CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«2010/3/20(土) 感動価値のある映像制作講座 | Main | 【開催報告】3/20(土)感動価値のある映像制作講座»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みるなの中嶋
朝食会にて (11/01) 大谷更生
朝食会にて (10/31) みるなの中嶋
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/09) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) みるなの中嶋
48万アクセスムービーが本に (04/26) みるなの中嶋
昔話の音楽 (04/26) 安達充
48万アクセスムービーが本に (04/25) 安達充
昔話の音楽 (04/25) みるなの中嶋
東京電力・東北電力に応援メッセージを贈ろう! (04/09)
3/27(土) 「音楽素材制作・活用講座」 開催 [2010年03月18日(Thu)]

お読みいただきありがとうございます。
創造力と表現力を高める映像制作講座」代表 みるなの中嶋です。


2010/3/27(土)の午後に

音楽素材制作・活用講座

を開催します。


ムービーやプレゼンを効果的に演出する音楽の活用方法をお伝えします。

他では聞けない音楽活用の理論です。


ムービーやプレゼンなど、何らか音楽を使用される方は

は是非お越しいただけたら嬉しく思います。

また身近な方にそのような方がいらっしゃいましたらご紹介いただけたらと思います。



■講座のご紹介
TVや映画などを見ていて、気分が高揚したり、悲しくなったり、感動したり、
感情を揺り動かされる経験をしたことはないでしょうか?


そのように感じたとき、その作品がどのような演出をしているか感じてみてください。



おそらく、音楽が流れていませんでしたか?


よく聞いてみると分かるのですが、作品の展開に合わせて様々な音楽を使い分けて演出をしています。


音楽には聞く人の感情を増幅させる効果があります。


そしてストーリーに引き込まれてしまうのです。



もしご自身が制作するムービーやプレゼンで同じことができるとしたらいかがでしょうか?




見た人を引き込み、印象に残し、忘れられない作品として覚えて帰ってもらうことができるでしょう。
たくさんのムービーやプレゼンを見る中で、覚えていてもらえるというのは極めて重要です。

ただし、注意点があります。


それは音楽には使い方があるということです。


音楽には相当な力があるので、使い方を間違えると悲惨なことになります。

・雑音になってしまったり
・ストーリーの展開を妨げてしまったり
・音楽だけが印象に残り、肝心の伝えたいメッセージが印象に残らなかったり


そして悪いことには、よほど客観的に自分の作品を見ない限り
制作者本人は間違いを犯していることに気づかない
ものなのです。
自分の好みやなんとなくで感覚的に選曲してしまうからでしょうか。

一方で、正しい使い方をするととてつもない効果を発揮します。


本講座では

音楽を正しく効果的に活用するセオリーをお伝えいます。


一度成功作品を作ってしまうと、もう音楽なしの作品は考えられません。



是非受講いただいた方には、音楽の理論を活用し、
見た人に忘れられない作品を作るお手伝いになればと考えています。

超おすすめ講座です!



■講座内容
 ・音楽を使う上で意識しておくべきこと
  音楽の使い方の基本が身につきます。
 ・選曲の仕方
  曲選びの基準が身につきます。
 ・ストーリーに合わせた音楽の使い方
  ストーリーの展開にあわせて曲の当てはめ方が身につきます。


■講師
ソングレターアーティスト 安達充氏

たった一人のために曲を贈る「ソングレター」を自身の作曲スタイルとして確立。
「ドリームプラン・プレゼンテーション2008」にて共感大賞の吉井雅之さんと
 特別大賞の田中一馬さんの音楽をプロデュース。
「ドリームプラン・プレゼンテーション2009」では本選出場者8人中4人に楽曲提供し、
 そのうちの1人 日本夢大学の斉藤直人さんは共感大賞を受賞。

最近は、常盤貴子さん主演の映画「引き出しの中のラブレター」のキャンペーンで活躍中。



■参加者特典
 安達充氏制作 著作権フリーの3曲をプレゼントいたします。
 曲自体の販売や他人への譲渡は禁止ですが、
 ご自身で使う場合には、ビジネスシーンで活用しても構いません。
 「夢に向かうアップテンポな曲」「感動的な曲」「誕生日向けの曲」が含まれています。



■前回参加者のアンケート結果
 Q:満足度はいかがでしたか?
 とても満足: 6名
 どちらかといえば満足: 0名
 ふつう: 0名
 どちらかといえば不満足: 0名
 不満足: 0名

 参加者全員が「とても満足」の評価で、受講生が安達さんのCDやライブのチケットを購入したり、
 安達さんのファンになってしまうほどの超おすすめ講座です。




■参加者の声

【01】岡本八大さん

なんとなく自分が感じていたことが体系的に理解できました。
事例を体感させていただきとても分かりやすかったです。
今後の制作に自信がもてました。
講座の空気感がとても良かったです。



【02】会社員

音楽の効果は凄いです。自分のプレゼンに必ず取り入れていきたいと感じました。
誰かに共感してもらうために必須の要素ですね。
プレゼンの構成や物語を含めて、改めて制作してみたくなりました。
その気にさせて頂いて満足しています。ありがとうございました。



【03】学習塾経営 斉藤直人さん

素晴らしい会でした。今求めていたものが求めていた以上にあった講座でした!
なんとなく感じていたことを理論的に、聞きたいと思っていたことを体系的に話してくださりとても分かりやすかったです。
講師の魅力と満足の内容。参加料が安く感じました。来た甲斐がありました。



【04】財団法人職員 寺内昇さん

体系的に学習できました。音楽を実際に聞けて理解が深まりました。
型があることが分かりやすかったです。
素晴らしかったです。安達さんの誠実な人柄にも惹かれました。
中身の充実した他では学ぶことのできない講座でした。
映像制作講座のトータルな構成に感動です。



【05】団体職員

音楽の効果一つ一つの重要性を学びました。
分かりやすい言葉とリズムのある全体構成が素晴らしかったです。
楽器の奏でる感じ方がこんなにも大切であり、効果的であることを知りました。
一つ一つの考え方が分かりやすく、感動的でした。
音楽はコミュニケーションツールであることの重要性を実感いたしました。
感動の連続でした。



【06】コーチ 山上晴美さん

音楽の使い方のセオリーが体系立てられて分かりやすかった。
感動ムービーを作る上で欠かせない音楽の使い方が良くわかり納得した。
普段聞くことのない内容で、価値が高いと感じた。






■日時:  2010年3月27日(土) 14:00〜16:30
■定員:  20名
■受講料: 10,000円 当日お支払ください。
■場所:  江東区産業会館 第6展示室@地下鉄東西線 東陽町

■持ち物: 筆記用具

■お申し込み: 下記お申し込みフォームよりお願いします。
 http://tinyurl.com/music-imagepro

■お申し込み締め切り: 2010年3月23日(火)




長文お読みいただきありがとうございます。
ご都合よろしければ是非ご参加ください。
お会いできることを楽しみにしています。



コメントする
コメント