CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年06月 | Main | 2014年08月»
検索
検索語句
プロフィール

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団B&G特派員さんの画像
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
RSS取得
リンク集
QRコード
shinsaishien-logo.jpg

 
海に感謝!B&Gクリーンフェスティバル「愛Love海」キャンペーンin坊津 開催! [2014年07月31日(Thu)]
感謝
B&Gクリーンフェスティバル「Love海」キャンペーンin坊津 開催!

平成26年7月21日(月)「海の日」今回で2回目となるB&Gクリーンフェスティバル「愛Love海」キャンペーンin坊津が開催されました。

海の日とは・・・海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日です。
海の日にあわせて開催する「愛Love海」キャンペーンは海が大好きな皆さんが海に感謝の気持ちを込め、艇庫付近の海岸清掃を行なえばカヌーやローボートに無料で乗ることができるキャンペーンです。※ゴミの量はペットボトル1個でもOK〜!
IMGP0956.jpg
今年は台風8号の影響で艇庫付近は漂着ゴミだらけ・・・(T_T)

ゴミ拾い開始!
南九州市霜出緑の少年団の皆さんが参加していただきました!
IMGP0969.jpg
暑い中、皆でゴミ拾い!

IMGP0983.jpg
たくさんゴミは拾えたかな〜(^^)

IMGP0987.jpg
今年もたくさんのゴミを拾っていただきました!ありがとうございますm(_ _)m

IMGP0991.jpg
艇庫では漂着ゴミ・ポイ捨てゴミについての環境学習

IMGP1011.jpg
漂流物アート体験も行ないました。

いよいよ試乗体験!
IMGP0999.jpg
楽しそうなOPボート!

IMGP1009.jpg
初スタンディング!やったね!

IMGP1010.jpg
気持ちよさそうに、スイスイスイ〜!

IMGP1007.jpg
一日中大賑わいの艇庫

IMGP1003.jpg
なんと!テレビ・新聞・市の広報誌の取材も来ていただきました!

霜出緑の少年団の皆さんの他にも南さつま市大浦小学校クラス会の皆さんや一般のお客様の参加があり、艇庫は大賑わい!(^^)v
150名もの皆さんに海岸清掃をしていただきました!
おかげさまで海岸も綺麗になりました!

ありがとうございますm(_ _)m




つぶやき・・・
海の日に感謝を・・・「愛Love海」キャンペーンが終わりました・・・
スタッフは走り回り、大賑わいの艇庫・・・終わる頃にはグッタリ・・・気持ちのよい疲労感を覚えました(^^)v
1人艇庫に残り後片付け、ふと窓を見ると、キラキラと光る海面と綺麗になった砂浜・・・そして空には一筋の飛行機雲・・・!
なにこれ!マジで感動〜・・・!こんなに美しい海を見たのは初めてだ・・・(T_T)
この企画を考えてよかった・・・来年もがんばろ〜・・・とか、皆さん本当にありがと〜感謝感謝です・・・などと、1人いろんなことを思い浮かべながら海岸を眺めプラプラと歩いていると、岩で足の小指をぶつけた・・・泣くほど痛いじゃん!(T_T)
少しうずくまっていたあと、一気に現実に戻った・・・
さて、もう少し後片付けするか・・・

取材:南九州ブロック特派員 鹿児島県南さつま市坊津B&G海洋センター 現王園 仁志
「親子3S体験キャンプin周防大島」に大満足!(中国ブロック海洋センター連絡協議会) [2014年07月31日(Thu)]
2014/07/19〜21

「親子3S体験キャンプin周防大島」に大満足!

中国ブロック海洋センター連絡協議会

3S集合写真.jpg

 平成26年7月19日から21日の2泊3日で大島商船高等専門学校、海上保安庁と日本ライフセービング協会の協力のもと、「2014親子3S体験キャンプin周防大島」が開催されました。イベント名にある3S体験は船(SHIP)・海(SEA)・サバイバル(SURVIVAL)の略で、内容はまさしくこの3Sを体験する内容となっていました。
 今回参加したのは9組26人の親子。そのほとんどがリピーターで過去のキャンプの満足度が伺えました。

s-開会式参加者代表.jpg
 まずは開会式 山口県光市の原田万夢里さんが参加者を代表して決意のことばを述べました。

船内探索.jpg船内探索2.jpg
 開会式終了後、大島丸に乗船。操舵室など普段は見れない設備も見学でき、参加者は大興奮でした

大島丸.jpg

 このイベントで移動手段及び初日に宿泊するこの大島丸は、大島商船高等専門学校の練習船で、学生の航海実習や海洋に関する調査実験などに使われています。長さは42mで幅は7.6m。商船学校の存在は知っていても、なかなか身近に感じる機会はありません。こう言った点からもとても貴重な体験でした。


初 日
 1日目は、海上保安庁柳井海上保安署による「会場安全教室」、巡視船「くがかぜ」体験乗船、キャンプ地清掃、宿泊テント・トイレ設営、そして夜には大島丸船長による講義「星と船」が行われました。

巡視船体験.jpg
 なかなか乗れない巡視船体験 子どもたちしか乗れず大人はがっかり

P7190139.JPG
キャンプ地清掃 外国の文字が書いてあるビンもあり、海が世界に繋がっていることを再認識しました

s-テント設営.jpg
 テント設営 最初は戸惑った作業も次第に早くなりました


2日目
 船上デッキで航海士の方が指導してくださった「船体操」から始まり、非常食体験、カヌー・バナナボートを使った海洋性レクリエーション、山口ライフセービングクラブ代表によるライフセービング体験、魚釣りなどでの食料調達、竹を使ってのポンポラ飯作り、そして星空観測、とても充実した内容でした。

浮遊体験.jpg

s-浮遊体験2.jpg救助体験.jpg
ライフセービング教室では、緊急時の救助と人は力を抜けば浮くということを再確認しました

カヌー教室.jpgバナナボート.jpg
カヌーやバナナボートなど、海洋性スポーツでは大人も子どもも大はしゃぎ

炊飯.jpg
うつわ作り.jpg食事.jpg
自分たちで作った食器や箸で食べるポンポラ飯と釣ったばかりの魚は最高でした

すいか割り.jpg
3チームで競ったすいか割り 敵味方入り乱れる声援と誘導に海に向かう人も

 星空観測で、満天の星空のもと様ざまな星座の説明や、天体望遠鏡で木星の輪や火星も見せてもらい感動した後、夢見がちにみな就寝しました。しかし、夢路についたその時、抜き打ち非難訓練が開催され、起こされた子どもたちは日常の中に起こりえる非日常も疑似体験しました。
 就寝後も手を抜かないスケジュールには脱帽でした。


最終日
 そして最終日、NHKラジオ体操で始まり、牛乳パックを利用して作るホットドッグ、後片付け、そして最後に瀬戸内海に爆沈した「戦艦陸奥」についての講話と慰霊献花が行われました。
 キャンプ地からの引き上げ時、船に乗せるため浜に用意していた荷物が、思わぬ高波にさらわれそうになり、ほとんどの荷物が濡れてしまうハプニングもありました。

IMG_1465.jpgIMG_1468.jpg
牛乳パックを使ったホットドッグづくり あまりの美味しさに2個3個と手が伸びていました

献花.jpg
「戦艦陸奥」についての講話を受けた後 爆沈場所で献花を行いました

献花進行.jpg献花汽笛.jpg
献花では進行を山口県周南市の森重心理くん、汽笛を周防大島町の北村俊樹くんが行いました

もやい結び.jpg参加者報告.jpg
最後に「もやい早結びトーナメント」が開催され、参加者は練習の成果を披露しました。 そして閉講式 福岡県から参加の岩下成親くんが参加者代表帰港報告を行いました。


IMG_1507.jpg

 そして解散。アッと言う間の2泊3日が過ぎ、別れを惜しみながらスタッフと参加者みな握手で別れの挨拶と再会を誓い合いました。
 とても楽しい3S(船(SHIP)・海(SEA)・サバイバル(SURVIVAL))体験に、子供たちの成長はもちろん、親子の絆の強化も実感できるとても有意義な3日間でした。




記事協力 : 北九州ブロック特派員 岩下啓一
投  稿 : 中国ブロック特派員 松田 翔
平成26年度B&G財団「水辺の安全教室」開催(東京都江東区) [2014年07月31日(Thu)]
2014/7/14 東京都江東区 亀高小学校


平成26年度
B&G財団 水辺の安全教室


表紙.jpg


 平成26年6月26日(木)から9月12日(金)までの約3ヶ月間にわたり、都内の18校の小中学校において、B&G財団主催の水辺の安全教室が行われます。
 今回は、7月14日(月)に江東区立亀高小学校の水辺の安全教室におじゃましてきました。


校名.jpg

マーク.jpg 学校全体.jpg

プール.jpg
教室の実施されるプール


準備.jpg
教室準備
指導者は、海洋センター課 清水次長、指導者養成課 宮崎課長、海洋教育課 山口氏、海洋センター課 加藤氏、埼玉県白岡B&G海洋センター 樋口氏の5名です。


シャワー.jpg
しっかりシャワーを浴びて・・・

挨拶.jpg
挨拶をしてから・・・

体操.jpg

体操2.jpg
みんなで体操!


これから、カヌー体験が始まります。
楽しみ、楽しみわーい(嬉しい顔)


ライジャケ2.jpg
ライフジャケットは水辺の命綱!
しっかりバックルを締めようね!


ライジャケ1.jpg
みんなのは、脱落防止用に股紐がついています。これもしっかり締めておいてね!

ライジャケ3.jpg

ライジャケ5.jpg
ライフジャケットは、保温や衝撃から身を守ってくれるんだよ!

パドル.jpg
さぁ!いよいよカヌー教室です!パドルの持ち方は、シャフトの中心を頭に乗せて、ひじが90度に曲がる位置を持ちま~す!

カヌー1.jpg
低い姿勢から乗り込んでね!

カヌー2.jpg
さぁ!出航だぁ!

カヌー3.jpg
まっすぐ進めるかな?

カヌー5.jpg
おいおい!あっち行けよ!


カヌー4.jpg
その調子、その調子!


沈の瞬間!

沈@.jpg 沈A.jpg
@          A
おおっとっとっとぉ〜   ヤバイ、ヤバイ!

沈B.jpg 沈C.jpg
B          C
あれぇ〜?        ドボン!

前半は男子班がカヌー、女子班が水辺の安全教室を行いました。


水辺教室1.jpg
水辺の安全教室


男子、女子交替!


カヌー6.jpg
水の上は気持ちいいね!

カヌー7.jpg
パドルさばきが様になってきたよ!

水辺教室3.jpg
溺れた人を見つけても飛び込んで助けるのはやめましょう!
水辺教室2.jpg
これがレスキューチューブです。浮力体にしたり、こうして体に巻きつけることによって、岸まで引き上げることができます。

続いてライフジャケット浮遊


ライジャケ6.jpg
ライフジャケットを着て泳ぐのは難しいよね?


ライジャケ7.jpg
静かに上を向いて救助を待とうね。


次は背浮き!


背浮き1.jpg
不意に水に落ちた時って、浮輪なんて持ってないよね?

背浮き2.jpg
服や靴は浮力体にもなるから、無理に脱がずに顔をしっかり出して呼吸を確保しようね。

ペットボトル浮遊


ペット1.jpg
みんなの身近にある「ペットボトル」

ペット2.jpg
これで命が救えるんです!

ペット3.jpg
ペットボトルでラッコ浮き!

ペット4.jpg
しっかり胸に抱えて、助けを待とう!


これから夏休みに入ります。晴れ

ライジャケ4.jpg
この笑顔が悲しみに変わらないよう、

イエーイ.jpg
我々の活動は続きます・・・。


最後にみんなで、

全体.jpg
楽しい夏休みにしようね!


4年生.jpg

カヌーは何回も乗っているそうで、夏やすみはカヌー教室に行くそうです。ペットボトルで助けられることが勉強になりました。

菊地.jpg
菊地 叶恋さん
カヌーは2回目、まっすぐ漕げた気がしました。沈した時に頭をぶつけたそうです。ペットボトル浮きがいい経験になりました。夏休みは、プールやお父さんとサーフィンに行くそうです。


内藤.jpg
内藤 京太楼くん
カヌーは初めて乗りました。”沈”がとてもおもしろかった。ライフジャケット浮きがとても楽しかったです。


Let's Go特派員exclamation×2
今回初めて都内の小学校に伺いました、4コースしかなく、水深も70〜80pというちょっと狭いプール環境の中で、カヌーを6艇浮かべました。当然まっすぐ漕げない子供たちは他の艇にぶつかり、大騒動!最後は喜びながら”沈”の練習までしました。ライフジャケット浮遊や、ペットボトル浮きを初めて行った子も多く、夏休み前にいい経験ができたと思います。みんな!楽しい夏休みにしようね!

カメラ取材・レポート関東ブロック特派員  明和町B&G海洋センター 島田 聡
南さつま市金峰きらり塾 体験学習会 開催!(鹿児島県南さつま市) [2014年07月30日(Wed)]
2014/07/19 鹿児島県南さつま市

南さつま市金峰きらり塾 体験学習会 開催!
元気いっぱいの塾生13人が海に挑む!

平成26年7月19日(土)南さつま市金峰きらり塾体験教室が開催されました。
金峰と坊津は南さつま市の中で端と端になる街です。金峰は気候と水に恵まれ早期水稲が盛んです。3月に田植え、7月には出荷する超早場米「金峰コシヒカリ」は県内でも有名です。

IMGP0948.jpg
金峰きらり塾の皆さん開会行事では少し緊張気味・・・

IMGP0886.jpg
初の元気いっぱい「バディーヨーイ!」「オォー!」(^_^)

金峰きらり塾とは・・・南さつま市金峰地区の小中学生が中心となり、交流体験や社会体験、ボランティア体験などの活動を行い、郷土に誇りと愛着をもつ心豊かでたくましい青少年の育成を図ることを目的とした団体です。

今回の体験学習のメニューは・・・
OPボート・ローボート 丸木浜ツーリングです。

いざ出発!
IMGP0892.jpg
ローボート。元気よく息を合わせましょ〜!

IMGP0890.jpg
OPボート。元気いっぱいすごいスピードで進んでいきます!

艇庫より500m.先の丸木浜に到着!
IMGP0918.jpg
丸木浜ではライフジャケットの浮遊体験を行ないました!

IMGP0907.jpg
丸木浜での休憩中・・・パドルサーフィン試乗!

後半ツーリングもあっという間に艇庫に到着!
IMGP0937.jpg
後片付けも皆で一緒に!

艇庫付近の岩場でシュノーケリング・・・
IMGP0940.jpg
どんな魚がいたかな〜(^^)

最後に記念撮影!(^^)v
IMGP0947.jpg
とにかく元気いっぱいの金峰きらり塾の皆さん!
また遊びに来てくださいね!





つぶやき・・・
エスキモーロールが少しできるようになった・・・練習してから2年もかかった・・・
坊津にはエスキモーロールをできるひとがいないので持田教官のweb講座を見ながらイメージトレーニング、もちろんスプレースカートはないので、ひっくり返っては水抜きの繰り返し・・・
今のところ10回に1回くらいはできる・・・これはできるようになったといえるのか?
人に見せるときは必ず失敗するプレッシャーに弱い私・・・
かっこよくエスキモーロールを決められるように、来年に向けて練習します!

取材:南九州ブロック特派員 鹿児島県南さつま市坊津B&G海洋センター 現王園 仁志
南さつま市坊津学園海洋センター体験学習 開催!(鹿児島県南さつま市) [2014年07月30日(Wed)]
2014/07/12 鹿児島県南さつま市坊津

鹿児島県南さつま市坊津学園海洋センター体験学習 開催!

平成26年7月12日(土)から7月17日(木)まで、坊津学園の5年生から9年生までを対象に、海洋センター体験学習が開催されました。
坊津学園は鹿児島県内初となる施設一体型小中一貫校として平成25年より開校しました。
この体験学習は坊津B&G海洋センターがオープンしてから20年以上続く伝統的な行事で多くの卒業生が夏の思い出とともにカヌーに乗りに来てくれます。

7月12日(土)
5年生〜6年生
IMGP0718.jpg
OPボート初体験!

IMGP0731.jpg
皆で力を合わせるドラゴンボート!揺れる度にドキドキ・・・(^^)

IMGP0762.jpg
カヌーは乗り降りを中心に練習中・・・

IMGP0769.jpg
5年生・6年生集合写真!よくできました!(^^)v

7月15日(火)
7年生
IMGP0789.jpg
先生と一緒に記念写真!

IMGP0783.jpg
丸木浜でライフジャケットの浮遊体験

IMGP0794.jpg
7年生集合写真!

7月16日(水)
8年生
IMGP0814.jpg
気持ちよさそうなカヌーのツーリング!

IMGP0809.jpg
先生もパドルサーフィンで坊津の海を満喫(^^)

IMGP0834.jpg
8年生集合写真!

7月17日(木)
9年生
IMGP0844.jpg
皆で楽しくローボート!「オーエス!」「オーエス!」

IMGP0849.jpg
9年生も初体験!ドラゴンボート!力を合わせた夏の思い出!

IMGP0874.jpg
9年生集合写真!
9年生は今年で卒業・・・卒業してもB&G海洋センターに遊びに来てくださいね!


体験学習メニュー
5年生・6年生
使用舟艇・・・シングルカヌー・OPボート・ドラゴンボート
シングルカヌー・・・艇庫付近の海域でパドリングと乗り降りの中心に練習
OPボート・・・少し離れた海域まで連れて行きました。
ドラゴンボート・・・皆で力を合わせて操船することを教えました。
※休憩時間に、ライフジャケット浮遊体験・ロープや浮き輪を使った救助体験を実施しました。

7年生〜9年生
使用舟艇・・・シングルカヌー・ペアカヌー・スタンドアップパドルサーフィン・ローボート・ドラゴンボート
近くの海岸「丸木浜」までのツーリングを行ないました。(片道500m.程度)
丸木浜での休憩中にライフジャケット浮遊体験を実施しました。



つぶやき・・・
いよいよB&G会長賞「たんけん!坊津」ダンボールボート大会が近づいてきた・・・
あれもこれもしなくてはならなく、てんてこまい・・・(T_T)
当日、ダンボールボートの実際の大きさをディスプレイするため、大会ルールーに則り作ってみた。
今回の協力者は図工苦手の瀬戸さん(料理上手)と図工大好き美穂ちゃん(書道8段)に手伝ってもらいました。
あーでもない・・・こーでもない・・・と皆で力を合わせて作った結果。なんと、40分あまりで作ることができた。最短記録だ・・・
さて、船には名前が大事・・・前回の名前「丸木浜プール号」で失敗?した教訓を活かして・・・
まず、世界的に有名な海賊映画で出てくる海賊船「ブラック・パール号」の名前の一部をいただいて・・・あの有名な海賊アニメの主人公の名前から・D・をいただいて・・・最後にクアラルンプールの一部分をいただいて完成〜!
「ブラック・D・プール」!・・・・・・また失敗か・・・
なんか足りない気がする・・・ついでに6号って入れて・・・
ダンボールボート5号.JPG
完成〜!
あれ、なんかおかしいぞ・・・???
あぁ〜っ!(・д゜)違った・・・試作1号は簡単に沈没したあれ・・・試作2号は私が乗って大丈夫だったあれ・・・満を持して生まれたV3は子供達に沈められたあれ・・・4号は飾り用に作った「丸木浜プール号」市営プールみたいな名前になったちっちゃいあれ・・・
今回作ったので5隻目だった・・・orz
無理やりガムテープを使い6号を5号に書き換えられた、かわいそうな「ブラック・D・プール 5号」・・・

一応大会にも一般の部で出場する予定です(^^)v
今からB&G会長賞「たんけん!坊津」ダンボールボート大会が楽しみです!(^^♪
雨が降りませんよ〜に・・・(;一_一)

取材:南九州ブロック特派員 鹿児島県南さつま市坊津B&G海洋センター 現王園 仁志
第1回 串本町B&G海洋センター水泳交流記録大会(和歌山県串本町) [2014年07月30日(Wed)]
2014/7/21 和歌山県串本町B&G海洋センター

第1回串本町B&G海洋センター
水泳交流記録大会

開催



 平成26年7月21日(海の日)和歌山県串本町B&G海洋センター 屋内プールにて第1回串本町B&G海洋センター水泳交流記録大会が開催されました。この水泳交流記録大会は「日ごろの練習の成果を発揮し、水泳を通して子供から高齢者まで水泳を通して交流を深める」のを目的としています。

 当日は、幼児から78才までの総勢73名が参加があり、観客・保護者含め約200名程来館されました。
s-IMG_2088.jpg
公益財団法人串本町ふるさと振興公社理事長 田嶋勝正串本町長が開催の挨拶

「スクールに入る前は顔をつけるのが苦手だったり、うまく泳げなかったりした人もいると思う。水泳をすることで、技術が上達し体力や忍耐力など大きな財産がのこる」と話していました。

s-IMG_2197.jpg

微笑ましい幼児ビート板キックの部

競技は短水路25m5種目
@バタフライ
Aビート板キック
B平泳ぎ
C背泳ぎ
D自由形
計27レースが行われました。
s-IMG_2207.jpg

s-IMG_2231.jpg

s-IMG_2259.jpg

緊張の瞬間! ギャラリーも大勢ぴかぴか(新しい)

一番盛り上がるファイナルレースは見ごたえ十分でした。exclamation×2


s-IMG_2352.jpg


s-IMG_2370.jpg

中学生は一般の部と混合で泳ぎ、泳ぎ終わった後には素晴らしい笑顔がみえました!ぴかぴか(新しい)

s-IMG_2390.jpg

メダリストひらめき
バタフライ
中学生の部   山崎将一朗
小学高学年の部 中馬 明妥人
小学低学年の部 白井 絢菜

ビート板キック
小学低学年の部 松下 凌大
幼児の部    中西 真莉

平泳ぎ
中学生の部   小宮路 涼真
小学高学年の部 中馬 明妥人
小学低学年の部 上野 陽春

背泳ぎ
小学高学年の部 福島 夕夏
小学低学年の部 松下 拓史

自由形
中学生の部   山崎 将一朗
小学高学年の部 中西 真央
小学低学年の部 白井 絢菜 

s-IMG_2105.jpg


参加者感想
小学5年生男子
「平泳ぎに出場し、一生懸命泳ぐことができた♪」
小学3年生男子
「ビート板キックに出場。うまくおよげてよかった!」
一般76才男性
「B&Gには、ほぼ毎日通っている。スイミングスクールに通う子供たちは普段から見ているが、大会で一緒に泳ぐのは初めてで、あまり無い事なのでたのしかった」

◆◆◆担当者&特派員一言◆◆◆
今回の取材は、運営側と取材を掛け持ちの特派員でした!
思うように写真が撮れなかったのが反省です。。。。
参加者全員が日ごろの練習の成果を発揮できていたと感じました。
幼児から年配の方まで水泳を通して素晴らしい交流ができたと思います。
これからいつまでも続く大会になってほしいです。


取材:近畿ブロック特派員
和歌山県串本町B&G海洋センター 太田陽介
平成26年度「水辺の安全教室in栗橋小学校」開催(埼玉県久喜市) [2014年07月29日(Tue)]
2014/7/15 埼玉県久喜市 栗橋小学校

平成26年度水辺の安全教室
in栗橋小学校

〜「地域の特色ある事業」助成を受け、2県3ヵ所の海洋センター指導者会が協力〜
(日本財団助成事業)


ライジャケ花2.jpg


学校全体.jpg 看板.jpg

 平成26年7月15日(火)埼玉県久喜市栗橋小学校において、水辺の安全教室in栗橋小学校が行われました。B&G財団の「地域の特色ある事業」として助成を受け、2県3ヵ所の海洋センター指導者会が協力し合って実施されるこの教室、好評につき、昨年に引き続き今年も行われました。
 今年度は、4年1組、2組、3組の3クラス授業です。さぁ!行ってみよう!


ミーティング.jpg
川島隊長を中心にスタッフミーティング。今日は子どもたちが服を着てくるらしいから、背浮きをたくさんやろう!綿密な打ち合わせがイベント成功への秘訣です。


表紙.jpg

指導にあたったのは、久喜市栗橋B&G海洋センター、全国指導者会副会長川島正光氏、同、松田喜和氏、糀谷哲史氏、茂木伸一郎氏、松伏町B&G海洋センター飛鳥馬昇氏、下野市国分寺B&G海洋センター近藤隆博氏の6名の精鋭部隊です。

芝居1.jpg
これから、みんなの身の回りで起きうる水難事故をお芝居で見せるからね!
芝居2.jpg
「おい!松田君、あそこに大きな魚がいるぞ!」「どこどこ?」「押すな!押すなよ!あ〜ドボン!助けて!助けて!俺泳げないんだよぉ〜!」

芝居3.jpg
飛鳥馬君を突き落としてしまった松田君は、飛び込んで助けようとしたのでした。「あわわわ!飛鳥馬君落としちゃった・・・大丈夫か?今助けに行くぞ!」

芝居4.jpg
溺れている飛鳥馬君は必死になって松田君にしがみつき、2人とも溺れてしまったのでした。

芝居5.jpg
そこへ偶然通りがかった近藤君が二人の異変に気づき、「お〜い大丈夫か?この腕につかまれ!」と手を差し伸べましたが・・・。

芝居6.jpg
重心が高いまま手を差し伸べた近藤君は松田君を引き上げることなく、自身も川へ落ちてしまったのでした。

救助1.jpg
岸に近い場合は、このように低い体勢で、何かにつかまって手を差しのべようね。
救助2.jpg
腕より長い足を使うと効果的だよ!

背浮き.jpg
万が一、水に落ちた場合は、あおむけになって浮きながら救助を待とう!
背浮き3.jpg

背浮き4.jpg
服や、靴は浮力体になるので脱ごうとせずに、しっかり呼吸を確保してね。
背浮き2.jpg
着衣泳は泳ぐと書くけど決して泳いでは行けません!とにかくしっかり浮いて救助を待つこと!

ペット1.jpg
そんな時、あると助かるペットボトル!常にそばにあるとは限らないけど、覚えておこう!
ペット5.jpg
この格好、何かの動物に似てない?

ペット6.jpg
そうそう!ペットボトルでラッコ浮き!

ペット3.jpg
溺者が遠いところにいる場合は、ペットボトルに少し水を入れて投げてあげれば・・・
ペット4.jpg
確実に届きます!

ライジャケ1.jpg
続いてライフジャケット浮遊!

ライジャケ2.jpg
ライフジャケットのバックルを確実に締めないと・・・
IMG_9154.jpg
このように脱げてしまいます。水中で再び着ることは容易ではありません。
ライジャケ3.jpg
脱落防止用の股紐もしっかり締めようね!

ライジャケ6.jpg

ライジャケ7.jpg

ライジャケ花1.jpg
子どもたちは水遊びが大好き!1件でも悲惨な事故を防いでいきたいものです。

4-1.jpg
4年1組


4-2.jpg
4年2組

4-3.jpg
4年3組


感想演劇
増田・宇佐美・杉田.jpg
左から 塚田さん 宇佐美さん 杉田さん
着衣泳水に濡れると重くなることが分かった。ペットボトルは4回目だけどライフジャケットは初めてでした。プカプカ気持ちよかった。夏休み新潟の海にキャンプへ行くので気をつけていきたいと思います。


笑顔.jpg
この笑顔が悲しみに変わらないよう、我々の活動は続きます!
指導者連合.jpg
関東指導者連合
後列左から近藤氏、飛鳥馬氏、松田氏、糀谷氏、前列左から茂木氏、川島隊長


Let's Go特派員exclamation×2
昨年に引き続き栗橋小学校におじゃましました。この小学校のプールは建物の2階部分、校舎の屋上にあります。高いところにあるため、風が気持ちいい・・・が暑かった・・・。プールサイドも濡れている場所じゃないと立っていられませんでした。関東指導者連合はあちこちで水辺の安全教室を行っているので、内容もさることながら、寸劇等各自それぞれの役割分担ができていて、非常に手際が良いです。子どもたちにもインパクトがある説明は、わかりやすいのではないでしょうか。2県3ヵ所の海洋センターの協力、素晴らしい!来年はぜひ、うちの指導者会もまぜてもらいたいなぁ!

カメラ取材・レポート関東ブロック特派員  明和町B&G海洋センター 島田 聡
平成26年度「鹿児島県B&G地域海洋センター指導員等研修会」開催! [2014年07月29日(Tue)]
平成26年度鹿児島県B&G地域海洋センター
指導員等研修会開催
県内14カ所のB&G海洋センターから16名が参加!

平成26年7月11日(金)、鹿児島県市町村自治開館において、鹿児島県B&G地域海洋センター指導員等研修会が開催されました。
IMG_3291.JPG
沖縄・鹿児島等で猛威を振るった台風8号の影響で鹿児島県連絡協議会事務局である与論町の飛行機が遅れるということで、急遽、県連副会長である南大隅町佐多B&G海洋センターが議事運営をすることになりました。

司会進行の大役を、本年度アドバンストインストラクターを取得した渡邉忍さんが行ないました。
IMG_3296.JPG
少し緊張気味の渡邉さん

IMG_3286.JPG
開会にあたり南大隅町佐多B&G海洋センター 前田 司 係長より挨拶。その後海洋センターの管理運営について意見交換が行なわれました。

さつま町B&G海洋センター 諏訪隆明さん(AD14回)より事例報告
IMG_3308.JPG
「町内の小学生を対象に、例年水辺の安全教室を実施しております。それに伴い着衣泳と併せて希望の学校にはカヌー教室も実施しております。また、泳げない子供を対象に水泳教室も実施予定です」
この他にも各センターの事例報告行なわれました。

〈協議事項・報告事項〉

第9回南九州ブロックB&Gスポーツ大会について
平成26年8月25日(月)に鹿児島県日置市で総合開会式・閉会式を行い。水泳競技は日置市で、カヌー競技はいちき串木野市で開催されます。


第5回ウォータースポーツ南日本大会について
大会の内容を説明をする天城町和田さん
IMG_3320.JPG
「平成26年8月2日(土)に天城町ヨナマビーチで開催されます。種目はペアマラソン競技・ペアカヌー競技・バディレスキュー競技の3種目です。ぜひ、夏休みの思い出として参加してみませんか?」


リーダー養成研修会について
平成26年8月30日(土)から31日(日)の2日間で南さつま市坊津B&G海洋センター艇庫で開催する予定です。タイトなスケジュールになると思いますが多数の参加をお待ちしております。


地域の特色ある事業について
B&G親と子のふれあいキャンプINヨロンの説明をする池田さん
IMG_3342.JPG
「期日は平成26年8月16日(土)から17日(日)1泊2日の日程で行ないます。会場は与論町百合ヶ浜キャンプ場になります。与論町の島内の参加者だけでなく県内各地、さらには県外からの参加者が増えるように各センターでポスターを貼ってください。」


夏に向けて鹿児島県内で多数のイベントが予定されています。
夏のイベントに向けて鹿児島県連の皆さんがんばって行きましょ〜!






つぶやき…
謎の木の実 後編 謎の木の実の正体が判明!
以前つぶやいた謎の木の実を覚えていますか?

前回までのあらすじ・・・
半年くらい前に艇庫前で拾った謎の木の実が発芽しました。
海に漂着する実は、長い時間をかけて漂着します。そのため、実は硬い殻に包まれていて、1年から2年かけて発芽するそうです。
どこの国からきたのか?どんな植物なのか?とにかく全てが謎…あまりにも珍しい木の実だったので、海洋センターにおいておきました。
先日、何気なく謎の木の実をみたら…なんと!発芽している!(@_@;)
いろんな夢を抱きながら鉢に植えました・・・どんな植物に成長するかな・・・つづく・・・

詳しくは↓
http://blog.canpan.info/bgtokuhain/archive/1336
平成26年度 海を守る植樹教育事業 B&G植樹リーダー研修会 に参加してきました〜!のつぶやきに掲載しています。

先日ずいぶん成長した謎の木の実を、艇庫に飾るため自宅からもって来ました。
IMGP0770.JPG
事務所に置いていると松山課長が興味津々に眺めている・・・
「※1 こいはどげんしたとけ〜?」(※1 これはどうしたのですか?)と質問をうけたので、これは艇庫前で拾って、何年もかけて海を漂流してやっとこの坊津にたどり着いて、1年から2年かけて発芽するなどなどのウンチクを淡々と熱く語っていると・・・
松山課長から一言・・・「※2 こいはハマユウじゃなかけ〜?」(※2 これはハマユウじゃないかな〜?)
私「えっ!ハマユウ?ですか?」
松山課長「※3 艇庫前に生えちょあいよ」(※3 艇庫前に生えているあれですよ)
私「あぁっ〜(゜_゜)!思い出した!マジですか!あれなんですか〜?」
IMGP0771.JPG
私「草払機で誤って切り落としてしまうあの植物ですか!」
松山課長「※4 じゃらせんかね〜。」(※4 そうじゃないかな〜。)
あわてながら「ハマユウ 種」でネット検索・・・
謎の木の実の画像が次々とヒット!まったく同じ木の実だ・・・(゜_゜)ガクブル

松山課長「はははっ!長い年月をかけて漂着したとじゃなく、艇庫前のハマユウから※5
ひっちゃれただけじゃったね〜(笑)」(※5 落ちただけでしたね〜(ニッコリ)
私「・・・(― ―;)うぅぅ〜・・・」
あぁ〜・・・なんてこった〜・・・すでに何人かに熱く語ってるし・・・しかもつぶやきに物知り博士のような投稿までしてしまった・・・やっちまった・・・orz

あんなに期待して、あんなに熱く語って、あんなに夢を見たのに・・・
艇庫前に群生しているハマユウだったとは・・・orz

なにはともあれ謎の木の実の正体は「ハマユウ」で決定!

「謎の木の実」の話とともに愛情を持って育てま〜す(^^)ゞ
私の大きな、大きな夢を乗せて、大きく!大きく!育ってください!(^^)v


取材:南九州ブロック特派員 鹿児島県南さつま市坊津B&G海洋センター 現王園 仁志
海の子と山の子の交流アドベンチャー(愛媛県 マリンパーク新居浜) [2014年07月29日(Tue)]
2014.7.19 B&G新居浜海洋クラブ

−B&G財団協働事業 地域の特色ある事業−

海の子と山の子の

交流アドベンチャーexclamation

〜水辺の安全な楽しみ方といざというときのキャンプ術〜


 平成26年7月19日(土)、マリンパーク新居浜・新居浜マリーナにおいて『海の子と山の子の交流アドベンチャーexclamation』が開催されました。B&G新居浜海洋クラブ主催、ボーイスカウト新居浜第2団協力で行われた当イベントには、それぞれの団体から総勢約40名が参加ひらめき水辺の安全教室、防災ご飯作り、クルージング・ヨット体験など、お互いの特技を生かしたイベントが盛り沢山の内容で行われ、参加者達は充実した1日を過ごしましたわーい(嬉しい顔)

IMG_3898.jpg
Tシャツ姿がB&G海洋クラブ会員。制服姿がボーイスカウトの面々です。
お互い自然活動を楽しむ団体同士。両団体に所属して活動している子もいるとのことで、もともとつながりのあった両団体。今回、初めての交流イベントを開催することになりましたるんるん

主催者.jpg
(写真左)ボーイスカウト新居浜第2団 仲村 さん
(写真右)B&G新居浜海洋クラブ 本田 龍郎 会長

まずは、救命法からスタートですexclamation×2

IMG_3901.jpg
救命法を指導してくれたボーイスカウトのお兄さん達。寸劇を交えてわかりやすく教えてくれました。

子ども達も挑戦ですexclamation
IMG_3910.jpg
(参加者の声) 本番でもできるようにしたいですexclamation

防災ご飯づくり
IMG_3916.jpg
救命法の後は、防災ご飯づくり。今日のお昼は「カレー」です。ご飯は専用の袋を使って炊きます。袋に記載された説明のとおり作ればうまく炊けるはずですが・・・・

かれーづくり.jpg
ご飯が固いたらーっ(汗)
微妙な水加減が大切なんでしょうか?少々固めのご飯になりました。ボーイスカウトの子達は、何回がこの方法でご飯を炊いたことがあるそうですが、柔らかすぎたり、固すぎたり、上手に炊くのは難しいとのこと。何事も訓練が大事ですね。今後もチャレンジして、いざという時においしいご飯を炊けるようになろうパンチ

立ちかまどづくり
立ちかまど.jpg
カレーを作っている間に、共通の知識であるロープワークを駆使して「立ちかまど」を作りました。・・・流石の出来です目

〜お昼の後は、海での体験へexclamation


IMG_3957.jpg
B&G新居浜海洋クラブの近藤さん。海へ出る前に、ライフジャケットの知識等を教えてくれました。

クルージング&ヨット体験
クルーズ.jpg

海へ落ちた時の訓練ということで・・・
IMG_4002.jpg
海へ飛び込む子続出。海は気持ちいいなぁるんるん

着衣水泳
着衣していることも忘れて、はしゃぐ子ども達。
着衣エイ.jpg
(服が)重いたらーっ(汗)
着衣状態での泳ぎは、普段と勝手が違いますね。今回の体験を良く覚えておきましょうひらめき

海のお話
海から出た後は、西条自然学校の光澤さんから「海のお話」を聞きました。
IMG_4106.jpg
西条自然学校 研究員 光澤さん
「愛媛の海のプランクトンが少なくなってきています」
海のお話.jpg
海の様々な生物のことについて教えてくれましたぴかぴか(新しい)
IMG_4112.jpg
「しゃこ」に寄生した「まごころ貝」の標本に見入る子ども達。珍しい生き物に興味深々です目

参加された皆さんは、盛りだくさんの内容に大満足の様子で、イベントは終了しました。



【特派員感想】個人的に”他団体との交流事業を手がけてみたい”という考えを持っておりましたので、特派員として、当イベントを取材できることを楽しみにしておりました。往々にして、こうした交流事業は、参加者同士が打ち解けるまでに時間がかかるものだと思いますが、今回は元々交流があるもの同士。すぐに打ち解けて、イベントをお互いに楽しんでいる姿が印象に残りました。元々のつながりの強さがあったからこそ、これほど盛り沢山の内容のイベントを、お互いが連携して、見事にこなすことができたのではないかな、と思います。来年以降もこの交流事業は継続して行われるとのこと。来年もきっと充実した内容のものが作りあげられることでしょう。来年度以降の当イベントも目が離せません目

【取材】四国ブロック特派員カメラ 香美市香北B&G海洋センター 大峯 啓之
アビスパ福岡を迎えた健康教室を開催! [2014年07月25日(Fri)]
2014/07/13 福岡県大任町

平成26年度「健康づくり地域交流フェスタ」開催!

福岡県 大任町B&G海洋センター


 平成26年7月13日大任町B&G海洋センターにおいて、公益財団法人福岡県市町村振興協会主催の平成26年度「健康づくり地域交流フェスタ」が行われ、小学生から高齢者まで108人が参加しました。
 このイベントはで、アビスパ福岡から5人のコーチが来ており、プロのエンターテイナーによる様々な競技に参加者は時間を忘れて楽しみました。

s-開会.jpg

 開会式 「けがをしないように楽しんでください」と永原町長としじみの大ちゃん、そして奥がアビスパ福岡のマスコットキャラクターのアビーくんとビビーちゃん。熊ん蜂がモチーフだそうです。

s-競技1.jpg
s-競技2.jpg
4チームに分かれ老若男女 力を合わせてがんばりました
 

 イベントは朝10時から14時までで、ゲーム間の小休憩や昼食をはさんで行われました。
 午前の部では、準備体操、相性チェックゲーム、言うこと一緒ゲーム、キックゲーム、転がしゴルフとサッカーゲームが行われ、午後の部では、キックターゲットビンゴ、じゃんけんフォーメーション、トンネル通しゲームと手つなぎナンバーコールが行われました。
 競技名を見てもゲームのイメージは湧かないとは思いますが、全てのゲームで子どもから高齢者まで無理なく行える配慮がされており、とても勉強となりました。実際、扇風機だけの体育館の中で誰一人体調崩さず、そして適度な運動ができ、満足してイベントを終了することができました。

s-集合写真.jpg
最後に記念撮影 イベントの終了を惜しむ声が上がる大盛況でした



1万2千uの大任町花公園紹介!

s-ひまわり.jpg

 道の駅「おおとう桜街道」のとなりにある約1万2千uの大任町花公園です。
 夏にはひまわり、秋にはコスモス、そして春には菜の花が一面に咲き誇り、花を見に来る人だけではなく、多くのカメラマンも来ていただいています。
 ひまわりはもう終わってしまいましたが、秋のコスモスの時期には皆さん是非お越しください。

取材:北九州ブロック
   福岡県大任町B&G海洋センター 岩下啓一
| 次へ