CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 4月18日「バイオマス熱利用社会の実現へ」勉強会のお知らせ | Main | ご入会の案内 »
3月13日「FIT申請の審査担当者から聞く」勉強会の報告[2017年03月25日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、3月13日(月)午後、「FIT申請の審査担当者から聞く制度の運用  〜平成29年度以降の制度改定を考える」勉強会を開催しました。
 →イベント案内

3月13日WG勉強会

 FIT制度が大幅に改訂されることになり4月1日からの施行を目前に控えて、今回は、資源エネルギー庁新エネルギー課で直接FITの認定業務に関する責任者をお招きし、今後のFIT制度の改正を踏まえた認定ルールなどについてお聞きしました。
 会場の港区神明いきいきプラザに70名近い参加者が集まり、講演と質疑応答、ディスカッションが行われました。

 第1部は、資源エネルギー庁新エネルギー課再生可能エネルギー推進室 室長補佐の金子浩明氏により、「改正FIT法に関する直前説明」のテーマで講演が行われました。
 金子氏は、制度見直しの背景、新認定制度(FITの見直し、認定申請の手続方法、主な認定基準の審査基準、事業計画内容の変更手続、電源別事業計画策定ガイドライン)、調達価格の見直しなどについて、資料を元に詳しくお話しされました。

3月13日WG勉強会

 金子氏の講演の概要を一部ご紹介します。
・FIT改正のポイントは、今後、認定から未稼働期間の長い申請設備は極力排除する。更に大規模な非住宅等の大規模太陽光発電施設からの買取価格は(競争)入札制度へ移行する。
・設備設置のリードタイムの長い地熱、風力、水力、バイオマス電源等の導入拡大・支援のため、複数年買取価格を予め提示する複数年制度を採用する。
・FIT電気買取義務者を、小売事業者から送配電事業者に変更し、電力の広域融通を可能にする。
・従来は設備認定であったが、改正FIT制度では事業認定となり、そのための必要書類などの整備が求められる。
・新たな認定基準の主なものは
 −バイオマスの場合は原料の安定調達が明確であること
 −電気事業者の同意が得られていること
 −認定申請情報が関係省庁や地方自治体と共有されていること
など。
・説明会開催など地域住民と適切なコミュニケーションを図ること。発電設備からの稼働音が地域に悪影響を与えないよう適切な措置を講ずること
・バイオマスの場合は、同一種類のバイオマスを利用している既存業者に配慮すること

 参考: 資源エネルギー「なっとく!再生可能エネルギー」サイト掲載の資料
 →改正FIT法に関する直前説明会(PDF)


3月13日WG勉強会

 第2部のディスカッションでは、制度改定の公示が明日行われるとのことで、変更内容や手続きなど数多くの質問が出され、長時間の質疑応答をしていただきました。
 モデレーターは、NPO法人農都会議 理事バイオマスWG座長、一般社団法人バイオマス発電事業者協会副代表理事の澤一誠氏でした。

 質疑と意見交換の一部を記します。(○印:質問・意見、・印:回答)
○バイオマスエネルギーに関しては、申請時に「接続契約書類が添付されなくても申請は可能」とあるが、その猶予期間はどのくらいか?
・バイオマスエネルギー限定ではなく、全ての再生可能エネルギー発電も同様。
○変更認定について伺いたい。旧法では原料の変更は軽微な変更として処理していたが、新法ではどのような扱いになり、審査期間はどのくらいを予想したら良いか?
・同じ原料種で調達先を変える場合は、軽微な変更認定で済む。価格変更の場合は、担当課長の段階で早期に判断する。
○発電出力変更の場合、どうしたら手続き負荷を軽減できるか?
○旧認定を取下げて新しく変更認定する場合の手順と負荷の大小はどうなるか?
○変動の大きい廃材を原料とする場合など安定調達責任はどうなるのか?
○海外材料を調達する場合や複数の都道府県等にまたがる集材契約をする場合の絶対量の把握は、どこで責任を持って行うのか?
○認定申請と実際に使用する材料とが違うことが判明した場合、虚偽が無ければ変更届出を受理するのか?
○司会:改正FIT制度への駆け込み申請は、現状400件以上と聞いているが?
・価格変更までに申請するということで増えている。審査を急いでいる。

 参考: なっとく!再生可能エネルギー 改正FIT法 情報サイト

3月13日WG勉強会

 アンケートへも多数の回答をいただきました。
 金子氏の講演と質疑・意見交換の概要や資料など詳細をお知りになりたい方は、事務局へメールでお尋ねください。会員様には詳細レポートをお送りします。


 今回は、改正FIT法の直前説明会ということで、立見希望の方も相当ありました。いつにも増して、企業の実務担当者と思われる方々が多く見受けられました。お役に立てたとすれば幸いです。
 講師並びにご出席の皆さま、誠にありがとうございました。
Posted by NPO農都会議 at 23:48 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/bioenergy/archive/153
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

http://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml