CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月12日

2018夏【第14期】のプログラムがスタートしました!

初夏の風吹く、2018年6月3日、日曜日。
いよいよブラストビート14期生たちのキックオフの日を迎えました!!
 
DSCF2685.jpg
 
今回は都心各所から集った21名のメンバーたちで、3チーム構成にてスタートです。
高校一年生から大学院生まで、男女も学系も幅広く、その興味の幅も広く。
いつもブラストビートが大切にしている「多様な仲間」との「協働」を実践することで、いまここで、自分たちにしかできないものを作る、そんな100日間のスタートです。
 
前回のキックオフから、「リベリウム」というバランスゲームをアイスブレイクタイムにプレイしています。
 
34485952.jpg
 
一枚一枚、挿さっていくカード。
今、ここでしかできないカタチができていきます。
上手く行かなくて崩れてしまっても、またやり直せば問題ない、
でも、同じものは二度とつくれない。
一枚一枚を、ていねいに。いまここにあるカタチを大切に。

DSCF2683.jpg

… なんて難しいこと言ってますけど、ゲームです。はい。笑

___
 
チームごとに分かれて、お互いを知る時間。
 
34216338.jpg
 
DSCF2747.jpg
 
そして、だんだん定着してきました、
「わがままふせん」のコーナー。
私は、ぼくは、何をしにきた!こうしたい!を、ただただ、書き連ねていきます。
 
DSCF2750.jpg
 
002.JPG
 
このワークショップは、ちょうど1年前、12期から実践しています。
 
わたし自身が、何を望み、何を考えているのか、を、書いてみる。
他のみんなは、何を望み、何を考えているのか、に、触れてみる。
 
同じことを考えている人がいる。
ぜんぜん違うことを言う人もいる。
 
大切なのは、まず、それが、それぞれの内にとどまらず、
「みんなに見えるかたち」になること。
 
活動の1日目、チームとしての第一歩、としてのワークです。
_____
 
さあ、今日からは、各チームごとの活動のスタートです。
次に全員が顔を合わせるのは、7月末の「中間プレゼンイベント」。
どのように考え、何を望み、どんなイベントとしてカタチにするのか。チームそれぞれの個性を活かし、カラーのあるものを作って欲しいです!!
事務局一同、期待しています!
 
34340897n.jpg
 
ほんとに、ほんとに、がんばれ!14期生たち!!
 
posted by 山本 at 17:47| Comment(0) | プログラム

2018年01月20日

ブラビ初、「群馬チーム」!活動レポート

この2017-18冬期シーズンは、NPO法人ブラストビートでは初となる
「群馬チーム」
が発足、寒風ふきすさぶ冬の北関東にて、元気に活動中なのでございます!
  
きょうは群馬チームの活動をレポートするため、高崎駅までお邪魔いたしました。
 
IMG_0094.JPG
SL走ってるんですね。知らなかった。。。( ・∀・)
 
群馬チームは高校生3名、大学生3名の高大混合チームです。
ただ、一人は栃木県内から群馬の高校に通っているそうです。
大学生はみな高崎の某大学の学生さん。

主にmtgの開場となっているのは、高崎駅すぐの公民館会議室。
IMG_0098.JPG

ホワイトボードもあって便利です。いい場所が見つかってよかった!
今後も定期的に利用できそうで、事務局サイドも少しほっとしました。
定例ミーティングの環境、大事ですからね。
 
IMG_0111.JPG
 
LIVEのイメージを具体的にふくらませる事と同時に、
やはり「自分たちがどんなチームであるか」が
大切になってきそうですね。
 
サービスもエンタメも、たくさんの選択肢のなかから自由に選べる現代において、
「誰が」「何を思って」「なぜ」やっているのか、という
【ものがたり性】は、やはり必要なことだと思うのです。
さて、この群馬の6人のメンバーたちは、「何者」で、「何を思っている」のか。
それに触れたとき、魅力的なLIVEが生まれそうな気がします。
 
オトナ一同、わくわくしています。。
posted by 山本 at 00:41| Comment(0) | プログラム

2017年12月18日

2017冬期プログラム、キックオフしました!

寒風のなか、渋谷にて、はじまりました。
2017年度冬期プログラム「キックオフミーティング」!!

今回は都心だけでなく、はじめて「群馬エリア」でもチームを結成。
新たな広がりの、始まりの日、となりました。

チェックインとして、バランスカードゲームに皆でチャレンジ。
25395983_1639120619512176_5233430718509344981_n.jpg
ひとりずつ、一枚ずつジョイントしていくカードが、
ひとつの樹のようにかたちを造っていきます。
みんなで、この日この時にしかできない作品をつくりました。
 
チームごとに顔合わせ後、
自分たちが何を抱いてここにやってきたのか?を
コトバと付箋紙で交わし合う時間をもちました。
 
25395914_1997533940273067_7754675154095954643_n.jpg
 
25507859_1639110982846473_3093488539901429129_n.jpg
 
今期はエリア的にも、都心、群馬と別れていますし、
フリーターから高校一年生まで、幅広くご参加をいただいています。
都心チームに群馬県出身者がいる事も、また面白さかも?!
 
最後には、この夏〜秋にプログラムに参加し、ライブを実現させたばかりの、
いわゆる「1こ上の先輩」からのコトバで締めくくりました。
 
25498076_1997534076939720_8565640033789624320_n.jpg
 
6月にスタートし、この秋にライブイベントを終えたばかりの彼女らだからこそ、
言えたことがあると思います。

その彼女らからのコトバだからこそ、届くものもあるのだと思います。

さあ、次にみなさんにお会いするのは、
2月の中間発表イベントです。

どんなライブイベントが出来るでしょうか。
事務局一同、わくわくしてます。
 
25354155_1639112279513010_1166379333376554711_n.jpg
posted by 山本 at 19:50| Comment(0) | プログラム

2017年10月18日

2017冬期 プログラム参加メンバー募集中!

皆様のご支援をうけ、2017夏プログラムは、
無事に2チームとも音楽ライブを実現することができました。
改めまして、ご支援いただいた皆様、心より御礼申し上げます。
 
DSCF1367.JPG
 
IMG_0094.JPG
 
IMG_3928.JPG
この熱気を、この元気を、次のシーズンにつなぎ
また新たなメンバーで、また新たなチャレンジをしてまいります!
__________________________
 
■ ブラストビート2017年度 冬期プログラム
■ 学生向け「参加説明会」

詳細 https://blastbeat-e.jimdo.com/

10月19日(木)を皮切りに、随時開催しております。
チャレンジプログラムは12 /17(日)よりスタート予定。


当日は、イベント企画が体感できる「ブラビdeトランプ」で遊びながら
チャレンジの内容について、団体について、お話いたします。
___

高校生・大学生だけでなく、過去には大学院生や、
浪人生、フリーターの方も参戦実績があります。
「チャレンジしたい若い世代を応援したい」というのが
我々ブラストビートの本懐であり、ずっと変わらぬスタンスです。
 
興味がある!というみなさまには、
ぜひお気軽に「説明会」にご参加いただきたいです。

また、もうオトナになっちゃってるよ…という皆様には、
学生のご家族・ご友人がいらっしゃれば、
ぜひお薦め・お誘い合わせいただきたいです。

ライブづくりを通し、ビジネスのリアル、社会との接点、そして
「自分が変わっていく、伸びていく、強くなっていく」瞬間を
しっかりと感じることができると自負しています。

もともとアイルランドから始まり、
海を渡ってきた、この「次世代のためのプログラム」を、
これからも、未来へ、全国へ。
___
posted by 山本 at 00:30| Comment(0) | プログラム

2017年07月31日

7/30「中間プレゼン大会」にて、多数のOB、OG、支援者の皆様と。

キックオフから49日後。
ちょうどプログラムは折り返し地点に入ります。

本日は、6月にキックオフした2つのチームが
これまでの成果と、自信が世に出したいライブイベント企画を
みなさんの前でプレゼンテーションする日。です。
会場もう少し広いところにすればよかったかも…と感じるくらい
たくさんの!みなさまにお越しいただきました。

2A9B7A49-335E-4247-AB00-765855EA8BBF.jpeg

適度な緊張感?のなか、まずはteamA「真夏のサンタ」が
若者を元気にするライブ!!を掲げ、これまでの活動をアピール。

続きましてteamBが、
「誰より私たち自身が、日々感じているリアルを、同世代に向けて発信する!」
という、企画への熱いアピール。

7052AE4B-807C-4F8F-A156-3DF375E742FC.jpeg


それぞれのプレゼンテーションのあとは、小グループに分かれての
フィードバックタイムを実施しました。
すべての来場者が、ふたつのチームのメンバーそれぞれと
必ず直接、声を交わすことができるように、場所を大きく使いました。


F29B483C-C5CA-471D-91F8-33D661804625.jpeg

68A23FB3-0A9D-4600-883E-4C104F89FC5E.jpeg


この日、この場で、生まれたコミュニケーションのなかから
少しでも多くの 「声」が、
よりよい形で、学生メンバーのみなさんのお手元に届いていれば
いいなぁ・・・と、事務局一同、願っています。

さて、次にみなさんにお会いするのは…
ライブ の 本番 かな ?!




posted by 山本 at 23:58| Comment(0) | プログラム