CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«中津川市付知B&G海洋センター避難所開設訓練その1(岐阜県中津川市) | Main | なつやすみ マリン教室(島根県松江市)»
検索
検索語句
プロフィール

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団B&G特派員さんの画像
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
RSS取得
リンク集
QRコード
shinsaishien-logo.jpg

 
中津川市付知B&G海洋センター避難所開設訓練その2(岐阜県中津川市) [2015年09月08日(Tue)]
B&G海洋センターと地域住民が共同で防災訓練を行うとのことで、
岐阜県中津川市付知町におじゃましました。

9月1日前後には、 全国的に様々な防災活動が行われています。
中津川市では8月30日(日)に、市内全地区を対象にした防災訓練を行いました。
阿寺断層帯による直下型地震(マグニチュード7.9 市内最大深度6強)が発生し、甚大な被害が起きたという想定です。
s-IMG_4695.jpg
展示されていた、活断層のパネル

付知町では、これに合わせて、避難所に指定されている「中津川市付知B&G海洋センター」の職員避難所開設訓練を行い、地域住民が参加した、避難訓練・防災訓練を実施。中津川市長 青山 節児氏が視察にこられ、「防災意識を高め、地域の防災力を強化しよう」と、参加者に感謝の挨拶を述べました。
s-IMG_4747.jpg
挨拶を述べる青山市長

9時に地震発生の想定で、B&G海洋センター職員が施設に到着。避難所として本当に使えるのか施設全体を見て回り、建物の安全確認を行いました。訓練の講師、曽我宣之氏(NPO法人パイオニア理事長)の指導をもとに、複数人でドアを慎重に開け、天井・壁などを観察して利用可能か判断していきます。
s-IMG_4704.jpg
皆で施設の安全確認を行っていきました

地域住民の方々は、地域の1次避難所に参集後、歩いて海洋センターに三々五々集合。結構な降りの雨で参加人数が気になるところでしたが、153名に参加していただきました。消防団員33名、市職員15名、海洋センター職員5名、B&G財団役職員9名を加え、210人以上の参加となりました。
s-IMG_4731.jpg
地域ごとに集まり整列
 
s-IMG_4711.jpg
B&G財団から寄贈された、手動式の濾過機。 ・プールの水をろ過してみました

s-IMG_4806.jpg
各家庭で行った防災会議の内容を、子供たちが発表。家族同士で連絡方法や避難する場所などを話し合ったようです

s-IMG_4789.jpg
段ボールの仕切り体験。スペースは一人用、4人用に区分けされました
 
s-IMG_4754.jpg
アルファ米炊き出し訓練。50人分を1箱で作ります。具材を入れてよくかき混ぜ、8リットルの水を入れて口を閉じるだけ。20分たてば食べられますが、1時間後くらいが食べごろらしい

s-IMG_4802.jpg
キッチンカー見学。ド派手なラッピングがしてありました。「栗きんとん発祥の地」の記入があり、よく目立っていました

s-IMG_4816.jpg
最後に、先ほどのアルファ米とNPOの職員が作ったトン汁をテントの中で試食して流れ解散で終了しました

特派員の一言

「行政の皆さん、B&G財団の意気込みが伝わってくる訓練でした。また、栗きんとん発祥の地だけあり、どの店にしようか迷うくらいの和菓子屋さんがありました。今年収穫の栗で作った栗きんとん、おいしかったです」

中部ブロック特派員 生坂B&G海洋センター 宮川陽一
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1118415

コメントする
コメント