CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 6月15日「バイオマス発電産業の課題と未来」講演会の報告 | Main | 8月29日「竹バイオマス・竹素材活用」勉強会のお知らせ »
8月2日「福島の木質バイオマス」勉強会のお知らせ[2017年07月01日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG、農都交流・地域支援Gは、8月2日(水)午後、「福島の木質バイオマスの現状と課題 〜3.11から6年経過後の森林の除染状況を知り、バイオマスエネルギー活用を考える」勉強会を開催します。
 →イベント報告

南相馬・相馬視察ツアー
原町火力発電所

NPO法人農都会議 8月勉強会

福島の木質バイオマスの現状と課題

〜3.11から6年経過後の森林の除染状況を知り
バイオマスエネルギー活用を考える〜

 NPO法人農都会議は(組織変更前ですが)、東日本大震災と原子力発電所事故後の2011年9月に、2度のふくしま復興フォーラムを開催し、その後も度々、「ふくしま復興」関連の勉強会とフィールドワークを実施しております。震災と事故から6年以上経過したことから、福島県の、特に放射能汚染と風評被害を受けている地域の林業の現状と、木質バイオマスの利用状況(ガス化発電、混焼発電等)を学ぶ機会を設けたいと思います。
 福島県内の木質バイオマスの放射能汚染状況は、事故時の汚染程度により、3つに大別できます。会津地方は汚染が少なく(北関東よりも少ない)、焼却灰の農地還元に制約がある程度で、普通に活用されています。中通りなど、避難指示は出なかったが住宅除染が行われている地域の木質は、それなりに汚染がありますが、林業は再開されつつあります。風評被害と樹皮の処分は大きな課題ですが、心材は濃度が低いため技術的には問題ないと思われます。避難指示が発令された区域の山林は、ほとんど手付かずで、立ち入りが制限され、切り出すことすらできない地域があり、汚染が顕著な地域でも生活圏以外では森林は除染の対象とはなっていません。

 今回、地域によって異なる森林の汚染・除染の状況と木質バイオマス利用の現状を知り、林業再生やバイオマスエネルギー活用など、「ふくしま復興」につながる課題を参加者と一緒に考えるために、本勉強会を開催する次第です。皆様のご参加をお待ちしています。

●日時 2017年8月2日(水)14:30〜17:00 (14:00受付開始)

●会場 港区神明いきいきプラザ 4階集会室B
 港区浜松町1-6-7 TEL:03-3436-2500
 JR浜松町駅北口徒歩4分/都営地下鉄大門駅B1出口徒歩3分
 地図→ http://shiba-ikiiki.com/shinmei/access/

●プログラム
【第1部 講演・質疑】
 「福島県内木質バイオマスの現状と活用時の課題」
 佐藤 理夫 氏(福島大学共生システム理工学類 教授)

佐藤氏の活動概要
 各種製造技術・リサイクル・環境保全技術・再生可能エネルギー技術の解析を専門としている。東日本大震災後は、再生可能エネルギー技術の研究と普及に力を入れるとともに、各種の産業活動に伴って放射性物質がどのように移動していくのかの解析にも取り組んでいる。福島県や県内市町村の環境・エネルギー・産業振興に関する委員を多数務めている。

佐藤氏の講演概要
 東京電力福島第一原子力発電所の事故により広範囲に飛散した放射性物質(主として放射性セシウム)の地理的な分布や、高濃度に汚染され避難指示が出された地域の現状の解説。森林での放射性セシウムの移動や放射線量の推移の開設。汚染状況の異なる県内数箇所で採取した木材の放射性セシウムの分布等、福島大学での測定事例―樹皮等の焼却や木質のエネルギー利用の際に留意すべき放射性セシウムの挙動の研究成果を報告。

佐藤氏の願い
 福島県産の農林水産物は厳しい検査が行われ、安全・安心の確保に努めている。しかしながら、汚染が少ない会津地方の産品までもが需要の減少や価格の低下といった風評被害を受けている現実がある。皆様のご理解と復興への御支援をお願いします。

【第2部 ディスカッション】
 「木質バイオマス利活用に向けて、いまできることを考える」
コメンテーター: 大内 正年 氏(郡山チップ工業株式会社 代表取締役会長)
モデレーター: NPO法人農都会議 理事 山本 登

ディスカッションの概要
 大内氏には、林業、製材業の現場から最新情報をお話しいただきます。また、佐藤氏、復興支援関係者などを交えて、参加者と意見交換していただきます。

※時間等内容は都合により変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。
※終了後、交流会を予定しています。詳しくは会場でご案内します。

●主催 NPO法人農都会議 バイオマスWG、農都交流・地域支援G
●協力 全国地域エネルギー推進協会(地エネ協)、バイオマス発電事業研究会、ほかを予定
●対象 「ふくしま復興」とバイオマス燃料利用に関心のある企業、研究者、市民、団体、行政、NPO、メディア等
●定員 60名(申し込み先着順)
●参加費 一般 2.000円、会員・学生 1.000円
●お申し込み WEBフォーム(https://goo.gl/MXHpq2 )からお願いします。


参考
 →5月29日「ふくしまの暮らし、農林業」勉強会の報告
 →ふくしま南相馬・相馬フィールドワークの報告
 →4月27日「ふくしまの森林・バイオマス」勉強会の報告
 →12月2日「ふくしまの現在(いま)を考える」ミニ勉強会等の報告
 →ふくしま復興フォーラム2 (2011年9月19日開催)
 →ふくしま復興フォーラム1 (2011年9月5日開催)

ふくしま復興フォーラム2  ふくしま復興フォーラム1
ふくしま復興フォーラム2と1


■お問い合わせ
 NPO法人農都会議 事務局
  E-mail:noutokaigi@gmail.com
  URL:http://blog.canpan.info/bioenergy/
Posted by NPO農都会議 at 17:13 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bioenergy/archive/165
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml