CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« プロフェッショナル職場体験 木の匠編「組子細工の秘密」(島根県雲南市) | Main | 平成27年度『 海の日 マリンスポーツ体験教室 』(北海道せたな町)»
検索
検索語句
プロフィール

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団B&G特派員さんの画像
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
RSS取得
リンク集
QRコード
shinsaishien-logo.jpg

 
第16回木崎湖カヌー大会(長野県大町市) [2015年09月01日(Tue)]
第16回目になるカヌー大会が長野県大町市木崎湖で行われました。
大町市と飯綱町から、小学生18名、中学生2名(飯綱町海洋クラブから参加)、お母さん方8名、一般男子7名(飯綱町海洋クラブから3名参加)が参加しました。
スラロームのカヌー競技やレガッタなどは、なんとなく想像できますが、湖水でカヌー大会ってどんな競い合いになるのか、楽しみに取材させていただきました。

長さ100mで4コースが設定されていて、艇庫から見て沖が北。沖をスタートし、艇庫前にゴールするのが、小学生と女性の部のレースでした。ゴールの判定は、木崎湖キャンプ場の岸辺で見ていました。
s-IMG_4456.jpg

s-IMG_4402.jpg
中学生以上は艇庫前をスタートし、100m先のブイを回ってスタート地点に戻りゴールする変則コース。

ゴムボートでスタート地点に待機している役員のミニジェットホーンの合図でスタートします。ミニジェットホーンの音はテレビでは聞いた事はありましたが、生で聞くのは初めてでした。小さなホーンから大きな音が出て、試合の雰囲気はばっちりでした

第1試合は学年ごとに、ゴールまでの時間を競うタイムレース。全11レースが行われ、9艇のカヌーがフル活動していました。
お母さん方の中には初めての方もいて、艇がくるくる回り、なかなか前に進まず、100mコースを2分以上かけてゴールしたり、後ろ向きでゴールしたりなんてことも。 

レースの合間に子どもたちは、カヌーにまたがって遊んだり、桟橋を揺らしたり、遊び放題。
名称未設定-1.jpg

真剣になったのは、2試合目の「木崎湖カップ争奪」自己申告タイムレースの予想申告タイムの申告のとき。1試合目の自分のタイムを参考に申告タイムを考え、申告タイムと2試合目のタイム差の少ない者が優勝するため、誰にでも優勝のチャンスがあります。
s-IMG_4428.jpg
で、結果は今年も飯綱町にカップがもたらされました。

飯綱町から参加の皆さんです。
s-IMG_4544.jpg

参加者の集合写真。
s-IMG_4532.jpg

大町CATVの取材を受ける優勝者
s-IMG_4547.jpg

特派員の一言 去年は午後のヨット大会にお邪魔したのですが、今年のカヌーも楽しかったです。

今日の成績
s-IMG_4499.jpg
s-IMG_4500.jpg

お昼のカレーおいしかったナー。

ただサービスが良すぎて、大盛りのお代わりにびっくりして手が止まっていました。
s-IMG_4555.jpg

中部ブロック特派員  生坂村B&G海洋センター 宮川陽一
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1115849

コメントする
コメント