CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 9月26日「地域エネルギーとまちづくり」勉強会の報告 | Main | 12月19日「再エネと地方創生」官民交流勉強会のお知らせ »
11月28日「さらなるバイオマス熱利用」勉強会のお知らせ[2018年10月01日(Mon)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、11月28日(水)夕、「木質バイオマスの熱利用のさらなる促進について 〜英国RHIなど内外の熱利用の状況から、日本における普及・促進策を提案する」勉強会を開催します。
 →イベント報告 (準備中)

イギリスの典型的な戸建て住宅

NPO農都会議 バイオマスWG/地域G 11月勉強会

木質バイオマスの熱利用のさらなる促進について

〜英国RHIなど内外の熱利用の状況から、
日本における普及・促進策を提案する〜

 経済産業省は、法律上2020年度末までに行うこととされているFIT法の抜本見直しやポストFITに向けて、議論を始めています。昨年度の改正FIT法施行と今年度からの大規模への入札制度導入により木質バイオマス発電の事業環境は激変し、小規模分散型と熱電併給が一層注目されるようになりました。7月に決定された第5次エネルギー基本計画でも、資源自給と脱炭素化へ経済的に自立した再生可能エネルギーの主力電源化をめざすとされました。
 発電は、木材を燃やすだけの方法ではエネルギー効率が悪く、木のエネルギーの20〜30%程度しか利用できませんが、暖房や給湯など熱利用をした場合は、70%以上を有効活用できます。バイオマス活用が進むヨーロッパでは発電よりも熱利用が主流となっていますが、日本では、効率的に優れていると言われながらも利用インフラが整っていないなどの理由から、熱利用は遅々として進みません。

 農都会議は昨年、バイオマス熱利用社会の実現へ向けて地域の実情に合った熱需要の創出と普及の可能性についての勉強会を開きましたが、さらなるバイオマス熱利用の促進に向けて、本年も勉強を続けたいと思います。
 今回は、日本林業はよみがえると森林再生のビジネスモデルを描き、木質バイオマスの熱利用は使えば使うほど地域が潤うと熱利用促進の具体化を進める梶山氏と、熱のFITとも呼ばれるイギリスの「再生可能な熱利用政策(Renewable Heat Incentive、RHI)」について研究されている荒川氏のお二人をお招きして、バイオマス熱利用の内外の実態の紹介と日本の熱利用促進への提案などをしていただきます。
 関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちいたします。

●日時 2018年11月28日(水)18:00〜20:30 (17:30開場)

●会場 港区神明いきいきプラザ 4階集会室A
 港区浜松町1-6-7 TEL:03-3436-2500
 JR浜松町駅北口徒歩4分/都営地下鉄大門駅B1出口徒歩3分
 地図→ http://shiba-ikiiki.com/shinmei/access/

●プログラム
【第1部 講演・質疑】
 「木質バイオマス熱利用の内外の状況と日本での促進策」
 梶山 恵司(ひさし)(株式会社WBエナジー 代表取締役社長、バイオエナジー・リサーチ&インベストメント株式会社(BERI) 代表取締役社長)
*地方への熱利用の導入の活動の紹介と今後のさらなる促進策の提言をお話しいただきます。

 「英国の再生可能エネルギー事情 〜再生可能熱インセンテイブ(RHI)の紹介と日本での導入の提案〜」
 荒川 英敏 氏(NPO法人蔵前バイオエネルギー(K-BETS) 理事、省エネコンサルタントサービス 代表)
*英国で熱利用普及に効果をあげているRHI(Renewable Heat Incentive)をご紹介いただきます。

【第2部 ディスカッション】
 「木質バイオマスの熱利用のさらなる促進について」
 梶山 恵司 氏
(株式会社WBエナジー 代表取締役社長、バイオエナジー・リサーチ&インベストメント株式会社(BERI) 代表取締役社長)
 荒川 英敏 氏(NPO法人蔵前バイオエネルギー(K-BETS) 理事、省エネコンサルタントサービス 代表)
モデレ―ター:米谷 栄二 氏(NPO法人蔵前バイオエネルギー 理事長)

※時間等内容は都合により変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。
※終了後、交流会を予定しています。詳しくは会場でご案内します。

●主催 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援G
●協力 NPO蔵前バイオエネルギー(K-BETS)、ちば里山・バイオマス協議会、日本サステイナブルコミュニティ協会、全国地域エネルギー推進協会、ほか
●対象 バイオマス熱利用やエネルギー政策に関心のある企業(バイオマス発電、プラント、燃料供給、金融、物流など)、研究者、市民、団体、行政、NPO、メディア等
●定員 60名(申し込み先着順)
●参加費 一般 2,000円、会員・学生 1,000円
●お申し込み WEBフォーム(https://goo.gl/nSXYCb )からお願いします。


(参考)
「バイオマス熱利用社会の実現へ」勉強会の報告 (2017年4月)


■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
  URL:http://blog.canpan.info/bioenergy/
Posted by NPO農都会議 at 05:56 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bioenergy/archive/220
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml