CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月07日

「2周年」イベント報告その1

12月4日(日)朝9時、スタッフが集合し、
ブラストビート「2周年」イベント、「ココロオドル」1日の準備がスタート。

冬晴れの天気の中、
東京・代々木のオリンピックセンターで、
大学生スタッフがお客さんの誘導に立ちます。



会場は広々としたレセプションホール、
13のテーブルに5〜6人ずつが座って、
11時から、ワークショップが始まります。



やや緊張気味の会場で、舞台に立った樋栄ひかるさんは、
企業でも大学でも人気の講師。
あっという間に、場を和ませていき、
ブラストビート代表の松浦に、バトンを渡します。



ワークショップの中身は、
被災地支援につながるイベント企画を考え、
それをA3・1枚のポスターに表現すること。

40分の制限時間内に、
学生と社会人が混じったチームで企画を練り上げます。

そして、お互いに、そのポスターだけを見て、企画を評価。
シールで投票します。
あれこれと言葉で説明する機会はないだけに、
ポスターで魅力をどう伝えるかが問われます。



そして、13テーブルから、3つのチームがファイナルに進み、
最後に、優勝チームが選ばれました!



それが、どんな企画だったかは、ここでは秘密・・・笑。
ブラストビートのfacebookに、間もなくその内容がアップされ、
これから、その企画の実現に向かって走り始めたいと思っています。

 乞うご期待! ですね。


そして、「ココロオドル」1日は、第2部へと続きます。

続きは、次のブログ記事で!
posted by Blabin at 00:45| Comment(0) | ブラストビートの人々
この記事へのコメント
コメントを書く