CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 事例紹介 | Main | 再エネ全般 »
農都会議の2019年政策提言[2019年05月09日(Thu)]
 NPO法人農都会議は、再生可能エネルギー、森林・林業及び地方創生に関する提言を4月に取りまとめました。今後、関係府省庁、公共機関、全国団体等へ提出する予定です。

経済産業省

 農都会議は、農山漁村と農林業に関して市民・企業・地域の現場から課題に取組み、勉強会やフィールドワーク等を通じて提言の取りまとめを行っています。
 2013年4月にバイオマスWGが設置され、2013年度はWGから第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言の2回、2015年度は第4次提言を、関係方面へ提出してきました。2016年度は、それまで年毎に経過報告会を開いて検討した後に提言を取りまとめる作業を行っていたのを、政策提言SG(スタディグループ)を繰返し開くスタイルに変えたため、2017年提言として取りまとめることになりました。同様に、複数回のSGと政策検討会を開いて2018年提言をまとめました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 01:00 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
4月15日政策提言SGの報告[2019年04月30日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、4月15日(月)午後、「政策提言SG 2019年第3回」を開催しました。

国会議事堂周辺

 農都会議は、市民協働・地域協働を基本理念としていますが、協働社会を実現する方法の一つとして、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域の現場から課題を提言に取りまとめ、政府や関係機関へ提出し、その後のフォローを行っています。
 今回は、2019年提言SGの3回目として、2019提言の取りまとめに向けて提案を募集し、意見交換を行いました。会場の港区エコプラザに、各グループの運営委員と会員を中心に約15名が集まりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:26 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
農都会議の2018年政策提言[2018年10月30日(Tue)]
 NPO法人農都会議は、再生可能エネルギー、森林・林業及び地方創生に関する提言を10月に取りまとめました。今後、関係府省庁、自治体等公共的機関、全国的団体等へ提出する予定です。

内閣府

 農都会議は、農山漁村と農林業に関して市民・企業・地域の現場から課題に取組み、勉強会やフィールドワーク等を通じて提言の取りまとめを行っています。
 2013年4月にバイオマスWGが設置され、2013年度はWGから第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言の2回、2015年度は第4次提言を、関係方面へ提出してきました。2016年度は、それまで年毎に経過報告会を開いて検討した後に提言を取りまとめる作業を行っていたのを、政策提言SG(スタディグループ)を繰返し開くスタイルに変えたため(注)、2017年提言として取りまとめることになりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 16:22 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
1月19日政策提言SGの報告[2018年01月28日(Sun)]
 NPO法人農都会議は、1月19日(金)夕、「政策提言SG 2018年第1回」を開催しました。

政策提言SG 2018年第1回

 NPO農都会議は、市民協働・地域協働を基本理念としていますが、その実現方法の一つとして、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域等の現場の課題を提言として取りまとめ、政府や関係機関へ提出しフォローを行っています。
 今回は、2018年提言SGの1回目として、2018提言の取りまとめに向けて提案を募集し、意見交換を行うため開催しました。会場の港区エコプラザに、各グループの運営委員を中心に十数名が集まりました。

 バイオマスWGと農都交流・地域支援Gの2018年提言については、参加者から約20項目の提案があり、今後の提言づくりについて意見交換を行ったところ、基本的に(1)再生可能エネルギー推進の最大加速、(2)国産木材(バイオマス燃料材)の伐採・搬出の拡大、(3)地域分散型・地産地消型エネルギーの拡充の三項目に整理して取りまとめることを確認しました。
 食・農・環境Gからは、遺伝子組換えについての提言を取りまとめて提出する旨の意見がありました。

 提言は、農都会議の関係分野で課題がある場合に必要に応じて取りまとめるものであり、毎年決まって出すものではありませんが、再生可能エネルギー分野、バイオマス分野、農林業に関する分野、地域の活性化に関する分野にさまざまな課題が山積する現在、提言取りまとめに向けて活動を進めていきたいと考えております。

(参考)
2017年7月14日政策提言SGの報告


■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
  URL:http://blog.canpan.info/bioenergy/
Posted by NPO農都会議 at 09:51 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
7月14日政策提言SGの報告[2017年07月16日(Sun)]
 NPO法人農都会議は、7月14日(金)夕、「政策提言SG 第4回」を開催しました。

2017年度提言【概要】

 NPO農都会議は、市民・NPOなどの現場から提言をめざしている団体です。本会の市民協働・地域協働の理念の一つの実現方法として、勉強会やフィールドワークなどを通じて、市民、企業、地域等の現場の課題を提言として取りまとめ、その実現をめざしてきました。
 政策提言SG(スタディグループ)は、現在、農都会議の中にある三グループ(食・農・環境G、バイオマスWG、農都交流・地域支援G)の境界を越えて、政策づくり、提言づくりを学ぶ場です。

 会場の港区エコプラザに、会員、ML参加者、各グループの運営委員など14名が集まり、政策づくり、提言づくりの基本を学び、昨年度の提言を確認し、今後の提言づくりについて意見交換を行いました。参加者からは、「バイオマス発電や林業再生などについて、市民の側からも提案する必要がある」、「市民協働の立場で提言するのは意味がある」などの意見が出されました。

 提言は、農都会議の関係分野で課題がある場合に必要に応じて取りまとめるものであり、毎年決まって出すものではありませんが、再生可能エネルギー分野、バイオマス分野、農林業に関する分野、地域の活性化に関する分野にさまざまな課題が山積する現在、提言取りまとめに向けて活動を進めていきたいと考えております。


■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
  URL:http://blog.canpan.info/bioenergy/
Posted by NPO農都会議 at 22:15 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
農都会議の再生可能エネルギー及び森林・林業に関する提言[2017年05月26日(Fri)]
 NPO法人農都会議は、再生可能エネルギー及び森林・林業に関する提言を取りまとめ、5月25日、資源エネルギー庁、林野庁、環境省、総務省など関係機関へ提出しました。

総務省

 農都会議は、勉強会やフィールドワーク等を通じて、農林業に関する課題を検討し、提案の取りまとめを行っています。2013年4月にバイオマスWGが設置され、2013年度はWGから第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言の2回、2015年度は第4次提言を、関係方面へ提出してきました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 09:45 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
バイオマス発電事業化促進のための第4次提言[2016年02月15日(Mon)]
 バイオマス発電事業化促進WGは、第4次提言を取りまとめ、2月初までに、資源エネルギー庁、林野庁、環境省など関係機関へ提出しました。

環境省

 バイオマスWGは、勉強会やフィールドワーク等を通じて、再エネ・バイオマスの導入加速と地域の事業化に関する課題を検討し、提案の取りまとめを行っています。2013年度は第1次と2次の2回の提言、2014年度は緊急提言と第3次提言を、関係方面へ提出しています。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 13:57 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
再生可能エネルギーに関する第3次提言[2014年12月09日(Tue)]
 12月8日、農都地域部会バイオマス発電事業化促進WGは、10月の緊急提言に続いて、第3次提言を資源エネルギー庁及び林野庁へ提出しました。引き続き、関係方面へ提出していく予定です。

shienecho.jpg

 WGは、勉強会やフィールドワーク等を通じて、再エネ・バイオマスの普及と地域の事業化の課題を検討し、提案の取りまとめを重ねています。
 昨年6月に第1次、12月に第2次の提言をまとめ、提出しました。これら提言については、内閣府の「規制改革ホットライン」をはじめ関係方面に対応していただきましたが、なお、未対応や対応不十分の事項があり、引き続き具体化に向けて取り組んでいるところです。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 11:00 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
再生可能エネルギー接続保留問題に対する提言[2014年10月23日(Thu)]
 農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(WG)は、10月22日、再生可能エネルギー発電の電力系統網への接続問題の質問と提案を、九州電力株式会社と資源エネルギー庁に対し提出しました。

 先月、九州電力に続き合計5つの電力会社が、再生可能エネルギー接続申込みへの「回答保留」などの措置を行っています。FIT(固定価格買取制度)により再エネ発電が急拡大する中で、電力の安定供給が困難になる恐れがあるとの理由でした。
 再生可能エネルギー促進と地域の木質バイオマス発電推進の活動を進めているバイオマスWGは、この接続保留・系統問題が再エネ促進にとって重大な障害となり得ると考え議論を重ねてきましたが、この度、WG有志としての提言をまとめ、関係機関へ提出しました。

(1) 九州電力株式会社へ提出
 「九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について」に対する質問と提案 (PDF)

(2) 資源エネルギー庁へ提出
 総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会における「接続保留・系統問題」の検討にあたっての提案 (PDF)

 バイオマスWGは、昨年の二度の提言に続き、第3次提言を年内に取りまとめる予定です。系統接続問題に関しても、メンバー間で十分に議論を行ったうえで、改めて提案するつもりでおります。
Posted by NPO農都会議 at 08:50 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
ワーキンググループから政策提言(第2次)[2014年01月06日(Mon)]
 農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(WG)は、6月の第1次提言に続き、第2次提言をまとめ、昨年末に関係方面へ提出しました。

 WGは、月毎の会合やミニ勉強会、フィールドワーク等を通じて、木質バイオマス発電普及の課題と事業化支援の検討、提案の取りまとめを重ねています。
 11月26日開催の経過報告会では、第2次提言についても出演者や参加者とともに検討を行いました。
 →11月26日WG経過報告会の報告

経過報告会

続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 21:53 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
ワーキンググループから政策提言[2013年06月30日(Sun)]
 農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(WG)は、4月15日の発足以来、WGの目的である自然エネルギー・木質バイオマス発電普及の課題と事業化支援の検討、提案取りまとめを重ね、群馬県内でフィールドワークを行うとともに、第1次政策提言をまとめました。

 →バイオマス発電事業化促進WG 第1次提言(PDF)
 →バイオマス発電事業化促進WG 第1次提言 参考資料(PDF)

 これらは、府省庁をはじめ超党派のNPO議員連盟へ提出しました。その後の状況についてはまたご報告します。

 →農都部会ホームページ政策提言カテゴリ

 ワーキンググループ(WG)と農都部会は、月例会合と専用メーリングリストで情報・意見交換を重ねています。参加ご希望の方は登録をお願いします。

 →バイオマス発電WGメーリングリスト 参加申込フォーム
 →農都地域部会メーリングリスト 参加申込フォーム

 市民・NPOの現場から政策提言し、実現していくために、ご一緒に活動しませんか?

農都部会ホームページより転載)
Posted by NPO農都会議 at 20:17 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml