CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鹿児島県長島町と北海道東神楽町との少年交流事業「東神楽町ウィンタースクール」 1667km離れた北と南の友情!(パート3) | Main | 平成28年の幕開けに健康を願い512人が参加!!(鳥取県北栄町)»
検索
検索語句
プロフィール

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団B&G特派員さんの画像
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
RSS取得
リンク集
QRコード
shinsaishien-logo.jpg

 
鹿児島県長島町と北海道東神楽町との少年交流事業「東神楽町ウィンタースクール」 1667km離れた北と南の友情!(パート4) [2016年01月19日(Tue)]
2015/12/25〜28


鹿児島県長島町と北海道東神楽町との少年交流事業

『東神楽町ウィンタースクール』パート4

〜ホームステイとホストファミリー・北海道東神楽町との別れ〜

『夏に長島町でまっとっぞ〜!』


IMG_5593.jpg


平成27年12月25日(金)に鹿児島空港を飛び立ち、雪国の北海道へ到着した長島町の子ども達も、楽しかった『雪遊び・創作活動・冬のバーベキュー・動物園見学・ホームステイ』も終わり、いよいよお別れの時です・・・涙
沢山の思い出を作った子ども達が、ホストファミリーとの別れ・北海道東神楽町との別れを惜しみながら鹿児島県長島町へ帰町します。
※まっとっぞ〜は、鹿児島弁で「待ってるよ」の意味です。


ホームステイ先では色々な体験をしました!

ホームステイ先では、ホストファミリーの皆さんが各家庭様々な体験活動を準備し、子ども達はいい思い出作りが出来ました!

今回は樹脂粘土ワークショップをピックアップ!
IMG_5292.jpg
旭川市内にある、カフェ&クラフトのお店「ガレレーア」にて、樹脂粘土というオーブン粘土(焼くと固まる)を、子ども達は東神楽町のマスコット「かぐらっきー」のストラップやキーホルダーを作っていました♪

IMG_5293.jpg
作成中に、ハイチーズ(*^^)v


ホストファミリーとの別れ・・・
楽しかったホームステイも終わり、最後にホストファミリーと記念撮影をし、いよいよお別れです・・・もうやだ〜(悲しい顔)
IMG_5415.jpg
また家に遊びに来てね!!!
ホストファミリーの皆さん、一泊と短い期間でしたがありがとうございました!


ホストファミリーの皆さんと別れた後、今晩の宿泊先「森の湯 花神楽」のコテージに移動です!小雪が降り、気温−10℃の中お土産や荷物を持って歩いて向かいます。
IMG_5446.jpg

IMG_5483.jpg
待ちに待った夕食です!
思いで話しに花を咲かせながら、ハンバーグ・からあげ・お刺身・ちまき・サラダ・あんかけ焼きそば・チキンステーキなどを、美味しい料理をいっただきま〜す!

※私鈴木はお腹を空かせながら取材し、子ども達と同じメニューではなくセブンイレブンの「あんかけ焼きそば」でした・・・涙
みんなと一緒に食べたかったなぁ・・・。


夕食後はホームステイ先の活動報告会!

IMG_5528.jpg
2人ずつホームステイ先で体験した活動内容を報告します!本当の家族のようにしていただき子ども達はとっても喜んでいた様子です(*^▽^*)
子ども達が体験した主な内容は、「温泉入浴・富良野観光・セブンスターの木見学・スケート体験・スキー体験・ゴムチューブ滑り体験・科学館見学・樹脂粘土ワークショップ・雪の美術館見学・花火・雪かき・乗馬」などがありました!
報告会の最後に差し入れのあった、北海道名物飲料「カツゲンとリボンナポリン」を飲み比べ!

子ども達の率直な感想は・・・
■カツゲン:ヤクルトみたい、甘すぎる、口に合わない、あまり美味しくない
■リボンナポリン:炭酸がきつい、美味しい、イケる、カツゲンよりこっち方がいい

※北海道では誰もが飲んだことのある人気飲料ですが、鹿児島県県長島町の子ども達には特に「カツゲン」がお口に合わなかったようです・・・涙

明日はいよいよ鹿児島へ帰る日です・・・
思い出話しに花を咲かせ、夜も眠れないかもしれませんが、3日間の疲れを取るため早めに就寝しましょうね!


お世話になった東神楽町の方々へあいさつ!

IMG_5625.jpg
12月25日(金)〜28日(月)の3泊4日お世話になった、東神楽町の方々へお礼のあいさつに伺いました。この日は東神楽町役場にて行われ、ホームステイでお世話になったホストファミリーの方々も出席し最後のお別れをしましたもうやだ〜(悲しい顔)

鹿児島県長島町児童代表あいさつ 山田 幸輝 君

東神楽町ウィンタースクールで多くの思い出を作ることが出来ました。長島町を出発する時は少し不安がありましたが、今は東神楽町を離れるのが淋しいです!
次は長島町で東神楽町の友達と再会できるのを楽しみにしています(^^♪

IMG_5645.jpg
東神楽町長・副町長・教育長・職員の皆さま・ホストファミリーの皆さま3泊4日と短い期間でしたが、色々な体験活動を準備していただきありがとうございました。

北海道の思い出とお土産を抱え、いよいよ鹿児島へ飛び立ちます・・・
IMG_5682.jpg
 今年の7月末、南国鹿児島県の海で皆さんを待ってます!と言いながら旭川空港から鹿児島空港へ飛び立ちました(*^^*)


・・・各班長の感想・・・

■1班 班長 長元 大知 君
はじめは班をうまくまとめられなかったけど、日が経つにつれてうまくまとめられるようになった。また友達同士の会話も増えて楽しかった!
■2班 班長 出水 凛 さん
東神楽町の友達と久々に会えて楽しかったです。また来たいと思います!
■3班 班長 小屋 大和 君
北海道は寒かった・・・でもとっても楽しかったです!東神楽町の町の様子が、長島町と少し似ていました。
■4班 班長 山田 幸輝 君
雪が沢山で興奮しました。ホストファミリーのお父さんやお母さんにとても良くしていただき嬉しかったです!すべてが楽しかった。
■引率代表 丸橋 雄太(第13回AQ)
子ども達を引率して感じたことは、はじめは緊張した面持ちの子ども達がドンドン笑顔になり楽しんでいる様子が見受けられました。親元を離れ自分のことは自分でするという自覚を持ち少しは成長できたと思います。
東神楽町長をはじめ、沢山の方々に協力していただき事業が成功したことに感謝いたします。今年の夏、長島町でお待ちしていますので楽しみにしていただければと思います。


特派員感想:
今回3泊4日の日程で、鹿児島県長島町の引率カメラマンのような形?で取材に伺いました。
子ども達が旭川空港に降り立ち、そこから一緒に行動しながら子ども達の様子を見ていると、日々成長しているなと感じさせられました。お互い花の町という縁で開始されたこの事業1667km離れた北と南の友情物語として今後もずっと継続して欲しいと思います!
これから、この鹿児島県長島町と北海道東神楽町のような町同士の相互交流事業が、他の自治体でも行われるよう願ってます!


取材:北海道ブロック 滝川市B&G海洋センター 鈴木 博之
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1152390

コメントする
コメント