CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« バイオマスWGとは? | Main | 8月2日「福島の木質バイオマス」勉強会のお知らせ »
6月15日「バイオマス発電産業の課題と未来」講演会の報告[2017年06月21日(Wed)]
 NPO法人農都会議は、6月15日(木)夕、「バイオマス発電産業の課題と未来像 〜バイオエネルギーをフル活用する未来社会へ向けて」講演会・討論会を開催しました。
 →イベント案内

6月15日総会記念講演会

 会場の港区神明いきいきプラザに約70名の参加者が集まり、NPO法人農都会議へ組織変更した後の2回目の総会の記念行事として、講演と質疑応答、討論が行われました。


 第1部は、丸紅株式会社 国内電力プロジェクト部副部長、一般社団法人バイオマス発電事業者協会代表理事の山本毅嗣(たけし)氏により、「丸紅の国内電力事業のご紹介」及び「バイオマス発電事業について」のテーマで、講演がありました。

6月15日総会記念講演会

 山本氏は、丸紅(株)電力本部の紹介(海外発電所建設プロジェクト、海外発電事業等)、国内電力プロジェクト部の紹介(電力小売り事業、電源開発事業、地域貢献活動等)、国内電力小売事業の強み、各種再エネ電源などについてお話しされました。
 山本氏は、昨年11月に設立されたバイオマス発電事業者協会の代表も務めておられます。協会の目的や現状、バイオマス発電の特徴(ベースロード電源、セキュリティ優位、地方振興等)、安定的な燃料確保(燃料調達先の多様化)、国内材と輸入座の共存共栄による成長実現、海外へのバイオマス技術輸出、託送料課金、未利用材利用促進などについての説明もありました。

 山本氏の講演の概要です。(準備中)


 第2部は、質疑応答と「木質バイオマス発電・バイオマスエネルギー産業の課題と将来像―バイオエネルギーをフル活用する未来社会へ向けて」をテーマにディスカッションが行われました。
 モデレーターは、NPO法人農都会議理事、一般社団法人バイオマス発電事業者協会副代表理事の澤一誠氏でした。

6月15日総会記念講演会

6月15日総会記念講演会

 澤氏から、2030年エネルギー・ミックスに基づくバイオマス発電の推進、安定的なバイオマス燃料の確保、バイオマス発電所の計画・建設・運営上の課題、石炭火力発電の代替としてのバイオマス発電、アジア等海外事業への展開について議論をお願いしたいと説明があり、討論が続けられました。

 質疑と意見交換の概要です。(準備中)


6月15日総会記念講演会

 総会記念講演会とあって、参加は会員が多数となりましたが、大手商社が取組む電力事業の全体像とバイオマス発電産業の課題、将来像について理解が進み、とても貴重な機会になったと思います。
 講師並びにご参加の皆さま、誠にありがとうございました。
新エネルギー新報
※本講演会は、重化学工業通信社の新エネルギー新報誌で紹介されました。


Posted by NPO農都会議 at 03:57 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bioenergy/archive/163
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml