうけ、2017夏プログラムは、
無事に2チームとも音楽ライブを実現することができました。
改めまして、ご支援いただいた皆様、心より御礼申し上げます。
 
DSCF1367.JPG
 
IMG_0094.JPG
 
IMG_3928.JPG
この熱気を、この元気を、次のシーズンにつなぎ
また新たなメンバーで、また新たなチャレンジをしてまいります!
__________________________
 
■ ブラストビート2017年度 冬期プログラム
■ 学生向け「参加説明会」

詳細 https://blastbeat-e.jimdo.com/

10月19日(木)を皮切りに、随時開催しております。
チャレンジプログラムは12 /17(日)よりスタート予定。


当日は、イベント企画が体感できる「ブラビdeトランプ」で遊びながら
チャレンジの内容について、団体について、お話いたします。
___

高校生・大学生だけでなく、過去には大学院生や、
浪人生、フリーターの方も参戦実績があります。
「チャレンジしたい若い世代を応援したい」というのが
我々ブラストビートの本懐であり、ずっと変わらぬスタンスです。
 
興味がある!というみなさまには、
ぜひお気軽に「説明会」にご参加いただきたいです。

また、もうオトナになっちゃってるよ…という皆様には、
学生のご家族・ご友人がいらっしゃれば、
ぜひお薦め・お誘い合わせいただきたいです。

ライブづくりを通し、ビジネスのリアル、社会との接点、そして
「自分が変わっていく、伸びていく、強くなっていく」瞬間を
しっかりと感じることができると自負しています。

もともとアイルランドから始まり、
海を渡ってきた、この「次世代のためのプログラム」を、
これからも、未来へ、全国へ。
___
posted by 山本 at 00:30| Comment(0) | プログラム

2017年07月31日

7/30「中間プレゼン大会」にて、多数のOB、OG、支援者の皆様と。

キックオフから49日後。
ちょうどプログラムは折り返し地点に入ります。

本日は、6月にキックオフした2つのチームが
これまでの成果と、自信が世に出したいライブイベント企画を
みなさんの前でプレゼンテーションする日。です。
会場もう少し広いところにすればよかったかも…と感じるくらい
たくさんの!みなさまにお越しいただきました。

2A9B7A49-335E-4247-AB00-765855EA8BBF.jpeg

適度な緊張感?のなか、まずはteamA「真夏のサンタ」が
若者を元気にするライブ!!を掲げ、これまでの活動をアピール。

続きましてteamBが、
「誰より私たち自身が、日々感じているリアルを、同世代に向けて発信する!」
という、企画への熱いアピール。

7052AE4B-807C-4F8F-A156-3DF375E742FC.jpeg


それぞれのプレゼンテーションのあとは、小グループに分かれての
フィードバックタイムを実施しました。
すべての来場者が、ふたつのチームのメンバーそれぞれと
必ず直接、声を交わすことができるように、場所を大きく使いました。


F29B483C-C5CA-471D-91F8-33D661804625.jpeg

68A23FB3-0A9D-4600-883E-4C104F89FC5E.jpeg


この日、この場で、生まれたコミュニケーションのなかから
少しでも多くの 「声」が、
よりよい形で、学生メンバーのみなさんのお手元に届いていれば
いいなぁ・・・と、事務局一同、願っています。

さて、次にみなさんにお会いするのは…
ライブ の 本番 かな ?!




posted by 山本 at 23:58| Comment(0) | プログラム

2017年06月19日

17夏シーズン「キックオフ」!顔合わせイベントを実施しました

6/18(日)!渋谷CAMPUS PLUSにて、
今シーズンのキックオフイベントを開催!いたしました。
 
今期は都心をフィールドに2つのチームが同時スタート。

メンバー、メンターの顔合わせののち、
「わがままふせん」ワークショップを実施しました。
bbinsta002.JPG

bbinsta003.JPG

なにを思ってブラビにやってきたのか。
これからジブンはどうありたい、どうしたいのか。
「我が儘」に、自分自身のことを表現できますか?
そんな問いかけをしてみました。
 
さて、100日間のプログラムのスタートです。
どんなチャレンジが待っているのでしょう。
事務局一同も、わくわくしています。

頑張れ!

130823-npo2013-25-638.jpg
posted by 山本 at 21:09| Comment(0) | プログラム

2015年06月21日

2015年のプログラムがキックオフ!

今年のブラストビートのプログラムが始まりました!
ブラビの広報誌「Zoo's ZZZ」の編集長で、
メンター経験者のあにーからの報告です。

==============
本日(6月21日)、2015年春期プログラムのキックオフが
国立オリンピック記念青少年総合センターで行われました。
今回は、(仮称)南チームと北チームの2つの会社がスタートします!

まずはチェックインとして自己紹介を行い、
今期のスケジュールや決まりごとについて確認した後、
司会のすこっちが、
ブラストビートのプログラムで、大切にしたいことについて話しました。

20150621-1.JPG

「まず、ワクワクや楽しさを大切にしてください。
そのために失敗を恐れず、
”できること”より”やりたいこと”に挑戦してください。
楽しいからこそ本音をぶつけられるものです。

2つ目に、自分の三ヶ月を大切にしてください。
参加した自分の最初の意思を大切にしてください。
途中で、なにか違うかなということがあるかもしれませんが(笑)
それも楽しんでください。
他人のせいにせず、忙しさのせいにせず、
最後までやりとげよう。自分しか自分を幸せにできません。
でも一緒に過ごす仲間とは、
お互いへの感謝とリスペクトを忘れないでください。

3つ目。ブラストビートに「正解」はありません。
なので自分たちで正解をつくりだしましょう。
誰かの機嫌を取る必要はありません。
本気でやってもうまくいかないことはたくさんあります。
でもどうせなら、失敗を恐れず全力で
学生の今だけしかできない最高の経験をエンジョイしよう!

最後に、このプログラムが終わった後は
一生の仲間になってほしいなと思います。
本音でぶつかりあうのも、音楽イベントも、そのためです」

20150621-5.JPG

次に、チームごとに分かれ、お互いのことをよく知るために、
これまでの人生のアップダウンを簡単にまとめた「自分グラフ」という
グラフを書いて、順番に発表しました。
いじめや不登校、部活やバンド、恋愛や留学など様々なできごとを
お互いに打ち明けました。
個人的にはブラストビートが終わった時、
どんなグラフになっているのか楽しみです(笑)

20150621-2.JPG

そしてチームビルディングの一貫として、
「初対面の人とすぐに仲良くなる方法」をテーマにブレストしました。
アイデアの実現可能性は考えず、どんどんアイデアの数を出す競争です。

20150621-3.JPG

20150621-4.JPG

終了後、各チームで一番面白いと思ったものを共有しました。
南チーム「消しゴムを落とす」「”女々しくて”を踊って反応をみる」
    「興味津津なフリをする」
北チーム「ハンカチを落とす」
すこっち「そのノリで、3ヶ月切り抜けましょう!笑」

最後に、各チームで第1回ミーティングを行い、
今後のミーティングの日時や場所をきめてひとまず解散。
このあと、さっそくご飯に行くチームも、、、︎

次回みんなで集まるのは1カ月後の企画プレゼン大会です。
どのように変化しているか楽しみです♪♪
posted by 神代 at 23:15| Comment(0) | プログラム

2015年02月01日

「合同チケット販売会」開催しました!

2月1日、「合同チケット販売会」と名付けたイベントが開催されました。
11月に今期のプログラムがスタートしてから2カ月あまり、
名前の通り、プログラムに参加する各チームに、
企画した音楽イベントのチケットを売り込んでもらおうと開いたものです。

過去のプログラム参加者やメンターに加えて、
ブラストビートに興味のある外部の方もお招きしました。
今後、プログラムに参加したいという高校生も来てくれて、
約40人のイベントになりました。

最初にプレゼンしたのが、
WASICOと名付けたチームの高校生社長。

A写真 (15).JPG

実は、準備したパワーポイントのプレゼン資料があったのですが、
それを使いませんでした。
企画していたイベントの内容に自信が持てないと、
開催日時や内容の再検討をこの場で発表したのです。

会場からの質問を受け付けると、
ちょっと文字にしにくいほどの厳しい言葉もありました。

B写真 (14).JPG

お客さんやアーティストの信頼を失うようなことをすれば、
イベントは成り立たない・・・。
本当に想いがあるように見えない・・・。

期待しているからこそ、厳しい言葉が飛び交います。

続いては、もうひとつのチーム、μ connect
副社長の大学生がプレゼンします。

C写真 (13).JPG

コンセプトは「近距離クラシック」。
通常のオーケストラと客席の位置関係ではなく、
すぐ目の前で楽器の音色に耳を傾けたり、指の動きを見たり、
そんなことができるイベントです。

アイデアは面白いと思うのですが、
解決すべき課題は山積みで、具体的に詰められていません。
そのため、「チケットを売る」ところまでは、まだまだ・・・。

プレゼンと質疑の後は、30分強のフリータイム。
メンバーの学生たちは会場の社会人にアドバイスを求めたり、
チケットを売る時のために連絡先を聞いたり、大忙しです。

そして最後、予定していなかったことがありました。

厳しい言葉を浴びたチームの大学生から、少し時間が欲しいと話があり、
一歩踏み出す勇気が持てない同世代の若者が、
踏み出す勇気を持てるようなイベントを開きたいと、
あらためて熱く決意を訴えたのです。

D写真 (11).JPG

「チケット販売会」といいながら、
チケットを売れるところまでは至っておらず、
まだまだ乗り越えるべき山はたくさんありそうです。

でも、といいますか、
だからこそ、
その山を乗り越えてどんなところにたどりつくのか、
どこまで行けるのか、
楽しみに待ちたいと思います!

E写真 (10).JPG
posted by 神代 at 21:30| Comment(0) | プログラム