CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ビジネス・ムービー・ショー2010 | Main | 昔話»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みるなの中嶋
朝食会にて (11/01) 大谷更生
朝食会にて (10/31) みるなの中嶋
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/09) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) みるなの中嶋
48万アクセスムービーが本に (04/26) みるなの中嶋
昔話の音楽 (04/26) 安達充
48万アクセスムービーが本に (04/25) 安達充
昔話の音楽 (04/25) みるなの中嶋
東京電力・東北電力に応援メッセージを贈ろう! (04/09)
アナログ時代の古い写真を利用の仕方 [2011年05月04日(Wed)]

ある受講生から質問をいただきました。



■質問
今、ムービー用の写真をいろいろ探し始めていますが、
アナログ時代の古い写真を利用しようとする場合、
どういうやり方が一般的なのでしょうか?

・古い写真をデジカメで撮って使う

くらいしか思いつきません。




■回答
古い写真をPCに読み込むとしたら
スキャナで読み取るのがよいです。

スキャナをお持ちでなければ、
セブンイレブンのコピー機でスキャンできます。
http://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/index.html

詳しくはこちら。
http://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/05.html

1枚50円です。




ご質問ありがとうございます。



ムービー制作のパソコンの選び方 [2010年10月11日(Mon)]

昨年Windows7が発売されてから、そろそろ1年が経過します。

XPのパソコンを長く使われていた方はWindows7に買い換えられてきています。


そして、ムービーを作られる方も増えてきました。


そんな背景もあって、

Windows7のパソコンに買い換えたい、
そのパソコンでムービーを作りたい

どんなスペックのパソコンを買えばいいか?


といった質問を受けます。


ムービー制作にはパソコンのスペックがある程度必要で、
スペックが低いとムービーの発行(レンダリング)に時間がかかったり、
作業中に動画編集ソフトが固まったり、落ちたりします。

どの程度のスペックを必要とするかは、動画編集ソフトの仕様によります。

■Windows Live ムービーメーカー(無料)の条件は、
  CPU 2.4GHz以上
  メモリ 1GB以上


■市販の一般向け上位動画編集ソフト(Adobe Premiere Elements 9)の条件は、
  CPU 2GHz以上
  メモリ 1GB以上
  ディスク 5GB以上の空き容量


■市販のプロ向け上位動画編集ソフト(Adobe Premiere CS 5)の条件は、
  CPU 64bit Core 2Duo以上
  メモリ 2GB以上
  ディスク 10GB以上の空き容量


これらを踏まえて、予算の範囲で選べばいいかと思います。
スペックは良いには越したことはありません。


また、ムービーの発行(レンダリング)には数時間とか時間がかかり、
その間CPUがフルパワーで動作するので、
パソコンがかなり熱を持ちます。


今後たくさんムービーを制作する場合には、
パソコンの冷却のことも考えられるとよろしいかと思います。

プレゼンソフトの選び方 [2010年10月04日(Mon)]

2007年からずっとドリームプラン・プレゼンテーションという大会に関わらせていただいています。

プレゼンターによく聞かれるのが、プレゼンソフトの選び方です。

PowerPointがいいか?
ムービーがいいか?
MACのKeynoteがいいか?


プレゼンターの方もメリット・デメリットを気にして、
選びかねているようです。


メリット・デメリットは、人それぞれ違うので
大くくりで言うのは難しいです。

ご相談を受けた方には、状況を伺ってアドバイスをさせてもらっています。



全員に共通して言える一つの選び方を言うとしたら・・・




これまで見てきたプレゼンの中で、
自分が気にいったプレゼン、好きなプレゼン、こんなプレゼンを作ってみたいと思ったものが、
何のソフトで作られているか




そのソフトを選ぶということがあるかと思います。


ただし、プレゼンを作る上で一番大切なのが

ストーリーであることは忘れてはいけません。