CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« B&G財団会長賞 | Main | 小さな苗木で大きな海を»
プロフィール

B&Gロゴ-JPGデータ大.jpg

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 
カテゴリ
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
リンク集
ブログアーカイブ

水プロブログアーカイブ
東北地方太平洋沖地震支援基金 http://blog.canpan.info/bgf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/bgf/index2_0.xml
掛川市レポート きんじろうくん日記S 「お世話になりました」 [2014年03月31日(Mon)]

2か月間の研修も3月いっぱいで終了となりました。
きんじろうくん日記も最終回です。


最終日は、松井市長に研修報告に行きました。
初日に市長室にご挨拶に行ったのがすぐ最近のように感じました。


教育委員会の皆さん、BGセンターの皆さんありがとうございました。
DSCF2214.JPG
社会教育課の皆さん

色々とお世話になりました!!

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



最後に道中で・・・
DSCF2218.JPG
やっぱり静岡は富士山ですね♪





掛川市レポート きんじろうくん日記R 「健康医療日本一」を目指して!  [2014年03月27日(Thu)]

掛川市では、「健康医療日本一」を目指して、まちづくりを進めています。今日はその取り組みの一部をご紹介します。
キーワードは”連携”です。

その@ 
全国初!異なる市の「市立病院」同士が総合した総合病院 
「中東遠総合医療センター」
掛川市とお隣の袋井市が企業団を設立し、合同で運営する総合病院です。
元々それぞれの市に「市立病院」がありましたが、施設の老朽化等の問題に伴い、近隣病院との再編統合が望ましいと、新たに建設されたのがこの「中東遠総合医療センター」です。昨年5月に開院しました。
異なる市の「市立病院」同士が統合したのは日本初だそうです。

chutoen.jpg

そのA 
行政の垣根を越えて!「医療・保健・福祉・介護」の連携
『地域健康医療支援センター「ふくしあ」』

「ふくしあ」とは、「医療・保健・福祉・介護」に関することを一箇所に集約した総合的な在宅支援の地域拠点で、市内に5箇所あります。(うち1箇所建設中)
同じフロアに「行政、地域包括支援センター、社会福祉協議会、訪問看護ステーション」が入所し、お互いに連携をとることによって、垣根のない支援を受けられることが特長の一つです。

西部ふくしあ4.JPG
西部ふくしあ

西部ふくしあ1.JPG
各部門が集まって打ち合わせ中。利用者は「医療・保健・福祉・介護」に関することをここで一度に相談できます。

どうしても行政は、縦割りをイメージしてしまいますが、ここ「ふくしあ」は、うまく連携が図られている先進的事例として他自治体からの視察も多いそうです。

でも本当は、画期的なことだけに、担当の方はここに至るまで色々とご苦労もあったようです。


そのB
「医療・保健・福祉・介護・教育」の中核ゾーン
「希望の丘」(建設中)
広大な敷地に「医療・保健・福祉・介護・教育」に関する多機能施設が揃う中核ゾーンとして、ただいま建設中です。「診療所・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・児童通所施設、保育所・特別支援学校」などが建設されます。一足お先に児童通所施設は今春開設予定ですが、その他施設は平成27年度にオープン予定です。

希望の丘3.JPG
診療所・特別養護老人ホーム・保育所・特別支援学校などが建設されます


色々な”連携”が ここ掛川市では誕生しています!!

掛川市レポート きんじろうくん日記Q 「それぞれの年度末A パドルから包丁へ」 [2014年03月26日(Wed)]

今日は、掛川の海洋センターでカヌーを教えていた野中さん(AD)がご挨拶に来ました。
野中さんはカヌーのスペシャリストですが昨年退職し、今春からは拠点を鹿屋市に移して"アスリートのための食堂”に専念するそうです。近々鹿屋市に向けて旅立ちます。

DSCF2070.JPG
カヌーのパドルを包丁に持ち替えます!!
中央が野中さん。昨年度の「体験クルーズ」にも「リーダー」で乗船してくれました

それぞれの旅立ちの春ですねるんるん
掛川市レポート きんじろうくん日記P 「掛川市おすすめ観光スポット」 [2014年03月24日(Mon)]

今日は掛川市の観光スポットをいくつかご紹介します。

ヤマハリゾートつま恋
「つま恋」・・・名前は知っていましたが、掛川市にあるとは知りませんでしたバッド(下向き矢印)
「つま恋」は、自然・音楽・スポーツが一体となったリゾート施設で、著名なアーティストのコンサートが開かれることでも有名です。
ホテルや温泉のほか、アーチェリーやゴルフ、ノルディックスポーツ、乗馬、水泳などなど、様々なスポーツや自然体験が楽しめます。3月28日からは「国際馬術大会」も開かれます。

冬場は「つま恋サウンドイルミネーション」が開催されているので行ってきました。
DSCF1930.JPG
イルミネーションなら他にもありますが、さすがヤマハ!!音楽が流れながらのイルミネーションはとてもきれいでしたよるんるん

DSCF1932.JPG
少し見えにくいですが、こちらは富士山をイメージしたイルミネーション。もちろん音楽付き♪

DSCF1928.JPG


続いて、掛川花鳥園
ここ掛川市に来る前に、B&G財団のO次長に「掛川市では絶対に花鳥園に行け!!」と言われていましたダッシュ(走り出すさま)
鳥たちと直接触れあえる!・・とは聞いていましたが、行ってビックリ、、確かに楽しい!

犬や猫、小動物とはふれあう機会はあっても、なかなか鳥を触る機会はない。
しかも・・・
DSCF1761.JPG

そして、エミュー
DSCF1780.JPG
中央にいるのは飼育員さんではありません。お客さんです。

とか
DSCF1779.JPG

このゲージ(?)には、フラミンゴやシギなど多くの鳥たちが
DSCF1775.JPG
ゲージにいる鳥を眺めるのではなく、人間がゲージに入ります!


他にもふくろうや鷹のバードショーもやっています。
DSCF1756.JPG


DSCF1772.JPG
観光課の伊藤さん。アクア・インストラクターです。

他にもペンギン、ツル、ペリカンなどたくさんの鳥たちがいました。
鳥と触れ合いたい方 おすすめです!


最後にカメラ目線で
DSCF1748.JPG
みんな遊びに来てね♪


続いて、謎のトンネル
テレビ番組「珍百景」でも紹介されたトンネルです。

こっちから見ると普通のトンネル。でも狭い、低いたらーっ(汗)
DSCF1907.JPG

この中を歩いて反対側から見ると
DSCF1908.JPG
手で掘った????

このトンネルは住民の手によって掘られたトンネルです。軽トラ一台がギリギリ通れると言われていますが、本当に通れるの?という位狭い。
少し山を入ったところにあるので、地元の方の秘密のトンネルのようです。
昔は大切な生活道路として使われていたのでしょうね。


掛川市レポート きんじろうくん日記O 「それぞれの年度末@」 [2014年03月23日(Sun)]

年度末ということで、新しい年度に向けて皆さんお忙しいことと思います。

年度末恒例のBG会議としては、道府県連協の担当者会議がありますが、今日は静岡市で行われた静岡県連絡協議会の担当者会議に参加しました。

静岡県内の全海洋センターから16名が出席し、今年度の報告と次年度計画について確認したほか、旅費の使い方等について話し合われました。
DSCF2088.JPG
今年度幹事の磐田市 佐野さんが説明します。
直接顔を合わせて話しあう機会は大切ですね。

磐田市の皆さん1年間お疲れ様でした。
次年度幹事センターの川根本町の皆さん、よろしくお願いします。
掛川市レポート きんじろうくん日記N 「健脚度測定」体験会 [2014年03月17日(Mon)]
 
 静岡県 牧之原市相良B&G海洋センターで、高齢者を対象とした「転倒・寝たきり予防プログラム(通称:転プロ)一日体験会」が開催され、私も行ってきました!!
B&G財団の大関が講師となり、地元の高齢者37名が参加しました。


初めに、大関より「転倒予防の必要性」として、
 なぜ転倒予防が大切なの? 
 高齢者が寝たきりなる大きな原因は? 
 どこで、どんな状態で転んでしまうことが多いの?
 じゃあ、どうやって予防すれば良いの? 

などなど パワーポイントを使ってわかりやすく教わります。
DSCF2003.JPG
静岡県内から掛川市、御前崎市、川根本町のB&G指導者や保健師さんも見学に来ました。


講義が終わった後は、お家で座って出来る簡単トレーニングの紹介です。
DSCF2009.JPG
テレビを見ながらなど、ちょっとした時間にできる簡単な運動です。


今日のこの「体験会」の目的は「自分の脚を知る!」ということで、これから”脚の通信簿”「健脚度測定」を測っていきます。

まずは見本から。
お隣さんとの測定値の比較は禁物です。あくまでも自分の脚と対話します。
DSCF2018.JPG




では、実際に測定開始!
「健脚度測定」は全部で4種類。日常生活で普通に行っている動作「歩く、またぐ、昇って降りる + バランス力」を測定し、脚の健康度を数値化します。

これは、「最大一歩幅」 ”またぐ力”の測定です。
DSCF2024.JPG


これは、「10メートル全力歩行」”歩く速さ”を調べます。横断歩道、時間内に渡りきれますか??
DSCF2021.JPG

この他にも、昇って降りる力「踏み台昇降」とバランス力を見る「つぎ足歩行」を測定しました。



測定が終わったら、みんなで「ウォーキング教室」 色々な歩き方を試します。
DSCF2025.JPG

続いて、頭と体を使ったレクリエーション
DSCF2027.JPG

皆さん、とても良い表情です
DSCF2031.JPG

DSCF2032.JPG


最後は、マットに寝転び全身ストレッチ。
ゆっくりと全身をもみほぐします。
DSCF2039.JPG


体験会の最後には、個々の「健脚度測定」の結果が渡されました。「うわー」とか「思ったよりも・・・・」など、色々な感想が聞こえました。
皆さんこれを機会に、日常生活に運動を取り入れてみてくださいね。


DSCF2040.JPG
全員で記念撮影



掛川市レポート きんじろうくん日記M 「どんぐり先生へ」 [2014年03月11日(Tue)]

「きんじろうくん日記」でも前回ご紹介しましたが、掛川市では『いのちを守る「希望の森づくり」プロジェクト』として、防災林などの植樹を積極的に推進しています。

市内3箇所の小学校でもBGの「海を守る植樹教育事業」を導入してくれています。これは、「子どもたちが自分たちでどんぐりを拾い、育て、その苗木を防災林として自分たちのまちに植樹する」という“命の森づくり”事業です。
 
今日は、その小学校の一つ、横須賀小学校5年生の児童から届いたかわいいお手紙を紹介します。
横須賀小.JPG


横須賀小学校では、昨年11月に5年生児童78名が”どんぐり拾いと蒔き付け”を行いました。教えてくれたのは、NPO法人時ノ寿の森の皆さんなどです。(詳しくはB&G植樹ブログを見てくださいね。)

子どもたちは、単にどんぐりを拾って植えるだけでなく、「森の大切さや森と海の関係、津波を防ぐ海岸の防災林の役割」なども教えてもらいました。
DSCN1226.JPG
「どんぐり先生」こと 時ノ寿の森の深谷さん。子どもたちに「森を育てることが命を守ることにつながる」ということも教えます。

子どもたちが拾ったどんぐりを「トレー」に植えます。
DSCN1425.JPG




この時の感想を子どもたちがお手紙にまとめてくれたので一部紹介しますぴかぴか(新しい)
横須賀小2.JPG


どんぐり先生のみなさんへ
前は、5年生にどんぐりのなえを作るための作業などを教えていただきありがとうございました。おかげで、どんぐりの木がどれだけ環境に役立ち、私たちを守ってくれるかがわかりました。来年の4年生、その次の3年生がこの活動を役立て、みんなで環境が守れるといいなと思います。
(5年女子 N.Sさん)

どんぐり先生のみなさんへ
この前はどんぐりひろいや植え方について教えてくれてありがとうございました。どんぐりをひろうのは楽しかったけれど、植えるのはむずかしかったです。これから、どんぐりをそだて、次の5年生にたくします。ぼくたちで横須賀をまもります!
(5年男子 H.Sくん)

どんぐり先生のみなさんへ
わたしは、どんぐりという小さな実から、大きな木に変わり、未来を守る力になるとは思いませんでした。でもこれからこの3年間で、つなみからこの町を守る物を作らせてもらうことはとてもうれしいです。これからも思いをこめて、水をあげていきたいです。
(5年女子 Y.Iさん)

どんぐり先生のみなさんへ
ぼくたちにどんぐりの木で自然を守ることについて教えてくださり、ありがとうございました。つなみのためにどんぐりを海岸に植えることの大切さを知りました。これからも大好きな日本のために、このような活動を続けていきたいです。
(5年男子 S.Nくん)


子どもたちが芽が出る日を楽しみに、一生懸命お世話してくれている様子が伝わってきました。

昨日、様子を見に行ったところ、まだ芽はほとんど出ていなかったのですが、これから暖かくなると一気に育つようです。
楽しみですねるんるん

掛川市レポート きんじろうくん日記L 「海洋クラブと指導員」 [2014年03月10日(Mon)]

今日は、B&G海洋クラブ「指導員会」の会合があり、今年度の決算や、次年度の活動計画・クラブ員募集等について話し合われました。

市内にはB&G艇庫が2箇所あり、それぞれにB&G海洋クラブがあります。どちらの海洋クラブにもこの「指導員会」の皆さんが一緒になって子どもたちの指導をしてくれます。

「指導員会」のメンバーは、地元有志の方たちで、職業も年齢も様々ですが、皆さん厚い志を持って子どもたちの指導にあたってくれています。
DSCF1985.JPG
一番左の田宮さんはBG海洋クラブ員の出身です。当時は、お隣に座っている三浦さんに教えてもらっていたそうです。
海洋クラブ出身者が、次は後輩の育成にあたる・・・・良い循環が生まれていますね。


次年度は、海洋クラブ出身者を含め新たに数名が「指導員会」に加わる予定です。
BGの海洋クラブは地域の方に支えらているんですね。

掛川市レポート きんじろうくん日記K 「こだわりの逸品たち」 [2014年03月07日(Fri)]
 
今日は「お茶」の話 第2弾です。
前回は、お茶の農法「茶草場農法」のご紹介をしましたが、今日は「お茶」についてのお話です。

掛川は、お茶処として有名ですが、なかでも「掛川深蒸し茶」が特産品です。
この「深蒸し掛川茶」は、全国茶品評会で、9年連続産地賞を獲得しています。普通煎茶よりも蒸し時間を2から3倍長くする製法により、水色が濃厚で自然の甘みが感じられる深い味わいのお茶です。

更に!!この「「深蒸し掛川茶」、緑茶効能研究「掛川スタディ」によると、体に良い成分を多く含むため、毎日飲むことにより生活習慣病予防に効果があるそうです!
健康が気になる皆さん!!!!いかがでしょうかグッド(上向き矢印)

ということで、今日は、環境経済部の後藤さんにおいしい「深蒸し茶」の入れ方を教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)
DSCF1962.JPG
後藤さんが「掛川茶マイスター」の皆さんにレクチャー。まずは、茶葉についての説明です。

続いて、茶具の説明。南部鉄器や美濃焼の器など「茶文化プロジェクト」匠の逸品の紹介です。
DSCF1963.JPG

そして、お茶のおいしい入れ方
DSCF1965.JPG
お湯の温度や待ち時間で、同じ茶葉でもまろやかになったり、きりっとした味にもなります。両方飲み比べてみましたよ。



先ほどありました「茶文化プログラム」とは・・
緑茶文化の継承と更なる普及を目指し、各市の最高の技を結集した4市協働の活動です。
DSCF1970.JPG
●南部鉄器の南部鉄瓶 (岩手県奥州市)
●樺細工の茶筒・茶托・茶さじ (秋田県仙北市)
●美濃焼の茶器(岐阜県多治見市)
そして、
●深蒸し掛川茶(静岡県掛川市) の4市で実施しています。

匠の逸品で、こだわりの深蒸し掛川茶を味わう・・・
最高に贅沢な一時ですね〜るんるん

最後に後藤さんから急須をプレゼントしていただきました。
DSCF1973.JPG
戻ってからもこの急須で、掛川のお茶を味わいたいと思います。
ありがとうございましたexclamation×2
掛川市レポート きんじろうくん日記J いのちを守る「希望の森」プロジェクト [2014年03月05日(Wed)]
 掛川市では、災害に強い街づくりとして、H24年度から『いのちを守る「希望の森づくり」プロジェクト』として、海岸線などに植樹を実施。これまでに市内7箇所で延8,000人が参加し、62,000本もの苗木が植えられました。

 今日は、大渕海岸でも植樹会が開催され、地元住民のほか、企業の皆さんなど多くの方が参加しました。
DSCF1935.JPG

DSCF1944.JPG

DSCF1954.JPG
4,000本の苗木を植樹。多くの人の手であっという間に植えられました。

DSCF1943.JPG
松本課長も植えています!

掛川市の「植樹」の特徴は、市民・企業・行政が協働で実施するところです
DSCF1958.JPG


いのちを守る「希望の森づくり」プロジェクトを主催している NPO法人 時ノ寿の森クラブ代表の松浦さん
DSCF1953.JPG
松浦さんは、BGの「海を守る植樹教育事業」にも協力してくださり、市内の3小学校(千浜小・第二小・横須賀小)で、どんぐりを拾って育て植樹する“命の森づくり”にも取り組んでいただいています。

掛川市レポート きんじろうくん日記I 「B&G中部ブロック幹事担当者会議」 [2014年03月03日(Mon)]
 
 B&Gの「中部ブロック幹事担当者会議」がありました。

 中部ブロック内(山梨・長野・静岡・愛知・岐阜・三重)から今年度と来年度の幹事センターの皆さんがいらっしゃいました。
DSCF1904.JPG
担当者会議では次年度の「ブロック総会」や予算・決算等について話し合われました。

DSCF1906.JPG
各連協の新旧幹事センターの皆さん

中部ブロックでは「ブロック会報誌」も作っています!!
これは今年の会報誌です!
DSCF1514.JPG

DSCF1515.JPG
掛川市レポート きんじろうくん日記H 「静岡と言えば・・」 [2014年02月27日(Thu)]

静岡県といえば、「お茶!!!」を思い出す方も多いと思います。

私も神奈川県に住んでいるため、お隣さんの静岡県の”お茶畑”はよく目にする機会もあり、お茶畑を見るたびに「静岡だなあ」なんて思っていました。

なかでもここ掛川市は、静岡県内はもとより、国内でも屈指の”お茶処”として有名で、特に「掛川の深蒸し茶」は、全国茶の品評会で数多く「産地賞」を受賞しています。

お茶畑
4DSCF1737.JPG
これから暖かくなるともっと色鮮やかな緑色の茶畑が広がります

今日は、「お茶」と言っても、その農法「茶草場(ちゃぐさば)農法」についてご紹介します。

「茶草場農法」って何???
静岡県で昔から行っているお茶の栽培方法で、お茶畑の周辺で刈り取った「ススキ」や「ササ」などの草を、茶畑に肥料として敷き詰める農法です。この草を刈り取る採草地を、「茶草場」と言います。

4.JPG
刈り取った「ススキ」などをお茶畑に敷き詰めます。これによりお茶の味や香りがよくなるため、茶農家の方が手間ひまかけて草を刈り敷き詰めます

昔は、日本各地でこの「茶草場農法」が見られたそうですが、時代の変化とともに、現在では、静岡県などごく一部だけで続けられている農法です。

定期的に人の手で草を刈り取るこの「茶草場農法」により、掛川の茶草場には希少植物の「秋の七草」や「カケガワフキバッタ」など貴重な生物が残っており、豊かな生物の多様性を作り上げています。
そのため、この「静岡の茶草場農法」は、ちょうど富士山の「世界文化遺産」登録と時を同じく、昨年5月に「世界農業遺産」に認定されました!!

その「茶草場農法」が市内で盛んに行われているのが「粟ヶ岳」や「東山地区」です
3小夜の中山5.JPG
正面に見える山が「粟ヶ岳」 書いてある?とおり「茶」の生産が盛んな地区です

粟ヶ岳の「茶」文字。ちなみにこの「茶」、下から見上げるとこんな感じ。
勝手に「お茶」だと思い込んでいたのですが、実は”ひのき” 
茶を下からひのき.JPG

DSCF1741.JPG


「粟ヶ岳」の頂上から。眼下には一面のお茶畑とお隣の島田市が見える ハズ・・天気が良ければ
5粟ヶ岳山頂1.JPG
もう少し暖かい季節になるとハイキング客で賑わいを見せるそうです


「お茶がおいしいのは、お茶農家の方が手間ひまかけて栽培してくれていたからなんですねっ」きんじろうくん♪
kinjiro2.jpg
掛川市マスコットキャラクター「茶のみやきんじろうくん」
(掛川市(1308020)

綱取課長に色々教えていただきました。ありがとうございます!!
3小夜の中山4 - コピー.JPG



ちなみに「世界農業遺産」って???
衰退が懸念される伝統的な農法や多様な生態系を次の世代に引き継ぐことをねらいとして、2002年に国際連合食糧農業機関により創設されたプロジェクトです。
「世界農業遺産」の認定登録数は、世界中で25箇所です(2013年5月時点)


日本では、
「能登の里山里海」(石川県能登半島、2011年6月)
「トキと共生する佐渡の里山」(新潟県佐渡市、2011年6月)、
「静岡の茶草場農法」(静岡県、2013年5月)
「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本県、2013年5月)
「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分県、2013年5月)

の5箇所が認定されています。
掛川市レポート きんじろうくん日記G 番外編 「幸せのお裾分け」 [2014年02月26日(Wed)]

今回は「番外編」で、皆さんに「幸せのお裾分け」ですぴかぴか(新しい)

今日は、私の同期のGさんの結婚式があったため一時帰京しました。

Gさんとは、新卒で一緒に入社し、夏休みにはよく一緒に海外旅行に行ったり、仕事帰りに遊びに行ったりなど、一緒に「OLライフ?」を過ごしてきました。
そんなGさんの結婚、私もとても嬉しいです揺れるハート

結婚式には財団からも役職員などが出席し、みんなで祝福しました。
DSCF1887.JPG

DSCF1901.JPG


Gさん、いつまでもお幸せにね・・るんるんるんるん


掛川市レポート きんじろうくん日記F 「華麗に宙を舞う」 [2014年02月25日(Tue)]
2月21日(金)〜23日(日)の3日間、「第5回都道府県対抗トランポリン競技選手権大会」が掛川市の総合体育館「さんりーな」で開かれました。

この大会は国の「スポーツ拠点づくり推進事業」の指定を受け、掛川市で毎年開催しているもので、全国30都道府県から小学生から一般まで386名の選手が参加し、熱い戦いが繰り広げられました。
DSCF1846.JPG

DSCF1841.JPG


私もトランポリンで遊んだことはありますが、楽しいですよねるんるん
でも、競技としては馴染みが薄かったのでバッド(下向き矢印)
ここでトランポリン競技をちょっとご紹介

「トランポリン」は室内競技のため、どちらかというと北陸などの寒い地方で盛んなスポーツで、シドニーオリンピックから正式に競技種目に採用されました。
DSC_0174.JPG 

DSC_0114.JPG   

審判員によって「技の美しさ・高さ・難易度」などが採点され、その合計点数で順位を競いますぴかぴか(新しい) オリンピック選手などは10メートル近くも飛ぶそうですダッシュ(走り出すさま)
DSC_0176.JPG


大会は、年齢、性別ごとに部門が分かれ、一番下は、「10歳以下の部」から2歳ごとに16歳まで、それ以上は「17歳以上の部」、他にも「オープンの部」があり合計12部門で競われました。

「開会式」 選手たちはリラックスの中にも緊張感が・・
DSCF1794.JPG

選手宣誓
DSCF1797.JPG

競技は各部門ごとに選手が演技をしていきます。
年齢が上がると、高さ、難度も増していきます。

小学生はまだまだトランポリンが大きく見えますねわーい(嬉しい顔)
DSCF1871.JPG

DSCF1832.JPG


2日間で予選・決勝と行われ、ロンドン五輪代表の伊藤選手(男子)と昨年の全日本トランポリンで最年少優勝を果たした森選手(女子)が優勝しましたわーい(嬉しい顔)
DSC_0181.JPG

DSC_0214.JPG

今回各部門で優秀な成績を収めた選手たちの中には「東京オリンピック」の代表選手もいるかもしれませんねグッド(上向き矢印)るんるん 今後に注目です。


またこの大会に併せ、「市民体験会」も開催し、子どもたちなど90名近くの方が体験に訪れました。
トランポリンってポンポン飛ぶだけでも楽しいけれど、今回は、慶応大学の現役選手に基本の飛び方を直接教えてもらいました。
DSCF1819.JPG

初めは真剣な面持ちで飛んでいた子どもたちもすぐにコツを覚え、こんなに高く飛べるようにぴかぴか(新しい)
DSCF1808.JPG
さすが!のみこみが早い! バランス感覚が鍛えられそうですね


トランポリン競技 皆さんも注目してみてくださいexclamation×2

掛川市レポート きんじろうくん日記E 「Who is きんじろうくん?」 [2014年02月19日(Wed)]

今日は、このブログのタイトル「きんじろうくん日記」の"きんじろうくん”のご紹介です。

”きんじろうくん”は、掛川市のマスコットキャラクターで、本名は
「茶のみやきんじろう」くんと言います。
resize確定版(きんじろうくん基本画像) - コピー.jpg

「きんじろうくん (本名 茶のみやきんじろう)」
(掛川市(1308020)



掛川市には、「金次郎像」としても有名な二宮 尊徳(金次郎)が唱えた「報徳の教え」を全国に広める「大日本報徳社」の本社があります。そのため、子どもたちも「報徳の精神」を学ぶなど、二宮 金次郎はとても身近な存在です。

DSCF1665.JPG

掛川駅前広場にある「二宮金次郎像」


また、掛川市はお茶のまち」としても有名です。(お茶についてはまた今度紹介しますね)
その「二宮 金次郎」と「お茶」を合わせたマスコットが「茶のみやきんじろう」くんです!
このきんじろうくん、テーマソングもあるんですよるんるん

皆さん、きんじろうくんをよろしくねるんるん
掛川市レポート きんじろうくん日記D 「今日も元気に練習中」 [2014年02月16日(Sun)]
 
今日は、掛川の艇庫で練習している「掛川スポーツクラブ(掛スポ)」のカヌーの練習にお邪魔しましたわーい(嬉しい顔) 
練習には小3〜中2までの5名が参加。彼らの中には、カヌーの小学生全国大会「B&G杯全国少年少女カヌー大会」に参加した子どももいます。

ラジオ体操で体を温めた後は、陸上トレーニング
DSCF1688.JPG

腹筋のほかバランス感覚も鍛えます
DSCF1692.JPG
教えているのはこの「掛スポ」を引っ張っている増田コーチexclamation

DSCF1696.JPG
タイヤの上でパドリング練習ダッシュ(走り出すさま)

nobuki.JPG


さて、水面へ。今日は風が強いなあバッド(下向き矢印) なんて思っていたらここでは普通だそう。
でも夏場は一変、穏やかな水面になるそうでするんるん

一番年上のめいちゃん。みんなのお姉さん的存在です。
mei.JPG
「カヌーに乗って水面から見られる景色が楽しい」とめいちゃん


ダッシュの練習。2人組になって競い合います。
みんな自分の目標タイムを目指して頑張っています。
DSCF1705.JPG


最後に親子対決。
小3のひびき君とお母さんの対決
oyako対決.JPG
お母さんの勝利手(チョキ)

ひびき君のお母さんは元々B&G海洋クラブ員で、子どもの頃はここでカヌーを練習していたそう。ひびき君が大きくなったので、自分も再びカヌーに乗るようになったそうです。

元海洋クラブ員が、今度は”お母さん”として、この艇庫に戻ってきてくれ、次の世代に受け継がれていっている姿は、地元密着のスポーツクラブとして なんだか嬉しいですねわーい(嬉しい顔)

ちなみにお母さんは子どもの頃、現海洋センター担当の和泉さんに教えてもらっていたのだとか・・その頃の思い出話も和泉さんに内緒でこっそり教えてもらいました♪

練習が終わった後は、掛スポ名物「晴れひなたぼっこ晴れ」 太陽とアスファルトから体いっぱいに「熱」を吸収中グッド(上向き矢印)
なんだか、小動物みたいでかわいい
DSCF1709.JPG


掛スポっ子 寒さに負けず楽しくカヌー乗ってますexclamation×2
DSCF1708.JPG
掛川市レポート きんじろうくん日記C 「城下町を駆け抜ける」 [2014年02月13日(Thu)]

2月9日は、「第1回 掛川市城下町駅伝競技大会」が開催されました。
これも教育委員会のお仕事の一つになります。「城下町」って何か良い響きだなあダッシュ(走り出すさま)

今日は、第1回大会にふさわしい絶好の駅伝日和晴れ晴れ
DSCF1633.JPG
掛川城

天守閣から城下町を臨みます。ちょうど、駅伝のコースにもなっている辺りです
DSCF1646.JPG


大会には、市内外から148チームが参加るんるん4人でたすきを繋ぎながら中心街を周回しますダッシュ(走り出すさま)

お城の広場で開会式。 まだちょっと緊張気味?
DSCF1616.JPG 

松井市長からは「元気に城下町を走ってください!!」とご挨拶がありました
DSCF1612.JPG


初めに「小学生の部」がスタート。小学生の部には28チームが参加
DSCF1624.JPG

DSCF1627.JPG

子どもたちが走っている姿を見て、私も小学生の頃市内のマラソン大会に参加し、見事?準優勝した時の思い出が蘇りましたわーい(嬉しい顔)
参加した子どもたちにとって、きっと良い思い出になるのでしょうねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


続いて「中学生・高校生・一般の部」が一斉にスタート
DSCF1637.JPG

沿道では熱い応援が・・「がんばれ〜演劇
DSCF1638.JPG


地元の太鼓チームも選手の走りを応援
DSCF1631.JPG



みんな次々とゴール!!仲間がゴールでお出迎えをしてくれます
DSCF1651.JPG


閉会式は、それぞれの部門ごとに表彰状が手渡されました
DSCF1659.JPG
浅井教育長からは「小学生の部」へ表彰状が渡されました。子どもたちも嬉しそうるんるん


城下町が活気にあふれた一日でした。大会役員の皆さんもお疲れ様でしたexclamation



掛川市レポート きんじろうくん日記「教育委員会のお仕事」 [2014年02月10日(Mon)]

みなさんこんにちは。
こちらにお世話になって早1週間が過ぎましたわーい(嬉しい顔)

今日は、私がお世話になっている社会教育課のお仕事の一つを紹介します。
社会教育課には、「スポーツ振興係(私の所属)」の他にも「文化財係」「社会教育係」があります。

「文化財係」は市内の文化財の管理も行っていますが、その中の一つが「旧山崎邸(通称 松ヶ岡)」です。
「松ヶ岡」は、江戸末期に掛川藩の御用商人 山崎家の住宅として建てられたのですが、建設後150年経つ今でも建物や庭園は当時のままよく残っていることから、文化財的価値を損なうことなく現在に至っています。

この「松ヶ岡」の今後の保存や活用方法について、地域の方々と委員会を立ち上げ、検討を重ねてきましたが、その5回目の委員会に一緒に参加させてもらいました。
DSCF1609.JPG
将来は古民家カフェ?? 学習施設??など、歴史・文化を後世に残すための様々な提案が・・

「松ヶ岡」の由来は・・・
庭に十数本の赤松の大木が植えられているため「松ヶ岡」と呼ばれるようになったそうです。
8松の庭2.JPG
とても広いお屋敷ですが、、この角度からは広さが伝わらなくてすみません

少し内部をご紹介!
使用した木材や建築技術はとても優れていて、造りも細部に渡ってこだわっています。
山崎家の財力のすごさがわかります!


こちらの部屋はかつて明治天皇が宿泊された部屋で、終戦まで「聖蹟」として文部大臣指定史跡に指定されていました。なので、来客はもちろんのこと住人も使えなかったそうです・・・・
3聖蹟明治天皇宿泊部屋.JPG

欄間には見事な松の彫刻!!
3聖せき松になっている.JPG
廊下も一枚の木を利用して造られています


お手洗いには当時としては斬新なデザインの大きな鏡
5お手洗い鏡.JPG


こちらは主人が使用していた「奥の間」。柱にはひのきが使用されていますが、木目が細かいので寒い地方でとれた高価な木材だそうです。
6主人の奥の間.JPG
障子の桟も全て面取りされていて手間がかかっているのがわかります


家を囲うようにお堀も造られていました
10お堀がある(海運?).JPG
お堀の意味については諸説あるそうです


ご紹介したのはほんの一部で、まだまだ解明されていない点も多々あり、これから更なる調査・研究がされるそうです。
これからの研究によっては更なる文化財的価値の高まりが期待されます

最後に・・気になる山崎家の住人ですが、貨幣論の先駆的な研究者 山崎覚次カ氏ほか掛川の偉人 山崎千三郎氏の生家になります。

郷土の偉人を後世に伝えていくというのも大切なお仕事ですねわーい(嬉しい顔)
掛川市レポート きんじろうくん日記A 「たくさんの受賞です!」 [2014年02月05日(Wed)]

今日は市長室で「海洋センター評価」「特A評価」表彰の伝達式がありました。

DSCF1525.JPG


掛川市は市内3つの海洋センター(掛川・大東・大須賀)全てが「特A評価」を獲得!
1月30日に東京で開催された「B&G全国サミット」で「特A評価」の表彰を受けました。それを受け、報道関係者も集まる中、松井市長から海洋センター担当者などに表彰状が手渡されました。

DSCF1528.JPG
松井市長(右)から掛川市体育協会 雜賀会長(左)に表彰状が手渡されました


松井市長からは、
「3センター全てが特A評価表彰を受け嬉しく思います。体育協会の皆さんの熱心な指導が評価されたことと思います。
特に子供たちは自然にふれあう体験が不足しているので、B&Gで自然体験を行うことが更に大切になります。教育委員会と体育協会協働で更に力を込めて情熱を持って指導してください。」とのご挨拶がありました。

DSCF1532.JPG
報道関係者に向けた記念撮影

海洋センターを担当している体育協会の皆さん。
DSCF1528.JPG
左から 小池さん、河原崎さん、増田さん




また更に嬉しいことに・・・

B&G広報大賞「新聞の部」優秀賞 と
B&G特派員フォトコンテスト 銀賞 も獲得exclamation×2
併せて受賞の伝達がありました。



↓↓フォトコンテスト「銀賞」受賞作品↓↓
テーマは『元気』
H25河原崎さん_1391652744.JPG
B&G特派員の大須賀海洋センター河原崎さんが撮影

ぴかぴか(新しい)河原崎さんの喜びの声ぴかぴか(新しい)
「まさかの銀賞受賞・・嬉しいです。子供たちも良い笑顔をしてくれたのですが、(中部ブロックの事業での受賞なので)中部ブロックの指導者の皆さんの協力があったからこそ良い笑顔が撮れました。感謝です!!」


きっと子供たちも楽しくて自然に笑顔がこぼれたのでしょうねるんるん
中部ブロックの指導者の皆さんお疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

掛川市レポート きんじろうくん日記@ 「お世話になります」 [2014年02月04日(Tue)]

皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)

海洋センター課 小野田です。
2月からの2ヶ月間、静岡県掛川市教育委員会にお世話になることになりました!!

掛川市は、日本列島のほぼ中央に位置し、「健康医療・環境・市民活動」日本一を目指している人口約12万人の地方都市です。
自然・歴史・文化がほどよく整っている町で、見所や名産品も数多くあります。
これから2ヶ月間掛川市の魅力と日々の様子をお伝えしたいと思いますぴかぴか(新しい)

着任した日は早速、掛川市の庁舎を案内していただきました。
掛川市役所はとても素敵なデザインで、建築業協会賞や公共建築賞(中部地区)なども受賞したそうですわーい(嬉しい顔)
DSCF1520.JPG
地上6階・地下1階建ての庁舎。壁面一面のガラス張りです。上に見えるドーム状のところは議場になっています。
新幹線新幹線からも庁舎が見えますよ。

これが庁舎内部です。
DSCF1519.JPG

DSCF1516.JPG
”お茶畑”をモチーフとした階段状の造りで、壁面がガラス張りの5階までの吹き抜けの構造になっているので、とても明るく解放的な雰囲気ですexclamation

私が勤務しているのは、庁舎の隣にある教育委員会の事務所です。海洋センターを担当している社会教育課スポーツ振興係に在籍しています。
DSCF1523.JPG

これから2ヶ月間色々と学びたいと思いますので皆さんよろしくお願いします!


| 次へ