CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 バイオマスWGは、事業型NPOとして、地域・市民・企業の現場から提言し、その実現をめざしてまいります。よろしくお願いいたします。
 →農都交流・地域支援Gへ  →食・農・環境Gへ

農都会議のリーフレット(更新版)  いままでの勉強会等の一覧
農都会議 2019年度総会・議事録  農都会議の2019年政策提言
12月16日「再生可能エネルギーとイノベーション」勉強会のお知らせ
11月26日「バイオマスアカデミー 第4回 熱利用実践編」のお知らせ
11月18日「バイオマス設備普及の課題」官民交流勉強会のお知らせ
10月5日「再エネ水素の活用技術」勉強会の報告
9月24日「バイオマスアカデミー 第3回 熱利用実践編」の報告
8月26日「竹素材・バイオマス活用の最新事例」勉強会の報告
7月23日「バイオマスアカデミー 第2回 熱利用の進め方」の報告
7月19日地域型バイオマスフォーラムの報告
7月23日「バイオマスアカデミー 第2回 熱利用の進め方」のお知らせ[2019年06月12日(Wed)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、7月23日(火)午後〜夕、「バイオマスアカデミー第2回 〜バイオマス熱利用の進め方・実践編その2」を開催します。
 →イベント報告

WBエナジー熱利用事例

NPO農都会議バイオマスアカデミー 第2回

確実に失敗しないバイオマス・熱利用施設、
システムの設計・施工方法


〜そのバイオマス熱利用プロジェクトは何年で黒字転換できるのか〜

 農都会議では毎月、専門家の講師をお招きして勉強会を開催してきましたが、より実践的なプレミアム勉強会として、バイオマスアカデミーを開催しています。第2回では、バイオマス熱利用の一層の実践的なテーマを取り上げます。
 具体的には、バイオマス燃料毎、ボイラー設備毎に事例をあげ、重要なチェックポイントはなにか? 設計・施工時のどこで失敗しやすいのか? コスト・パフォーマンスの決め手は何か? 等について詳細に学びます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 11:28 | アカデミー | この記事のURL | コメント(0)
5月9日「森林環境税と路網整備」勉強会の報告[2019年05月12日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、5月9日(木)夕、「森林環境税どう使う? 林道整備の方向性 〜山から木を出す施策・新技術と路網整備を考える」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

5月9日路網整備勉強会

 会場の港区神明いきいきプラザに約70名の参加者が集まり、講演・質疑とディスカッションが行われました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 19:26 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
農都会議の2019年政策提言[2019年05月09日(Thu)]
 NPO法人農都会議は、再生可能エネルギー、森林・林業及び地方創生に関する提言を4月に取りまとめました。今後、関係府省庁、公共機関、全国団体等へ提出する予定です。

経済産業省

 農都会議は、農山漁村と農林業に関して市民・企業・地域の現場から課題に取組み、勉強会やフィールドワーク等を通じて提言の取りまとめを行っています。
 2013年4月にバイオマスWGが設置され、2013年度はWGから第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言の2回、2015年度は第4次提言を、関係方面へ提出してきました。2016年度は、それまで年毎に経過報告会を開いて検討した後に提言を取りまとめる作業を行っていたのを、政策提言SG(スタディグループ)を繰返し開くスタイルに変えたため、2017年提言として取りまとめることになりました。同様に、複数回のSGと政策検討会を開いて2018年提言をまとめました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 01:00 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
7月19日地域型バイオマスフォーラムのお知らせ[2019年05月07日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、分散型エネルギー推進の活動をしている全国の団体と共同して、7月19日(金)午後、「地域型バイオマスフォーラム 〜バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える」を開催します。
 →ちらしダウンロード(PDF 10MB)
 →プレスリリース(PDF)
 →Facebookイベントページ
 →イベント報告

共同フォーラムちらし 共同フォーラム プレスリリース

分散型エネルギー関係団体 共同イベント

地域型バイオマスフォーラム

−バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える−

 日本は少子高齢化と人口減少が続き、2050年までに現在の居住地域の6割以上で人口が半減し、うち2割以上が無居住化するといわれています。2014年に日本創成会議がまとめた試算では、2050年に約半数の自治体が消滅してもおかしくない危機とされ、当たり前であった行政サービスが削減され、民間サービス(病院、郵便局・金融機関、スーパー等)の大幅な減少も現実の問題となりつつあります。分散型バイオマスエネルギーの推進は、地球温暖化防止に寄与し、また地方創生の実現に向けて、産業振興、防災、エネルギー・セキュリティのみならず、地域経済循環の役割を果すと考えられます。コミュニティ機能が低下し様々な問題が拡大する“地方の疲弊”の現状から、バイオマス活用による地域課題の解決は多くの人々の共通認識といえます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 12:00 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
4月15日政策提言SGの報告[2019年04月30日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、4月15日(月)午後、「政策提言SG 2019年第3回」を開催しました。

国会議事堂周辺

 農都会議は、市民協働・地域協働を基本理念としていますが、協働社会を実現する方法の一つとして、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域の現場から課題を提言に取りまとめ、政府や関係機関へ提出し、その後のフォローを行っています。
 今回は、2019年提言SGの3回目として、2019提言の取りまとめに向けて提案を募集し、意見交換を行いました。会場の港区エコプラザに、各グループの運営委員と会員を中心に約15名が集まりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:26 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
6月11日「シュタットベルケ研究」講演会のお知らせ [2019年04月03日(Wed)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、6月11日(火)夕、総会記念講演会「シュタットベルケ研究 〜地域エネルギー・インフラサービス会社の課題と実現方法を考える」を開催します。
 →イベント報告

2月11日相模原セミナー

NPO法人農都会議2019年度総会 記念講演会

『シュタットベルケ研究』

―地域エネルギー・インフラサービス会社の
課題と実現方法を考える―

 自治体が出資し、地域の再生可能エネルギーなどを電源として電気販売を行う「自治体新電力」の設立が全国で相次いでいます。手本となるドイツでは、地域インフラ運営会社とも言える「シュタットベルケ」が各地で存在感を増しています。日本でも、再エネで地域課題を解決しようとエネルギーの地産地消都市をめざす動きが始まりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 11:11 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
3月18日「農都アカデミー 第1回 熱利用」の報告[2019年03月31日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、3月18日(月)午後、「農都アカデミー第1回 〜バイオマス熱利用の進め方・実践編その1」を開催しました。
 →イベント案内

 当日は約20名の参加者が会場に集まり、「第1部 講演・質疑」、「第2部 ワークショップ」が行われました。

3月18日農都アカデミー

続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 12:54 | アカデミー | この記事のURL | コメント(0)
5月9日「森林環境税と路網整備」勉強会のお知らせ[2019年03月25日(Mon)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、5月9日(木)夕、「森林環境税どう使う? 林道整備の方向性 〜山から木を出す施策・新技術と路網整備を考える」勉強会を開催します。
 →イベント報告

帯状間伐と作業道

NPO法人農都会議 5月勉強会

森林環境税どう使う? 林道整備の方向性

―山から木を出す施策・新技術と路網整備を考える―

 4月から森林管理経営法が施行され、森林環境税に基づく新たな管理システムが動き出します。森林環境譲与税(仮称、法案3月2日衆院通過)という新財源により、地域における森林整備・林業活性化の推進、林業従事者の人材育成、林道・作業道整備、林業の機械化、木材需要の創出、森林・林業に対する国民の理解増進等への効果が期待されます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:49 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
2月11日森林資源活用セミナー in相模原の報告 [2019年02月17日(Sun)]
 NPO法人農都会議は、2月11日(月/祝)午後、いばらき里山・バイオマス協議会と共同で、「森林資源活用セミナー 〜森林環境税で変わる森林・林業、津久井産材活用に向けて」を開催しました。
 →イベント案内

2月11日相模原セミナー

 東丹沢山塊の広大な山林を擁する相模原市では林業関係者や行政が「津久井産材」の利用拡大を進めています。本セミナーは、都市近郊の山林の現状を知り、新たな森林管理システムと森林環境税の導入がもたらす林業・木材産業への影響、新税活用の課題などを学ぶため、地元旧津久井郡の林業・木材産業関係者のご協力をいただいて開催しました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 17:14 | バイオマスWG情報 | この記事のURL | コメント(0)
3月18日「農都アカデミー 第1回 熱利用」のお知らせ[2019年02月16日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、3月18日(月)午後〜夕、「農都アカデミー第1回 〜バイオマス熱利用の進め方・実践編その1」を開催します。
 →イベント報告

東野市役所のボイラー

NPO農都会議バイオマスWG勉強会 プレミアム

農都アカデミー 第1回

〜バイオマス熱利用の進め方・実践編その1〜

 木質バイオマスの熱利用に対する関心の高まりを反映して、通常の勉強会に加えて実際の導入に結び付けることができるような実践的なセミナーを開催してほしいとの要望が多く寄せられるようになってきています。このため、農都会議は、木質バイオマス熱利用の普及拡大を促進するための実践的なセミナーである「農都アカデミー」を開催することにいたしました。
 木質バイオマス熱利用促進のためには、欧州の先進技術を導入することが不可欠です。本アカデミーでは、バイオマスボイラーを導入するに際しての具体的な技術面に焦点を当てるとともに、ビジネスに直結できるよう、会員間のビジネスマッチングの場も提供します。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 21:53 | アカデミー | この記事のURL | コメント(0)
2月6日サステイナブルコミュニティシンポジウムの報告[2019年02月15日(Fri)]
 NPO法人農都会議は、一般社団法人日本サステイナブルコミュニティ協会と共同で、2月6日(水)午後、「サステイナブルコミュニティ シンポジウム 〜再生可能エネルギーでつくる未来社会、官民一体できりひらく地方創生」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

2/6共同シンポジウム

 会場の専修大学(東京都千代田区)に150人以上の参加者が集まりました。
 「再生可能エネルギーでつくる未来社会、官民一体できりひらく地方創生」を全体テーマに、「FIT(固定価格買取制度)と地方創生」、「地域循環共生圏」について経済産業省と環境省の担当責任者が講演したあと、山形県最上町と愛知県豊田市が事例発表を行いました。
 高橋重美・最上町町長の地域再生に懸ける熱のこもった講演で会場が盛り上がり、その熱気を引き継ぐ形で「サステイナブルコミュニティづくりの課題と実践プラン」をテーマにパネルディスカッションが行われ、率直な意見が交わされました。

 ・・・続きは日本サステイナブルコミュニティ協会のホームページで
Posted by NPO農都会議 at 11:14 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
1月23日「森林環境税の施行に向けて」勉強会の報告[2019年01月26日(Sat)]
 NPO法人農都会議は、一般社団法人日本サステイナブルコミュニティ協会と共同で、1月23日(水)夕、「森林環境税と新たな森林管理システムの施行を考える 〜新税が地域の将来に及ぼす効果、国産材の利用拡大に向けた運用」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

1月23日森林環境税勉強会

 今回は森林環境譲与税施行前のタイミングに合わせて、新制度を企画した林野庁と実施を担う自治体、地域団体の講師をお招きし、新税の意義や仕組とともに、市町村や施業主体による準備状況についてお話を伺いました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 13:01 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
2月11日森林資源活用セミナー in相模原のお知らせ[2018年12月28日(Fri)]
 NPO法人農都会議は、2月11日(月/祝)午後、いばらき里山・バイオマス協議会と共同で、「森林資源活用セミナー 〜森林環境税で変わる森林・林業、津久井産材活用に向けて」を開催します。
 →ちらしダウンロード
 →イベント報告

相模原市遠景

NPO農都会議 地域支援セミナー

『森林資源活用セミナー』

―森林環境税で変わる森林・林業、津久井産材活用に向けて―

 2019年4月から森林環境譲与税が開始されます。新たな財源の誕生により、いままで滞りがちな林道・作業道整備や林地残材の搬出、林業機械の開発、木材の販路開拓、バイオマス燃料の供給拡大、人材確保、森林体験等ツーリズムへの参入など、森林整備と林業・木材産業活性化への期待が高まっています。
 東丹沢山塊の広大な山林を擁する相模原市では、津久井郡森林組合等の林業関係者や行政が「津久井産材」の利用拡大を進めています。神奈川県は、「水源環境保全税」を財源として水源環境の保全再生に係る諸事業を実施中です。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 14:53 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
12月19日「再エネと地方創生」勉強会の報告[2018年12月23日(Sun)]
 NPO法人農都会議は、一般社団法人日本サステイナブルコミュニティ協会と共同で、12月19日(水)夕、官民交流勉強会「再生可能エネルギーと地方創生 〜再生可能エネルギーを活用した地方創生促進策とその効果」を開催しました。
 →イベント案内

12月19日官民交流勉強会

 複数官庁の政策担当者から注目の政策をお聞きし、私たち市民・企業メンバーと一緒に意見交換する「官民交流勉強会」は今年で3回目となりました。
 再生可能エネルギー導入の最大加速と地域のバイオマス事業化の支援に取組んでいる農都会議は、いままで主に再エネを所管する資源エネルギー庁と木質燃料を所管する林野庁から講師をお招きして、政策勉強会を開催してきましたが、視点を変えて、全国約1,800の自治体をとりまとめ地方創生を所管する総務省地域政策課と、省庁全体を取りまとめる内閣府の地方創生推進事務局の政策担当者をお招きすることになりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 19:16 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
2月6日サステイナブルコミュニティシンポジウムのお知らせ[2018年12月06日(Thu)]
 NPO法人農都会議は、一般社団法人日本サステイナブルコミュニティ協会と共同で、2019年2月6日(水)午後、「サステイナブルコミュニティ シンポジウム 〜再生可能エネルギーでつくる未来社会、官民一体できりひらく地方創生」勉強会を開催します。
 →ちらしダウンロード
 →イベント報告

シンポジウムちらし

農都会議/日本サステイナブルコミュニティ協会 共同開催

サステイナブルコミュニティ シンポジウム

〜再生可能エネルギーでつくる未来社会、
官民一体できりひらく地方創生〜

続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 12:58 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml