CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 11月8日「はんのう塾 キックオフミーティング」の報告 | Main | 11月20日「地産地消型バイオマス発電のファイナンス」勉強会の報告 »
11月9・10日あわら・金沢フィールドワークの報告[2017年11月28日(Tue)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、飯能木質バイオマスエネルギー協議会と共同で、11月9日(木)・10日(金)の二日間、福井県あわら市・石川県金沢市のバイオマス施設を視察するフィールドワークを開催しました。

あわら・金沢フィールドワーク

 久しぶりのフィールドワークでした。東京を車2台で出発し、最初の目的地の福井県芦原温泉駅で、各地からの参加者10数名が集合しました。二日間とも秋晴れの好天に恵まれ、参加者の交流が進み、今後のビジネスチャンスの拡大などへつながる大変有意義な会になったと思います。
 以下、視察先毎の概要を記します。

【1日目】

ふくいWOODバイオマスセンター

あわら・金沢フィールドワーク

・ふくいWOODバイオマスセンターは、福井県JR芦原温泉駅から、車で15分くらいにあるバイオマスセンター。福井の森林を守り、森林資源の有効活用を目指している坂井森林組合と、「環境、地域との共生」を目指す建築資材・産業資材メーカーであるフクビ化学工業が、「Fネットワーク」を結成し、間伐材などを活用し、新世代のエコ建材を製造する、『ふくいWOODバイオマスセンター』を完成させた。平成23年度の林業・木材産業構造改革事業として生産活動を推進している。
・原木は、近隣の森林から供給される間伐材で、杉がほとんど。年間約5,000トンの原木を、敷地内にある土場で一定期間放置し乾燥させることにより、約4,000トンの切削法による木質チップ生産をしており、あわら温泉のホテル、旅館のバイオマスボイラーの燃料として供給している。
・また、年間約1,000トンの原木は、破砕法により粉砕され、おが粉、微粉化行程を経て乾燥木粉とされ、リサイクルABSとコンパウンドされ、ウッドデッキ用木粉プラスチックペレットを生産している。一貫自動生産により機械化・省力化されており、2名のオペレーターで稼働している。この木粉プラスチックは、フクビ化成工場に搬送され、ウッドデッキ等の建築資材に加工されている。
・このバイオマスセンターは、木材のカスケード利用の良い参考例と思う。

【2日目】

福井グリーンパワー

あわら・金沢フィールドワーク

あわら・金沢フィールドワーク

・株式会社福井グリーンパワーの大野発電所は、福井県の中央に位置し、7,000kW(一般家庭約15,000世帯分)の発電を行い、大野市全体の電力需要を賄える規模である。(株)神鋼環境ソリューションが7割、出光興産(株)、九頭竜森林組合、(有)ニューチップ輸送が各1割を出資して、2014年3月、(株)福井グリーンパワーを設立、同11月起工、2016年4月に竣工した。
・日本政策投資銀行による融資は、企業の環境への取組みを対象とした「環境格付」と、地域の潜在力(森林資源)を活かした「地域元気プログラム」に基づく制度が適用された。
・流動床式ガス化燃焼炉+単胴放射式自然循環式ボイラーで木質チップをガス化燃料して高温高圧の蒸気を発生させ、蒸気タービンで発電機を回している。
・燃料は、地元の森林組合から間伐材年間5万5千トンの他、主伐材、工事支障木、病中被害木、選定枝、屋敷林や果樹園から発生する剪定枝、製材端材など年間2万5千トン、合計約8万トンを13,000uの貯木場に集め、1年以上の自然乾燥を経て木チップ化し、1日に200トンの木チップを消費している。
・現在、発電はFIT売電しているが、熱利用と燃焼灰の利活用はこれからの課題となっている。

明和工業

あわら・金沢フィールドワーク

あわら・金沢フィールドワーク

・明和工業株式会社では、北野社長、中村常務に迎えられ、会社紹介の後、現在開発中のバイオマスガス化発電装置「雷神」を見学した。45Kwの発電能力を持つ、「雷神」は、稼働中であり、参加者から、いろいろな質問があり、北野社長以下、技術説明をしていただいた。見学中は45Kwの電力の安定出力を確認できた。
・北野社長からは、現在も各種の試運転中であり、特許申請を終えてから本格販売にしたい、国産初の小型バイオマスガス化発電機(CHP)として、大きな期待があるとの説明もあった。
・明和工業は、このCHP以外に、乾燥・炭化・バイオマスプラント、バッチ式炭化プラント、可動式小型炭化装置、中型・小型メタン発酵装槽、バイオマスを発酵しやすくする膨張軟化装置など、バイオマス関連設備の開発、製作、販売を行っており、最近は、中南米、アフリカ地域への展開も手掛けているとのこと。
・また、北野社長から、琵琶湖の繁茂する水草の炭化による肥料化、砂漠地方向け木酢液の活用など、新しい技術の紹介もあり、バイオマスの新しい活用にも期待を持っているとのことでした。


あわら・金沢フィールドワーク

 北アルプスの立山連峰、剱岳の雄大な景色に見送られて、帰路につきました。
Posted by NPO農都会議 at 13:11 | フィールドワーク | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bioenergy/archive/188
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml