CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年12月 | Main | 2016年02月 »
1月25日「国有林の現状を知る」勉強会の報告[2016年01月31日(Sun)]
 バイオマス発電事業化促進WGは、1月25日(月)夕、農都地域部会と共同で、「国有林の現状を知る 〜国産燃料調達の拡大と林業再興へ向けて」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

1月25日WG勉強会

 今回は、一般に知られていない「国有林」について、基礎からの説明と現状の課題、今後の方向性などについて、国有林野部のご担当者からお話を聞きました。
 会場の港区神明いきいきプラザに約100名の参加者が集まり、講演と質疑応答、意見交換が行われました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 18:43 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
2月29日「低炭素社会づくりへの道筋」勉強会のお知らせ[2016年01月28日(Thu)]
 バイオマス発電事業化促進WGは、農都地域部会と共同で、2月29日(月)夕、「低炭素社会づくりへの道筋 〜待ったなし! 再生可能エネルギー加速、森林・バイオマス活用でCO2吸収源拡大」勉強会を開催します。
 →イベント報告
 →Facebookイベントページ

Saad Faruque
© Saad Faruque

農都地域部会・バイオマスWG 2月 共同勉強会

『低炭素社会づくりへの道筋』

―待ったなし! 再生可能エネルギー加速と森林・バイオマス活用によるCO2吸収源拡大―

 昨年の国連気候変動枠組条約の締約国会議(COP21)では、世界の気温上昇を2度未満に抑えるための取り組みに合意し、2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を採択しました。CO2排出量世界5位の日本は、2030年度に2013年比で温室効果ガスを26%削減する約束草案を提出しました。元となった長期エネルギー需給見通(エネルギーミックス、2015年7月、経産省)では、再生可能エネルギーを22%〜24%、内バイオマス 3.7%〜4.6%としています。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 08:21 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
2月15日「ごみ発電・ごみ資源化」勉強会のお知らせ[2016年01月06日(Wed)]
 バイオマス発電事業化促進WGは、2月15日(月)夕、「ごみ発電・ごみ資源化を考える」勉強会を開催します。
 →イベント報告
 →Facebookイベントページ

城南島ごみ発電工場(中小機構)

バイオマスWG 2月勉強会

『ごみ発電・ごみ資源化を考える』

〜地域のバイオマス活用で新産業の創出を!〜

 ごみ発電は、バイオマス分を含む廃棄物をもとにした低炭素な電力であるとともに、気象条件等に左右されない比較的安定したベースロード電源としての可能性を持っており、我が国の再生可能エネルギーの一つとして、また地域の分散型エネルギー源として、今後ますます重要になると考えられます。こうしたごみのエネルギーをより高度に地域社会で利活用してくためには、電力供給のさらなる安定性確保と需要変動への対応などが必要です。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 01:12 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml