CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月07日

東京学芸大学附属高校で松浦代表が教壇に

6月3日(金)午後、東京学芸大学付属高校の2年生のクラスで、代表の松浦さんが教壇に立たせていただきました!
特別講座(総合学習)の一環で、タイトルは「音楽×ビジネス×社会貢献にチャレンジ!」
こちらの高校では、驚くほど多彩な授業を企画していて、その中に入れていただいたものです。



まず、自己紹介から始まった授業。

高校生時代、303人中300番、いわゆる「落ちこぼれ」だったところから話し始めます。
バンドマン時代、自分の会社を起業、カンボジアなどで国際協力、そして教育NPOの代表という経歴に、高校生たちも興味津々の様子・・・。



続いて、ブラストビートの活動内容を紹介。

今回、有難いことに、ひとこま50分の授業を4回分もいただいていて、ブラストビートの面白さを実感してもらえる時間にしたいと思っています。

一方的に聞くだけではなく、実践的に進めるため、1チーム5人ずつに分かれ、5チームを作りました。

そして、チーム名を考えてもらったら、スペイン語やドイツ語が出てきて、松浦さんもびっくり。
「何て読むのか、カタカナでフリガナを書いといて」と笑っています。

次回の授業は、イベントの企画。
それまでに「アイデアをなるべくたくさん考えてきてね」と宿題も出ました。

これからどんな時間になるのか、とても楽しみです!
posted by Blabin at 12:18| Comment(0) | 外部イベント
この記事へのコメント
コメントを書く